目次へ戻る

マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダから軽自動車のクロカンでトップを走るスズキ ハスラーのOEM供給車種で販売されているマツダ フレアクロスオーバのスペック、燃費、新車価格、中古車価格やユーザー評価などに関する情報をまとめて掲載しています。


マツダ フレアクロスオーバー 概要

近年、日本での軽自動車人気の秘訣は販売価格や燃費だけではなく、軽自動車らしからぬ、機能性やデザイン、広さが人気を集める要因となっていますが、今回紹介するマツダ フレアクロスオーバーも軽自動車人気を牽引する車種です。

スズキ ハスラーのOEM供給車種として発売されており、社内の快適空間やクロカンとしての機能などが充実しており、エコカー減税や燃費などお財布にも優しいので、特にクルマ離れしている若者に人気の車種となっています。


そんな人気車種のマツダ フレアクロスオーバーの機能や燃費、安全性能、価格など気になるところを徹底的に調べていきたいと思います。

マツダ フレアクロスオーバー 基本スペック

マツダ フレアクロスオーバーのスペックは以下の通りです。

◆乗車定員
4名

◆ボディサイズ
・全長mm:3,395
・全幅mm:1,475
・全高mm:1,665
・ホイールベースmm:2,425

◆室内サイズ
・室内長mm:2,160
・室内幅mm:1,295
・室内高mm:1,250

◆燃料タンク容量:27L

◆車両重量kg
・XG2WD:790/4WD:840
・XS2WD:800/4WD:850
・XT2WD:820/4WD:870

◆燃費:JC08モード走行燃費率
・XG/XS2WD:32.0km / L
・XG/XS4WD:30.4km / L
・XT2WD:27.8km / L
・XT4WD:26.2km / L

◆エンジン
種類
・XG/XS:水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
・XT:水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT インタークーラーターボ
総排気量L:0.658
最高出力KW(PS)/rpm
・XG/XS:38(52)6,500
・XT:47(64)6,000
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm
・XG/XS:63(6・4)/4,000
・XT:95(9・7)/3,000

◆駆動装置
・2WD/4WD
・トランスミッション:3要素1段2相形(ロックアップ機能付)

マツダ フレアクロスオーバー 燃費

燃費はバツグン!クロカンとは思えない、とてもお財布に優しい燃費率になっています。


XG/XS2WDのJC08モードは32.0km/Lで4WDは30.4km/Lとなっています。
実燃費は2WDが18.25km/L、4WDが17.60km/Lです。

XT2WDのJC08モードは27.8km/L、4WDが26.2km/Lで実燃費は16.79km/Lになっています。


時速が13キロ以下になると自動でアイドリングストップモードになるのと、減速する際にはそのエネルギーを利用して搭載されているアイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電されます。
加速時にその充電されたエネルギー利用することにより燃費率の向上と静かでスムーズな加速を実現しています。



また、燃費効率の良い運転をしていると、メーターの証明がブルーからグリーンに変わります。
また、エネルギーがいつ発電されて充電されているか一目でわかるエネルギーフローインジケーターがついており、目で知らせてくれるので、燃費効率の良いエコドライブを意識しながら実現することができます。

光やアニメーションなどで楽しくエコドライブを体感する事が出来ます。

マツダ フレアクロスオーバーの燃費 - e燃費

https://e-nenpi.com/enenpi/carname/1850

マツダ フレアクロスオーバーの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

マツダ フレアクロスオーバー エクステリア/カラー

エクステリアは、フロントとリアのバンパーやフェンダーなどSUVらしくアクティブな場所でより栄えるデザインで、サイドはシンプルにフロントからリアにかけて伸びるようなデザインになっており、実寸よりも実際に見ると大きく見えます。


そしてアルミホイールが軽自動車とは思えないも印象を与えてくれます。

カラーはホワイトルーフの2トーンが2種類(パッションオレンジ、サマーブルーメタリック)とブラックルーフの2トーンが2種類(アクティブイエローフェニックスレッドパール)、ワントーンが3種類(ブルーイッシュブラックパール、クールカーキパールメタリック、ピュアホワイトパール)になっています。

マツダ フレアクロスオーバー インテリア

インテリアの最大の特徴は軽自動車とは思えないほどの収納力と広さです。

フロントからリアにかけてドリンクホルダーが充実しており、ドア、インパネ、シートなどポケット、トレイ、ボックスが随所に配置されています。
クロカンとしての機能も申し分なくラゲッジフロアは汚れをふき取りやすい素材になっており、電源を供給する装置も搭載されているのでクアクティブな場所でも活躍します。


後部シートも左右でそれぞれ倒せるので、シートの倒し方によりさまざまな大きさ、形の荷物を積むことが可能で、フルフラットにすると社内で ゆっくりとくつろげる空間になります。
インパネ、ダッシュボード付近のパネルやシートやなど随所にボディカラーと同色カラーが施されています。

またマルチインフォメーションディスプレイには時刻や外の気温などをインフォメーションしてくれるほか、エコドライブ表示機能、オイル交換の時期なども知らせてくれるため、初心者や自動車のメンテナンスなど苦手な方にも優しく操作性に優れたデザインになっています。


