記事総数:23  総PV数:41556

公開中の記事


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


東京オリンピック図柄入りナンバーのデザイン最終5選!意見募集を開始

東京オリンピック図柄入りナンバーのデザイン最終5選!意見募集を開始

2017年4月より図柄入りのナンバープレートが取得可能になり、ラグビーワールドカップの図柄入りナンバーが軽自動車も白ナンバーに変更可能という理由から、一躍人気になりました。それに引き続き、東京オリンピックの図柄入りナンバーのデザイン案最終5選が決定し、意見募集が開始されました。


トヨタ パッソ 詳細情報一覧

トヨタ パッソ 詳細情報一覧

ダイハツのOEMであるパッソ。「快適」「カワイイ」などの言葉の頭文字からKを取り、「軽じゃないK」としてテレビCMでも話題となりました。燃費に関してはガソリンエンジン登録車の中でナンバーワン。女性日記も高い可愛らしい見た目だけでなく、内部までしっかりと進化したパッソは価値あるコンパクトカーと言えます。


トヨタ アクア 詳細情報一覧

トヨタ アクア 詳細情報一覧

アクアは、“より多くのお客様にハイブリッドカーのうれしさをお届けする”ために「低燃費」「使いやすさ、楽しさ」「低価格」を追求した、5ナンバーのハイブリッドカー。コンパクトとハイブリッドの魅力を融合し“驚きのうれしさ”を創出する。車名の「アクア」には“水のように自由な広がり”を可能にする、という願いが込められている。


トヨタ ヴィッツ 詳細情報一覧

トヨタ ヴィッツ 詳細情報一覧

ヴィッツはトヨタのコンパクトカーを長らくけん引してきた人気のハッチバックモデル車種です。2017年、1.5Lエンジンをベースに、エンジンは低フリクション化、PCUは充電源制御による損失低減が図られ、JC08モード燃費34.4km/リットルを実現したハイブリッドモデルが満を持して登場。


トヨタ ポルテ 詳細情報一覧

トヨタ ポルテ 詳細情報一覧

スペイドの兄弟車種であるポルテは、使い勝手の良さを追求し、とにかく利便性を追求したコンパクトハッチバック車です。助手席側が電動スライドドアという特徴が、乗降性を高めるとともにコンパクトながらも室内を広く感じさせてくれます。


トヨタ オーリス 詳細情報一覧

トヨタ オーリス 詳細情報一覧

欧州版カローラ・ハッチバックの後継モデルである新型オーリス。「スポーツハッチバック」というコンセプトを明確に打ち出し、エクステリアではダイナミックなスポーティさが表現されています。ボディサイズは、標準グレードの「150X」と上級グレードの「180G」の2つで展開され、駆動方式はFFと4WDが用意されています。


トヨタ ピクシス ジョイ 詳細情報一覧

トヨタ ピクシス ジョイ 詳細情報一覧

ピクシス ジョイは、2016年8月31日に、トヨタ自動車から発売されました。ピクシス ジョイはダイハツ・キャストからのOEM車で、クロスオーバーSUVの「ピクシスジョイC」、ラグジュアリーな「ピクシスジョイS」、スポーティな「ピクシスジョイF」という3つの個性の異なるグレードがあります。


トヨタ ピクシス エポック 詳細情報一覧

トヨタ ピクシス エポック 詳細情報一覧

トヨタの軽自動車シリーズの第3弾のピクシスエポックは、シンプルな形の軽ハッチバックで79万円台から購入可能です。幾度のマイナーチェンジによって、なんと燃費性能は35.2km/lのクリーンな走りを実現。エコドライブを支える充実した安全装備も快適な運転のサポートをしてくれます。「トヨタのシンプルスモール」の魅力まとめです。


トヨタ ピクシス メガ 詳細情報一覧

トヨタ ピクシス メガ 詳細情報一覧

ピクシスメガはダイハツ工業による軽自動車OEM供給モデルの第4弾。ダイハツ『ウェイク』のFFモデルをベースに、エンジンはNAとターボの2種類を用意。また、「視界の良さ」「広々とした室内空間」をキーワードに開発され、アイポイントを5ナンバーミニバン並みの1387mmとし、運転席からの見晴らしの良さを実現しています。


トヨタ ウィッシュ 詳細情報一覧

トヨタ ウィッシュ 詳細情報一覧

トヨタ自動車は、『ウィッシュ』を一部改良し、5月7日に発売した。 今回の一部改良では、CVTの改良により、1.8リットル・2WD車で16.0km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現。さらに、フロントドアガラスに紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラス(撥水機能付)を採用し、快適性を向上した。


