目次へ戻る

タイヤワックスのおすすめ商品7選!水生・油性どっちが良い?使い方も紹介

タイヤワックスのおすすめ商品7選!水生・油性どっちが良い?使い方も紹介

タイヤをひび割れを防ぎ、汚れから守り長持ちさせてくれるタイヤワックス。実際は水性、油性どちらがいいのか、それぞれの特徴の紹介から、シュアラスターやブリヂストンなどのおすすめのタイヤワックスの情報、スプレータイプ、スポンジタイプ毎の使い方についてをまとめてご紹介しています。


そもそもタイヤワックスって?

タイヤワックスは、タイヤの汚れや、色褪せを解消したり、太陽光や紫外線、赤外線、油汚れなどによるタイヤのゴムが硬くなる劣化が原因のひび割れなどを防いでくれるカー用品です。

また、それだけでなく、タイヤにツヤ・光沢を出す役割も果たすなど、タイヤを長持ちさせるのに一役かっています。

愛車を長く乗るため、洗車などを定期的に行っている方等は、ボディーのメンテナンスだけでなく、タイヤが劣化してしまうのを避けるためにもタイヤワックスを利用しています。

このタイヤワックスにはいくつか種類があり、車の利用頻度やその人のタイプによって利用すべきワックスの種類が変わってきます。ここからは、水性ワックスと、油性ワックスのそれぞれの特徴とメリットデメリットをご紹介していきます。

水性タイヤワックスのメリット・デメリット

そもそも、タイヤワックスの差というのは、シリコンを何で溶かしているかという部分です。
水性ワックスはシリコンを「水」で溶かして作るのに対し、油性ワックスは、「石油系溶剤」で溶かします。この違いがそれぞれのワックスの特徴に出てきます。

水性タイヤワックスのメリット

水性タイヤワックスの一番のメリットは、「タイヤへのストレスが軽減される」という点です。

水性ワックスには、タイヤの劣化原因成分になる「石油系溶剤」が入っていません。

ですので、タイヤが劣化しやすいという状況を避けることが出来ます。また、タイヤ保護成分を補う効果もあるので、深みのあるツヤを出し、タイヤの長持ちに繋がるのが何よりものメリットです。

水性タイヤワックスのデメリット

水性ワックスはシリコンを水に溶かしているので、水に弱い性質があります。

シリコン成分がタイヤワックスとしての機能を保つ事はもちろ出来ますが、どうしてもその効果が薄れるのが早いです。

雨のシーズンである梅雨時や、濡れた路面を長時間走行する場合には、ワックスが落ちてしまうスピードがさらに早くなるので、あまり長持ちしないという点がデメリットとして挙げられます。

また、若干油性ワックスよりも高価なものが多かったりするという点もデメリットといえるかもしれません。

水性ワックスを利用するユーザーとしては、そもそも車の手入れをする事が好きな方や、タイヤの性能を出来るだけ長く保ちたい方などがマッチすると言えます。

油性タイヤワックスのメリット・デメリット

油性タイヤワックスのメリット

油性ワックスのメリットは、ワックスの落ちにくさです。

油性ワックスは石油系溶剤の成分がタイヤをしっかりとコーティングすることと、主成分が油なので、水に強いという特性があります。

ですので、油性ワックスは、1度塗れば、その効果を長く実感し続ける事が出来きます。

また、このワックスは価格が安いものが多いというメリットもあります。

油性タイヤワックスのデメリット

油性ワックスのデメリットは、石油系溶剤を使っていることが原因で起きるタイヤの劣化です。タイヤはゴムで出来ているので、伸び縮みを繰り返し特性があります。車の重さを支え続けていると、タイヤの空気も自然に抜けてきます。

空気が抜けた状態で走行し続けると、タイヤが間違った方向に変形してきます。このような状態を避けるために、本来はタイヤに含まれる油脂成分が時間の経過と共に表面ににじみ出るように設計されていますが、油性ワックスがタイヤ表面をコーティングしてしまい、タイヤ本来の油脂成分がワックスによって閉じ込められてしまいます。

