トップへ戻る

ダイハツのムーヴカスタム 新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

ダイハツのムーヴカスタム 新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

ダイハツの軽トールワゴン、ムーヴカスタムは、ムーヴの上級装備モデルです。ムーヴカスタムは2014年から発売されており人気も高い一台です。本記事ではムーヴカスタムに関する新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価などをまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ムーヴカスタムの概要・特徴紹介

ダイハツのムーヴはスズキのワゴンRに対抗すべく開発された軽トールワゴンでダイハツの主力軽自動車でも人気の車種になります。

中でもムーヴカスタムは、スポーティーモデルに該当し、現在は2014年からの6代目が新車として登場しています。

質感の高いエクステリアとこだわりのあるインテリアデザインを実現し、基本性能の良化、先進のテクノロジーを搭載した作りに仕上がっているのが特徴です。

ムーヴカスタムの基本スペック・燃費

駆動方式 前輪駆動(2WD車)・四輪駆動(4WD車)
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3,395mm×1,475mm×1,630mm
室内寸法(長さ×幅×高さ) 2,080×1,320×1,280
車両重量 830-900kg
最大乗車定員 4名
燃費(JC08モード) 25.6~31km/L
最小回転半径 4.4~4.7rm
総排気量 658cc
最高出力 38kW (52PS)/6,800rpm(NA車)・47kW (64PS)/6,400rpm(ターボ車)
最大トルク 60N・m (6.1kgf・m)/5,200rpm(NA車)・92N・m (9.4kgf・m)/3,200rpm(ターボ車)
燃料タンク容量 無鉛レギュラーガソリン・30L
※2019年3月現在

ムーヴカスタムの燃費

JC08モードによる燃費では、駆動方式や型式により25.6~31km/Lという数字が出ていますが、実際に走行した場合の実燃費量は下がるのが一般的です。

ムーヴカスタムの場合は、型式により違いが生じますが13.0~18.54km/Lとのユーザーからの報告がありました。

e燃費のサイトはこちら

ムーヴカスタムの新車・中古車

ムーヴカスタムはデザインの質感にこだわり、高い基本性能を誇りながらも、200万円を切っています。

また、中古車ではグレードや走行距離、年式によって大きく差が開いています。

ムーヴカスタム グレード別新車価格

特別仕様車 RS“ハイパーリミテッド SA Ⅲ 2WD 1,625,400円 4WD 1,749,600円
RSハイパーSA Ⅲ  2WD 1,625,400円 4WD 1,749,600円
特別仕様車 X“リミテッドⅡ SA Ⅲ”  2WD 1,490,400円 4WD 1,614,600円
X“Limited SA Ⅲ”  2WD 1,490,400円 4WD 1,614,600円
X 2WD 1,371,600円 4WD 1,495,800円

上記の価格設定となっています。
※2019年3月現在

ムーヴカスタムの中古車価格

新車ではグレード別に料金の違いが見られるものの高くても40万円ほどと比較的差の開きはなく、2WDよりも4WDのほうが若干、高めに設定されています。

中古車では型式と状態によっては、かなり価格に違いが見られ、年式が古く、様々な条件が付くと20万円を切るものすらあります。

2018年の型式ですと下限は100万を切りますが、上限は走行距離や様々な条件で180万ほどです。

ムーヴカスタムのデザイン

最新世代のムーヴカスタムのデザインは、エクステリアとインテリア面での質感を向上させている点が特徴的です。
エクステリアではスポーティー感、インテリアではワンランク上の質感を感じさせるデザインでこだわりを見せています。

エクステリア

インテリア

ムーヴカスタムの口コミ・評価

ジャーナリストによる試乗評価

ハンドルにつけられたパワースイッチを押すと、勝手にアクセル開度を大きくし、右足を踏まなくても坂道を上がっていく。エコ運転が意識の中にすりこまれた昨今、ペダルを踏む右足への負荷は罪悪感を味わうことが多いのだが、このパワースイッチだと指でぽちっと操作するだけなので罪悪感がないばかりか、ちょこちょこと楽しみながら適切なパワーをかけて走れることも面白い。

走りの味付けもじつに高いレベルにある。搭載されるエンジンは64馬力のターボ。CVTとの相性もよく、発進時から力強いトルクを発生する。いかにも軽自動車っぽい軽率な発進ではなく、ググッと力強さをもった発進。中間加速も同様で安っぽさがないのが魅力だ。

まとめ

ムーヴカスタムは軽自動車でも人気の車種です。

気になる方はぜひ、お店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 ムーヴ

関連する投稿


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

近年のダイハツを牽引する人気軽自動車であるタントの紹介記事です。ライバルとなるホンダN-BOXなどとの比較を絡めながら、室内空間の広さや質感や使い勝手の良さなど、さまざまな角度からご紹介します。


ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツを代表するハイトワゴンタイプの軽自動車、ムーヴの紹介記事です。燃費やコスパ、そしてラインナップなどを紹介しながらムーヴの魅力について詳しくご紹介します。ムーヴのコスパについて気になっている方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。