トップへ戻る

三菱のミニバン 歴代車種と現行デリカD:5を紹介!

三菱のミニバン 歴代車種と現行デリカD:5を紹介!

1983年デビューのシャリオからスタートした三菱のミニバン。 今回はその歩みを紹介した後、現在国内で唯一販売されている三菱のミニバンであり、2019年に大規模なマイナーチェンジがなされた「デリカD:5」をメインに紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


歴代三菱ミニバンのあゆみ

デリカスペースギア

デリカスペースギア

三菱自動車の歴代ミニバンと言えば、「シャリオ」・「ディオン」・「デリカスペースギア」(現行「デリカD:5」の前身)の3車種が該当することになります。

以下では、それぞれの車種ごとに歩みを振り返ってみることにしましょう。

シャリオ

ミニバンの先駆け的存在とも言えるクルマで、1983年2月にデビュー。

古代ギリシャの戦闘用馬車Chariotが車名の由来になっており、そこには「古代戦士のように誇り高く、行動力あふれる車」という意味が込められています。

シャリオは、キャプオーバーワゴンのスペース性とセダンの操縦性を兼ね備えたクルマで、広くて使い勝手のいい車内やハイレベルな走行性能により好評を博しました。1991年のフルモデルチェンジでは、車内空間がより広くなるとともにさらなる装備の充実も図られています。

1997年に行われた2度目のフルモデルチェンジでは、GDIエンジンが搭載されるとともに、車体が3ナンバーサイズとなって名称も「シャリオグランディス」に変更されました。

その後、2003年のフルモデルチェンジでは、車名から「シャリオ」が外れて「グランディス」となり、個性的な印象でファンの人気を集めましたが、2009年に国内向けの販売が終わり、2011年には海外向けも含めてすべて生産が終了することとなりました。

ディオン

三菱 ディオン

三菱 ディオン

2000年1月、三菱が提案する次世代RV「SUW(スポーツ・ユーティリティ・ワゴン)」の第2弾としてデビュー。

5ナンバーサイズの車体に7人乗り3列シートで、シャリオグランディスの3ナンバーサイズ化で空白となった5ナンバーサイズミニバンの座を埋める位置づけとなっています。

最も安いグレードでは160万円弱というロープライス戦略ながらも充実した装備が売りで、使い勝手のいい車であったディオンですが、2006年には販売が終了することとなってしまいました。

デリカスペースギア

デリカスペースギア

デリカスペースギア

三菱の「デリカ」そのものの歴史は、1968年に発売が開始された商用トラックの「デリカ」までさかのぼることになりますが、ミニバンとしてのデリカはその翌年1969年に発売された「コーチ」からスタートしています。

その後、1994年に「デリカスペースギア」として、スタイルを一新させて登場しました。ちなみに、「スペースギア」という言葉には、「身近なギア(道具)感覚で愛着を持ってほしい」という気持ちがこめられているそうです。

デリカスペースギアでは、それまでの歴代デリカで採用されていたキャプオーバー式(エンジンの上に運転席)に代わりセダンタイプのようなフロントエンジン式を採用。前面衝突への安全性を大きく向上させるとともに、フラットフロア化によるウォークスルーやバラエティに富んだシートアレンジを可能にしました。

また、4WD車にはパジェロと同様のスーパーセレクト4WDが採用され、抜群のオフロード性能を実現しています。このような魅力的な性能により多くのユーザーから支持を集めたデリカスペースギアは、ロングセラー車となり2007年に販売終了となりました。

なお、現在、三菱のミニバンとしては国内で唯一販売されているデリカD:5は、このデリカスペースギアの後継車となります。

以下では、このデリカD:5を中心に紹介していきましょう。

三菱デリカD:5の特徴は?

デリカD:5

デリカD:5

デリカスペースギアの後継車として2007年に販売が開始されたデリカD:5。

長らくの間、大きな変更が加えられることはありませんでしたが、デビューからおよそ12年が経った2019年2月に大規模なマイナーチェンジがなされました。

その目玉と言えるのは「ダイナミックシールド」の採用です。

ダイナミックシールドとは?

