目次へ戻る

【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

ランボルギーニと聞くと、車に詳しくない人でもカッコイイスーパーカーというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、ランボルギーニと言っても、現行モデルだけでもいろんな車種があるんです!本記事で改めてご紹介するのはアヴェンタドール。V12エンジンを搭載したランボルギーニの本流、アヴェンタドールを紹介します


【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

みなさんは、ランボルギーニという名前を聞いたことがありますか。

ランボルギーニはイタリアの自動車メーカーで、主にスーパーカーを扱っています。

本記事ではご紹介するのは、まさにスーパーカーと呼ぶべき、アヴェンタドール。

貴方はアヴェンタドールをご存知でしょうか。

ランボルギーニのアヴェンタドールとは

アヴェンタドールは、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが2011年から2018年まで製造していたスーパーカーです。

現在ではアヴェンタドールをベースにした、進化版であるアヴェンタドールSが製造・販売されています。

ちなみに、車名の由来ですが、スペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した雄牛の名にちなんでいるんだとか。

アヴェンタドールには、カーボンファイバーモノコックを採用され、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV型12気筒エンジンです。

2016年3月、生産台数が5,000台に達しています。

先代はムルシエラゴ。

ランボルギーニ アヴェンタドール 試乗記

ひと言で言うと、“まるで違う”ランボルギーニ。『ガヤルド』はもちろん、旧型筋に当たる『ムルシエラゴ』とも全く違う操縦感覚だった。特に、高速コーナーの安定感と、タイトベントの軽妙さがまるで過去とは違う。走らせているとガヤルド程度の大きさに感じられるが、もっと軽く重心も低く、もっと重量が乗り手の周りに集中していて、もっと自在にアシが動く。ショートストロークとなったエンジンは、ヌケの鋭さと勢いが別次元。

何に似ているか、と問われれば、兄弟姉妹でもフェラーリでも過去のどのミドシップカーでもなく、同じく最新のマクラーレン『MP4-12C』に近いと答える。スポーツマインド的にはアチラに軍配が上がるが、サウンドやライドフィールにおける“これみよがし”のスーパーカー度では明らかにLP700の勝ち。

アヴェンタドールが欲しい人は現行モデルのアヴェンタドールSを購入しよう

アヴェンタドールS

アヴェンタドールは、上の項目でも説明したとおり、2018年に製造が終了しています。

そのため、新車でアヴェンタドールを購入することはできません。もし、アヴェンタドールが欲しいと思った場合、アヴェンタドールをベースに造られた、アヴェンタドールSの購入をオススメします。

アヴェンタドールを強化し、最新技術が詰め込まれたアヴェンタドールS。

アヴェンタドールと比べると最高出力が700PS/8,250rpmから740PS/8,400rpmに引き上げられていることも特徴です。

Sはクーペが4490万円で、ロードスターが4626万円という価格設定です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールS

ランボルギーニ アヴェンタドール 中古価格は

どうしてもアヴェンタドールが欲しい、という場合、中古で購入するのはどうでしょうか。

アヴェンタドールの中古価格の相場は3000万円~5000万円ほどの設定になっています。

中古とは言え、なかなか手にとれる値段ではありませんが、気になる方はぜひ。

最後に

本記事では、改めてアヴェンタドールについてご紹介しました。

ランボルギーニ、と一言で言っても、様々な車種がありますので、気になるという方はぜひ、下記記事も合わせてご覧ください!

関連する投稿


ランボルギーニ ミウラの魅力とは。歴代モデルと新車・中古価格も紹介

ランボルギーニ ミウラの魅力とは。歴代モデルと新車・中古価格も紹介

スーパーカーの代名詞とも言われている「ランボルギーニ ミウラ」。そもそもの歴史や魅力と歴代モデルの紹介、また現在の価格についてもご紹介していきたいと思います。


【受注開始】マクラーレン 600LTスパイダー!気になる価格は3000万円超!

【受注開始】マクラーレン 600LTスパイダー!気になる価格は3000万円超!

マクラーレンオートモーティブは、マクラーレン『600LTスパイダー』(McLaren 600LT Spider)の日本での受注を開始したと発表しています。気になる価格はなんと3226万8000円です。


プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

2018年の総販売台数がそれぞれのメーカー、ブランドと続々と発表される中、嬉しい悲鳴をあげるメーカーも多くありました。その中でも注目したいのがプレミアムSUVへの熱い視線。SUVに恩恵を受けた各高級メーカー・ブランドをまとめてみました。


ランボルギーニ ウラカンに改良版ウラカンエボが登場!!

ランボルギーニ ウラカンに改良版ウラカンエボが登場!!

ランボルギーニは1月7日、『ウラカンエボ』 (Lamborghini Huracan EVO)を発表しました。同車は、ランボルギーニの主力モデル、『ウラカン』の初の大幅改良モデル。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。


【東京オートサロン2019】トヨタ86があのランボルギーニ「ウルス」風に!?

【東京オートサロン2019】トヨタ86があのランボルギーニ「ウルス」風に!?

2019年の1月11日より、幕張メッセにて東京オートサロン2019が開催されますね。この日を楽しみに待っているという方も多いのではないでしょうか。そんな中、トヨタは86をベースにしたピックアップトラックを出展するとの情報が入ってきました。そして見た目はなんとあのランボルギーニのSUV、ウルスに似ている!?


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。