目次へ戻る

BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMWの電気自動車、BMW『i3』。i3は、初代が2013年に欧州で登場し、日本でも2014年4月から発売されました。フォーミュラE世界選手権ではオフィシャルカーにも採用されているi3。そんな同車が、2018年1月にマイナーチェンジを行いました。本記事ではそんなBMW i3改良新型について気になる情報をまとめています。


BMWの電気自動車! i3とは?

BMWのi3(アイスリー)とは、BMWの電気自動車です。ハッチバックタイプで、コンパクトサイズ。

i3は、2014年4月に発売され、量産車として初めてCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用した車です。

徹底的な軽量化を図ったほか、2016年10月には、大容量33kWhの新開発リチウムイオンバッテリーを搭載し、一充電走行距離を70%アップの390kmを実現しました。

今や、BMWファンはもちろん、BMWの新規ユーザー獲得にも貢献している人気のEVカーです。

2018年1月に、マイナーチェンジが行われました。

BMWは他にも、i8(アイエイト)というプラグインハイブリッド方式のスポーツカーを手掛けています。

i8

BMW i3 マイナーチェンジのポイント


●コネクティビティにおけるナビゲーションのアップデート
●インテリアデザインのブラッシュアップ
●エクステリアデザイン、特にフロントとリアバンパーの変更
●LEDインジケーター、LEDヘッドランプを標準装備
●Charge Nowという充電サービスが12か月間無料

BMW i3改良新型 エクステリア画像

BMW i3

BMW i3

BMW i3

BMW i3

BMW i3

BMW i3

エクステリアデザインで最も大きな変更点はフロントとリアバンパーです。また、横長のLEDインジケーターやLEDヘッドランプを標準装備としました。

さらにルーフエンドにシルバーのトリムが採用されましたので、よりスリークでかつスポーティ感を演出しています。

BMW i3改良新型 インテリア画像

BMW i3

BMW i3

BMW i3

BMW i3

インテリアはインテリアデザインパッケージのロッジに新しいトリム、ソラリックブラウンのウール地にナチュラルレザーを組み合わせたシートを導入しました。

BMW i3

BMW i3改良新型 充電・航続距離は

BMW i3

BMW i ウォールボックス・ピュアを使うことで、わずか12〜13時間で高性能リチウム・バッテリーを満充電することが可能です。

また、i3改良新型は、急速充電器(CHAdeMO方式)に対応しているため、約45分で充電可能。外出中に素早く充電を済ませることができます。

一充電走行距離は390km。

BMW i3改良新型 新車価格

ニューBMW i3
5ドア 右ハンドル(ATELIER) 5,380,000円
5ドア 右ハンドル(LODGE) 5,800,000円
5ドア 右ハンドル(SUITE) 5,950,000円

ニューBMW i3 レンジ・エクステンダー装備車
5ドア 右ハンドル(ATELIER) 5,870,000円
5ドア 右ハンドル(LODGE) 6,290,000円
5ドア 右ハンドル(SUITE) 6,440,000円

最後に

BMWの、EVカー。i3について改めてご紹介いたしました。

電気自動車に興味がある方、見た目がオシャレなコンパクトカーに興味がある方。BMWが好きな方。i3を検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


BMW i3

関連する投稿


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプがドイツにてスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


【画像あり】BMW新型「X6」のプロトタイプスクープ!発売は2019年か

【画像あり】BMW新型「X6」のプロトタイプスクープ!発売は2019年か

BMWのフラッグシップクーペSUVである「X6」のプロトタイプがスクープされました。発表されれば3代目にあたる新型「X6」のエクステリアを、現行モデルとの違いも含めてご紹介します。


これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』。この市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。それによれば、BMWブランドのiデザインとは大きく変わっていることが判明しました。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!