その結果、タイヤが正しく伸縮することが出来なくなり、劣化が始まってしまいます。

油性ワックスを利用するユーザとしては、ワックスを塗る手間が面倒な方や、ワックスの効果が長持ちさせたいという方になります。

タイヤワックスの使い方・塗り方 タイプ別に紹介

タイヤワックスを塗る作業は、かなりの労力がかかります。

事前にタイヤの表面についている汚れをきれいに洗い落としてからでなければ、汚れの上からワックスがけをすることになってしまいますし、かなりの時間がかかる作業です。

これだけの手間がかかる作業ですので、タイヤワックスを選ぶ時に注目しなければいけないのが、「スプレータイプ」と「スポンジタイプ」という使い勝手の違う2種類のワックスのタイプ選別です。

タイヤワックスの性能や効果だけに注目しても、タイヤワックスを正しく使うことが出来なければ意味がありません。

今度はタイヤワックスの「スプレータイプ」と「スポンジタイプ」の特徴を挙げながら、どちらのタイプがあなたに合っているのかを考えてみましょう。

スプレータイプ

スプレータイプは、なによりもその作業が簡単です。

ワックスがけは、「ワックスがけの前の洗浄」と「塗り終わった後の拭き取り」の2行程が必要です。ただ、スプレータイプのワックスの中には「洗浄不要・拭き取り不要」のものもあります。

スプレーをかける手間のみで済みますので、車の知識があまりない方や忙しくてなかなか時間が取れない方におすすめです。

スプレータイプは、その手軽さが最大の魅力なのですが、注意点があります。

タイヤ以外の部分にスプレーを吹きかけて、気付かぬままで放置してしまうと、シミになってしまうこともありますので、注意して作業をしてください。タイヤワックスのシミは、簡単には落ちませんし見栄えも悪くなってしまいます。

スプレータイプのワックスを使用する際には
①タイヤ以外に吹き付けないように注意する
②作業終了後にタイヤ以外の部分に吹き付けていないか確認する 
ことが必要になります。

スポンジタイプ

スポンジタイプは、液ダレの少なさがメリットのワックスです。

また、ワックスをしっかりと塗り込むことが出来るので、ワックスの効果を最大限に活かすことが出来ますし、ボディーの汚れのリスクを最小限にすることが出来ます。

作業には少し手間がかかってしまいますが、その分しっかりと効果を発揮します。

ただ、必要以上にワックスを塗り込んでも効果が増すというわけではないので、満遍なくムラの無いようにワックスを塗るようにしましょう。

スポンジタイプのワックスを利用する際には、塗った後に必ず乾拭きをして、余計な液漏れなどが起きないようにするとより良いです。

おすすめのタイヤワックス7選

ここからは、おすすめのタイヤワックスの情報を掲載します。

シュアラスター タイヤコーティング+R

シュアラスター タイヤケア [水性 黒味 UVカット 高耐久] タイヤコーティング+R SurLuster S-89

■水性ワックス/スポンジタイプ
■商品の特徴:
スポンジで丁寧に塗り込むタイプのタイヤワックスですが、乳液状となっているのでタイヤワックス初心者でも塗りムラが出来ずに仕上げることが出来ます。水性タイプなのでタイヤへのストレスもない上に、サラッと塗り広げられるので失敗がほとんどありません。

ブリジストンの「BRIDGESTONEタイヤワックス」

ブリヂストン タイヤワックス

■水性ワックス/スプレータイプ
■商品の特徴
液体は白色でスプレータイプのメリットである広範囲に渡ってスプレー出来ます。艶もしっかりと出ますし、ひび割れを気にせず使うことが出来る商品です。

■参考価格:1,027円~(ネット通販参考価格)
■油性ワックス/スプレータイプ
■商品の特徴
コストパフォーマンスの良さと手軽さで最も人気があるワックスです。直接タイヤに吹き付けるだけで想像以上にツヤが出ます。

カーメイト「タイヤワックス 超艶ブライトマジック 2本セット」

カーメイト おすすめセット タイヤワックス 超艶 ブライトマジック 2本セット 480ml×2本 C34W + コーティング剤 黒樹脂復活 16ml(8ml×2本) C105

