目次へ戻る

フォグランプとは?正しい使い方からLED化や後付け方法|車検基準についても

フォグランプとは?正しい使い方からLED化や後付け方法|車検基準についても

こちらの記事では、フォグランプについての役割の説明から、正しい使い方、フォグランプのLED化や車検に通るか否かの保安基準、後付け方法などを詳しく説明しています。


そもそもフォグラングとは?

フォグランプとは、ヘッドライトの補助としてバンパーに取り付けられているライトのことを指します。フォグ(fog)とは、英語で霧という意味で、本来濃霧が発生した場合の視界確保のための補助灯として取り付けられた事が名前の由来で、保安基準上では前部霧灯と呼ばれています。

フォグ以外にも効果あり

実際にはフォグランプは濃霧だけではなく、降雪時や雨天時の際の視界確保にも役立ち、路肩を照らせるだけのその広い照射特性から、真っ暗な夜の山道などでであっても存分に効果を発揮します。

ただ、近年HIDが普及してきたことでヘッドライト単体で十分に視界確保が実現されきているので、フォグランプはファッションとしてのポジショニングを確立しつつあります。

フォグランプの正しい使い方

本来のフォグランプの正しい使い方としては、霧や豪雨などによって対向車の接近確認が難しいと判断される場合に点灯して使用することによって、自分の存在を相手に対してアピールする事に繋がります。

フォグランプは自分の視界を良くする為に用いるのでは無く、他車に自車の存在をアピールするために使わるものというのが本来の役割ですあり正しい使い方です。

フォグランプは必要な時以外は電力使用量を無駄に増やすので燃費を悪化させますし、他の車に迷惑を掛ける事にも繋がりかねませんので、使用するタイミングを選ぶ必要があります。

フォグランプはLEDとHIDのどちらがいいの?

実際のところ、明るさや寿命などのエコ視点がすべて揃っているのはLEDです。約30,000時間の長寿命は半永久的に使えますし、ほぼ球切れの心配が不要です。使用感としても、十分な明るさを得られますが、使用する電力がわずか25Wという省エネ性能を実現しています。

ただ、この点はHIDを使用したとしても好みの問題もあるとは思いますので、どちらを使用するかはどの方の好みというのも大いにあるかもしれません。

フォグランプをLED化やHID化したら車検は通る?

実際のところ、HID化、LED化をしたとしても、保安基準に則った正しい取り付けがされていれば、車検は問題なく通すことができます。取り付ける前に、フォグランプの保安基準を確認しておきましょう。

フォグランプの色や光量

フォグランプを含む、車のライトに使われるべき灯火の色は、色温度(単位はk,ケルビン)と呼ばれる数値で判断されていきます。フォグランプの光は「白色または淡黄色」という規定があり、車検で問題なく通る色はおよそ3,000k〜6,500kの範囲になります。

きわどい色温度を選択すると、車検を行う担当の判断によって通らなくなるケースがあるので、3,000k〜6,500kの範囲内に収めるのが無難と言えます。

また、光を表す単位には輝度、ルクス(照度)、ルーメン(光束)、カンデラ(光度)などの規定があります。

平成17年12月31日までに製造された車は、補助灯の光りの強さが1万カンデラ以下で製造されています。純正のハロゲンヘッドライトは約1万5000カンデラ程度なので、ヘッドライトよりも少し暗いレベルが1万カンデラです。

ただ、平成18年1月1日以降に製造された車には、光の強さ制限がないので、ハイワッテージのHIDやLEDに交換したとしても光度車検で通らないということはほとんどありません。

フォグランプの取り付け位置

フォグランプを取り付ける場合には、取り付け位置にも規定があるので新規で取り付ける際には注意が必要です。その位置は、ヘッドライトよりも下であり、地上250mm以上、800mm以下である事。

また、車幅の端から400mm内の位置に左右対称に取り付けられていることが条件になります。この条件をクリアした上で、同時点灯は2灯までとしなければいけません。

フォグランプの作動条件

フォグランプの作動条件ですが、スモールランプやテールランプの点灯時に、フォグランプ単体で点灯、消灯できる構造にしている必要があります。つまり、スモールランプ、テールランプが点灯している状態が、フォグランプを使える条件ということです。

これは、夜間の車の形状を把握しやすいように配慮から生まれています。さらに、フォグランプが点灯しているか消灯しているかを車内からスイッチやインジケーターで目視で確認出来るような設計にしなければなりません。

フォグランプは後付けがいい?取り付け方法は?

