トップへ戻る

スバル新型「フォレスター」全面刷新でタフなデザインに進化!日本への導入は?

スバル新型「フォレスター」全面刷新でタフなデザインに進化!日本への導入は?

スバルは、2023年11月17日、ロサンゼルスオートショー2023において、現地時間2023年11月16日に6代目となる新型「フォレスター」を公開したと明かしました。日本でも販売されるフォレスターですが、アメリカでは一足速くモデルチェンジを遂げるようです。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル「フォレスター」フルモデルチェンジで6代目に

《画像提供:Response》《photo by Subaru》 スバル・フォレスター新型(米国仕様)

フォレスターは、スバルのミドルサイズSUV。その初代モデルは1997年に誕生、「RVがスポーツの走りを手に入れた」というキャッチコピーにもあるように、2代目モデルまでは、SUVというよりは全高の低いステーションワゴンのような形状で、走りと走破性を両立したモデルでした。

3代目モデルからは、全体的にボディが拡大、全高も高くなりSUVらしいスタイルへと変化。現在販売されているのは2018年登場の5代目モデルで、2021年にはマイナーチェンジを受け今の形になっています。

そんな現行フォレスターですが、2023年で6年目となり、これまでのモデルチェンジサイクル的にもそろそろフルモデルチェンジを受けるのではと各紙やSNSでは話題になっていました。

そんな中、2023年11月17日、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたロサンゼルスオートショー2023において、フルモデルチェンジを遂げた6代目となる新型「フォレスター」が世界初公開されました。

新型フォレスターは、走る愉しさを感じさせる優れた運動性能、安心を提供する先進安全装備、とことん使えるユーティリティなど、その機能や実用性をさらに高め、日常から非日常までどんな時でも乗る人すべての期待に応える事ができるSUVに進化していると言います。

外装は、頑丈かつ堂々とした存在感を感じさせるデザインに。フロントビューは、ヘッドランプまでつながり、高い位置に軸を通す大胆な造形のグリルを採用するほか、リヤビューは、荷室空間の広さを感じさせる、傾斜を抑えたリヤゲートとし、左右のコンビネーションランプを高い位置でつなぐことで、ワイド感を強調しています。

《画像提供:Response》《photo by Subaru》 スバル・フォレスター新型(米国仕様)

内装は、インストルメントパネルやシフト操作部まわりを中心に、随所でSUV らしい頑丈さと安心感を表現。また、さまざまな機能を集約した11.6インチセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置し、実用性と利便性を高めています。

さらに骨盤を支えるシート構造を新たに採用。仙骨を押さえることで、車体の揺れが頭部へ伝わることを防ぎます。これにより、ステアリング操作に伴うロールや、路面のうねりで身体が大きく揺さぶられたときでも、快適な乗り心地と疲労の軽減につながるといいます。

エンジンは、振動・騒音を低減することで動的質感を高めた、最高出力180馬力、最大トルク178 lb-ftを発揮する2.5L水平対向4気筒エンジンを搭載。

また、アクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新し、駆動力を軸重に合わせて常に最適配分することで、操舵初期の高い応答性とライントレース性を実現。日常使いのさまざまな走行シチュエーションで、安心感のある走りと操舵の気持ちよさを両立。さらに、滑りやすい路面等で、エンジン、トランスミッション、ブレーキ等をコントロールするX-MODEを採用しています。

プラットフォームも、スバルグローバルプラットフォームをさらに進化させています。フルインナーフレーム構造の採用や、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性を向上。従来型よりさらに高いレベルの動的質感を実現しています。

そして、2ピニオン電動パワーステアリングを採用することで、ダイレクトで自然な操舵感を実現するとともに、応答遅れのないリニアなステアリングフィールも実現しました。

スバルお得意の先進安全装備の進化も抜かりはありません。新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを採用することで、プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大、歴代アイサイトとして最高の性能を実現するほか、ドライバー異常時対応システム、電動ブレーキブースター、リヤシートリマインダーを採用し、安全性を高めています。

グレード展開は、米国市場では「Base」「Premium」「Sport、「Limited」「Touring」の5グレードを設定。2024年春以降の導入を予定しています。

