トップへ戻る

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタエスクァイアとは

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア

時代とともにファミリーカーの形も変化し続けています。80年代まではセダンタイプの普通乗用車がファミリーカーという位置づけでもっとも一般的な自家用車でした。一方で、現代ではコンパクトなサイズながら広い車内空間を確保してスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車がファミリーカーとして人気を集めています。その中間にあたる90年代から2000年代にかけてファミリーカーの定番となっていたのがミニバンです。

もともとミニバンを含むワンボックスタイプの車はその広い車内空間を活かして営業車などの「働く車」というイメージが持たれていました。そんな中、90年代に入るとよりスタイリッシュなデザインを採用したファミリー向けのミニバンが登場して注目を集めるようになります。

トヨタ エスティマや日産 セレナとラルゴ、ホンダ ステップワゴンなどこれまでのミニバンのイメージを覆すようなスタイルのモデルが続々と登場し、ファミリーカーの定番の地位を獲得しました。そんな中、2000年代に入るとスタイリッシュなデザインにさらに高級感をプラスしたミニバンとして、トヨタ アルファードなどが登場し人気を集めるようになります。

現在でも高級ミニバンは定番カテゴリーのひとつとなっており、幅広いユーザーの支持を獲得しています。とはいえ、高級ミニバンはサイズが大きなモデルが中心となっており、運転しにくいというイメージから敬遠するユーザーも少なくありません。

そこで、コンパクトサイズのボディに高級感を持たせたモデルとして登場したのがトヨタのエスクァイアです。発売当初から高い注目を集め、現在ではトヨタのミニバンの主力モデルとなっています。

ここではまずエスクァイアとはどういったモデルなのかを詳しくご紹介します。

運転しやすく実用性の高いコンパクトミニバン

エスクァイアが発売されたのは2014年です。ベースとなったモデルはトヨタの定番コンパクトミニバンであるノアです。90年代以前からトヨタの5ナンバーサイズミニバンの定番モデルとして人気を集めてきたタウンエースの系譜を受け継いだモデルとなっており、現在でもラインナップされています。

ノアにはエスクァイア以外にもヴォクシーというもう一台の兄弟車が存在しています。そのためこの3台はトヨタのミニバン3兄弟と呼ばれることもあります。

この3兄弟の中で最後に発売された、末っ子にあたるエスクァイアですが最大の特徴は高級感です。ノアがスタンダードなミニバン、ヴォクシーはよりスポーティでワイルドなモデルとなっており、エスクァイアはより高級感を重視したラグジュアリーなモデルという棲み分けとなっています。

前述の通り、エスクァイアは2000年代に入ってから人気が高まった高級ミニバンの流れを汲んでおり、ノアやヴォクシーの兄弟車ではありますが、トヨタのミニバンのフラッグシップであるアルファードに近い雰囲気も身にまとっています。

その高級感と使い勝手のいい5ナンバーサイズという2つの要素を組み合わせた魅力的なモデルに仕上がりました。

エスクァイアは2014年に登場してからまだ1度もモデルチェンジが行われていません。そこで気になるのは新型です。現時点ではトヨタから正式に発表されているわけではありませんが、ベースモデルであるノアのフルモデルチェンジは2021〜2022年に行われると噂されています。そのため、エスクァイアがフルモデルチェンジされるとすれば同じタイミングになる可能性が高いでしょう。

しかし、トヨタではミニバンの市場規模がやや縮小傾向にあることからモデルの統合を行うという噂もあります。そうなると、ベースモデルであるノアと、もっとも人気の高いヴォクシーが優先されエスクァイアは消滅してしまう可能性もあります。

価格がやや高いこともあって、3兄弟の中では売り上げ面で劣るエスクァイアですが、5ナンバーサイズの高級ミニバンという貴重なモデルなのでどうにか存続して欲しいものです。

上質さと実用性を兼ね備えた優等生

高級車というと、サイズが大きなモデルをイメージする方が多いのではないでしょうか。セダンでも高級モデルのほとんどがワイドなボディを採用しており、大型化が進んでいます。ミニバンも同様でトヨタ アルファードや日産 エルグランドなどは3ナンバーサイズのワイドなボディを採用し、高級感と存在感を高めています。

しかし、サイズが大きくなると日常の足としては使いにくくなってしまいます。数値上はわずかな差であっても実際に運転してみるとかなり大きさに違いを感じてしまうものです。なので、実際に5ナンバーサイズのエスクァイアと3ナンバーサイズのアルファードを運転してみるとかなりサイズの差を感じます。当然、アルファードの方が高級車としての風格があり、車内空間の快適性なども高いですが、運転のしやすさ、実用性で考えるとエスクァイアに軍配が上がります。

このように、エスクァイアは上質さ、高級感と実用性を兼ね備えた優等生なミニバンであると言えるでしょう。

広く、使い勝手のいい車内空間

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車)