【トヨタ アイシス】まるでリムジン...パノラマオープンドア【詳細情報一覧】

【トヨタ アイシス】まるでリムジン...パノラマオープンドア【詳細情報一覧】

トヨタの激戦区5ナンバーサイズ市場にまた、トヨタが魅力的な新型車を投入してきました。その名もアイシス。最大の特徴は助手席側のスライドドア。「パノラマオープンドア」と名づけられたそのドアは、センターピラーをドアに内蔵することによって、助手席ドアとスライドドアとの境にある柱を取り払われています。


トヨタ エスティマの情報を完全網羅|燃費・スペック・デザイン・評価

トヨタ エスティマの情報を完全網羅|燃費・スペック・デザイン・評価

エスティマ、エスティマハイブリッドは、丸みを帯びたワンモーションフォルムを特徴とするなど、「先進・洗練」を追求したミニバンとして開発され。他のミニバンとは一線を画すスタイリッシュなクルマとして、独特のこだわりを持つファミリー層をはじめ、多くの方々に支持されてきた来ました。今回はそんなエスティマの魅力をまとめました。


クラスを超えた高級感。トヨタ エスクァイアの 詳細情報一覧

クラスを超えた高級感。トヨタ エスクァイアの 詳細情報一覧

トヨタの5ナンバーミニバン、ヴォクシー/ノアは2014年1月にフルモデルチェンジを受け、3世代目にバトンタッチ。そこに3番目の兄弟としてエスクァイアが加わった。エスクァイアは「クラスを超えた高級感」を志向する。居住性や使い勝手はそのままに、豪華できらびやかな意匠をまとった「新上級コンパクトキャブワゴン」を目指した。


【トヨタ ヴェルファイア】大空間高級サルーン【詳細情報一覧】

【トヨタ ヴェルファイア】大空間高級サルーン【詳細情報一覧】

ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスミニバンで、アルファードの兄弟車種としても有名です。「大空間高級サルーン」をキーワードに開発され、乗っているだけでラグジュアリーな空間を演出してくれます。もちろん車内だけでなく、操作についても色々なサポート機能が豊富な為、大きな車体を初めて運転する方にも安心して乗車いただけます。


【マツダ アテンザ】 マツダのフラッグシップ【詳細情報一覧】

【マツダ アテンザ】 マツダのフラッグシップ【詳細情報一覧】

90年代において一大スポーツカーブームを火付け役になったのがRXシリーズを作ったマツダです。そのマツダがカペラの後継者として作ったのがマツダアテンザであり、2002年にリリースされた当初から高い人気を維持し、マツダのフラッグシップとなっています。今回はその進化をまとめました。


【マツダ アクセラ】まさに人馬一体 詳細情報一覧

【マツダ アクセラ】まさに人馬一体 詳細情報一覧

マツダが、日本が、世界に誇るアクセラ。新しくなった理想のエンジン、SKYAKTIVEの走りごこち、ヨーロッパで大人気の美しいフォルム。走る歓びの追求は、粋を凝らしたエクステリア、徹底的に計算された快適空間作りの結晶として現れています。今、乗りたくなる車、楽しいを追求した車の秘密に迫ります。


【スバル インプレッサ】これはスバルのフルモデルチェンジ...【詳細情報一覧】

【スバル インプレッサ】これはスバルのフルモデルチェンジ...【詳細情報一覧】

インプレッサは、国内のみならず、世界各国で高い評価を受けるスバルブランドの一つです。第5世代にあたる新型インプレッサの発表会において、吉永泰之社長が「これは1モデルのフルモデルチェンジではない、スバルのフルモデルチェンジだ」と豪語すほどの、その魅力に迫りましょう。


ホンダ クラリティ フューエルセル【詳細情報一覧】

ホンダ クラリティ フューエルセル【詳細情報一覧】

クラリティフェーエルセルは「空間を最大に、メカニズムスペースは最小に」というコンセプトの元、ホンダが設計開発した快適な次世代型燃料電池車です。燃料電池自動車という点に注目されがちですが、安全性や装備も充実しています。そんなクラリティフェーエルセルの、本田技研工業におけるこだわりの数々にも着目して紹介していきます。


【日産 フーガ】進化した内外装と走行性能の魅力など【詳細情報一覧】

【日産 フーガ】進化した内外装と走行性能の魅力など【詳細情報一覧】

セドリック、グロリアの後継車として誕生した国産車の高級セダン フーガは、日産自動車の持ちうる全ての技術とノウハウを注ぎ込んだフラッグシップサルーンとしての立ち位置を占めています。2代目はよりグラマラスに進化した内外装と共に、出力が高くトルクフルなエンジンを採用し、余裕のある走行で素晴らしい加速を楽しむことができます。