トップへ戻る

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタエスクァイアとは

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア

時代とともにファミリーカーの形も変化し続けています。80年代まではセダンタイプの普通乗用車がファミリーカーという位置づけでもっとも一般的な自家用車でした。一方で、現代ではコンパクトなサイズながら広い車内空間を確保してスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車がファミリーカーとして人気を集めています。その中間にあたる90年代から2000年代にかけてファミリーカーの定番となっていたのがミニバンです。

もともとミニバンを含むワンボックスタイプの車はその広い車内空間を活かして営業車などの「働く車」というイメージが持たれていました。そんな中、90年代に入るとよりスタイリッシュなデザインを採用したファミリー向けのミニバンが登場して注目を集めるようになります。

トヨタ エスティマや日産 セレナとラルゴ、ホンダ ステップワゴンなどこれまでのミニバンのイメージを覆すようなスタイルのモデルが続々と登場し、ファミリーカーの定番の地位を獲得しました。そんな中、2000年代に入るとスタイリッシュなデザインにさらに高級感をプラスしたミニバンとして、トヨタ アルファードなどが登場し人気を集めるようになります。

現在でも高級ミニバンは定番カテゴリーのひとつとなっており、幅広いユーザーの支持を獲得しています。とはいえ、高級ミニバンはサイズが大きなモデルが中心となっており、運転しにくいというイメージから敬遠するユーザーも少なくありません。

そこで、コンパクトサイズのボディに高級感を持たせたモデルとして登場したのがトヨタのエスクァイアです。発売当初から高い注目を集め、現在ではトヨタのミニバンの主力モデルとなっています。

ここではまずエスクァイアとはどういったモデルなのかを詳しくご紹介します。

運転しやすく実用性の高いコンパクトミニバン

エスクァイアが発売されたのは2014年です。ベースとなったモデルはトヨタの定番コンパクトミニバンであるノアです。90年代以前からトヨタの5ナンバーサイズミニバンの定番モデルとして人気を集めてきたタウンエースの系譜を受け継いだモデルとなっており、現在でもラインナップされています。

ノアにはエスクァイア以外にもヴォクシーというもう一台の兄弟車が存在しています。そのためこの3台はトヨタのミニバン3兄弟と呼ばれることもあります。

この3兄弟の中で最後に発売された、末っ子にあたるエスクァイアですが最大の特徴は高級感です。ノアがスタンダードなミニバン、ヴォクシーはよりスポーティでワイルドなモデルとなっており、エスクァイアはより高級感を重視したラグジュアリーなモデルという棲み分けとなっています。

前述の通り、エスクァイアは2000年代に入ってから人気が高まった高級ミニバンの流れを汲んでおり、ノアやヴォクシーの兄弟車ではありますが、トヨタのミニバンのフラッグシップであるアルファードに近い雰囲気も身にまとっています。

その高級感と使い勝手のいい5ナンバーサイズという2つの要素を組み合わせた魅力的なモデルに仕上がりました。

エスクァイアは2014年に登場してからまだ1度もモデルチェンジが行われていません。そこで気になるのは新型です。現時点ではトヨタから正式に発表されているわけではありませんが、ベースモデルであるノアのフルモデルチェンジは2021〜2022年に行われると噂されています。そのため、エスクァイアがフルモデルチェンジされるとすれば同じタイミングになる可能性が高いでしょう。

しかし、トヨタではミニバンの市場規模がやや縮小傾向にあることからモデルの統合を行うという噂もあります。そうなると、ベースモデルであるノアと、もっとも人気の高いヴォクシーが優先されエスクァイアは消滅してしまう可能性もあります。

価格がやや高いこともあって、3兄弟の中では売り上げ面で劣るエスクァイアですが、5ナンバーサイズの高級ミニバンという貴重なモデルなのでどうにか存続して欲しいものです。

上質さと実用性を兼ね備えた優等生

高級車というと、サイズが大きなモデルをイメージする方が多いのではないでしょうか。セダンでも高級モデルのほとんどがワイドなボディを採用しており、大型化が進んでいます。ミニバンも同様でトヨタ アルファードや日産 エルグランドなどは3ナンバーサイズのワイドなボディを採用し、高級感と存在感を高めています。

しかし、サイズが大きくなると日常の足としては使いにくくなってしまいます。数値上はわずかな差であっても実際に運転してみるとかなり大きさに違いを感じてしまうものです。なので、実際に5ナンバーサイズのエスクァイアと3ナンバーサイズのアルファードを運転してみるとかなりサイズの差を感じます。当然、アルファードの方が高級車としての風格があり、車内空間の快適性なども高いですが、運転のしやすさ、実用性で考えるとエスクァイアに軍配が上がります。

このように、エスクァイアは上質さ、高級感と実用性を兼ね備えた優等生なミニバンであると言えるでしょう。

広く、使い勝手のいい車内空間

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車)

ミニバンとしてはコンパクトなモデルではありますが、十分に広い車内空間を確保しているという点もポイントのひとつです。コンパクト系のミニバンにありがちな3列目シートが狭く、実用性が低いといったこともなく、大人が定員まで乗ってもそれほど狭さを感じることはありません。また、全高に対して室内高も高いのでとても開放感があります。

