トップへ戻る

オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

エンジンオイルの交換で気になる方も多いオイルフィルター。そもそもの役割や構造から交換時期の目安や交換方法、交換にかかる費用などを解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オイルフィルターとは?

オイルフィルターとは、エンジンオイルの汚れを綺麗にしてくれる役割をもちます。

オイルフィルターを交換しないと、エンジンオイルが常に汚れている状態が続き自動車に負担をかけてしまい、冷却・洗浄・潤滑・密閉・防錆などに悪影響を及ぼし、自動車本来の性能は下がり、酷いケースでは、故障に繋がる事もあります。


未使用のエンジンオイルは、サラサラで色も綺麗な状態です。エンジンを動かす度に、金属片やゴミなどを吸収し続け、オイルの色も黒くドロドロに変化していきます。数ヶ月同じオイルを使用していると、老廃物が溜まってしまいますが、オイルフィルターを通って巡回する事によって、オイルを綺麗な状態を長い間維持する事が可能になります。

フィルターの中身は、通常みる事はできませんが、中に入っているエレメント(ろ紙)で汚れを取り除き、エンジンオイルの汚れ防止や様々な効果があります。

オイルフィルターの仕組み・構造

「オイルフィルター構造」・エレメント (ろ紙)・リリーフバルブ (流し弁)/ アンチドレーン弁・サポートスプリング (セットスプリング)オイルフィルターの構造には、根詰まりを起こした時に、油の流量を確保する為に流し弁があります。

更に、エンジンを始動した時に給油切れを起こさないように、エンジンが停止中にオイルバンに逆流する事を防止できるなど複雑な構造になっています。

オイルフィルターの内部には、細かい線があるろ紙が入っています。ろ紙がある事によって、老廃物を捉え自動車のパワーロス不足を防ぐ事ができる仕組みになっています。自動車によって、オイルフィルターの大きさは異なり、軽自動車であれば「コンパクトなオイルフィルター」SUVやLLミニバンなどの大型車には「大きなフィルター」が準備されています。

フィルターにも、オイルと同じで何を強調した特性があるかなど、製造するメーカーによって特徴も様々になっています。オイルの性能が分かれているのと同じで、オイルフィルターにも色々な種類があります。

オイルフィルターの交換時期は?

エンジンオイルの交換は、ガソリン・ディーゼル・軽自動車どれも距離での交換時期は、1万5千km若しくは1年に1回を目安にする事が多いです。

オイルフィルターの交換は、2回に1回と言われています。オイル交換を走行距離ベースで考えると、1万キロが目安になります。

2回に1回の交換になるオイルフィルターを距離で考えると、2万キロが交換の目安になります。年間を通して、全く走らない場合のオイルの状態は、あまり汚れないイメージがありますが、月に数回エンジンを動かすだけで老廃物が溜まっていき、もちろんオイルフィルターにも汚れが蓄積されるため長い間置いとく事はお勧めできません。

お店に頼んで、作業をしてもらった時に必ず運転席近辺に、次回交換時期が記載されたシールなどが貼られています。走行距離で計算されているので、とても分かりやすくなっています。

交換時期が分からなくなってしまった時は、エンジンを一度始動させてからオイルレベルゲージを使い、付着しているオイルの色を確認すれば汚れを確認する事ができます。

交換しないと?

オイルフィルターを、交換しない場合どうなるのでしょう。

例えばエンジンオイルを、自動車を購入してから一度も交換しなければ、オイルの量が減ってしまい車の故障に繋がります。

オイルフィルターを交換しないと、フィルターでゴミを集める事が出来なくなります。ゴミが、一ヶ所に集める事ができなくなるので、オイルと一緒にゴミが様々な所に流れてしまいます。噴射する場所に詰まったり、カーボンが溜まってしまうと自動車の調子が悪くなってしまいます。

オイルフィルターを交換しないだけで、自動車が壊れてしまい高額な修理が必要になってしまう事もあります。

オイルフィルターの交換。かかる費用は?

オイルフィルターの交換にかかる費用は、軽自動車・コンパクト・ミニバンなどは、フィルターの価格が工賃込みで大体1,000円くらいが多いです。

大型のSUVや輸入車になると、フィルター本体の価格も高くなります。オイルフィルターを交換する時は、オイルも一緒に交換するのをおすすめします。

フィルターだけ交換も可能ですが、車によってフィルターを外したと同時に大量のオイルが出てくるケースもあるので注意が必要です。大量のオイルが出なくても、作業が終わってからのオイルの量の確認は行わないといけないです。

まとめ

オイルフィルターの交換は愛車のコンディションを保つためにとても大切です。

オイルフィルターのみの交換を、ガソリンスタンドや量販店やディーラーなどで可能か聞いてみると、単体では作業できないと言われてしまう事が多いですが、オイルフィルターだけを交換しても、オイルが汚れていれば直ぐにフィルターも汚れてしまい、どちらにもメリットがありません。

適切なタイミングとメンテナンスで愛車を大切に乗ってあげてくださいね。

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

愛車のお手入れの第一歩はカーワックスではないでしょうか。新車の輝きを長持ちさせ、汚れ対策にもなるカーワックスの選び方や正しいかけ方についてご説明していきます。正しいカーワックスのかけ方は知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。カーワックスの選び方は車により違うことも説明していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。