目次へ戻る

【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

【10月19日発売開始】世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

レクサスLS新型の情報が続々と上がってきています。今回はレクサスLSについて改めてまとめてみました。


レクサスLS新型、世界初が満載

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

https://matome.response.jp/articles/946

新型レクサスLSについて最新情報をまとめています。

レクサスLS新型 予防安全技術がすごい

レクサスは、今秋フルモデルチェンジを予定している新型『LS』に搭載する予防安全技術の概要を公表しました。
今回のフルモデルチェンジでは、高度な衝突回避支援と高度運転支援を実現した予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+ A」を日本、北米、欧州で導入。

・プリクラッシュセーフティ(PCS)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)
・レーダークルーズコントロール

この3つの機能性能の向上を図りました。

また、自動ブレーキだけでは難しい衝突回避を支援する、世界初のアクティブ操舵回避支援を追加する予定です。

アクティブ操舵回避支援は、自車線内の歩行者やガードレールのような連続した構造物と衝突する可能性が高く、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難かつ、操舵制御によって回避ができるとシステムが判断した場合、警報とブレーキ制御に加え、自動で操舵制御を行います。

詳細はこちらから

レクサスLS500新型、現行460と比較してみた

レクサスLS新型

新型LSのガソリンエンジン搭載車は、「LS500」グレードとなります。

このグレードは、現行LSの「LS460」の後継グレードとなることが明らかになっています。
そこで、LS460についてもまとめてみました。

レクサスLS新型を見る前に、レクサス460について知っておこう

新型のLS500と、現行のLS460を比較して見てみましょう。

まず、エンジン性能の違いはどうでしょうか。

LS500には、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
このエンジンは、排気量を3445ccにダウンサイズしながら、2個のターボで過給。
北米仕様の場合、最大出力421ps/5200-6000rpm、最大トルク61kgm/4800rpmを引き出します。

一方で、現行LS460 はどうでしょうか。

LS460は4.6リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載しています。このエンジンの最大出力392ps/6400rpm、最大トルク51kgm/4100rpm。

つまり、LS500は、2気筒、そして排気量を1.0リットル以上ダウンサイズしながら、およそ30ps、10kgmパワフルになるということですね。

この数字だけを見ても、LS500がどれだけ進化しているのかが改めてわかりますね。

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

http://matome.response.jp/articles/22

トヨタの高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。

レクサスLS新型、デザイン面ではどうか

それでは、気になるレクサスLS新型のデザインはどうなのでしょうか。

新型LSの開発にあたって、豊田章男社長から「初代LSの衝撃を超えるクルマを」との命題を与えられたと、旭チーフエンジニアは語ります。

また、「この言葉を投げかけられてからというもの、お客様に初代LSを超える感動を提供するクルマとは何だろうと大いに悩んだ」とも明かしていました。

「見た瞬間に引き込まれるエモーショナルかつ独創的なデザイン、ステアリングをずっと握っていたくなるような走りの気持ち良さ、そして初代からDNAとして受け継ぐ二律双生、人間中心、おもてなしを徹底的に追求しながら、レクサスならではの人に寄り添う先進技術で時代をリードしていく」ことを目指したと旭チーフエンジニアは振り返る。

目指したのは、クーペやセダンという枠を超えた唯一無二の存在

旭CE

「ブランドの象徴として何かに似ていることは絶対に許されない。それでいて風格を兼ね備えていることが求められた。我々はセダンやクーペというカテゴリーを超えた唯一無二の迫力ある存在感を追求した」という。

旭チーフエンジニアのお話はこちらから

レクサスLS新型10月19日発売!!

満を持して発売される、レクサスLS新型。
開発陣の思いを知って、より購入意欲が高まった方も多いのではないでしょうか。
そんなレクサスLS新型ですが、2017年10月19日より発売開始しています。

気になる方はぜひ試乗して確かめてくださいね。

関連する投稿


レクサスの最小コンパクトSUV UX 最新情報 価格 安全性能 ボディサイズほか

レクサスの最小コンパクトSUV UX 最新情報 価格 安全性能 ボディサイズほか

発売が期待されているレクサスの最小コンパクトSUV、UX。先日、パリモーターショー2018にも出展されることが発表されました。国内・国外を問わず熱い視線を集めるUX。本記事ではそんなレクサスUXの最新情報をまとめています。


【パリモーターショー2018】レクサス最小SUV UX欧州仕様車発表

【パリモーターショー2018】レクサス最小SUV UX欧州仕様車発表

レクサスは9月4日、10月にフランスで開催されるパリモーターショー2018において、レクサス『UX』(Lexus UX)の欧州仕様車を初公開すると発表しました。レクサスUXは、レクサスのSUVラインナップの中で、『NX』の下に位置するブランド最小のSUVになります。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


アウディ A8新型 8年ぶりフルモデルチェンジで10月15日発売!最新情報

アウディ A8新型 8年ぶりフルモデルチェンジで10月15日発売!最新情報

アウディのフラッグシップセダンであるA8が、約8年ぶりにフルモデルチェンジして登場しました。発売日は10月15日からで、今回アウディとしては初となるマイルドハイブリッドシステムを採用しています。価格やスペックなど、気になるA8新型の最新情報をまとめています。


【パリモーターショー2018】レクサス ES 新型 欧州仕様発表へ

【パリモーターショー2018】レクサス ES 新型 欧州仕様発表へ

レクサスは9月4日に、10月にフランスで開催されるパリモーターショー2018において、新型レクサス『ES』(Lexus ES)の欧州仕様車を初公開すると発表しました。新型レクサスESは、7世代目モデルです。新型では、ESの原点の上質な快適性を進化させています。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。