目次へ戻る

【BMWのスピーカー交換】価格帯別 & 絶対おすすめのブランドは…?

【BMWのスピーカー交換】価格帯別 & 絶対おすすめのブランドは…?

BMWのスピーカー交換を検討中の方向けに、価格帯別でのおすすめブランドと、知っておいて損はないおすすめのブランドの紹介をしています。また、BMWの純正スピーカーの特徴や、カーオーディオショップの選び方や紹介に至るまで、スピーカー交換を検討、若しくは「BMWの音質」が気になってる方向けの情報を詳しく紹介しています。


1.始めに

世界屈指の自動車先進国ドイツ。

そのドイツを代表する自動車メーカーのひとつである「BMW」。そんなBMWユーザーのほとんどが感じる不満点、それは…。「(カーオーディオの)音質」です。

まず始めに、BMWの音質が何故悪いのか?純正スピーカーはどのような仕様になっているのかを説明していきます。
※おすすめスピーカーの情報などを確認したい方は目次の3.BMWのオーディオを良くする方法は?からご覧下さい。

BMWの不満点

「高級車として有名な、あのBMWのオーディオが?」という声も聞こえてきそうですが、BMWユーザーの間では共通の認識となっています。

「自分だけじゃなかったんだ…」と思った方、「えっ、これからBMWを購入しようと思っていたのに…」と思った方には、是非この記事を最後まで読んでもらいたいと思います。

BMWの純正カーオーディオ、不満の原因は?

では、なぜ「音質」に不満が出るのか、それには「CO2排出削減」という、現代ならではの原因があります。

CO2の排出量を削減する最も単純で効果的な方法は、「燃費を良くする」ことです。そして、燃費を良くするための一番の近道は、「軽量化=軽い車を作る」ということなのです。

軽い車を作るためには一般的に、「軽い素材を使う」、「使う材料の量を減らす」、「機能を減らす」というような方法を用います。

そして、その時々の流行や開発コンセプト、安全基準や衝突基準と照らし合わせながらギリギリのラインで設定していきます。

この軽量化の影響を一番強く受けているパーツは、内装等に使用するプラスチックと、ドアやボディなど、自動車のあらゆる部分に使用されている鋼板です。

実際にBMWの純正スピーカーを外すと分かることですが、フレームが樹脂でできています。

それなりの市販スピーカーであればフレームには金属が使われますので、樹脂が使われているのはやはり、軽量化が推し進められた結果と言えるでしょう。

なお磁気回路部は、純正スピーカーとしてはしっかりしている部類には入りそうです。
しかし…。全体的な印象としては、コストがかけられているようには見えません。

また、ドイツには、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェ、メルセデス、オペルなど、たくさんの名だたる世界的な自動車メーカーが存在しており、自動車メーカー間の競争が常に起こっています。

カーオーディオに予算と時間を割く余裕は、そこまで多くはないでしょう。

結果として、「BMWの車格とオーディオが釣り合っているとは言い難い」という状況になっています。

BMWのライバルたちと比較すると、BMWはオーディオを犠牲にして予算と時間を他の部分に当てているのが良く分かります。

    
※全車種全グレードを総合した評価です
 運動性能快適性安全性価格
BMW
フォルクスワーゲン
アウディ
ポルシェ
メルセデスベンツ
オペル

2.BMWの純正スピーカー(オーディオシステム)の特徴

というわけで、BMWの音があまり良くない理由の1つ目は、「スピーカーにコストがかけられていないから」だったのですが、理由はそればかりではありません。

2つ目の理由はズバリ、「ツィーターが設定されていないから」です。

BMWの純正スピーカーシステムは、以下のようになっています。

フロントドアに10cmフルレンジスピーカー×2、フロントシートの下にサブウーファー、リアにもフルレンジスピーカー。

年代やグレードにより、ツィーターやセンタースピーカーが搭載されたりと、多少のバラつきはありますが、だいたいこの仕様が多いです。

ちなみに、国産車では、ドアのスピーカーが17cmクラスで、かつダッシュボードの中等にツィーターが設定されていることが多くなっています。

このような17cm口径のスピーカーに比べれば、10cm口径のスピーカーは高音再生が得意なため、ツィーターはなくてもいい、と考えられたのかもしれません。

しかしながら、高音再生のスペシャリストであるツィーターを用いたほうが、音質的には圧倒的に有利です。ましてや、純正スピーカーにはそもそもコストがかけられていません。

