目次へ戻る

VWパサートが地味系から派手系へ!マイチェンで「アルテオン」フェイスに!?

VWパサートが地味系から派手系へ!マイチェンで「アルテオン」フェイスに!?

少し前にディーゼルモデルが日本初導入されたVWパサートですが、マイナーチェンジでアルテオン顔になる可能性が高いそうです。フォルクスワーゲンのフラッグモデルのミドルセダン「パサート」に関して詳しく見ていきましょう


はじめに

少し前にディーゼルモデルが日本初導入されたVWパサートですが、マイナーチェンジでアルテオン顔になる可能性が高いそうです。

フォルクスワーゲンのフラッグモデルのミドルセダン パサートに関して詳しく見ていきましょう

現行フォルクスワーゲン・パサート

現行のフォルクスワーゲン・パサートは8代目(B8)で「MQB」プラットフォームにて開発、ドイツ本国を含むヨーロッパでは2014年に販売開始されて、欧州カーオブザイヤー2015に選出されています。日本では2015年7月に販売開始されています。

デザインも控えめで走りも質実剛健といった感じでフォルクスワーゲンらしいクルマですね。

スペック的にはFFベースのセダンとステーションワゴンタイプが用意されており、
全長4,770mm×全幅1,830mm×全高1,455mm(セダン)1,480mm(ワゴン) 
ホイールベースは2,790mmというミドルセダンです。

セグメント的にはBMW5シリーズやメルセデスEクラス、アウディA6辺りと同じです。

あまり売れてるとは言えませんが、余り目立ちなくない、コスパ性能重視など一定の客層の支持は得ているような気がします。

【VW パサート 試乗】実を取るか、見栄を張るか…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2015/08/22/258428.html

VW『パサート』の市場におけるライバルといえば、これまではハイエンドのモデルではなく、プジョーだったり、フォードだったり、あるいはルノーだったりしたが、今や日本市場にはプジョーしか残っていない。

現行パサートのディーゼルモデル

今年2月14日に、ディーゼルターボモデル「TDI」が日本でも追加発売されました。
グレードとしてはセダンのパサート、ステーションワゴンタイプのパサートヴァリアント共に「TDI Eleganceline」と「TDI Highline」の2グレードが設定されています。

VWのディーゼル不正問題が発覚して2年経っての発売で今更って気がしましたが売れ行きはどうなんでしょうか?

レスポンスでのディーゼルモデルTDI試乗レポートによると正直普通な印象で、2年遅れた影響は大きく優等生ではあるがガソリンのハイラインと単純比較して35万円高の差を埋めるほどの魅力は感じないというところでしょうか。

新しいパサートTDIに試乗して第一に感じたことは、「うん、普通だな」ということだった。プレゼンテーションの大半は如何にこのエンジンがクリーンであるか、という点に費やされていたが、正直それは出来ていて当たり前のこと。だから、いくらその点を丁寧に説明されても、ユーザーはともかく、最先端のディーゼル技術は日ごろ色々な自動車メーカーからレクチャを受ける我々には大きくは響かなかった

新しいパサートTDI。滑らかで、力強い走り、プラス使い勝手の良いボディを持つ優等生であることは確認できた。願わくはこれが2年前に日本市場に登場していたら、最先端のディーゼルでいられたように思う。やはり2年遅れたことが、かなりダメージとしては大きい。因みにディーゼルのお値段、ガソリンのハイラインと単純比較して35万円高である。

筆者としてもなかなか売りづらい商品だろうなあと思います。

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由について考察した記事について以前書きましたので宜しければそちらもご覧ください

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

https://matome.response.jp/articles/1316

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。

VWパサートがマイチェンで「アルテオン」フェイスに!?

