目次へ戻る

セルモーターの寿命や故障の原因、交換・修理に掛かる費用まで解説

セルモーターの寿命や故障の原因、交換・修理に掛かる費用まで解説

エンジンの始動に必須となるセルモーター。定期的なメンテナンスが必要なわけではありませんが、本記事ではセルモーターの役割、構造や仕組みと種類についての説明と、故障時に発生する異音、セルモーターの修理・交換に掛かる費用について解説していきます。


セルモーターとは?

セルモーターとは、エンジンを始動させるためのモーターです。

車に乗りエンジンを始動する時にキーを回すと思います。その時に「キュルキュルキュル」と鳴る音を出すのがセルモーターの音になります。

車のエンジンの吸気や圧縮行程を行うためには外部からの回転力を得る必要があり、その行程を行うための回転を与える手段がセルモーターになります。

セルモーターは、エンジンを始動するための最初の手段として役割を果たす部分であり、セルモーターが動かなければ車は当然エンジンはかかりません。

車のキーを回してもエンジンがかからないと度々耳にすることがあると思いますが、それはセルモーターの故障以前に、バッテリーあがりというケースが考えられます。

セルモーターは、電装パーツでバッテリーを電源として動作しているからです。

イグニッションキーやエンジンスタートしてもかからない場合には、まずはバッテリーの残量を確認してみることをオススメします。

セルモーターの構造と仕組み

セルモーターは、エンジンを始動するために欠かせない重要な部品です。セルモーターはバッテリーの電力を使用して、「クランクシャフト」を電動で回転させることによって、エンジンで最初の爆発を起こします。

キーを回すことでマグネットスイッチに電流が流れ、小さいピニオンギアが動いて大きいフライホイールと噛み合います。

そして、モーターが回って噛み合ったフライホイールも回ることでクランクシャフトが回転し、エンジンがかかる仕組みになっています。

尚、セルモーターの構造で大きい円柱の部分にはモーターが入っています。そして、セルモーターには「ピニオン摺動式」と「レブリダクション式」の2種類が存在しているのです。

ピニオン摺動式(直結式)

この方式は、セルモーターの構造や仕組みで解説した通りの内容と同じです。

直結式とも呼ばれ、ピニオンギアとフライホイールが直接繋がっている方式であり、主にトルクの小さい自動車やバイクなどに使用されている方式になります。

街乗りでアクセルを踏んでもあまり加速しないと感じる車には、このピニオン摺動式を採用しているケースがあります。モーターの回転をそのまま動力として伝え、フライホイールを動かしています。

レブリダクション式

この方式はピニオン摺動式に比べて少し複雑です。

モーターの回転を直接ピニオンギアに伝えるのではなく、アイドルギア、プラネタリギア等を介してトルクを増大させ、フライホイールに動力を伝える仕組みです。この方式は、モーターを小型化することができ、軽量化することもできます。しかし、製造コストは高く、構造は複雑です。

ピニオン摺動式とは逆に、トラックやディーゼル車などの高いトルクを必要とする車に用いられる方式が、このレプリダクション式となります。また、AT車にもこの方式が採用されていることが多いです。

最近ではAT車だけでなく、低燃費走行をするディーゼル車などが登場していることにより、この方式を採用している車が殆どと言えます。

セルモーターの寿命は?

このセルモーターには寿命はあるのかという点ですが、意外と知らない方は多いのではないかと思います。

一般的には10万km〜15万kmくらいが寿命といわれており、エンジンの始動やアイドリングストップを頻繁に繰り返していると10万km程で寿命が尽きてしまう可能性があります。

バイクにもセルモーターがありますが、自動車に比べると寿命は短く、3年〜5年程度と言われています。車を定期的にメンテナンスをし、大切にしていくことが重要であることが分かります。

故障?セルモーターから異音が聞こえる場合

それでは、自分の車のセルモーターの寿命が尽きて故障してしまったと判断した場合、一体どのように対処したら良いのでしょうか。

まず、エンジンが動かない時にバッテリーをチェックして、残量がある場合にはセルモーターが故障している確率が高いです。

しかし、セルモーターの故障であるとしても、セルモーター内のパーツの固着のせいでセルが回らなかったり、ギアの噛み合わせが上手くできていない場合など多いです。

また、セルモーターが故障している場合にはキーを回しても音は鳴りません。キーを回しても「カチッ」と音がするだけか、無音になることが多いからです。尚、バッテリー上がりの時もこのセルモーターが無音状態であることがありますので、音をよく聞きましょう。

無音だった場合はセルモーターの故障かバッテリー上がりということになります。

そして、肝心の対処法ですが、セルモーター本体を棒などで叩きながらキーを回すことでエンジンがかかる場合があります。セルモーター内のパーツが固着している場合や、少しのズレでギアが噛んでいただけというケースの場合に対応できる方法と言えます。

また、MT車の場合にはバッテリーが上がらず、セルモーターが回転していなくてもエンジンをかける「押しがけ」という方法があります。

一人が車に乗って、イグニッションスイッチを入れてギアを1速に入れ、もう一人がその車を人力で押します。そして車の速度が少し出てきたところでクラッチを繋ぐとエンジンが始動します。もし、自力の対処に成功してエンジンが作動しても、一応整備工場やディーラーなどで確認してもらうことをオススメします。

セルモーターの修理・交換に掛かる費用は?

それでは、実際にセルモーターが故障してしまった場合にはどこに持って行けば良いのか?費用はいくらくらいになるのかを紹介していきたいと思います。

セルモーターが壊れてしまった場合は、必ず修理工場に運ぶ必要があります。セルモーターを叩いて走れるようになったとしても、修理工場へ向かうことをオススメします。

なぜなら車がその場しのぎで直っただけで、後にエンジンが動かなくなる可能性があります。

なお、セルモーターが無事に動いたら、そのまま車で走って修理工場へ向かっても大丈夫です。セルモーターはエンジン始動用のパーツであり、走行中に支障をきたすことは無いようです。セルモーターが動いたからと安心して、修理の元を取った気になってそのままにしないようにしましょう。

自力で直してからしばらくして走行中にエンジンが止まってしまい、結果的に修理工場までロードサービスを使って行くという事態を招いてしまいます。

セルモーターがおかしいと感じたらすぐに修理工場へ向かいましょう。

修理に必要な費用ですが、部品の交換費用は大体3〜5万円で、工賃が3千〜1万3千円くらいと言われています。新品の部品ではなくリビルド品であれば約1〜2万円で交換ができ、5千円くらいの工賃で修理できる可能性もあります。

しかし、セルモーターが故障したから交換するのであって、なるべく質の良い物を選んで取り付けておきたいものです。質の良いリビルド品を購入し、8千円くらいの工賃で新しいセルモーターを取り付けておきたいところです。

また、ディーラーよりも整備工場で修理をされた方が出費を抑えることができます。
整備工場ではリビルド品を取り付けることが多いということも関係していると思いますが、もしあなたの車のセルモーターが故障したら、近くの整備工場へ向かいましょう。

まとめ

セルモーターは車にとって欠かせない部品です。

冬場はなかなかエンジンがかからず故障かな?と思っても、対処法を知ってしまえば簡単です。
そして、車に乗ってからエンジンを始動する時、キーを早めに回しすぎないように心掛けることで、セルモーターに負担をかけないようにしましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

急にきて困ってしまう。それが車のバッテリー上がり。車のバッテリーが上がってしまった際の対処法をまとめています。また、もしバッテリーを交換するとなった際に、初心者の方でも安全に行える対処法についても解説していきます。


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。