目次へ戻る

オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

エンジンオイルの交換で気になる方も多いオイルフィルター。そもそもの役割や構造から交換時期の目安や交換方法、交換にかかる費用などを解説していきます。


オイルフィルターとは?

オイルフィルターとは、エンジンオイルの汚れを綺麗にしてくれる役割をもちます。

オイルフィルターを交換しないと、エンジンオイルが常に汚れている状態が続き自動車に負担をかけてしまい、冷却・洗浄・潤滑・密閉・防錆などに悪影響を及ぼし、自動車本来の性能は下がり、酷いケースでは、故障に繋がる事もあります。


未使用のエンジンオイルは、サラサラで色も綺麗な状態です。エンジンを動かす度に、金属片やゴミなどを吸収し続け、オイルの色も黒くドロドロに変化していきます。数ヶ月同じオイルを使用していると、老廃物が溜まってしまいますが、オイルフィルターを通って巡回する事によって、オイルを綺麗な状態を長い間維持する事が可能になります。

フィルターの中身は、通常みる事はできませんが、中に入っているエレメント(ろ紙)で汚れを取り除き、エンジンオイルの汚れ防止や様々な効果があります。

オイルフィルターの仕組み・構造

「オイルフィルター構造」・エレメント (ろ紙)・リリーフバルブ (流し弁)/ アンチドレーン弁・サポートスプリング (セットスプリング)オイルフィルターの構造には、根詰まりを起こした時に、油の流量を確保する為に流し弁があります。

更に、エンジンを始動した時に給油切れを起こさないように、エンジンが停止中にオイルバンに逆流する事を防止できるなど複雑な構造になっています。

オイルフィルターの内部には、細かい線があるろ紙が入っています。ろ紙がある事によって、老廃物を捉え自動車のパワーロス不足を防ぐ事ができる仕組みになっています。自動車によって、オイルフィルターの大きさは異なり、軽自動車であれば「コンパクトなオイルフィルター」SUVやLLミニバンなどの大型車には「大きなフィルター」が準備されています。

フィルターにも、オイルと同じで何を強調した特性があるかなど、製造するメーカーによって特徴も様々になっています。オイルの性能が分かれているのと同じで、オイルフィルターにも色々な種類があります。

オイルフィルターの交換時期は?

エンジンオイルの交換は、ガソリン・ディーゼル・軽自動車どれも距離での交換時期は、1万5千km若しくは1年に1回を目安にする事が多いです。

オイルフィルターの交換は、2回に1回と言われています。オイル交換を走行距離ベースで考えると、1万キロが目安になります。

2回に1回の交換になるオイルフィルターを距離で考えると、2万キロが交換の目安になります。年間を通して、全く走らない場合のオイルの状態は、あまり汚れないイメージがありますが、月に数回エンジンを動かすだけで老廃物が溜まっていき、もちろんオイルフィルターにも汚れが蓄積されるため長い間置いとく事はお勧めできません。

お店に頼んで、作業をしてもらった時に必ず運転席近辺に、次回交換時期が記載されたシールなどが貼られています。走行距離で計算されているので、とても分かりやすくなっています。

交換時期が分からなくなってしまった時は、エンジンを一度始動させてからオイルレベルゲージを使い、付着しているオイルの色を確認すれば汚れを確認する事ができます。

交換しないと?

オイルフィルターを、交換しない場合どうなるのでしょう。

例えばエンジンオイルを、自動車を購入してから一度も交換しなければ、オイルの量が減ってしまい車の故障に繋がります。

オイルフィルターを交換しないと、フィルターでゴミを集める事が出来なくなります。ゴミが、一ヶ所に集める事ができなくなるので、オイルと一緒にゴミが様々な所に流れてしまいます。噴射する場所に詰まったり、カーボンが溜まってしまうと自動車の調子が悪くなってしまいます。

オイルフィルターを交換しないだけで、自動車が壊れてしまい高額な修理が必要になってしまう事もあります。

オイルフィルターの交換。かかる費用は?

オイルフィルターの交換にかかる費用は、軽自動車・コンパクト・ミニバンなどは、フィルターの価格が工賃込みで大体1,000円くらいが多いです。

大型のSUVや輸入車になると、フィルター本体の価格も高くなります。オイルフィルターを交換する時は、オイルも一緒に交換するのをおすすめします。

フィルターだけ交換も可能ですが、車によってフィルターを外したと同時に大量のオイルが出てくるケースもあるので注意が必要です。大量のオイルが出なくても、作業が終わってからのオイルの量の確認は行わないといけないです。

まとめ

オイルフィルターの交換は愛車のコンディションを保つためにとても大切です。

オイルフィルターのみの交換を、ガソリンスタンドや量販店やディーラーなどで可能か聞いてみると、単体では作業できないと言われてしまう事が多いですが、オイルフィルターだけを交換しても、オイルが汚れていれば直ぐにフィルターも汚れてしまい、どちらにもメリットがありません。

適切なタイミングとメンテナンスで愛車を大切に乗ってあげてくださいね。

関連する投稿


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

駐車の際に擦ったり、あるいはぶつけてしまったりして塗装が傷んだり剥がれたりしてしまうことは結構あります。そうなった際、あなたはどうしていますか?ショップに塗装を依頼する?それとも自分でDIYで対処?どちらにしても、綺麗に仕上げたいですよね!今回の記事では、主にDIYでの対処法を中心にご紹介致します。


車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車が事故に遭ってしまったり、物とぶつかったりかすったりすれば、車に傷ができてしまいます。目立たないような小さな傷なら大きな影響はありませんが、塗装がめくれて金属部分が露出していると、サビの原因にもなります。今回は、車の傷の種類や、業者に依頼するときに安くする方法などを紹介していきますので、参考にしてください。


ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

普段あまり気にする事のないブレーキフルード。一度も交換した事がないという人も中には居るかも知れませんね。ボンネットを開けて、リザーバータンクを見ても、「減ってないから大丈夫」と思っていませんか?もしかしたら、それは間違いかも知れません。今回はブレーキフルードの役割と重要性についてお伝えします。


最新の投稿


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

国内専用だった「マツダ ベリーサ」の特徴や魅力的なところから性能スペックや燃費、中古車価格などをご紹介します。もう一台車を増やしたい、安いコンパクトカーが欲しいとお考えの方は是非ご覧ください。