コストがかかっているフルレンジスピーカーだったらまだしも、貧弱なフルレンジスピーカーでは、ツィーターがないことのデメリットばかりが目立ってしまうのです。

BMWの純正サブウーファー

ところで、BMWには、助手席の足元にサブウーファーが付いています。ドアのフルレンジスピーカーは10cmクラスであり、通常の17cmクラスのスピーカーに比べて低音再生を苦手としています。

低音を再生するためには、口径が大きいほうが有利だからです。その不利に対処すべく、サブウーファーが設定されているのでしょう。

このこと自体は歓迎すべきことなのですが…。しかしながら、ここでも1点、残念なことが起きています。

どうやら、純正サブウーファーとドアのフルレンジスピーカー間の“役割分担”が上手くいっていないように思えるのです。

本来ならば、サブウーファーに対しては高域をカットした信号を送り込み、ドアのスピーカーには低域をカットした信号を送り込みたいところなのですが、そういったコントロールが万全でない節がうかがえます。

結果として、低音がだぶついている傾向が出ています。

3.BMWのオーディオを良くする方法は?

本題に入っていきますが、BMWに限らず、車のオーディオを良くしようと思った時、普通は「新車購入時にサウンド系のオプションを付ける」か、「スピーカーなどのカーオーディオシステムを交換する」のどちらかを選択することになるでしょう。

新車購入時にサウンド系のオプションを付ける

メーカー各社、ほぼ全ての車種でスピーカーやオーディオシステムのオプションが存在します。

それ相応の費用は発生(コストパフォーマンスについては疑問が残りますが)しますが、確実に音は良くなります。

※ハーマン・カードン(harman/kardon)とは、カーオーディオでは聞き慣れないかも知れませんが、ホームオーディオ界では知らない人は居ないほどの知名度を誇る、世界有数のオーディオ機器メーカーです。

BMWの場合、ハーマン・カードン(harman/kardon)製のスピーカーがオプションとして設定されています。約15~18万円ほどの予算が必要ですが、純正スピーカーシステムと比較すると、完全に別物で高音質を得ることが可能です。

スピーカーなどのカーオーディオシステムを交換する

一方、中古で購入したり、新車であっても購入後にスピーカー交換をしたくなってしまった場合は、後からスピーカー交換をしたり、オーディオシステムを入れ替える、という選択肢を取ることとなります。

また、「どうしても必要以上に高価格になりがちなメーカーオプションが嫌だ」、「お気に入りのオーディオメーカーがある」ということで、ユーザー側でスピーカー交換をする場合も多いでしょう。

スピーカー交換のメリットやその他情報(初心者向け)については下記の記事にて詳しくまとめていますのでご覧下さい。

【カーオーディオ初級編】スピーカーの選び方と交換すべき理由

https://matome.response.jp/articles/124

車の運転、ドライブ中に"音楽"を聴く。という人はとても多いのではないでしょうか。こちらの記事では車内での音楽ライフをより豊かにするため、「スピーカー」交換のススメについてをまとめています。

ここからはいよいよ、どんなスピーカーを選ぶべきなのか、そして、どこで付けるべきなのかを紹介していきます。

4. BMWのスピーカー交換。おすすめのスピーカーは?

早速、BMWに向いているスピーカーを紹介していきます(取り付ける際には、何らかの取り付け用パーツが必要になったり、車両側の加工が必要になるケースも有り得ます)。

【価格帯別】BMWにおすすめのスピーカー!特徴とおすすめのブランド

■~2万円

一般的に、エントリーグレードといえば、この価格帯の製品が該当します。

音質は”ソコソコ”といったレベルですが、予算が心許ない場合や、とりあえず試してみたいといった場合にはこの価格帯のスピーカーを選択すると良いでしょう。

とはいえ、純正スピーカーに“万単位”のコストがかけられているはずも無いため、純正スピーカーより音が良くなることは確かです。

なお、このクラスのスピーカーの多くは「トレードインタイプ」のスピーカーとなっています。

【カーオーディオ選び】スピーカー・タイプを解説

http://matome.response.jp/articles/126

ドライブ中など、車の運転中に欠かせない要素のひとつである「音楽」。こちらの記事ではカーオーディオを選ぶ際のスピーカーに焦点をあて、数種類存在するスピーカー毎の違いなどを解説しています。

