目次へ戻る

スープラ対抗馬!新型フェアレディZはベンツと共同開発で2019年に公開!?

スープラ対抗馬!新型フェアレディZはベンツと共同開発で2019年に公開!?

日産を代表する2ドアスポーツカー「フェアレディZ」。次期型の最新予想CGをSpyder7が作成しました。ダイムラー協力の元、メルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるという情報もあり非常に楽しみになってきました。本記事では新型フェアレディZの予想CGや現状の販売台数、歴史などを合わせて掲載しています。


はじめに

日産を代表するスポーツカーといえば、GT-RとフェアレディZの2台を思い浮かべるクルマ好きの方が多いかとおもいます。

往年のライバル車トヨタ・スープラは先日ジュネーブモーターショーでBMWと共同開発したトヨタ「スープラ」のレース仕様をお披露目しました。
市販モデルとなる新型スープラのお披露目は秋以降になりそうですが、非常に楽しみな一台です。

スープラに話題をさらわれている日産も負けていられませんね。

2ドアスポーツカーのフェアレディZは現行モデルは2008年に発売された「Z34型」で、発売から既に10年が経過しています。
来年2019年の生誕50周年で次期型フェアレディZが公開されるとの情報もあります。

更にフェアレディZはダイムラーの協力でメルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるのではないかという情報もあり非常に楽しみになってきました。

今回、Spyder7が最新情報を元に新型フェアレディZの予想CGを作成したので、フェアレディZの現状と歴史などを振り返りながらご紹介します。

フェアレディZの歴史

初代のフェアレディZは1969年にライバル車トヨタ・スープラ(セリカXX)より早い1969年に誕生しました。

フェアレディZはZ(ゼット)の愛称で長年親しまれてきました。

「フェアレディZ」の車名の由来は、日産HPでは「美しいお嬢さん」の意味で、Zは未知への可能性と夢を意味するサブネームにあたります。
映画「マイ・フェア・レディ」から名付けられたとも言われています。

ロングノーズショートデッキでボンネットの低いスタイルはまさにフェアレディのイメージがしっくりときます。

現行モデルは主戦場の北米市場など日本国外では「NISSAN 370Z」の車名で販売されています。

「Z32型」

「Z33型」

を経て現在は6代目 Z34型系となっています。

フェアレディZといえば、やはりこの美しいデザインが魅力でしょう。

発売から既に10年が経ちますが、古臭くなく今でも十分通用する美しいプロポーションです。

フェアレディZの最近の販売台数は?

日本自動車販売協会連合会が発表している月次の乗用車通称名別台数(メーカー別)によりますと
フェアレディZの登録台数は、2018年1月が42台、2月が56台となっています。

ツーシーターのスペシャリティカーとはいえ、販売台数は少し寂しい状況に。

ちなみに同社のフラッグシップスポーツカーである「GT-R」は登録台数が2018年1月が93台、2月が68台となっています。

またフェアレディZの年間登録台数は、発売から10年経過しているためか、

2015 約6,000台
2016 約4,000台
2017 約3,000台

と尻すぼみな状態が続いています。

フルモデルチェンジした新型フェアレディZの発売が待ち遠しいですね。

フェアレディZのスペックは?

フェアレディZは2ドアFRのスポーツカーです。

乗車定員は2人。

エンジンは3.7リッターのV6気筒自然吸気エンジン[VQ37VHR]

最高出力は247kW (336馬力)/7,000rpm
最大トルクは365Nm /5,200rpm

バージョンNISMOは更に高性能で、
最高出力は261kW (355馬力) /7,400rpm
最大トルク374Nm/5,200rpm

と、まさに「スポーツカー」というに相応しいスペックです。

トランスミッションはマニュアルモード付き7速ATか6速MTが用意されています。

2017年7月に行われたマイナーチェンジで、MT車はクラッチも改良されています。

やはり選ぶのであれば、MT車を選びたいですね。

新型フェアレディZ 予想CGを公開

こちらが作成された次期型フェアレディZの最新予想CGです。

画像を見るに未来感があり、スポーティな印象です。

ロングノーズ形状で、サイドに流れる鋭利なデザインが特徴的です。

フロントのデザインは大型エアインテーク、インパクトあるLEDフロントライトとスリットを入れ、迫力あるデザインとなっています。

市販モデルとしてこのまま出すのは厳しそうですが、プロトタイプ、コンセプトカーとしてモーターショーで出展されればインパクトはありそうです。

新型フェアレディZはメルセデス・ベンツと共同開発に?

新型フェアレディZはダイムラー協力の元、メルセデス・ベンツとのプラットフォーム共有したモデルになるのではないかという噂もあります。

2018年3月に世界初公開された「GRスープラ レーシングコンセプト」

BMWとの共同開発マシンである新型スープラの市販モデルは、2018年秋に復活お披露目が予想されていますが、その対抗馬として日産がBMWのライバルであるメルセデスベンツと組んだというのであれば非常に楽しみですね。

メルセデスベンツとのプラットフォーム共有、エンジンはメルセデスベンツ製2リッター直列4気筒ターボエンジンの搭載も予想されています。

メルセデスベンツが復活させた直6エンジンを積めばとても面白いクルマになるんじゃないかという思いもありますが、フラッグシップモデルは、海外のスカイラインモデルのインフィニティ「Q60」に搭載されている3リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載される可能性が高いようです。

新型フェアレディZの発表は50周年となる2019年か?

新型フェアレディZは、生誕50周年記念となる2019年、12月に行われるロサンゼルス・モーターショーでワールドプレミアが有力視されています。

「フェアレディZ」の名前にふさわしいスペシャリティカーが発表されるのを期待したいですね。

最後に

現行Z34型フェアレディZの発売から既に10年。次期型Zの噂は何度か挙がっては消え現在に至ります。

生誕50周年となる2019年。今度こそ新型のフェアレディZが公開されることを願います。

日本市場での販売が苦戦しているため日本での販売は撤退し、主要市場である北米など海外での販売だけにシフトするのではというネットでの噂もありますが、華々しく新型フェアレディZをデビューさせ、そんな噂を吹き飛ばし日本での販売増に繋げてほしいですね。

「スープラ」に「フェアレディZ」。

往年の名車2台の次期モデルが、ドイツのプレミアムブランドとコラボで再び対決する時期が非常に楽しみです。

日産 フェアレディZに関する情報はこちらもチェック

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のGT-Rに2019年モデルが登場です。日産の米国部門はGT-Rの2019年モデルを発表しました。米国でのベース価格は9万9990ドル(約1130万円)とのことです。どういった部分が刷新されたのでしょうか。


【ロサンゼルスモーターショー2018】日産 マキシマ&ムラーノ初公開!

【ロサンゼルスモーターショー2018】日産 マキシマ&ムラーノ初公開!

ロサンゼルスモーターショー2018が開幕しました。日産からは、マキシマとムラーノを初公開。最新情報をまとめています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2019年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。