目次へ戻る

マツダのコンパクトSUV CX-3 価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


マツダのコンパクトSUV CX-3について知りたい

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。

その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。

そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。

マツダのSUVでお悩みの方はこちらの記事もどうぞ

マツダのコンパクトSUV CX-3ってどんな車?

マツダから発売されているコンパクトクロスオーバーSUV、それがCX-3です。

2014年に世界初公開され、2015年より発売されています。

日本で発売されているマツダのCXシリーズは、CX-3、CX-5、CX-8の3車種ですが、その中でも最も小さいサイズの車です。

「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した、マツダの新世代車種の第5弾に位置づけられた車です。


商品改良が加えられ、これまでディーゼル専用モデルだったCX-3に、新たにガソリン車も設定されているので、好きなモデルを選ぶことが可能になっています。

2018年5月には大幅改良が施され、特別仕様車の「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」が設定されました。

マツダのコンパクトSUV CX-3 洗車した時にイイ車だと思えるデザインを

『CX-3』は2018年にデビュー以来4度目の改良を行いました。

その際に、初めてデザインにも手が入れられました。

改良モデルのデザインを指揮したマツダデザイン本部チーフデザイナーの柳澤亮氏は、今回の変更意図やそのポイントについてこのように語っています。

現在マツダは“引き算のデザイン”をしようとしています。それを踏まえ、フロントエンドの様子を再構築しようと考えたのです。その時に何を重要視していくかというとやはり「シグネチャーウィング」がマツダの顔なのですね。もちろんブランドシンボルが一番にあり、その次にシグネチャーウィングとなるのですが、そのシグネチャーウィングをしっかりと強調して見せるためには何が大事か。それはラジエーターグリルの輪郭をしっかり見せる、これが大事だというところに行き着いたのです。

その結果として、横バーは大事だけどそれがメインではなく、シグネチャーがメインで横バーはその中で囲っていくことで輪郭をしっかり見せられる。そうすると遠くから走ってきた時にこの輪郭がしっかり見え、シグネチャーウィングが見える。そうした結果マツダ車だとわかることが大事だというところに行き着きました。

あとは、近くで見た時に精緻な立体感、奥行きのある造形に結びついていくと、お客様が自分のクルマを見た時に、あるいは洗車する時にいいクルマだと思ってもらえるように、ボディも当然美しくディテールにもしっかりと魂を込めるということをやったのです。

マツダのコンパクトSUV CX-3 試乗評価・感想・評判

スペシャリティ性の高さ

3200kmあまりのドライブを通じて最も印象に残ったのは、まさにそのスペシャリティ性だった。ボディ表面は小型オープンスポーツ『ロードスター』と並び、「魂動デザイン」モデルの中でも最も複雑で豊かなラインと研ぎ澄まされた面質を持っているのだが、他人にカッコいいクルマに乗っていることを自慢するような感じではなく、共に過ごす時間が長くなるにつれてその作り込みに自己満足を覚えるようなタイプの良さであった。ドアの開閉音、ドアハンドルの引き心地、スイッチ類やエアコン吹き出し口の操作感など、静的質感もノンプレミアムのスモールSUVとしては異例に高いものだった。

精緻なエクステリアデザイン

デザイン考。CX-3を長い時間乗り回してみて、これを所有した場合に最も満足度を得られそうだと感じられたポイントは、何といっても綿密に作りこまれたエクステリアデザインだった。

ボディパネルは同じマツダのコンパクトスポーツ『ロードスター』と並んで最も彫りが深い。作り方によってはくどさを感じさせかねないのだが、まわりに“どうだ、素敵なクルマだろう”と見せびらかすイヤミな感じを与えないのは面白く思われるポイントであった。オーナーが秘めやかに満足感に浸るタイプの作り込みである。

普段使いには十分

CX-3はセンスの良いクルマという印象がある。コンパクトでプロポーションが良く、特に小さなボディでタイヤを大きく見せたそのデザインは、まるでレンダリングの世界から飛び出してきたような世界感を作り上げていた。搭載されたエンジンは2リットル直4NAユニット。これに6速ATの組み合わせである。常用域のパフォーマンスは少なくとも十分。

マツダのコンパクトSUV CX-3 安全性能

マツダのCX-3は、すべてのグレードが先進安全技術を標準装備しています。

また、「サポカーS・ワイド」に該当しています。

「360°ビュー・モニター」を新採用し、アドバンストSCBSの夜間歩行者検知機能が向上しました。

マツダのコンパクトSUV CX-3 グレード別価格

マツダのCX-3、新車価格は以下の通りです。

ガソリンエンジンのタイプは約210万円~270万円ほど。
ディーゼルエンジンのタイプは約260万円~280万円ほどの価格帯になっています。

【ガソリンエンジン】
■20S(ベースグレード)
2WD (6EC-AT) ¥2,127,600(税込)
2WD (6MT) ¥2,127,600(税込)
4WD (6EC-AT) ¥2,353,600(税込)

■20S PROACTIVE(安全性能が充実し、快適な走りを追求したグレード)
2WD (6EC-AT) ¥2,332,800(税込)
2WD (6MT) ¥2,332,800(税込)
4WD (6EC-AT) ¥2,558,800(税込)

■20S PROACTIVE S Package
(PROACTIVEグレードにL Packageグレードのエクステリアと快適装備を搭載)
2WD (6EC-AT) ¥2,430,000(税込)
2WD (6MT) ¥2,430,000(税込)
4WD (6EC-AT) ¥2,656,000(税込)

【ディーゼルエンジン】
■20S L Package(快適さと上質さにこだわったCX-3の真骨頂)
2WD (6EC-AT) ¥2,566,080(税込)
2WD (6MT) ¥2,566,080(税込)
4WD (6EC-AT) ¥2,792,080(税込)

■20S Exclusive Mods(先進感を徹底的に研ぎ澄ました一台)
2WD (6EC-AT) ¥2,598,480(税込)
4WD (6EC-AT) ¥2,824,480(税込)

マツダのコンパクトSUV CX-3 中古価格

新車よりもっと安く購入したい!と考えている方は中古での購入も視野に入れてはどうでしょうか。
調べてみたところ、2018年式~のものは、状態にもよりけりですが、平均価格が約220万円~250万円ほどでした。

一方、2018年より前のものであれば200万円~220万円ほどの中古車も見られたので、気になる方は調べてみてもいいかもしれません。(2019年1月調べ)

最後に

本記事では、改めてマツダのCX-3についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

日本では多くのSUVが発売されています。もっとSUVについて知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-3 SUV

関連する投稿


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

国内専用だった「マツダ ベリーサ」の特徴や魅力的なところから性能スペックや燃費、中古車価格などをご紹介します。もう一台車を増やしたい、安いコンパクトカーが欲しいとお考えの方は是非ご覧ください。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では同じロードスターの名前を冠する車があるのをご存知でしょうか。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


最新の投稿


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

国内専用だった「マツダ ベリーサ」の特徴や魅力的なところから性能スペックや燃費、中古車価格などをご紹介します。もう一台車を増やしたい、安いコンパクトカーが欲しいとお考えの方は是非ご覧ください。


日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産の「エクストレイル」には2015年までディーゼルモデルが発売されていました。また、エクストレイルクリーンディーゼルは中古車も豊富にあります。そのディーゼル車の紹介と特徴などをまとめてみました、中古で購入したい方は是非参考にしてください。