目次へ戻る

【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

レクサスLS新型の情報が続々と上がってきています。今回はレクサスLSについて改めてまとめてみました。


レクサスLS新型、世界初が満載

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

https://matome.response.jp/articles/946

新型レクサスLSについて最新情報をまとめています。

レクサスLS新型 予防安全技術がすごい

レクサスは、今秋フルモデルチェンジを予定している新型『LS』に搭載する予防安全技術の概要を公表しました。
今回のフルモデルチェンジでは、高度な衝突回避支援と高度運転支援を実現した予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+ A」を日本、北米、欧州で導入。

・プリクラッシュセーフティ(PCS)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)
・レーダークルーズコントロール

この3つの機能性能の向上を図りました。

また、自動ブレーキだけでは難しい衝突回避を支援する、世界初のアクティブ操舵回避支援を追加する予定です。

アクティブ操舵回避支援は、自車線内の歩行者やガードレールのような連続した構造物と衝突する可能性が高く、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難かつ、操舵制御によって回避ができるとシステムが判断した場合、警報とブレーキ制御に加え、自動で操舵制御を行います。

詳細はこちらから

レクサスLS500新型、現行460と比較してみた

レクサスLS新型

新型LSのガソリンエンジン搭載車は、「LS500」グレードとなります。

このグレードは、現行LSの「LS460」の後継グレードとなることが明らかになっています。
そこで、LS460についてもまとめてみました。

レクサスLS新型を見る前に、レクサス460について知っておこう

新型のLS500と、現行のLS460を比較して見てみましょう。

まず、エンジン性能の違いはどうでしょうか。

LS500には、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
このエンジンは、排気量を3445ccにダウンサイズしながら、2個のターボで過給。
北米仕様の場合、最大出力421ps/5200-6000rpm、最大トルク61kgm/4800rpmを引き出します。

一方で、現行LS460 はどうでしょうか。

LS460は4.6リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載しています。このエンジンの最大出力392ps/6400rpm、最大トルク51kgm/4100rpm。

つまり、LS500は、2気筒、そして排気量を1.0リットル以上ダウンサイズしながら、およそ30ps、10kgmパワフルになるということですね。

この数字だけを見ても、LS500がどれだけ進化しているのかが改めてわかりますね。

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

http://matome.response.jp/articles/22

トヨタの高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。

レクサスLS新型、デザイン面ではどうか

それでは、気になるレクサスLS新型のデザインはどうなのでしょうか。

新型LSの開発にあたって、豊田章男社長から「初代LSの衝撃を超えるクルマを」との命題を与えられたと、旭チーフエンジニアは語ります。

また、「この言葉を投げかけられてからというもの、お客様に初代LSを超える感動を提供するクルマとは何だろうと大いに悩んだ」とも明かしていました。

「見た瞬間に引き込まれるエモーショナルかつ独創的なデザイン、ステアリングをずっと握っていたくなるような走りの気持ち良さ、そして初代からDNAとして受け継ぐ二律双生、人間中心、おもてなしを徹底的に追求しながら、レクサスならではの人に寄り添う先進技術で時代をリードしていく」ことを目指したと旭チーフエンジニアは振り返る。

目指したのは、クーペやセダンという枠を超えた唯一無二の存在

旭CE

「ブランドの象徴として何かに似ていることは絶対に許されない。それでいて風格を兼ね備えていることが求められた。我々はセダンやクーペというカテゴリーを超えた唯一無二の迫力ある存在感を追求した」という。

旭チーフエンジニアのお話はこちらから

レクサスLS新型10月19日発売!!

満を持して発売される、レクサスLS新型。
開発陣の思いを知って、より購入意欲が高まった方も多いのではないでしょうか。
そんなレクサスLS新型ですが、2017年10月19日より発売開始しています。

気になる方はぜひ試乗して確かめてくださいね。

関連する投稿


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【F誕生10周年】レクサスGSF・RCFに特別仕様車登場!

【F誕生10周年】レクサスGSF・RCFに特別仕様車登場!

レクサスは、“F”誕生10周年を記念したGS F・RC Fの特別仕様車“F 10th Anniversary”を設定し、2月1日から先着順で予約を受け付けると発表しました。5月に全国のレクサス店を通じて、それぞれGS F25台、RC F35台の台数限定で発売するとのことです。レクサスGSF、RCFの特別仕様車に迫ります


レクサス新型!?大型セダンを激写!気になるセダンの正体は…!?

レクサス新型!?大型セダンを激写!気になるセダンの正体は…!?

レクサスの象徴「スピンドルグリル」風のカモフラージュ。走行テストをおこなう怪しいプロトタイプ。これはレクサスの新型…!?と思いきやなんと…。


【デトロイトモーターショー2018】ワールドプレミア多数!最新情報

【デトロイトモーターショー2018】ワールドプレミア多数!最新情報

2018年1月15日から開催されるデトロイトモーターショー。このモーターショーにおいて、すでに多くのメーカーが、新型車のワールドプレミアを予定しています。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報・また出展された新型車の写真をまとめています。【1月25日更新】


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。