目次へ戻る

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


スズキのハッチバック!バレーノ 概要・特徴紹介

スズキの青いバレーノ

スズキ・バレーノ 改良新型(2019)

バレーノは、2016年からスズキが販売するハッチバックタイプの乗用車です。

製造はスズキのインド現地法人であるマルチ・スズキ・インディアのマネサール工場で行われて、インドから全世界向けに供給される形がとられています。

インドで生産された車両を輸入するという、日本の自動車メーカーとしては大変珍しい形をとっています。
プラットフォームとしては、新規開発したBセグメント用のものを採用しています。

この新プラットフォームは、骨格部や板厚の見直しで剛性の確保と軽量化を実現しており、またロングホイールベースを採用しながら最小回転半径を小さくまとめるなど、操作性の面でも進化を遂げたものになっています。

日本市場向けには、1.2 L直列4気筒のデュアルジェットエンジンと1.0 L直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジンであるブースタージェットエンジンの2種類が用意されています。

このブースタージェットエンジンは、日本市場初投入で、高出力・高トルクでありながら、環境基準のクリアと低燃費を両立したエンジンとして高く評価されています。

また安全装置として衝突被害軽減システムを標準装備しており、他にもESPやエマージェンシーストップシグナル、ヒルホールドコントロールといったシステムも標準装備されています。

スズキのバレーノ 基本スペック・燃費

青いバレーノ横向き

《photo by Suzuki》スズキ・バレーノ 改良新型

バレーノ XT(2018年モデル)の基本スペックは以下のようになっています。

駆動方式 FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3995×1745×1470mm
室内寸法(長さ×幅×高さ) 1975×1440×1175mm
車両重量 950kg
最大乗車定員 5名
燃費 19.6km/リットル
最小回転半径 4.9m
総排気量 996cc
最高出力 102ps(75kW)/5500rpm
最大トルク 15.3kg・m(150N・m)/1700~4500rpm
燃料タンク容量 37リットル
価格 1,728,000円~

スズキのバレーノの実燃費は?

兄弟サイト、e燃費などで集まっているユーザーからの燃費の報告によると、レギュラーで19km/L前半、ハイオクで15km/L後半が平均となっている様です。

近年の車らしくカタログスペックに近い値になっていることがわかりますね。

またプレミアムガソリン仕様の車種が強かったせいもあって、報告を上げているユーザーにはハイオクを乗っている方が多いというのも特徴です。
(2019年4月現在)

スズキのバレーノ 新車・中古車の価格は?

スズキ バレーノ(2016)

スズキ バレーノ(2016)

比較的新しい車ですが、日本の中古市場にも流通を見ることが出来ます。

バレーノ グレード別新車価格

2016年までのバレーノのグレードは以下のようになります。

XS 1,544,400円
XT 1,617,840円
XTセットオプション装着車 1,728,000円
XG 1,414,800円

バレーノの中古車価格

日本の中古車市場における バレーノのグレード別の価格を調べて見ました。
複数の中古車情報サイトを確認したところ、ものによっては100万円を切る車両もあるようです。

ただしXTモデルは2016年のモデルと2018年モデルの二つがある点には注意が必要です。

XG 65~139万円
XS 79~154万円
XT 103~159万円

スズキ バレーノのデザイン

日本車の枠を越えたバレーノのデザインは高く評価されています。

エクステリア

《photo by Suzuki》スズキ・バレーノ 改良新型

《photo by Suzuki》スズキ・バレーノ 改良新型

サイドのショルダーラインをうまく活用し、金属が流れているさまを表現している形になっています。
跳ね上がったリアスタイルを含めてヨーロッパ車を思わせるようなフォルムには独特の魅力があります。
また正面から見るとV字を意識したライトは現代的なデザインになっています。

インテリア

《photo by Suzuki》スズキ・バレーノ 改良新型

《photo by Suzuki》スズキ・バレーノ 改良新型

グレートによりシートなどの違いがありますが、インテリアはすっきりとした形でまとめられています。

室内空間も広くとってあり実用性も高い車だと言えるでしょう。
ただインテリアの質感に関しては、一般的な日本車の基準から見ると、やや甘めの仕上がりになっているという指摘もあるようです。

もちろん、インテリアに強いこだわりがないという方であればまず問題ないクオリティです。

スズキ バレーノの口コミ・評価

ジャーナリストによる試乗評価

2016年にバレーノ XTに試乗した自動車評論家の松下宏によると

「1トンを切る軽量ボディに自然吸気エンジンでいえば1.6リットル並のトルクだから、走りに関しては不満はない。
けっこうというか、十分に良く走るクルマである。」

と、その走りに一定の評価をしながら、日本においてはプレミアムガソリン仕様よりもレギュラーガソリン仕様のグレードの方が市場に受け入れやすいのでは無いかと指摘しています。

自動車情報サイトのレスポンスには特にユーザーによる口コミ情報は掲載されていないようでしたが、所有しているユーザーの中には、車としての出来の良さなどを評価している声もあるようです。

まとめ

車自体は、広い室内空間と燃費性能の良さもあって、日常ユースでは使いやすい車と言えます。
ただ速さなどの走行性能も十分なものの、乗り心地や走り味の面で、スズキのスイフトなどと比べると一枚落ちるという声もあるのは確かです。

またハイオクのグレードは日本では敬遠される傾向があるかもしれません。

しかしながら、その魅力的なデザインや車としてのまとまりの良さなども十分に評価できる車です。
中古市場の価格を見てみると、比較的最近の車の割には、比較的お手頃感が強いものも出ているようです。
車両の状態によっては、ハッチバックタイプのコンパクトカーが欲しいと言う人にとっては良い選択肢になると思います。

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

現在ハスラーはスズキの軽自動車の中で最も注目を浴びている車種です。燃費性能をはじめ、安全性能なども優れているのにも関わらず求め易い値段だということで人気が増してきています。しかし、実はこの車には驚く事実がいくつも存在します。今回はサイズ、燃費、値段などの基本情報だけでなく、ハスラーの裏話も含めて詳しく紹介していきます。


スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

2019年6月17日に、スズキの軽自動車『エブリイ』と『エブリイワゴン』が一部仕様変更し発売されました。いったいどのような点が変更になったのでしょうか。新型エブリイとエブリイワゴンの価格や変更点についてまとめています。


スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキの軽自動車「ジムニー」の燃費や性能、価格も含めてご紹介していきます。これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。