目次へ戻る

三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

走破性の高いオールラウンドミニバン「三菱 デリカD:5」を中古で買うために、知っておきたい概要や歴史、そして燃費や中古価格をまとめました。中古車で購入したい方は是非参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2007年1月デリカ スペースギアの後継車として登場

三菱 デリカ スペースギア

三菱 デリカ スペースギア

三菱 デリカは1968年7月にデビューしたクルマで、「デリバリーカー」がネーミングの由来となっているように、商用トラックとして利用されていました。

そして2代目デリカ・スターワゴンが1979年に発売、1986年には3代目デリカ・スターワゴンが登場、そうして「デリカD:5」の先代にあたる4代目デリカ・スペースギアが1994年に発売されました。

4代目デリカ・スペースギアはフルキャブオーバー式からフロントエンジンレイアウトを採用していて、これによりフラットフロアになり、ウォークスルーなシートアレンジが可能になりました。

このデリカ・スペースギアの後継車が「デリカD:5」となります。

デリカD:5は発売当初は4WDだけの設定だったため、4B12型 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC) 2,359cc(170馬力)のみが搭載されました。そしてその後、2WD(FF)が追加販売されています。

三菱 デリカD:5 の特徴や魅力

デリカD:5はSUVとミニバンの良い所を合わせたクルマで、世界唯一のオールラウンダーミニバンがコンセプトとなっています。発売当初は4WDのみの設定になっていて、SUVとしての「悪路走行などが強い」点が強調されていました。

2019年10月にはガソリン車と2WD車が発売を終え、ディーゼルの4WDのみとなっています。

しかしその後は街乗り用のミニバンとして求められる、燃費の良さを兼ね備えた電子制御4WDを採用するミニバン唯一のスペックへと変わってきました。

デリカD:5の1番の魅力は何といっても悪路走破能力が強いところで、他のクルマを大きく引き離しています。また居住空間が広々としていて使い勝手が良いため、特にアウトドア派の方には喜ばれています。

スペックについては次の通り。
ボディタイプ:5ドアSUV型ミニバン

エンジン:
4WD車、4B12 2.4L 直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC)
4N14 2.2L 直列4気筒
DOHC16バルブICターボコモンレールDI-D

駆動方式:電子制御4WD
全長4,730mm
全幅1,795mm
全高1,825-1,870mm
※2020年3月現在

特別仕様車

2009年7月に発売されたデリカD:5の特別仕様車「EXCEED II」は、「C2 G-Power Package」と「G-Power Package」をベースとしているのが特徴で、ビルトイン式のETC車載器と7インチのワイドディスプレイ搭載のHDDカーナビ「MMCS(Mitsubishi Multi Communication System)」を標準装着としていることや、豪華なインテリアも印象的なクルマとなっています。

また同じく特別仕様車「ROYAL EXCEED」は2014年2月に発売され、エクステリアではクロームメッキのフロントグリルとスパッタリング仕様の18インチアルミホイールを採用したことや、直列4気筒DOHC 2.2リッターディーゼルターボ「4N14」エンジンと、6速ATを組み合わせた上級グレード「D-Premium」をベースにしているのが特徴です。

そして「ROYAL EXCEEDは」エコカー減税(100%減税)、上限額5万円の平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となっています。
※2019年5月時点

ダカールラリーにも出場した三菱 デリカ:D5

デリカD:5は2007年1月に開催されたパリのダカールラリー(通称:パリダカ)において、『パジェロ』のサポートカーとしてハードな7000kmの行程を走り切るという快挙を見せてくれました。

7000kmのうち砂漠は800km少々で残りは舗装路ですが、舗装路といっても2000km以上は山岳路で、あちこちにポッドホールが開いているという悪条件となっています。他のチームが本格的なSUVをサポートカーに使うなかで、デリカD:5は相当頑張ったと言えます。

2019年2月新型モデル発売!

URBAN GEAR

2019年2月に発売された新型デリカD:5は、まずエクステリアが「ダイナミックシールド」と縦型のLEDヘッドライトで、独自の個性が強調されています。肋骨のようにキャビンを支える“リブボーンフレーム”を採用していますが、これは航空機の機体構造からヒントを得たものとなっています。またバックドア周辺は構造用接着剤で強度が高められているのも特徴の一つです。

エンジンでは尿素CSRシステムの採用による排ガスのクリーン化が行われ、おもにフリクション低減によるパフォーマンスアップが図られています。またエンジンスターターボタンや電動パーキングブレーキの採用、ハザードランプの設置位置変更となりました。10.1型HDディスプレイを採用したナビはボタン配置などもデリカの専用設計となっていますし、 画面は4分割表示ができるようになり、ナビとオーディオの操作画面を同時に表 示するなど操作性がグンと良くなっています。

そして安全面の強化も図られ追突事故を未然に防ぐ「e-Assist」の導入で、追突だけでなく車線逸脱予防や後側方車両検知もできるようになっています。さらに室内の静粛性向上の対策も十分考えられていて、ボディ全面に対し吸音と遮音の工夫が施されているので快適なドライビングが楽しめます。

デリカD:5の性能や評価

高速ハンドリングも良かった。ボディ剛性が高まり、ダイレクト感のある電動パワステだが落ち着いた挙動なので高速道路でも安心感が高い。背が高いSUVでもロール不安はなく乗り心地と操縦性のバランスがよく取れていた。

乗り心地が良い点は大きな魅力です。

デリカD:5の燃費や維持費

燃費につきましては10・15燃費が10,6km/Lから15,0km/Lで、実燃費が8,38km/Lから10,02km/Lとなっています。

維持費は燃費に応じた燃料代と、減税対象にもなっている税金、その他車検費用やオイルなどの消耗品、タイヤ代金などが挙げられます。

※情報は2019年5月現在のものです

デリカD:5の中古車価格

デリカD:5の中古車価格は年式が古く走行距離が13,7万キロのものが約19,9万円ほどであります。

また、年式が新しいものはほとんど400万越えとなっています。

相場価格は300万円前後と考えておいたほうが良いでしょう。
※情報は2019年5月現在のものです

まとめ

デリカD:5

デリカD:5

デリカD:5を中古車で購入する際には、ステップワゴンと比較されることが多いようですが、実際の価格はデリカD:5のほうが10万円ほど高いようです。

しかし長く乗る事や、家族でアウトドアを楽しみたい方には、頑丈なボディなのに居住性が優れていて乗り心地の良いデリカD:5がオススメです。実物のデリカD:5を見た上で十分検討され、是非中古車で自分にあった一台を見つけてください。

関連する投稿


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

軽自動車といっても、スライドドアが欲しいとか流行りのSUVはおさえたいとか、あるいはカワイイのが良いとかやっぱり燃費が一番など、選ぶ基準は人によって違います。そこで、それぞれのタイプ別におすすめの軽自動車を3車種選んでみました。貴方の軽自動車選びの参考にしてもらえたらうれしいです。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。