目次へ戻る

【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

ランボルギーニと聞くと、車に詳しくない人でもカッコイイスーパーカーというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、ランボルギーニと言っても、現行モデルだけでもいろんな車種があるんです!本記事で改めてご紹介するのはアヴェンタドール。V12エンジンを搭載したランボルギーニの本流、アヴェンタドールを紹介します


【初心者向け】ランボルギーニの本流!アヴェンタドールってどんな車なの?

みなさんは、ランボルギーニという名前を聞いたことがありますか。

ランボルギーニはイタリアの自動車メーカーで、主にスーパーカーを扱っています。

本記事ではご紹介するのは、まさにスーパーカーと呼ぶべき、アヴェンタドール。

貴方はアヴェンタドールをご存知でしょうか。

ランボルギーニのアヴェンタドールとは

アヴェンタドールは、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが2011年から2018年まで製造していたスーパーカーです。

現在ではアヴェンタドールをベースにした、進化版であるアヴェンタドールSが製造・販売されています。

ちなみに、車名の由来ですが、スペイン・サラゴサの闘牛場において1993年10月から活躍した雄牛の名にちなんでいるんだとか。

アヴェンタドールには、カーボンファイバーモノコックを採用され、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV型12気筒エンジンです。

2016年3月、生産台数が5,000台に達しています。

先代はムルシエラゴ。

ランボルギーニ アヴェンタドール 試乗記

ひと言で言うと、“まるで違う”ランボルギーニ。『ガヤルド』はもちろん、旧型筋に当たる『ムルシエラゴ』とも全く違う操縦感覚だった。特に、高速コーナーの安定感と、タイトベントの軽妙さがまるで過去とは違う。走らせているとガヤルド程度の大きさに感じられるが、もっと軽く重心も低く、もっと重量が乗り手の周りに集中していて、もっと自在にアシが動く。ショートストロークとなったエンジンは、ヌケの鋭さと勢いが別次元。

何に似ているか、と問われれば、兄弟姉妹でもフェラーリでも過去のどのミドシップカーでもなく、同じく最新のマクラーレン『MP4-12C』に近いと答える。スポーツマインド的にはアチラに軍配が上がるが、サウンドやライドフィールにおける“これみよがし”のスーパーカー度では明らかにLP700の勝ち。

アヴェンタドールが欲しい人は現行モデルのアヴェンタドールSを購入しよう

アヴェンタドールS

アヴェンタドールは、上の項目でも説明したとおり、2018年に製造が終了しています。

そのため、新車でアヴェンタドールを購入することはできません。もし、アヴェンタドールが欲しいと思った場合、アヴェンタドールをベースに造られた、アヴェンタドールSの購入をオススメします。

アヴェンタドールを強化し、最新技術が詰め込まれたアヴェンタドールS。

アヴェンタドールと比べると最高出力が700PS/8,250rpmから740PS/8,400rpmに引き上げられていることも特徴です。

Sはクーペが4490万円で、ロードスターが4626万円という価格設定です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールS

ランボルギーニ アヴェンタドール 中古価格は

どうしてもアヴェンタドールが欲しい、という場合、中古で購入するのはどうでしょうか。

アヴェンタドールの中古価格の相場は3000万円~5000万円ほどの設定になっています。

中古とは言え、なかなか手にとれる値段ではありませんが、気になる方はぜひ。

最後に

本記事では、改めてアヴェンタドールについてご紹介しました。

ランボルギーニ、と一言で言っても、様々な車種がありますので、気になるという方はぜひ、下記記事も合わせてご覧ください!

関連する投稿


日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のGT-Rに2019年モデルが登場です。日産の米国部門はGT-Rの2019年モデルを発表しました。米国でのベース価格は9万9990ドル(約1130万円)とのことです。どういった部分が刷新されたのでしょうか。


ランボルギーニ カウンタックが蘇ったらこうなる!?そもそもカウンタックって?

ランボルギーニ カウンタックが蘇ったらこうなる!?そもそもカウンタックって?

あの名車、ランボルギーニ『カウンタック』が現代へタイムスリップしたら、こんな感じになるのではないだろうか…という夢のような話題が飛び込んできました。CGデザイナーのJimmy Nahlous氏による、「現代にカウンタックが蘇ったら…」という素晴らしい画像と動画をお届けします。そして改めてカウンタックについても!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2019年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


ランボルギーニの新型スーパーカー!名前は『UNICO(ウニコ)』に決定

ランボルギーニの新型スーパーカー!名前は『UNICO(ウニコ)』に決定

ランボルギーニが、世界の顧客向けに公開しているスペシャルな新型スーパーカー、『LB48』の正式名が明らかになりました。その名も『UNICO』(ウニコ)。また、ウニコに続き、ランボルギーニはさらなる高性能ハイパーカーの計画している模様です!いったいどんなスペシャルな車が発売されるのか?今から注目ですね!


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。