製品によってはバッフルやアタッチメントなどで微調整をして取り付けることになりますが、スピーカーユニットが大き過ぎるケースはまれですので、純正スピーカーが付いていたように、そのまま同じ位置に取り付けることが可能なはずです。

    
~2万円のおすすめスピーカー
メーカー名型番税抜価格オススメする理由・特徴
PioneerTS-F16306,500円高音再生用のツィーターが、ミッドウーファーの同軸上に取り付けられている“コアキシャル”タイプ。音のまとまりがよく、高域のキレ味も良好。何より価格が手ごろであることがうれしい。 http://pioneer.jp/carrozzeria/speaker/custom_fit_sp/ts-f1730_ts-f1630_ts-f1030/
ALPINESTE-G170S13,000円分離型のツイーターが付属し、クロスオーバーネットワークに、中/高級機にも多く採用されている特注品の音響用コンデンサー「SILMICシリーズ」を搭載。滑らかなボーカル音域や締りのある低音域など、内蔵アンプの性能をフルに引き出すことができるスピーカー。https://www.alpine.co.jp/products/speaker/STE-G100S

■2万円~6万円

 エントリーモデルから少しステップアップしたモデルがこの価格帯に属します。トレードインタイプから、取り付けに専門加工が必要なモデルまで、さまざまなスピーカーが混在している価格帯です。

なお、2万円以下のスピーカーと比べると、価格が倍くらいになるわけですので、その分、クオリティも上昇します。高音質を求めるならば、このあたりの価格帯の製品にまで触手を伸ばしたいところです。

ただし…

BMWに装着可能な10cmクラスの製品となると、選択肢はそれほど多くはありません…。

以下、6万円台の優良国産スピーカーを紹介しますが、これらが属しているシリーズには、残念ながら10cmモデルはありません。

以下に挙げるスピーカーを装着しようとすると、大がかりな加工が必要になることを覚悟してください。

    
2~6万円のおすすめスピーカー
メーカー名型番税抜価格オススメする理由・特徴
DIATONEDS-G2060,000円振動板素材に、ダイヤトーンが独自開発した『NCV』を採用。軽く、固く、素材固有の響きが少ない、という振動板に求められる相反する性質を、高次元で実現できている好素材。また付属のパッシブクロスオーバーネットワークは “バイアンプ接続対応型”なので、高度なシステム設計も可能。しかしながらミッドウーファーの口径は17cmクラスなので、BMWに装着するには大がかりな加工が必要となる。http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/car_diatone/product/ds-g20/index.html
PioneerTS-V173S60,000円カロッツェリアの“カスタムフィットシリーズ”製品の中でのトップグレードモデル。同社のトップエンドスピーカー、『1000RSシリーズ』の思想と技術をふんだんに注入した意欲作。ただし、この『Vシリーズ』にも、一般的な17cmクラスの製品しかラインナップしていない。BMWに装着可能な10cmクラスのモデルの用意はない。http://pioneer.jp/carrozzeria/speaker/custom_fit_sp/ts-v173s/

■6万円~

中級モデル。スピーカーのためだけにこの金額を払うのに戸惑いを感じるかも知れませんが、一度実際に聞くと明らかに違いが分かるほどの、納得の圧倒的サウンドです。

スピーカー自体の性能が高いので、純正オーディオユニットではちょっと勿体無いかも知れません。

上位モデルのヘッドユニットやアンプを使用し、ワンランク上のサウンドを味わってもらいたいスピーカーたちです。

    
6万円~のおすすめスピーカー
メーカー名型番税抜価格オススメする理由・特徴
FOCALES 100 K for BMW80,000円世界的な高級スピーカーブランド「フォーカル」の人気シリーズ『K2パワー』の10cm2ウェイコンポーネントスピーカーをベースにした、BMW用のスペシャルキット。配線用のパーツや特別にチューニングされた音響パーツまでも同梱。純正位置に違和感なく取り付け可能。ドアパネルの加工も不要。http://www.focal-audio.jp/lp/focalbmw/
BEWITHReference AM Duo8884,000円国産ハイエンドカーオーディオブランド「ビーウィズ」の最新スピーカー。振動板にはアルミとマグネシウムを混合させた特別な素材が用いられている。同社のフラッグシップスピーカーの技術が多々注入されていながら、手頃な価格に収められた意欲作。http://www.bewith.jp/ja/products/speaker/referenceam/

