目次へ戻る

いかつい…!怖い!!運転中に近寄りたくない車種ランキング!

いかつい…!怖い!!運転中に近寄りたくない車種ランキング!

見た目がいかつい、若しくは怖い(乗ってるであろう人が)という理由から運転中に近寄りたくない車をランキング型式にてご紹介。他、少数派意見もまとめて掲載しています。


「高級車」のイメージと言えば・・・

皆様、高級車に持つイメージはどのようなイメージでしょうか?

「カッコいい」、「欲しい・乗りたい」、「お金持ち」・・・etc
高級車に対しては様々なイメージを持たれると思いますが、中には「怖い(乗っている人が)」、「近寄りたくない(乗っている人を含め)」と言ったイメージもあるのではないでしょうか。

そんな、「いかつい・怖い」「近寄りたくない」という車をアンケート結果を元にランキング型式でご紹介していきます。

ちなみに2016年の世界高級車販売台数では、11年連続で首位を走っていた「BMW」を退け、メルセデスベンツが12年振りに首位奪還となったようです。

※こちらの記事では、当社が運営しているニュースサイトNewsCafeにて行われた読者アンケートを元に記事化しています。回答総数…443件

第5位 ボルボ

まず、近寄りたくない車として第5位に選ばれてしまったのはスウェーデンに本拠を置く「ボルボ」です。「近寄りたくない車種」としていますが、外車・輸入車はメーカーとして挙げられてしまっています。

回答数は全体443件に対し、2.5%と約11名の方々から投票されています。

ボルボ 左からS90/V90/V90クロスカントリ

あまり、いかついイメージや怖い、といったイメージを感じない気もしますが、不名誉ながら第5位としてランクイン。「ちょっとゴツイ」というイメージはありますが、そこが選ばれた理由の1つかもしれませんね。

第4位 トヨタ クラウン

続いて第4位に選ばれたのは、トヨタの高級セダンである「クラウン」。

トヨタ クラウンアスリート

回答数は全体443件に対し、4.3%。およそ19名の方々がクラウンに投票しているようです。

これはわかります。なんとなく。理解できます。
「近寄りたくない」と一言で言っても高級車のイメージとして、「高級だからぶつけたら大変。」「乗ってる人が怖そう」など色々あると思いますが、「クラウン」に関してはどちらもイメージに該当する気がします。

クラウンに投票した理由としては下記のような理由も。

古いセルシオや程度の低いクラウンを乗ってるのはDQNが多い。[男性/40代/会社員]

クラウンでもマジェスタがヤ○ザ率の高さは半端ない。車種とは関係ありませんが、ミラーを畳んだ状態で運転している人を見かけますが、素人さんがいかに後方見ないで走っているか、その重要性を理解していないかがわかり、その恐ろしさはある意味ヤ○ザを凌ぐものである。[男性/40代/会社員]

中には下記のような意見も。

覆面が多いから。[男性/30代/専門職]

その筋の方々やDQNが・・・といったイメージは少しうなずけてしまいます。直近、現行のクラウンに対してはあまりそういったイメージが沸かないので、クラウンが選ばれてしまうのに納得してしまう方は、30代半ば~40代以降の人かもしれませんね・・・(汗

第3位 日産 シーマ

続いて第3位に選ばれてしまったのは日産の高級セダン「シーマ」。

シーマの得票率は443件に対し、10.2%と約45名の方々が投票。

こちらも、クラウン同様わかります。理解できます。クラウンに比べると「高級だから」といったイメージより「乗ってる人」に対してのイメージが強いのだと思われます。

そして、そのイメージを抱く人はやはり3~40代以降の方なのかと。。

ヤンキーが良く乗ってるから近付きたくない。[男性/40代/会社員]

そのイメージ、わかります。近年のやんちゃをしている方々が乗る車の傾向は、あまり把握できておりませんが、1970年代、80年代に生まれた人であれば、うなずけてしまうのではないでしょうか。

シーマに対するコメントは上記のみでしたが、その1つのコメントに集約されてるのかもしれませんね。

第2位 トヨタ センチュリー

続く第2位は、またもトヨタから高級セダンである「センチュリー」が選出。

センチュリーの得票率は443件に対し、12.6%とおよそ56名が投票しています。

そして、センチュリーを選ぶ理由、わかります。もはやヤンキー、DQN、いかついといったイメージを凌駕しています。寄せられてるコメントとしても

■やっぱり威圧感あるでしょ。[男性/40代/会社員]
■ナンバーが緑でなければ大体893だから(笑)。すぐよけます。[女性/40代/会社員]
■センチュリー=893であることが多いですからね。絶対に近寄りませんよ。しかし、近年それより恐ろしいものは、車種ではなく、AT車に乗る高齢者。[女性/50代/その他]

軒並みそろってその筋の方が乗ってそう。という声が寄せられています。

トヨタ、センチュリー、日産、プレジデント。ドイツ車より日本車の高級車の方が威圧感がある。[男性/40代/会社員]

確かに国産高級セダンは、威圧感がありますね。新車価格も1000万を越す価格なので、会社勤めの人であれば、経営者・役員で無い限り中々手は出せないでしょうし、皇族が利用したりもする車。普通に見かけて気が引けてしまうのは、当然かもしれませんね。

