トップへ戻る

スープラ対抗馬!新型フェアレディZはベンツと共同開発で2019年に公開!?

スープラ対抗馬!新型フェアレディZはベンツと共同開発で2019年に公開!?

日産を代表する2ドアスポーツカー「フェアレディZ」。次期型の最新予想CGをSpyder7が作成しました。ダイムラー協力の元、メルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるという情報もあり非常に楽しみになってきました。本記事では新型フェアレディZの予想CGや現状の販売台数、歴史などを合わせて掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

日産を代表するスポーツカーといえば、GT-RとフェアレディZの2台を思い浮かべるクルマ好きの方が多いかとおもいます。

往年のライバル車トヨタ・スープラは先日ジュネーブモーターショーでBMWと共同開発したトヨタ「スープラ」のレース仕様をお披露目しました。
市販モデルとなる新型スープラのお披露目は秋以降になりそうですが、非常に楽しみな一台です。

スープラに話題をさらわれている日産も負けていられませんね。

2ドアスポーツカーのフェアレディZは現行モデルは2008年に発売された「Z34型」で、発売から既に10年が経過しています。
来年2019年の生誕50周年で次期型フェアレディZが公開されるとの情報もあります。

更にフェアレディZはダイムラーの協力でメルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるのではないかという情報もあり非常に楽しみになってきました。

今回、Spyder7が最新情報を元に新型フェアレディZの予想CGを作成したので、フェアレディZの現状と歴史などを振り返りながらご紹介します。

フェアレディZの歴史

初代のフェアレディZは1969年にライバル車トヨタ・スープラ(セリカXX)より早い1969年に誕生しました。

フェアレディZはZ(ゼット)の愛称で長年親しまれてきました。

「フェアレディZ」の車名の由来は、日産HPでは「美しいお嬢さん」の意味で、Zは未知への可能性と夢を意味するサブネームにあたります。
映画「マイ・フェア・レディ」から名付けられたとも言われています。

ロングノーズショートデッキでボンネットの低いスタイルはまさにフェアレディのイメージがしっくりときます。

現行モデルは主戦場の北米市場など日本国外では「NISSAN 370Z」の車名で販売されています。

「Z32型」

「Z33型」

を経て現在は6代目 Z34型系となっています。

フェアレディZといえば、やはりこの美しいデザインが魅力でしょう。

発売から既に10年が経ちますが、古臭くなく今でも十分通用する美しいプロポーションです。

フェアレディZの最近の販売台数は?

日本自動車販売協会連合会が発表している月次の乗用車通称名別台数(メーカー別)によりますと
フェアレディZの登録台数は、2018年1月が42台、2月が56台となっています。

ツーシーターのスペシャリティカーとはいえ、販売台数は少し寂しい状況に。

ちなみに同社のフラッグシップスポーツカーである「GT-R」は登録台数が2018年1月が93台、2月が68台となっています。

またフェアレディZの年間登録台数は、発売から10年経過しているためか、

2015 約6,000台
2016 約4,000台
2017 約3,000台

と尻すぼみな状態が続いています。

フルモデルチェンジした新型フェアレディZの発売が待ち遠しいですね。

フェアレディZのスペックは?

フェアレディZは2ドアFRのスポーツカーです。

乗車定員は2人。

エンジンは3.7リッターのV6気筒自然吸気エンジン[VQ37VHR]

最高出力は247kW (336馬力)/7,000rpm
最大トルクは365Nm /5,200rpm

バージョンNISMOは更に高性能で、
最高出力は261kW (355馬力) /7,400rpm
最大トルク374Nm/5,200rpm

と、まさに「スポーツカー」というに相応しいスペックです。

トランスミッションはマニュアルモード付き7速ATか6速MTが用意されています。

2017年7月に行われたマイナーチェンジで、MT車はクラッチも改良されています。

やはり選ぶのであれば、MT車を選びたいですね。

新型フェアレディZ 予想CGを公開

こちらが作成された次期型フェアレディZの最新予想CGです。

画像を見るに未来感があり、スポーティな印象です。

ロングノーズ形状で、サイドに流れる鋭利なデザインが特徴的です。

フロントのデザインは大型エアインテーク、インパクトあるLEDフロントライトとスリットを入れ、迫力あるデザインとなっています。

市販モデルとしてこのまま出すのは厳しそうですが、プロトタイプ、コンセプトカーとしてモーターショーで出展されればインパクトはありそうです。

新型フェアレディZはメルセデス・ベンツと共同開発に?

新型フェアレディZはダイムラー協力の元、メルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるのではないかという噂もあります。

2018年3月に世界初公開された「GRスープラ レーシングコンセプト」

BMWとの共同開発マシンである新型スープラの市販モデルは、2018年秋に復活お披露目が予想されていますが、その対抗馬として日産がBMWのライバルであるメルセデスベンツと組んだというのであれば非常に楽しみですね。

メルセデスベンツとのプラットフォーム共有、エンジンはメルセデスベンツ製2リッター直列4気筒ターボエンジンの搭載も予想されています。

メルセデスベンツが復活させた直6エンジンを積めばとても面白いクルマになるんじゃないかという思いもありますが、フラッグシップモデルは、海外のスカイラインモデルのインフィニティ「Q60」に搭載されている3リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載される可能性が高いようです。

新型フェアレディZの発表は50周年となる2019年か?

新型フェアレディZは、生誕50周年記念となる2019年、12月に行われるロサンゼルス・モーターショーでワールドプレミアが有力視されています。

「フェアレディZ」の名前にふさわしいスペシャリティカーが発表されるのを期待したいですね。

最後に

現行Z34型フェアレディZの発売から既に10年。次期型Zの噂は何度か挙がっては消え現在に至ります。

生誕50周年となる2019年。今度こそ新型のフェアレディZが公開されることを願います。

日本市場での販売が苦戦しているため日本での販売は撤退し、主要市場である北米など海外での販売だけにシフトするのではというネットでの噂もありますが、華々しく新型フェアレディZをデビューさせ、そんな噂を吹き飛ばし日本での販売増に繋げてほしいですね。

「スープラ」に「フェアレディZ」。

往年の名車2台の次期モデルが、ドイツのプレミアムブランドとコラボで再び対決する時期が非常に楽しみです。

日産 フェアレディZに関する情報はこちらもチェック

関連する投稿


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。