■10万円~

10万円以上のモデルともなると、ある程度のキャリアのあるカーオーディオ愛好家からのターゲットとなる、本格派揃いとなっていきます。

ちなみに、10万円から20万円台の製品は“ミドルハイグレード”として認知され、それ以上の価格帯の製品は、“ハイエンドスピーカー”と位置付けられています。

なお、“ハイエンドスピーカー”は価格の幅が相当に広く、超高級品ともなると100万円を超えるものもちらほら存在しています。

ちなみに、10万円以上のスピーカーは、ほとんどのモデルが17cmクラスとなり、BMWの純正位置に簡単装着することは不可能で、かなりの大幅な改造が必要となります。

もっとも、高級スピーカーを装着しようとするケースにおいては、簡単に取り付けしただけではスピーカーの性能を100%引き出すことは不可能です。

ドア内部の音響的なコンディションを整えるための作業である“デッドニング”や、スピーカーの取り付け面をドアパネル面まで立ち上げる取り付け方(アウターバッフル化)等を施す必要があります。

なので、BMW以外の車種に対しても採用される際には相応の費用をかけて取り付けられることが多いです。

    
10万円~のおすすめスピーカー
メーカー名型番税抜価格オススメする理由・特徴
PioneerTS-Z1000RS280,000円長きにわたって国産ハイエンドカーオーディオ市場をけん引し続けてきた「カロッツェリア」のフラッグシップスピーカー。なお、当機が属する『1000RSシリーズ』には、ミッドレンジスピーカーもラインナップしていて、愛好家の間では、それを加えたフロント3ウェイシステムが組まれることも多い。http://pioneer.jp/carrozzeria/car_av/highend_audio/ts_rs1000/lineup_z.php
DIATONE (三菱)DS-SA1000670,000円2016年秋に新登場した、「ダイヤトーン」のフラッグシップスピーカー。ツィーターの振動板には、超高級素材である“ピュアボロン”が用いられている。ちなみに2ウェイスピーカーではミッドウーファーの担当帯域が広く、周波数特性が乱れる部分が多かれ少なかれ発生するのだが、当機はそれを排除することに成功している。http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/car_diatone/product/ds-sa1000/

結局どの価格帯の、どのスピーカーを選ぶべきか?

エントリーモデルから超高級モデルまで、様々なスピーカーを挙げましたが、市場には更に多様なモデルが溢れています。

スピーカーの選定に頭を悩ませている方も多いかと思いますが、BMWのスピーカー交換をするのであれば、一番オススメしたいスピーカーの価格帯はスバリ、「6万円~10万円クラス」です。

この価格帯の製品は、「誰が聴いても良い音」であり「本気を出せばかなり上位の音を狙える」スピーカーです。

一度スピーカー交換をすればアップグレードせず長く使えるスピーカーなのです。

さらには、メインユニットの交換や外部パワーアンプの追加、高級サブウーファーの導入等々、システムを本格化させていっても使っていけるだけのポテンシャルをも秘めています。

上を見ればキリがないのがカーオーディオの世界ですが、実際のところ、この価格帯の製品でも相当に高音質です。

現実的な価格の中で、純正スピーカーとは見違える音が欲しいとなった際には、このくらいの価格帯の中から製品を選べば、後悔することはないでしょう。

10万円以下の予算ならFOCALとBEWITHがオススメ

関連する投稿


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMWの電気自動車、BMW『i3』。i3は、初代が2013年に欧州で登場し、日本でも2014年4月から発売されました。フォーミュラE世界選手権ではオフィシャルカーにも採用されているi3。そんな同車が、2018年1月にマイナーチェンジを行いました。本記事ではそんなBMW i3改良新型について気になる情報をまとめています。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプがドイツにてスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。