トップへ戻る

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※2020年3月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのロングセラーミニバン「エスティマ」

トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

1990年に発売されたミニバン「エスティマ」は、キャッチコピーが「天才タマゴ」で、卵をイメージさせるフォルムに、世界にも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用されたことなどから、話題になりました。

1993年2月、廉価グレードに「X」が追加され、トップグレードの「エスティマ」は発売当初からのように7人乗り・4輪独立懸架を採用していましたが、「X」は8人乗りでリアサスペンションに4リンク式を採用したものとなりました。

2代目モデルは2000年から2006年まで生産され、車体寸法は初代とほぼ同一でしたが、駆動方式を変更したことにより、より低床化が実現され着座位置を下げて、ヘッドクリアランスに余裕を持たせるなど室内スペース減少は最低限に抑えたと共に居住性を向上しています。

また、このモデルより両側スライドドア、センターメーターが採用されています。

初代エスティマが失敗で終わったことを踏まえて様々な改良を行った結果、カローラ、ヴィッツに次ぎ、2000年新車乗用車販売台数第3位という、初代の雪辱を果たす大ヒットを記録しました。

2019年に販売終了となり、3代・約29年5ヶ月の歴史に幕を閉じました。

トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

2020年に新型モデル登場?

そんなエスティマですが、早くも後継モデルに関する情報が出ています。

気になる噂によれば、燃料電池車として登場する可能性があるということです。

早くもエスティマの後継モデルに注目が集まっています。

エスティマ後継モデルの予想CG

エスティマ後継モデルの予想CG

目玉になるのはパワートレインで、「Fine-Comfort Ride」同様のFCV(燃料電池)の搭載が噂されています。水素を充填し発電する電気自動車で、航続距離は1000kmを走破します。

このほかレクサス『UX』に搭載されている2.0「Dynamic Force Engine」と「THS II」を組み合わせたハイブリッドモデルなども予想されています。

またトヨタでは、『プリウスα』の生産終了も噂されており、エスティマ後継モデルとの統合も予想されています。車名がどうなるかも気になるところですね。

ワールドプレミアは、2020年前半ごろと言われいてるので期待して待ちましょう。

トヨタ エスティマ 3代目モデル のスペックと燃費

【エスティマの基本スペック】
ボディタイプ:5ドアミニバン
エンジン:2AZ-FE型2.4リットル直列4気筒DOHC、2GR-FE型3.5リットルV型6気筒DOHC(2016年まで)2AZ-FXE型2.4リットル直列4気筒DOHC(ハイブリッド専用)
駆動方式:FF/4WD
変速機:CVT(2.4リットル)/6速AT(3.5リットル)/5速MT
サスペンション:前: ストラット式、後: トーションビーム式、
全長4,795-4,820 mm全幅1,800-1,810 mm全高1,730-1,760 mm
車両重量:1,700-1,970 kg
燃費:JC08燃費:11,2km/L

※2019年4月現在

トヨタ エスティマの口コミ・評価

トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

走りだせば、重厚感が基本のハイブリッドに対して比較的軽量なガソリン車は圧倒的に軽やか。車重に対して動力性能的も十二分。出足からスッと軽やかに加速し、爽快感あるドライブフィールが心地良い。全体的なクルマの動きはハイブリッドより明らかに軽やかでキビキビしている。

ハイブリッド同様、パワステとともに改良された足回りはなんともしなやかに動き、カーブではじわりとロールしつつ、18インチタイヤの恩恵もあって安定感・安心感は想定外に高く、たとえつづら折りの山道で先を急ぐような走りを試みても4輪のタイヤは終始路面をしっかりとトレース。うねり路に遭遇しても姿勢を大きく崩すことなくしなやかに駆け抜けられてしまうのだから恐れ入る。

トヨタ エスティマの中古車価格

現行モデルのエスティマは先述のとおり、13年に渡りフルモデルチェンジが行われていません。ですから現行モデルのエスティマを中古で購入する場合は、3度にわたるマイナーチェンジの前後で区切って検討することをおすすめします。

前期モデルの中古価格

前期モデルの中古価格は、1991年のものでも状態が良ければ130万越えのものがあります。

しかし30万円台の安価なものもあり、大体の相場としては70万円から80万円くらいになっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年4月現在)

中期モデルの中古価格

トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

前期モデルと中期モデルの違いについては、ミッドシップエンジンを改めカムリをベースとしたFF(前輪駆動)に変更となったこと。

またそれにより着座位置を下げヘッドクリアランスに余裕を持たせるなど室内スペース減少は最低限に抑え居住性が向上している点が挙げられます。

そして中古車価格は13万円から163万円となっていて、相場は90万円ほどになっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年4月現在)

後期モデルの中古価格

後期モデルは中期モデルと異なり、VDIMを標準装備するなど安全面に関しても充実を図っています。

またプラットフォームは、フロントがRAV4などに採用されている新MCプラットフォームを使用し、リアは専用設計となっています。

中古車価格は225万円から429,8万円であり、相場は200万円前後となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年4月現在)

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

最後に

初代の販売当時はタマゴ型ボディデザインにより、高い走行性能と居住性が得られたことで話題になったエスティマ。

使いやすくて乗ってて快適な個性のある車です。2020年には新型が発表されるようで、今から楽しみですね。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。