目次へ戻る

カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

街中をスイスイ走る愛らしい姿をしたダイハツの小型車BOON。BOONとCILQ、STYLEは似ているけれど、少し違う。ちょうど姉妹の様な関係です。可愛らしい外観でも、パッソにはないホットハッチ仕様の『×4(クロスフォー)』をラインナップしている所にダイハツの意地も見えます。今回はそんなブーンの魅力に迫ります。


トヨタパッソとの相違点

2004年6月に登場した初代ダイハツBOON(以下、ブーン)は、ダイハツストーリアの後継車です。2016年に登場した現行のブーンは3代目に当たり、ダイハツが製造しています。

そのOEMがトヨタパッソなのです(パッソはトヨタデュエットの後継車です)。もしかするとブーンがパッソのOEMだと勘違いしている人もいるかもしれないですね。

ボディサイズは、ブーンとパッソは全く同じで下記の通りです。

・全長:3680mm
・全幅:1665mm
・全高:1525mm
・ホイールベース:2,490mm

ブーンとパッソの相違点は、フロントグリルとリヤハッチ、(ホイールの中央の)オーナメントのエンブレムだけと、極々僅かです。(因みに装着されているタイヤも、ダンロップのENASAVEで同じです。)

ブーンとブーンCILQ(以下、シルク)、ブーンSTYLE(以下、スタイル)が姉妹だとすれば、トヨタパッソとはちょうど従姉妹の様な間柄です。

ダイハツの軽自動車の製造で培ったノウハウが凝縮

ダイハツと言えば軽自動車、軽自動車と言えばダイハツ。ブーンは普通自動車でトップクラスの低燃費を誇る車種ですが、それは車体の軽さもさることながら、軽自動車で開発した「e:S(イース)テクノロジー」によるところが大きいと言えます。

「e:S(イース)テクノロジー」とは、これまでに開発した技術や部品を精査し直し、コストを局限することで価格の上昇を回避しつつ、最大限の効率化を図る取り組みです。ダイハツはこれを第3のエコカーと呼んでいます。

具体的には車体部品の見直しによる大幅な軽量化、動力伝達の効率化などによるロスの軽減、エネルギーマネジメント技術の進化による燃費向上などが上げられます。ブーンは正に、ダイハツが軽自動車で培ったノウハウが凝縮したクルマなのです。

ダイハツ ブーンのグレード&スペック

ダイハツ・ブーンX GパッケージSA III

グレードは最も安い『X』から、最上級グレードとなる『シルクGパッケージ SAIII』まで、いずれも排気量は同じく996㏄のエンジンを搭載しています。

グレードにより若干の違いがありますが、WLTC燃費は24.4㎞/リットルから28.0㎞/リットルと良好な値になっています。

ブーンの上級グレードであるシルクには、前後左右のカメラで周囲の障害物を映し出す「パノラマモニター」を装備するなどして区別化を図っています。

ブーンシルクGパッケージSA3に用意される「ドレスアップパック」には、LEDフォグランプや、本革巻きのシフトノブ、15インチアルミホイールなどが装備されます。

ブーンスタイルSA3に用意される「スタイルアップパック」には、スーパーUV&IRかっと機能付きガラス、スーパーUVカット機能付きスモークドアガラスが装備されます。

ダイハツブーン(2016年4月登場の3代目)のスペック

乗車定員
・5名

ボディタイプ
・5ドアハッチバック

エンジン
・1KR-FE型:996cc 直列3気筒DOHC
・最高出力:51kW (69PS)/6,000rpm
・最大トルク:92N・m (9.4kgf・m)/4,400rpm

駆動方式
・前輪駆動(2WD車)
・四輪駆動(4WD車)
変速機
・CVT

サスペンション
・前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
・後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
・後:トレーリングリンク車軸式コイルスプリング(4WD)

ボディサイズ
全長
・3,650mm(X)
・3,660mm(CILQ)
・3,680mm(CILQ・STYLE)
全幅
・1,665mm
全高
・1,525mm
ホイールベース
・2,490mm

車両重量
・910-960kg

ブレーキ
・前:ベンチレーテッドディスク
・後:リーディング・トレーリング

篠原涼子さんのCMも話題!

