目次へ戻る

【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

【2018年最新版】オープンカーなSUVまとめ

オープンカー、と聞くと、スポーツカーをベースにしたスポーティーな車、というイメージが強いかもしれません。しかし、近年はあの人気なSUVタイプに、オープンモデルが設定されている車がじわじわと発表・発売されていることを知っていましたか?本記事ではそんな『SUV×オープンカー』という車をまとめてみました。随時更新いたします!


SUV×オープンモデルがただいまじわりと増加中!?

オープンカー。

それは、ドライブを心ゆくまで楽しめる車…。

ファーストカーとしては、奥さんに怒られそうではありますが、お金(と駐車場の空き)に余裕があれば、ぜひゲットしたい一台!!!…かどうかは人によりけりでしょうが、他のモデルにはマネできない魅力を持つオープンモデル。

そんなオープンモデル、実は近頃、SUVタイプにまで進出していることを知っていましたか?

SUVとは、オフロードなどでの走破性に優れたモデルで山道や未舗装路を走るのに適したジャンルの車のことを昔は指しましたが、最近では、都会や市内といったオンロードでの走行を重視した車が増加しています。

本記事では、今人気のSUVにオープンカーの機能を備えた『SUV×オープンモデル』な車をまとめています。

【2018年最新版】SUV×オープンモデル一覧

ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

ランドローバーが誇る、レンジローバーイヴォーク。
このイヴォークに、コンバーチブルがあることを知っていましたか?

ランドローバーは、「イヴォーク コンバーチブルが、世界初のプレミアム小型SUVのコンバーチブルになる」と述べています。

レンジローバー『イヴォーク』にコンバーチブルが追加された。SUVのオープンモデルというのはちょっと珍しい。実際には過去にいくつもの例があるのだが、現在ではありそうでない意外性のクルマである。

イヴォークはデザイン性を重視したSUVなので、デザインを更に際立たせるモデルとしてコンバーチブルが設定されたのだ。実際、イヴォーク・コンバーチブルはけっこうカッコ良いクルマに仕上がっている。オープンにしたときにカッコ良いのは当然として、幌を閉めた状態でもカッコ良く仕上がっているのが良い。

コンバーチブルで、四人乗りとはなんとも贅沢な一台です!!!

こんな車を所有していたら、毎日海岸線を家族とドライブしたいですね。

VW T-Roc カブリオレ

フォルクスワーゲンの新型コンパクト・クロスオーバーSUV『T-Roc』に設定されるカブリオレバージョンが、2020年4月にも発売される可能性が高いことが明らかになりました。

エクステリアデザインは、2014年3月のジュネーブモーターショーで公開されたコンセプトモデル「T-Crossブリーズ」から継承されています。

T-Crossブリーズ

マヒンドラ&マヒンドラ TUVスティンガー(コンセプトカー)

マヒンドラが公開したTUVスティンガーも、SUVのオープンタイプです。

この、マヒンドラとはインドの自動車製造企業、マヒンドラ&マヒンドラ(以下マヒンドラ)のこと。インドの自動車大手です。

マヒンドラは、インドで開幕したデリーモーターショー2018(オートエキスポ2018)において、『TUVスティンガー』を初公開しました。

「TUV」は、マヒンドラのSUVシリーズに冠される名称。TUVスティンガーは、コンセプトカー。インドの自動車メーカーとしては、初のオープンSUVの提案となります。若いアクティブなライフスタイルを求める顧客をターゲットとしています。

今後、発売が期待される一台です。

Mahindra Rise - The Official Website of Mahindra and Mahindra Ltd

http://www.mahindra.com/

マヒンドラ&マヒンドラが気になる方はこちらの公式サイトへ

結論:まだまだオープンSUVは少ない

調べあげた結果、思っていた以上にまだまだオープンSUVが少ないことがわかりました。

SUVのオープンモデル、と聞くとなんだか腹落ちしない!!という方も多いかもしれません。現に数も少ないです。

しかしながら、本記事であげたSUVタイプのオープンの売上によっては、今後オープンSUVがメジャーになるかもしれないですね。

オープンSUVは、通常のオープンカーに比べて、大人数で乗車できることが魅力の1つです。友達や家族と、ワイワイしながら風をきって走るドライブというのも乙なのではないでしょうか。

日本ではまだまだ珍しいため、新車で購入するのは勇気がいるかもしれませんが、販売店での試乗や、カーシェア、レンタカーなどで一度試してみる価値はありますよ!

関連する投稿


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【7月6日更新】


VWからラグジュアリーキャンピングカーが8月に発表

VWからラグジュアリーキャンピングカーが8月に発表

フォルクスワーゲン(VW)は新型キャンピングカーを8月にドイツで開催される「2018キャラバンサロン」で初公開すると発表しました。本記事ではフォルクスワーゲンから発表予定のキャンピングカーについてご紹介します。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。