■油性ワックス/スプレータイプ
■商品の特徴
コストパフォーマンスの良さと手軽さで最も人気があるワックスです。直接タイヤに吹き付けるだけで想像以上にツヤが出ます。

ウィルソン(WILLSON) スタイリッシュブラック

ウィルソン(WILLSON) スタイリッシュブラック02094 D-94

■水性ワックス/スポンジタイプ
■商品の特徴
塗る前にタイヤの汚れを落とす必要があるので、使用前には、タイヤを水洗いをしてから使用するタイプになっています。ムース状のような白い液状の溶剤が出るもので、溶剤を塗ってから布を使用して満遍なく塗り込むものです。ツヤも出ますし、スポンジ型の中でも比較的使用しやすいものです。

クリンビュー「ノータッチUV」

クリンビュー ノータッチUVスプレー 360ML 23526

■水性ワックス/スプレータイプ
■商品の特徴
手間と時間をかけずにサッと終わらせたい方向けの商品です。洗浄や拭き取りが一切要らないスプレータイプです。紫外線吸収剤も配合されているので、タイヤの劣化防止効果もポイントです。

古河薬品工業「プロタイプ タイヤワックス」

古河薬品工業(KYK) KYK プロタイプ タイヤワックス 4L 34-041

■水性ワックス/スポンジタイプ
■商品の特徴
液ダレがしにくいく、少量で広範囲に塗り広げられ、業務用プロタイプのため内容量も多いのでコスパの良い商品です。さらに、強力なシリコンが使用されているので、水性ワックスのデメリットである長持ちのしにくさが気になりません。

SOFT99「 ソフト99 4-X タイヤツヤ出し&クリーナー」

SOFT99 ( ソフト99 ) 4-X タイヤツヤ出し&クリーナー 470ml 02060

■参考価格:398円〜(ネット通販参考価格)
■水性ワックス/スプレータイプ
■商品の特徴
2種類の高粘度シリコン樹脂がタイヤに密着し、ツヤとバリアー性を長期にわたって発揮してくれます。汚れを落とすクリーナー効果を備えているので、タイヤが汚れたままでも使えます。

まとめ

タイヤワックスを選ぶ際には、ワックスのタイプのみではなく、「普段の自分にカーライフに合っているか」ということを重視しないと思わぬ失敗を招いてしまいます。

様々なタイプのワックスから、一番自分の望むものを見つけるには、普段自分がどんな道を走り、どの位の頻度でオーバーホールをしているかなどを考えてみると良いかもしれません。

タイヤに関する情報はこちらもチェック!

関連する投稿


まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

ドライブ中にタイヤが突然のパンクしたら、とっても困りますね?そんな時に大活躍するのがパンク修理キットです。自分でもパンクを直せるので、何かと重宝しますよ。今回はパンク修理キットを使用したほうが良い理由と使用しない理由をわかりやすく紹介していきます。


ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

普段、あまり意識することのないミッションオイル。実はとても重要な役割を果たしています。ミッションオイルを定期的に交換しないで放っておくと大変なことになってしまいますので、この記事ではその大切なミッションオイルの役割や交換に関して詳しく解説していこうと思います。


重要! ハブベアリングの役割とは?

重要! ハブベアリングの役割とは?

自動車の車体と車輪をつなぐ役割を果たすハブベアリング。あまり注目されることの少ない部品ですが、その果たす役割は超重要!ハブベアリングの不具合は、放置すると最悪の場合、事故につながる危険性もあるので早めに対処しましょう。


【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

本記事では一度は憧れる!?マットブラック塗装についてご紹介します。マットブラックの効果やメリット・デメリット。さらにオリジナルな独創性にこだわったマットブラック塗装の支持者の理由を追求!また、塗装の方法や手入れ法についても解説します。これを読めば貴方もきっとマットブラック塗装がしたくなっちゃうかも?


貴方は知ってる?エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

貴方は知ってる?エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。