女優の篠原涼子さんが主演するCMも話題です。2018年末に放送された『ハート編』では、ブーンの可愛さに心を射抜かれた篠原さんの頭の上にピンク色のハートマークが現れます。

同様に、ハートマークの現れた女性達がミュージカルの様に踊りながら、ダイハツブーンに引寄せられるという、キュートなCMとなっています。

女性だけでなく、散歩をしていた大型犬(オールドイングリッシュシープドッグ)がブーンの魅力で宙を舞ってしまうというコミカルな展開もあります。人もペットも魅了する、愛らしくてカッコいいブーンにピッタリな演出となっています。

新車で買う『ダイハツブーン』

新車価格帯:117~189万円
新車価格は、『ブーンシルク“Gパッケージ SA Ⅲ”』が、最も高く、1,891,080円(税込み)。そして『ブーンX』が、最も安く、1,177,200円となっています。

中古車で買う『ダイハツブーン』

中古車価格帯:3~188 万円
一方、中古車市場では、『ダイハツ ブーン X4ハイグレードパック』が高値を付けている様です。

「ブーン」、「ブーンシルク」に続く、末妹「ブーンスタイル」

ブーンスタイルは、3代目のブーンから加わったモデルで、ブーン、ブーンシルクとは外観、内装が異なります。3色シートのステッチが内装の特徴となっています。衝突回避支援システムの「スマートアシスト3」を装備しており、安全面でも抜かりなしとなっています。

『デトマソ』の熱い記憶が蘇る!BOON SPORTO Package

赤と黒のツートンカラーの小型車というと、80年代に一世を風靡したシャレードデトマソを思い出す方も多いのではないでしょうか?

『シャレード・デ・トマソ(以下、デトマソ)』は、イタリアのスーパーカーメーカー、デトマソとのコラボで誕生した3ドアのホットハッチです。

『BOON SPORTO Package(以下、ブーンスポルトパッケージ)』は、ブーンシルク用に装着できるエクステリアキット。フロント、サイド、リヤの黒いエアロパーツで構成されています。

車体色が『ファイヤークオーツレッドメタリック』のブーンスタイルに装着すると、往年のカーマニアなら、デトマソを連想することでしょう。オプションで15インチの『VOLK RACING CE28N』(色はハイパーゴールド)も用意されています。

ホットハッチ仕様のダイハツ ブーンX4(クロスフォー)

ブーンファミリーの中にあって3姉妹と配色の個性を持ったモデルが、ブーンX4(クロスフォー)です。モータースポーツを愉しみたい人向けのモデルで、『ベーシックモデル(183万円)』の他に、『ハイグレードパックモデル(204万円)』があります。

このハイグレードパックモデルには、電光格納ミラー、キーレスエントリーなどの快適装備の他、MOMO製革巻きステアリングやアルミホイールを備えています。

気になるエンジンだが、排気量はブーン3姉妹より小さい936㏄。しかし直4ターボで、最高出力133馬力、最大トルク13.5kgmを発揮。これに4WDと5速MTが合わされています。

きびきびとした走りが楽しめるモデルとなっていますが、左手はシフトノブから離す暇がないかもしれません。覚悟して乗るクルマです。

「ダイハツ ブーンをカスタムスタイルで乗る!」フロントリップスポイラー、ハーフスポイラーを取り付けるだけのカスタムも人気の様です。

まとめ

2004年に登場したブーンも、2016年登場の現行モデルで早くも3代目となっています。かわいくてよく走るブーンは人気を博し、シルク、スタイルと姉妹も増え、従姉妹にあたるトヨタパッソの売り上げも好調です。あとは、ブーンX4(クロスフォー)に新型が出てくれれば‥と、願うばかりです。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 ブーン

関連する投稿


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

「軽自動車が欲しいんだけどムーヴコンテって実際どうなの?」 「コンパクトでかわいいけど機能性も重視した車が良いけどムーヴコンテの機能性が気になる」 このようにムーヴコンテを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? ムーヴコンテ、実は、「カクカク・シカジカ」でお馴染みダイハツムーヴの派生モデルとして誕生した車なんです!この記事では、ムーヴコンテがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきムーヴコンテを購入する前に参考にしてください!


ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

馴染みのある「ダイハツ・アトレー」の歴代モデルや中古価格などをご紹介していきます。もう1台増やしたいとお考えの方は、ぜひご覧になってください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。