目次へ戻る

今、自動車メーカーのプロモーション映像がおもしろい!

今、自動車メーカーのプロモーション映像がおもしろい!

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズが、ジャガー『E-PACE』のワールドプレミアの舞台において、バレルロールジャンプの距離でギネス世界記録を樹立したニュースと映像がレスポンスでも紹介されました。そこで、ジャガー『E-PACE』のバレルロールジャンプに負けない、ユニークなプロモーション映像をまとめてみました。


トヨタ ヴィッツの自虐的CM「The making of new Vitz story」

これまで見た自動車メーカーのCMの中で最も面白いといわれている傑作です。自動車メーカーのCM映像は画一的でつまらないという意見を、CMのクリエーターがクライアント(トヨタの人?)に、自慢のアイデアをことごとくダメだしされて、結局つまらないCMになってしまうという自虐ネタ。

CMクリエーター氏が考えた当初の構想は、青いヴィッツに乗った犯人が派手なカーチェイスを繰り広げるというもの。しかし、クライアントがヴィッツを犯罪車が運転していることで、視聴者からのクレームを懸念して却下となります。これは確かに一理あるためクリエーターも納得。

恋人を助けるために、正義感のある若い女性がヴィッツを操り、カーチェイスさながらに前を走行する車を華麗なテクニックでかわすクリエーター氏の自慢のシーンでは、ヴィッツが搭載する安全機能との兼ね合いで却下。ハイブリッドらしく、静かに発進し、「トヨタ・セーフティセンス」のアラートが鳴らないように安全運転で走ることに。

最終的には登場人物がジャマともなり、「CMなんだ。映画つくってるんじゃないんだぞ!」の言葉にクリエーター氏が思わず「ウルセーな・・」と小声でつぶやくことも。

結局、当初の案とはまるで異なる映像になりますが、最後のシーンでは一瞬、ヴィッツがトラックになるという、クリエーター氏の反骨精神も見られます。

なぜか広島弁バージョンもあります。

This is, Vitz ナオミ篇

そしてYouTubeの再生回数230万回を記念してタレントのナオミさんの登場する「This is, Vitz ナオミ篇」までつくっちゃいました。

日産エクストレイルVS岡持バイク?

日産も影?でおもしろいことやってました。エクストレイルと岡持バイクのどちらが水をこぼさずに悪路を走るかという対決です。

エクストレイルの先進テクノロジーを駆使した安定性と、空気ダンパーや金属バネで振動を吸収する岡持(正式名称出前運搬機)を搭載したバイクの、どちらの走行安定性が優れているのかの勝負です。

結果は映像をご覧になっていただくとして、なぜ相手がライバルのSUVではなく岡持バイクなのかと思われましたか?もし、対決相手がC-HRやヴェゼルであったら普通のクルマサイトの企画ですし、ライバルをコケにした映像ですとぎすぎすします。

岡持バイクならだれも文句は言わないしおもしろい。それだけの理由なんでしょう。でもこのバイクホンダかなー。

フォード ライフルもマシンガンも心配なし、心配は別のところに・・・

勇ましい音楽も、場を盛り上げるナレーションも一切ないけれど、これほど見ごたえのあるプロモーション映像も少ない。そして、懇切丁寧なテロップすらないのですが、そのメッセージは誰にでも伝わるのです。つまり、このパトカーになっている警察官は、けっして銃撃により死ぬことはない、ということです。

フォードはアメリカの警察車両に採用されている「インターセプター」に、高い装甲能力を持たせた「Ⅳ型バリスティックパネル」と呼ぶこの特殊ドアパネルを装着することを発表しました。

実際にライフルやマシンガンをクルマに向けて発砲するシーンでは、拳銃はもとより、ライフル銃やマシンガンなどの襲撃からも乗員を護る装甲能力を備えていることがわかり、このような特殊パネルが作り出せるフォードの高い技術力は賞賛に値します。

しかし、このような装甲能力が必要なアメリカの銃社会は、ドラマや映画以上に危険が多いということと、このようなドアパネルも撃ちぬく銃や銃弾が開発される「盾と鉾」状態にならないことを祈るばかりです。

ボルボマニアとサーブマニア必見! 男の意地をかけた愛車対決?スウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」

最後に、メーカーのプロモーション映像よりずっと心に残る映画の紹介を。2016年12月に公開されたスウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」は、妻に先立たれ会社もクビになり、もはや人生を諦めるハズだった主人公が、近隣住民との交流を通して心を溶かしはじめ、「人生とは何か」、「愛とは何か」を問うヒューマンラブドラマです。

主人公のオーヴェは、サーブの信奉者、そして同じスウェーデンのボルボとそのオーナーを完全に敵視しています。さらに「スウェーデン車以外のクルマに乗るなんて。友達じゃない!」と言い切ってしまうほど。

決してクルマがメインのドラマではないのですが、自動車ファンには大なり小なり持っている感情を見事に表現してくれ、ボルボマニアとサーブマニアはストーリーの重要な要素となっています。

ボルボ愛好家の友人との、男同士の意地をかけた愛車自慢対決では、サーブ92、サーブ9000、サーブ9-5といった懐かしのサーブ車をはじめ、ボルボやBMWも登場して車ファンには楽しめる作品です。

まとめ

15秒、30秒という時間の制限があり、どうしてもクルマの外観などを写しておしまいにならざるを得ないTVのCMと異なり、WEBサイトやYouTubeで流す目的のプロモーション映像は、メーカーやその車を良く知るうえで大変よくできた内容になっています。そして、近年では映画並みの予算と規模で製作されることも多く、クルマファンでなくても楽しめる内容のものも多くあります。

しかし、メーカーがあの手この手で訴えるよりも「幸せなひとりぼっち」を見た後で、サーブの中古車を探したくなるように、ストリー性が重要なのも事実なようです。

他、おすすめの「動画」記事はこちらからご覧下さい。

なんと!!! C-HR×ストリートファイター II、アウディとFFがコラボ!?

http://matome.response.jp/articles/132

これとあれがコラボ、スゴイ!というコラボから、なぜ、コラボした…。と言いたくなるようなコラボまで、世界はコラボにあふれています。そんな中、クルマだっていろんなコラボを見せてくれていますよ、というわけで気になるクルマ業界のコラボについて調べてみました。

【動画】壁を激走するスバル WRX STIとラリー仕様のモンスターマシン

http://matome.response.jp/articles/293

スバルオフィシャルチャンネルで公開されたボブスレーコースをWRXが激走していく動画と、0-100km/hを2秒台を目指すラリークロス仕様のWRXの動画をまとめています。

海外のスーパーカー、名車をVR動画でお届け!臨場感溢れる走行映像!

http://matome.response.jp/articles/14

Virtual Reality(バーチャルリアリティ)、VR動画にて海外のスーパーカーや名車がサーキットを全開走行する動画をまとめてます。臨場感あふれる動画を是非ご堪能下さい。

関連する投稿


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガーの最上級サルーン、XJですが、次期型がEV化されるとの最新情報が入ってきました。8世代/50年に及ぶXJの内燃機関車の歴史は現行型で終了ということになります。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。もう1台増やしたいとお考えの方は是非参考にしてください。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。