フォグランプは後付けすることが可能です。取り付けに際しては自分で作業することも出来ますし、ディーラーやカー用品店などに依頼して、後付けすることが出来ます。

ただ、自分で取り付ける際には車によってバンパーを外さなくてはならなかったり、フォグランプの調整も必要になってくるので、可能であれば、ディーラーやカー用品店に後付けを依頼する方が良いかもしれません。

その方がフォグランプを後付けした後に、車検が通らなくては取り外さなくてはならないというリスクを解消出来ます。もし自分で取り付けを行う際には、事前に取り付け基準を確認するようにしてください。

LEDフォグランプの取り付け方法

LEDフォグランプの取り付けは比較的シンプルで、通常の電球交換のように付け替えるだけで取り付けが可能です。ただし、LEDバルブを発光させるための電圧制御基盤が必要になります。

LEDドライブと呼ばれる制御基盤は発熱性のため、冷却装置とともにLEDバルブ後端に取り付けるのが一般的です。そのため、ハロゲンバルブに比べて全長が長くなってしまう傾向があります。

特に、バンパー裏のスペースが少ない軽自動車には取り付けスペースが確保出来ないケースが多いので、バルブ部とドライブ部が分離しているタイプのLEDバルブを取り付けるのがおすすめです。

HIDフォグランプの取り付け方法

HIDをフォグランプとして取り付ける際には、重く大きな安定器(バラスト)と、昇圧器(イグナイタ)を上手く収めなければいけないので、LEDフォグランプを設置する時以上のスペース確保が重要になってきます。

HIDバルブの発熱量は明るさに応じて増えてくるので、最近主流となっている省消費電力タイプのフォグランプを使用すると、ランプハウジング自体がHIDの発熱に耐えられずに曇りや融解を起こしてしまう事があるので注意が必要になります。

市販のHIDキットを使用すれば、フォグランプ配線→バラスト→イグナイタ→バーナーバルブへとコネクタを繋いで、ボディアースを取れば動作させることが出来ます。

ただ、ハイワッテージHIDバルブだと、電力不足で点灯不良を起こすことがあるので、「電圧低下防止リレー回路」を追加して、安定した始動電力を供給することで対処が可能です。

自分に合ったフォグランプを楽しみながら安全な走行を!

視界不良時の視認性や、被視認性を高めるための安全装備がフォグランプの役割です。モラルやマナーを守った運用を心がけて、自分の好みのフォグランプを使用して、楽しんでみてください。

車のライト・ランプに関連する情報はこちらもチェック

関連する投稿


【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

自動車のホイールのスポークの合間から見える、板状の鉛の様な物。これが何か気になった人はいないでしょうか?これは「バランスウエイト」と呼ばれる、タイヤの回転のバランスを取るための”おもり”です。今回の記事ではこのバランスウエイト(バランスウェイト)とホイールバランスについてご案内していきます。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

普段、車を運転している人でも、タイミングチェーンの存在についてあまり意識することはないと思います。タイヤの様に摩耗せず、ワイパーなどの様に定期的な交換が必要な部品では無いためです。しかしタイミングチェーンは、人知れず重要な役割を果たしている部品です。今回はそんなタイミングチェーンについて調べてみました。


【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

信号が青になった瞬間、勢い良く駆け出した車から聞こえる、「ブーン」という加速音の後の「プシュルルルルル」という謎の音。今回はこの音の正体についてまとめました。気になる方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。


【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

新車を買った時やオイル交換をした時などに必要な車の慣らし運転。知ってるようで知らない慣らし運転のコツややり方などを紹介しています。このページで慣らし運転の知識を身につけて安全なカーライフを送ってください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。