第1位 ベンツ

そして、不名誉ながらも第1位に選ばれたのは2016年の高級車販売台数でも首位に返り咲いた「ベンツ」が「近寄りたくない車ランキング」でも首位を獲得しました。

得票率はダントツで443件に対して、29.6%と約131名、全体の3分の1もの票を集めました。寄せられている声としては、

■ヤ○ザのイメージが…。[男性/30代/会社員]
■もし傷つけたら修理代が高額になりそうで身構える。[女性/50代/その他]
■圧倒的にヤ○ザさんに多い車種。ちなみに私の主人は自動車販売・修理業。[女性/40代/会社員]

選ばれている理由は、言うまでもありませんね・・・。もはや「黒塗りベンツ」が1つの単語のようにも思えてしまうイメージ。この結果にはほとんどの方が頷けてしまうのではないでしょうか。

中にはこんな声も寄せられています。

昔、渋滞でベンツにぶつけたら、強面のパンチパーマのオジサンが降りてきてびびった
でも、謝らなきゃと思い、殴られるの覚悟で直ぐに降りてオジサンに謝罪しベンツはさすが全然凹まないですね

と言ったら自慢気に威張りだし許してくれた(;^_^A…。
[男性/40代/会社員]

一度だけベンツに乗ったことがある。ゴツいしすぐにスピードでるし本当に運転するのが怖かったが、びっくりするぐらい譲ってくれる。車線変更がスムーズで、割り込みもなくて、あの優越感の為に高いお金を払っているんだろうな~。

私はもう乗りたくありませんが [女性/30代/専門職]

高級車の代名詞、といっても過言ではない「ベンツ」ですが、乗っていて上記のように思われてしまっては、イヤですね・・・。高級車に乗る=威圧感を与える という認識は少しでいいので持った方がいいのかもしれません。

その他、寄せられたコメント

ランキングは、ベンツが1位を獲得するという結果に終わっていますが、その他寄せられたコメントもいくつか紹介していきます。

屋根に赤いランプが付いた白黒ツートンカラーの車。これが後に付いたらうっとうしい!
[男性/50代/自営業]
後ろに黒塗りのセダンが停まったので、(煽られない様に)青信号と同時に急いで離れたら覆面パトだった。 [男性/40代/会社員]
パトカーなら何でも[男性/50代/自営業]

やはりパトカーには近寄りたくない、近づいて欲しくないみたいですね。(笑)

それ以外に多数寄せられていたコメントとしては、「こんな車・車種」じゃなく「こんな人、こんな特徴」というコメント。

■車種と言うより、洗車のしてないのや、大きな凹みの修復して無いの、塗装剥げてるの、最悪がボディが錆びてるの…(車検通ったのが不思議な…)。とか、走ってると身構える…。[男性/30代/フリーター]

■車種や老若男女にかかわらず、交通法規を知らなかったり、知ってても守らない車が怖い。以前に赤の点滅と黄色の点滅の違いも知らない車にクラクションを鳴らされた。赤の点滅は一旦停止だぞ。それくらい覚えろ!他にも信号無視で交差点に入るな!車線変更はウインカーを出せ![男性/50代/その他]

■発進の際、やたら無駄に吹かす(MTでギアをつなぐときだろう)軽に乗っている高齢ドライバーと、たまに見かけるいまだに給油中にエンジンをかけっぱなしにしているおばちゃんドライバー。[男性/40代/会社員]

■今では車種での選別は不可能、ヤバい奴は軽四にも乗ってるし、黒いベンツでも紳士は居るしな。まあ、異常に車間距離詰めてくる奴は嫌だな。[男性/50代/会社員]

■車体がぼこぼこにへこんでる車や、御守りをたくさんぶらさげてる車が怖いです。
あと、高齢者マークを何枚か貼ってる車とか…

ルールは自分だ!のように運転してる人の車も怖いわぁ~[女性/30代/その他]

■車だけじゃ、その筋の人か社長さんか区別がつかない。
とにかく高そうな立派な車は避けるようにしてる。 [女性/20代/会社員]

極めつけはこちら。

元関係者ですが車で判断しないほうがいいですよ

そうですよね・・・。

皆様も、車を運転する際はどんな車であっても「煽らない・近づきすぎない」ように安全運転でドライブしましょう。

ランキング形式の記事はこちらからご覧下さい

関連する投稿


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

様々な機能の発達によりどんどん性能が良くなっている軽自動車ですが、中でも一番の特徴は燃費の良さです。どの車も普通車に比べると燃費の良いものばかりですが、軽自動車の中で本当に燃費の良いのは一体どの車種なのか、TOP10をわかりやすくランキング形式でお届けしたいと思います。


【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

東京駅に隣接する大丸東京店の食品フロアは帰省シーズン、お土産を購入するお客さんでいっぱいです。数ある東京土産のなかでおしゃれなスイーツはもちろん人気ですが、江戸の老舗の味を詰合せたお土産も年代を問わずおすすめ!日持ちもし、帰省土産に最適ですよ。もらって嬉しい江戸の味を売上ランキングでご紹介します。 帰省のお供にどうですか?


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。