日本市場への導入については、まだ明示されていませんが、フォレスターは日本市場でも重要な車種ではありますので、いずれか同様の姿でフルモデルチェンジを迎えることになるでしょう。

こちらの記事もおすすめ

関連するキーワード


スバル フォレスター

関連する投稿


【2024年】ミドルサイズSUV 人気おすすめ5選!扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを両立

【2024年】ミドルサイズSUV 人気おすすめ5選!扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを両立

扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを高いレベルで両立した「ミドルサイズSUV」。近年のSUV人気もあって販売台数を伸ばしているジャンルですが、その分多くの車が存在します。今回はそんな人気のミドルサイズSUVの中から、おすすめの車種を5台紹介します。


スバル新型「ソルテラ」発表! 異型ハンドルの採用と安全性の強化を実施

スバル新型「ソルテラ」発表! 異型ハンドルの採用と安全性の強化を実施

スバルは、2023年10月25日、BEV(バッテリーEV)のSUV「ソルテラ」の一部改良モデルを発表。先進安全装備を強化したほか、異型ハンドルを新たに採用しました。


スバルは新型「2ドアクーペ」を世界初公開! 次期型BRZ?次期型アルシオーネ?期待のコンセプトカーをJMS2023でお披露目へ

スバルは新型「2ドアクーペ」を世界初公開! 次期型BRZ?次期型アルシオーネ?期待のコンセプトカーをJMS2023でお披露目へ

2019年以来4年ぶりの開催となる東京モーターショーは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」として、2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイト全館で開催されます。スバルは、そんなJAPAN MOBILITY SHOW 2023で展示する車両など、出展概要を公開しました。この中には世界初公開となる未知のコンセプトカーが含まれるようです。


スバル「BRZ」に スポーティなSTI Sportグレード登場!MT車向けのアイサイトも初搭載

スバル「BRZ」に スポーティなSTI Sportグレード登場!MT車向けのアイサイトも初搭載

スバルは、2023年9月22日、スポーツカー「BRZ」の一部改良モデルを発表しました。MTの車向けのアイサイトを初搭載したほか、スポーティグレードとなる「STI Sport」グレードを追加設定しました。


自動車メーカーの"お膝元"では当該メーカー車に乗る人は多いのか?【ジオテクノロジーズ調査】

自動車メーカーの"お膝元"では当該メーカー車に乗る人は多いのか?【ジオテクノロジーズ調査】

ジオテクノロジーズ株式会社は、約20万人を対象に国内自動車メーカー4社の主要拠点を擁する地域の自動車のメーカー別保有率の調査を実施し、その結果を発表しました。自動車メーカーの拠点を擁する地域では、そのメーカーの車に乗る人が多いのでしょうか。


最新の投稿


スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキは、2024年2月27日、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」の一部改良モデルを発表しました。エブリイ、エブリイワゴンは発表同日より、エブリイ 車いす移動車、エブリイワゴン 車いす移動車は3月21日より発売されます。


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイクを高く売りたいなら、一度の申し込みで複数の買取業者の査定が受けられる一括査定サービスが一般的です。しかし、業者の数だけ査定を受けることになるので、時間が取れない忙しい人には不向きでしょう。そこでオススメなのが「KATIX(カチエックス)」。専任担当が代行して複数の業者と買取価格の交渉を行ってくれるので、時間のない人でも利用しやすいのはもちろん、バイクに詳しくない人も安く買いたたかれる心配がありません。本記事では、KATIXを実際に利用した人の口コミや評判をはじめ、特徴やメリット・デメリットなどを解説します。バイクを高く売りたい人は、最後まで読んで参考にしてくださいね。


【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

一般的には、3列シートで6名乗り以上の1.5BOX、2BOXなどといわれる形状のボディをもつミニバンですが、日本ではファミリーカーとして数多くのユーザーに愛用されています。人気ジャンルが故に、数多くのモデルが存在するミニバン。今回はそんなミニバンの中から、おすすめの車を5台紹介します。


電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、「電動キックボードのシェアリングサービス」について、サービスの展開エリアが多い一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の18~59歳男女を対象に、普及度やこれからの流行がどのようになるのかについての調査を実施し、結果を公開しました。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブログ 始め方 新車情報 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 年賀状 安い