ミニバンとしてはコンパクトなモデルではありますが、十分に広い車内空間を確保しているという点もポイントのひとつです。コンパクト系のミニバンにありがちな3列目シートが狭く、実用性が低いといったこともなく、大人が定員まで乗ってもそれほど狭さを感じることはありません。また、全高に対して室内高も高いのでとても開放感があります。

ラゲッジスペースをはじめとして収納スペースも十分に確保されており、3列目シートを使用している状態でも大きな荷物を楽に積み込むことができます。

高級感ある内装

外観のみでなく内装も高い質感で統一されています。高級ミニバンというコンセプトがしっかりと守られており、シートをはじめとしてあらゆる部分が高い質感となっています。

また、ノアやヴォクシーとはベースモデルは同じですが専用の高級感あるオプションが多数用意されているという点もポイントです。まさに、外観のみでなく中身も高級ミニバンであるといえるでしょう。

トヨタエスクァイアの兄弟車

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア

すでにご紹介しましたがエスクァイアにはノアとヴォクシーという兄弟車が存在しています。

そこで、ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

シンプルイズベスト!定番ミニバンのノア

ミニバン3兄弟のベースモデルとなるのがノアです。もともと、トヨタの定番モデルであったタウンエースの系譜を受け継いでいることもあって、幅広い層の方にマッチするスタンダードなモデルに仕上がっています。

シルエットや外装もシンプルで現代のミニバンを代表するモデルであると言えるでしょう。

ワイルドなスタイルが人気のヴォクシー

ヴォクシーはスポーティでワイルドなスタイルのモデルとなっています。専用のエアロパーツなども用意されており、一部のモデルは3ナンバーサイズとなっています。

ノアやエスクァイアと比較すると全体的に迫力あるスタイリングとなっていることもあり、若い男性層などの高い支持を集めています。現在、ミニバン3兄弟の中でもっとも人気の高いモデルとなっており、トヨタのミニバンの主力でもあります。

2021〜2022年の発売が予想されている新型モデルではノアとの差別化として3ナンバーモデルが中心になるとも噂されています。

高級感ある上品なスタイルエスクァイア

エスクァイアは高級感を強く意識したモデルです。価格も3兄弟の中でもっとも高く設定されており、文字通り高級ミニバンに分類されます。

最大の特徴はアルファードを思わせる迫力あるフロントグリルです。ノアやヴォクシーよりも大きなフロントグリルを採用することによって実際のサイズ以上の迫力を感じさせてくれます。

トヨタエスクァイアの価格、燃費は?

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア MODELLISTA(一部改良車)

エスクァイアの購入を検討する際に気になるのはやはりコストです。そこで、ここでは新車価格や中古車市場価格、そして燃費といったコストの面についてご紹介します。これからエスクァイアをはじめとしたミニバンの購入を検討している方は参考にしてみてください。

トヨタエスクァイアの価格や燃費について紹介します。

グレード別の新車価格

エスクァイアのグレード構成はシンプルで、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類です。ガソリンエンジンモデルの「Gi 2WD 7人乗り」は2,722,000円(税抜)です。そしてハイブリッドモデルの「HYBRID Gi」が3,072,000円(税抜)となっています。

ガソリンエンジンモデルとハイブリッドでは20万円以上の差がありますが、燃費性能に差があるので、ランニングコストまで考えるのであればハイブリッドモデルも決して割高なわけではありません。

また、ガソリンエンジンモデルにのみ4WDモデルが用意されており、価格は約20万円ほどプラスとなります。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

ガソリン

Gi (8人乗り)
2WD:2,694,000円
4WD:2,884,000
Gi (7人乗り)
2WD:2,722,000
4WD:2,912,000


ハイブリッド

Gi
3,072,000円


特別仕様車

Gi“Premium Package·Black-Tailored”
2WD:2,836,000円
4WD:3,026,000円
HYBRID Gi“Premium Package·Black-Tailored”
2WD:3,146,000円

※情報は2021年5月現在 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

エスクァイアの中古車市場価格

エスクァイアは初代モデルが現行モデルでもあり、いわゆる型落ちのモデルが存在しません。そのため、中古車市場価格も比較的高値で安定しています。

相場としては5〜6年落ちのモデルでも100万円を超えるものが中心で、高年式のモデルは200〜300万円オーバーです。ノアやヴォクシーと比較すると中古市場の台数が少ないこともあって、あまりお買い得感はないかもしれません。

エスクァイアの燃費

エスクァイアの燃費はガソリンモデルがWLTCモードで12.6〜13.6km/L、ハイブリッドモデルが19.8km/Lとなっています。ミニバンとしてはかなり優秀な燃費性能であると言えるでしょう。特にハイブリッドモデルになると燃費性能が大幅に向上するという点は頭に入れた上で購入を検討するようにしましょう。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車)

エスクァイアはトヨタのミニバン3兄弟の中でももっとも高級感があるモデルとなっています。5ナンバーのコンパクトなサイズながらもアルファードのような高級感があり、実用性の高い高級ミニバンを求めている方におすすめです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。