寒冷地での使用もかんがえられており、運転席と助手席にはヒートシーターを搭載しており、走行距離が長くても蒸れない工夫がされています。

インテリアにもクロカンの機能が髄所に施されており、アクティブでも快適にドライブを楽しむことが出来ます。

マツダ フレアクロスオーバー 安全装備

2つのカメラであらゆる危険を感知しドライバーの安全をサポートするデュアルカメラブレーキサポートが搭載されています。

人間の目と同じような左右2つのカメラついていて物や距離を認識します。
サイズや輪郭などを割り出してヒトなのかクルマなのかなど障害物との衝突回避をサポートします。


衝突や誤発進、車線のはみ出し、ふらつきの際にブザーが鳴り、メーター内の表示灯が点灯しドライバーに知らせてくれます。



また、衝突の危険性が高まると自動ブレーキが掛けられ衝突回避のリスクや衝突時のダメージを弱めるサポートをしてくれます。

ボディはさらに軽量化され衝撃を効率よく吸収する構造や衝突時に頸部や頭部も衝突によるダメージを軽減できるように頸部衝撃緩和フロントシートや衝撃吸収材も内臓されています。
運転席、助手席にエアバックも搭載されており、ドライバーのもしもの時の安全性を高めています。



また、カーブでの横滑りが発生した時には進行方向の修正をするようにブレーキがかかり操作をアシストしてくれます。(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)



また、滑りやすい路面で急ブレーキをかけた時にタイヤのロックを防いでハンドル操作で衝突回避をサポートしてくれます。(4輪アンチロック・ブレーキ・システム&電子制御制動力配分システム、ブレーキアシスト)

安全性能に加えて快適なドライブを支援する機能も搭載されています。
ヒルホールドコントロールは坂道発進の際に一時的にブレーキが作動して車が下がるのを防ぎます。
急な下り坂ではレーキ操作をしなくても7kmの一定速度が保たれるヒルディセントコントロールが搭載されています。
運転に自信のないドライバーでも安全に操作に集中することが出来ます。

マツダ フレアクロスオーバー 新車価格

マツダ フレアクロスオーバーの全6種類の新車価格は以下の通りです。(税込み金額)


マツダ フレアクロスオーバー
◆XG2WD:1,338,120円
◆XG4WD:1,464,480円
◆XS2WD:1,472,040円
◆XS4WD:1,598,400円
◆XT2WD:1,558,440円
◆XT4WD:1,684,800円

【MAZDA】フレアクロスオーバー

http://www.mazda.co.jp/cars/flair-crossover/

多彩な機能と個性際立つデザインを融合させた新しいSUV、マツダ フレアクロスオーバー。低燃費を実現、全車減税対象車です。【マツダの軽自動車】

マツダ フレアクロスオーバー 中古車価格

中古車価格は80万円台~150万円台で購入が可能です。

目を引くのは数の多さです。やはり超人気車種なので中古車でもカラーやグレードなどお気に入りの1台が見つかるでしょう。

発売されてからまだ約3年なので走行距離もそれほど走っていない物が多いです。
ただし価格も新車との差額はそこまで大きくないようです。

マツダ フレアクロスオーバー 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S091/

マツダ フレアクロスオーバーの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ フレアクロスオーバー の評価

適度にアップダウンがある山間部の国道とかだと非常に燃費がいい。それほどアクセルを踏まずに登れる坂とエンジンブレーキで定速走行できる下り坂の組み合わせではカタログ燃費を上回る事も。

燃費は他の車種と比べてもかなり良いようです。

特にアクティブな場所で高い燃費率を発揮しそうです。燃費もお財布に優しいですね。

まとめ

マツダ フレアクロスオーバーをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

クロカンとしての性能は充実してましたし、燃費率の良さ、エコドライブを楽しむ機能、スペシャルな安全性などこれまでの軽自動車SUVの概念を覆す車でした。

ぜひ一度マツダ販売店でご覧ください!

関連する投稿


BMWのSUV「X7」のプロトタイプイメージが公開

BMWのSUV「X7」のプロトタイプイメージが公開

BMWは8月10日に開発中の新型SUV「X7」のプロトタイプのイメージ画像5枚を公開しました。本記事では2018年年内に発売が予想されている最上級SUV、「X7」の最新情報をご紹介します。


【インドネシアモーターショー2018】日産 新型SUVテラを展示!

【インドネシアモーターショー2018】日産 新型SUVテラを展示!

8月2日から開幕しているインドネシアモーターショー2018。そこで日産は新型SUVのテラを公開しました。テラは、中国、フィリピンでも展示されており、今回の発表は3回目のこととなります。プレミアムかつ堅牢性を極めたオフローダー、テラについてご紹介いたします。


改良されたカムリとアテンザ、貴方ならどっちを選ぶ?

改良されたカムリとアテンザ、貴方ならどっちを選ぶ?

フルモデルチェンジから一年が経過した2018年8月、カムリに待望のスポーツモデル「WS」が追加設定されました。好調な販売ながらもユーザーの年齢層が高かった「おじさん」御用達のカムリが、若者層獲得に乗り出したのですが、はたしてその成果は?同クラスでもっともスポーティーなセダン、マツダのアテンザと比較してみました。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


【インドネシアモーターショー2018】レクサス新型SUV UXアジア初公開ほか

【インドネシアモーターショー2018】レクサス新型SUV UXアジア初公開ほか

レクサスは、8月2日より開催中のインドネシアモーターショー2018にて、新たなSUVのラインナップとして誕生した『UX』をアジアプレミアしました。 また、同時に、7世代目となる最新の『ES』を東南アジアで初めて公開しています。本記事では、そんなインドネシアモーターショー2018でのレクサスブースの情報をまとめました


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。