トップへ戻る

三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

走破性の高いオールラウンドミニバン「三菱 デリカD:5」を中古で買うために、知っておきたい概要や歴史、そして燃費や中古価格をまとめました。中古車で購入したい方は是非参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2007年1月デリカ スペースギアの後継車として登場

三菱 デリカ スペースギア

三菱 デリカ スペースギア

三菱 デリカは1968年7月にデビューしたクルマで、「デリバリーカー」がネーミングの由来となっているように、商用トラックとして利用されていました。

そして2代目デリカ・スターワゴンが1979年に発売、1986年には3代目デリカ・スターワゴンが登場、そうして「デリカD:5」の先代にあたる4代目デリカ・スペースギアが1994年に発売されました。

4代目デリカ・スペースギアはフルキャブオーバー式からフロントエンジンレイアウトを採用していて、これによりフラットフロアになり、ウォークスルーなシートアレンジが可能になりました。

このデリカ・スペースギアの後継車が「デリカD:5」となります。

デリカD:5は発売当初は4WDだけの設定だったため、4B12型 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC) 2,359cc(170馬力)のみが搭載されました。そしてその後、2WD(FF)が追加販売されています。

三菱 デリカD:5 の特徴や魅力

デリカD:5はSUVとミニバンの良い所を合わせたクルマで、世界唯一のオールラウンダーミニバンがコンセプトとなっています。発売当初は4WDのみの設定になっていて、SUVとしての「悪路走行などが強い」点が強調されていました。

2019年10月にはガソリン車と2WD車が発売を終え、ディーゼルの4WDのみとなっています。

しかしその後は街乗り用のミニバンとして求められる、燃費の良さを兼ね備えた電子制御4WDを採用するミニバン唯一のスペックへと変わってきました。

デリカD:5の1番の魅力は何といっても悪路走破能力が強いところで、他のクルマを大きく引き離しています。また居住空間が広々としていて使い勝手が良いため、特にアウトドア派の方には喜ばれています。

スペックについては次の通り。
ボディタイプ:5ドアSUV型ミニバン

エンジン:
4WD車、4B12 2.4L 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC)
4N14 2.2L 直列4気筒
DOHC16バルブICターボコモンレールDI-D

駆動方式:電子制御4WD
全長4,730mm
全幅1,795mm
全高1,825-1,870mm
※2020年3月現在

特別仕様車

2009年7月に発売されたデリカD:5の特別仕様車「EXCEED II」は、「C2 G-Power Package」と「G-Power Package」をベースとしているのが特徴で、ビルトイン式のETC車載器と7インチのワイドディスプレイ搭載のHDDカーナビ「MMCS(Mitsubishi Multi Communication System)」を標準装着としていることや、豪華なインテリアも印象的なクルマとなっています。

また同じく特別仕様車「ROYAL EXCEED」は2014年2月に発売され、エクステリアではクロームメッキのフロントグリルとスパッタリング仕様の18インチアルミホイールを採用したことや、直列4気筒DOHC 2.2リッターディーゼルターボ「4N14」エンジンと、6速ATを組み合わせた上級グレード「D-Premium」をベースにしているのが特徴です。

そして「ROYAL EXCEEDは」エコカー減税(100%減税)、上限額5万円の平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となっています。
※2019年5月時点

ダカールラリーにも出場した三菱 デリカ:D5

デリカD:5は2007年1月に開催されたパリのダカールラリー(通称:パリダカ)において、『パジェロ』のサポートカーとしてハードな7000kmの行程を走り切るという快挙を見せてくれました。

7000kmのうち砂漠は800km少々で残りは舗装路ですが、舗装路といっても2000km以上は山岳路で、あちこちにポッドホールが開いているという悪条件となっています。他のチームが本格的なSUVをサポートカーに使うなかで、デリカD:5は相当頑張ったと言えます。

2019年2月新型モデル発売!

URBAN GEAR

2019年2月に発売された新型デリカD:5は、まずエクステリアが「ダイナミックシールド」と縦型のLEDヘッドライトで、独自の個性が強調されています。肋骨のようにキャビンを支える“リブボーンフレーム”を採用していますが、これは航空機の機体構造からヒントを得たものとなっています。またバックドア周辺は構造用接着剤で強度が高められているのも特徴の一つです。

エンジンでは尿素CSRシステムの採用による排ガスのクリーン化が行われ、おもにフリクション低減によるパフォーマンスアップが図られています。またエンジンスターターボタンや電動パーキングブレーキの採用、ハザードランプの設置位置変更となりました。10.1型HDディスプレイを採用したナビはボタン配置などもデリカの専用設計となっていますし、 画面は4分割表示ができるようになり、ナビとオーディオの操作画面を同時に表 示するなど操作性がグンと良くなっています。

そして安全面の強化も図られ追突事故を未然に防ぐ「e-Assist」の導入で、追突だけでなく車線逸脱予防や後側方車両検知もできるようになっています。さらに室内の静粛性向上の対策も十分考えられていて、ボディ全面に対し吸音と遮音の工夫が施されているので快適なドライビングが楽しめます。

デリカD:5の性能や評価

高速ハンドリングも良かった。ボディ剛性が高まり、ダイレクト感のある電動パワステだが落ち着いた挙動なので高速道路でも安心感が高い。背が高いSUVでもロール不安はなく乗り心地と操縦性のバランスがよく取れていた。

乗り心地が良い点は大きな魅力です。

デリカD:5の燃費や維持費

燃費につきましては10・15燃費が10,6km/Lから15,0km/Lで、実燃費が8,38km/Lから10,02km/Lとなっています。

維持費は燃費に応じた燃料代と、減税対象にもなっている税金、その他車検費用やオイルなどの消耗品、タイヤ代金などが挙げられます。

※情報は2019年5月現在のものです

デリカD:5の中古車価格

デリカD:5の中古車価格は年式が古く走行距離が13,7万キロのものが約19,9万円ほどであります。

また、年式が新しいものはほとんど400万越えとなっています。

相場価格は300万円前後と考えておいたほうが良いでしょう。
※情報は2019年5月現在のものです

まとめ

デリカD:5

デリカD:5

デリカD:5を中古車で購入する際には、ステップワゴンと比較されることが多いようですが、実際の価格はデリカD:5のほうが10万円ほど高いようです。

しかし長く乗る事や、家族でアウトドアを楽しみたい方には、頑丈なボディなのに居住性が優れていて乗り心地の良いデリカD:5がオススメです。実物のデリカD:5を見た上で十分検討され、是非中古車で自分にあった一台を見つけてください。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。