そんな中、レスポンスがVW「パサート」の改良モデルの予想CGと最新情報を入手したそうです。

2014年発売なのでまだフルモデルチェンジに早く今回は4年ということもありフェイスリフト、ビッグマイナーチェンジになりそうです。

画像をみるとフロントフェイスが特徴的です。

2本のL字型ヘッドライトはデイタイムランニングライト(DTL)化、ラジエーターグリルは大型化されて、「アルテオン」顔と読んでも差し障りのないぐらいアルオンに似てますね。

アルテオンの内装はほぼパサートと変わらない感じでしたし、フロントも同じになってしまったら、サイドやリア全体のフォルムは違いますが、両車の違いや特色を出すのが少し難しくなりそうな気もします。

今までデザイン的に地味なパサートですが、アルテオンフェイスに変身したあとの市場の反応が非常に楽しみですね!
長年のパサートオーナーや落ち着いたデザインがいいという層には若干拒否反応もあるかもと思いますが、新しい層にもアピールできそうですし全体的に見てプラスになるのではないかと思います。


その他改良モデルでは、新型「トゥアレグ」にて採用された15インチタッチスクリーン「Innovision Cockpit」は今回のマイチェンでは見送られる見込みだそうです。

気になるパワートレインは、2リットルディーゼルのTDIエンジンのブラッシュアップ、狭角V型エンジン「VR6」を搭載する300馬力超えの高性能モデルの設定も噂されているそうです。

VW パサート が「アルテオン」顔に変身…VR6搭載の噂も | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/06/06/310567.html

VWのミドルクラス・セダン『パサート』改良モデルの最新情報と、それを元にした予想CGを入手した。2015年に「欧州カーオブザイヤー」にも輝いた現行モデルが、登場から4年でのフェイスリフトとなる。

最後に

フォルクスワーゲン社は同VWグループのアウディに遠慮してあえて地味にしているのではと勘ぐるほどデザインに派手さはなかったフォルクスワーゲン・パサート。

もともと性能が高くコストパフォーマンスの高いフォルクスワーゲンに、アルテオンで弾けた魅力的なデザインが加わってくることを考えると他の欧州メーカーもうかうかできないのではと感じました。

次のVWパサートが本当にアルテオン顔で発表されるのであればフォルクスワーゲンもデザインに本腰入れてきたんだなということで非常に歓迎したく思います。

ビッグマイナーチェンジされた改良パサートのワールドプレミアは、早ければ2018年内、遅れれば2019年春頃だということで楽しみに待ちたいと思います

2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・輸入車編】

https://matome.response.jp/articles/1511

この春、新しく車を購入・買い替えを検討されている方向けに国産車のおすすめの5台を紹介しましたが、今回は輸入車編です。ボディタイプ別に、コンパクトカー、セダン・4ドアクーペ、SUV、オープンカーと筆者の趣味でツーリングワゴンも追加し、それぞれおすすめの1台をピックアップし紹介しています。

関連する投稿


BMW新型SUV「X2」にカブリオレ計画が!?小型SUVオープンカーが今後トレンド化の予感

BMW新型SUV「X2」にカブリオレ計画が!?小型SUVオープンカーが今後トレンド化の予感

元SMAPの香取慎吾さんがブランドフレンド就任して話題のBMW X2ですが、オープンモデルのカブリオレが設定される可能性が高いとの情報が入りました。レンダリング画像や、珍しい小型SUVのオープンモデルについてご紹介します。


2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・輸入車編】

2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・輸入車編】

この春、新しく車を購入・買い替えを検討されている方向けに国産車のおすすめの5台を紹介しましたが、今回は輸入車編です。ボディタイプ別に、コンパクトカー、セダン・4ドアクーペ、SUV、オープンカーと筆者の趣味でツーリングワゴンも追加し、それぞれおすすめの1台をピックアップし紹介しています。


VW渾身の意欲作!新型車「アルテオン」現時点の日本での受注台数は?

VW渾身の意欲作!新型車「アルテオン」現時点の日本での受注台数は?

「アルテオン」フォルクスワーゲンか昨年10月25日より販売しているフラッグシップ・スポーツセダンです。「パサート」よりも一回り大きくダイナミックでスタイリッシュなデザインは質実剛健なイメージのVWらしくない意欲作です。この新型車「アルテオン」が日本の消費者に受け入れられ販売台数を伸ばすことが出来るのか注目です。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開しました。このGT、パサート北米仕様の頂点にたつグレードになるようです。パサートGTの最新情報他、パサートについて改めてスペックや価格を見ていきます。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。