ラゲッジスペースをはじめとして収納スペースも十分に確保されており、3列目シートを使用している状態でも大きな荷物を楽に積み込むことができます。

高級感ある内装

外観のみでなく内装も高い質感で統一されています。高級ミニバンというコンセプトがしっかりと守られており、シートをはじめとしてあらゆる部分が高い質感となっています。

また、ノアやヴォクシーとはベースモデルは同じですが専用の高級感あるオプションが多数用意されているという点もポイントです。まさに、外観のみでなく中身も高級ミニバンであるといえるでしょう。

トヨタエスクァイアの兄弟車

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア

すでにご紹介しましたがエスクァイアにはノアとヴォクシーという兄弟車が存在しています。

そこで、ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

シンプルイズベスト!定番ミニバンのノア

ミニバン3兄弟のベースモデルとなるのがノアです。もともと、トヨタの定番モデルであったタウンエースの系譜を受け継いでいることもあって、幅広い層の方にマッチするスタンダードなモデルに仕上がっています。

シルエットや外装もシンプルで現代のミニバンを代表するモデルであると言えるでしょう。

ワイルドなスタイルが人気のヴォクシー

ヴォクシーはスポーティでワイルドなスタイルのモデルとなっています。専用のエアロパーツなども用意されており、一部のモデルは3ナンバーサイズとなっています。

ノアやエスクァイアと比較すると全体的に迫力あるスタイリングとなっていることもあり、若い男性層などの高い支持を集めています。現在、ミニバン3兄弟の中でもっとも人気の高いモデルとなっており、トヨタのミニバンの主力でもあります。

2021〜2022年の発売が予想されている新型モデルではノアとの差別化として3ナンバーモデルが中心になるとも噂されています。

高級感ある上品なスタイルエスクァイア

エスクァイアは高級感を強く意識したモデルです。価格も3兄弟の中でもっとも高く設定されており、文字通り高級ミニバンに分類されます。

最大の特徴はアルファードを思わせる迫力あるフロントグリルです。ノアやヴォクシーよりも大きなフロントグリルを採用することによって実際のサイズ以上の迫力を感じさせてくれます。

トヨタエスクァイアの価格、燃費は?

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア MODELLISTA(一部改良車)

エスクァイアの購入を検討する際に気になるのはやはりコストです。そこで、ここでは新車価格や中古車市場価格、そして燃費といったコストの面についてご紹介します。これからエスクァイアをはじめとしたミニバンの購入を検討している方は参考にしてみてください。

トヨタエスクァイアの価格や燃費について紹介します。

グレード別の新車価格

エスクァイアのグレード構成はシンプルで、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類です。ガソリンエンジンモデルの「Gi 2WD 7人乗り」は2,722,000円(税抜)です。そしてハイブリッドモデルの「HYBRID Gi」が3,072,000円(税抜)となっています。

ガソリンエンジンモデルとハイブリッドでは20万円以上の差がありますが、燃費性能に差があるので、ランニングコストまで考えるのであればハイブリッドモデルも決して割高なわけではありません。

また、ガソリンエンジンモデルにのみ4WDモデルが用意されており、価格は約20万円ほどプラスとなります。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

ガソリン

Gi (8人乗り)
2WD:2,694,000円
4WD:2,884,000
Gi (7人乗り)
2WD:2,722,000
4WD:2,912,000


ハイブリッド

Gi
3,072,000円


特別仕様車

Gi“Premium Package·Black-Tailored”
2WD:2,836,000円
4WD:3,026,000円
HYBRID Gi“Premium Package·Black-Tailored”
2WD:3,146,000円

※情報は2021年5月現在 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

エスクァイアの中古車市場価格

エスクァイアは初代モデルが現行モデルでもあり、いわゆる型落ちのモデルが存在しません。そのため、中古車市場価格も比較的高値で安定しています。

相場としては5〜6年落ちのモデルでも100万円を超えるものが中心で、高年式のモデルは200〜300万円オーバーです。ノアやヴォクシーと比較すると中古市場の台数が少ないこともあって、あまりお買い得感はないかもしれません。

エスクァイアの燃費

エスクァイアの燃費はガソリンモデルがWLTCモードで12.6〜13.6km/L、ハイブリッドモデルが19.8km/Lとなっています。ミニバンとしてはかなり優秀な燃費性能であると言えるでしょう。特にハイブリッドモデルになると燃費性能が大幅に向上するという点は頭に入れた上で購入を検討するようにしましょう。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ エスクァイア Gi プレミアムパッケージ(ハイブリッド車)

エスクァイアはトヨタのミニバン3兄弟の中でももっとも高級感があるモデルとなっています。5ナンバーのコンパクトなサイズながらもアルファードのような高級感があり、実用性の高い高級ミニバンを求めている方におすすめです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

ハイエースは日本の物流をはじめ、多くのビジネスシーンで大活躍しています。そして今、広大な室内スペースにより、アウトドアなどのギアとして大きな注目を集めています。そんな商用バンを超えた存在のハイエースにはどんな魅力と特徴があるのでしょうか?


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。