ダイナミックシールドとは、近年の三菱車に共通して採用されているフロントフェイスデザインのことで、そのコンセプトは「力強いパフォーマンスとプロテクションの安心感」。

今回のデリカD:5のマイナーチェンジでは、このダイナミックシールドに加えて縦型のマルチLEDヘッドライトを採用し、迫力ある顔付きとなっています。

このようなフロントフェイスデザインの大きな変更に至った背景としては、デリカD:5と比較されやすいトヨタのアルファードとヴェルファイアの好調な売れ行きが影響しているかもしれません。ユーザに対して、アルファード・ヴェルファイアよりも強い印象を与え、注目を集める必要があったと考えられるからです。

また、登場から10年以上が経ち陳腐化しつつある見た目を、フルモデルチェンジ並みに一新したいという思いもあったのでしょう。

エンジンと安全面でもさらなる進化

続いて、大規模なマイナーチェンジがなされたデリカD:5の、ダイナミックシールド以外の特徴をご紹介します。

まず、エンジン面では2.2リッタークリーンディーゼルターボエンジンと新たに開発された8速スポーツモードATが組み合わされ、もともとの強みであった圧倒的な走破性がさらに強められました。

加えて、最大トルクも20Nmのアップが行われ、走りが「パワフルかつ静かで滑らかな」ものへと進化しています。

また、安全面においても、それまでのデリカD:5では採用されていなかったe-Assist(衝突被害軽減ブレーキ・車線逸脱警報システム・レーダークルーズコントロールシステム・オートマチックハイビーム)が標準装備となりました。

なお、今回のマイナーチェンジは、デリカD:5の新車販売比率の9割超を占めるクリーンディーゼルターボエンジン車のみで、ガソリン車に関しては小規模な変更にとどまっています。

現行のデリカD:5一覧

デリカD:5

デリカD:5

ビックマイナーチェンジが行われたデリカD:5には基本性能をほぼ同じとする通常モデルとURBAN GEARの2モデルとガソリン仕様モデルが用意されています。

デリカD:5

デリカD:5

デリカD:5

ダイナミックシールドと縦型LEDヘッドライトの採用でワイルドさが増した顔つきになっているのが通常モデルです。ただし、ワイルドな顔つきとは裏腹にインテリアには木目が取り入れられシックな装いとなっています。

グレードは「P」、「G-PowerPackage」、「G」、「M」の4つがあり、Mにかぎりタイヤが16インチで8人乗りしか選べません。その他のグレードは、18インチタイヤで7人乗りと8人乗りを選ぶことができます。

ワイルドなボディーとシックなインテリアを併せ持っているので、キャンプにスキーとアクティブに遊びたい大人な男性向けの1台といったところでしょう。特にウィンタースポーツを楽しみたい方にはPとG-PowerPackageがオススメです。

これらのグレードには運転席と助手席にシートヒーターが標準装備されているのでウィンタースポーツが趣味の方にはありがたい仕様になっています。

また、最上級グレードのPにはマルチアラウンドモニターも標準装備です。

デリカD:5 内装

デリカD:5 内装

デリカD:5 内装

デリカD:5 内装

デリカD:5 URBAN GEAR

デリカD:5 URBAN GEAR

デリカD:5 URBAN GEAR

「通常モデルではワイルド過ぎるかなぁ〜」と思う方は、URBAN GEARを選んでみてはいかがでしょう?

いわゆるカスタムモデルに当たるのですが、ワイルドさは抑えられ「URBAN」の名に相応しい都会的で洗練された姿となっています。これはインテリアにおいても同じで木目が使われている通常モデルよりも若年層向けの仕上がりと言えます。

そして、グレードは「P Edition」、「G-PowerPackage」、「G」が用意され、P Editionのみ7人乗りとなっています。他は通常モデルと同様、7人乗りと8人乗りが選べます。

こちらもP Editionにはマルチアラウンドモニターが付いてきます。

また、P EditionとG-PowerPackageにはエレクトリックテールゲートが備え付けられ、荷物の出し入れがお手軽です。これは、通常モデルのPとG-PowerPackageにも付いてます。

見た目の違いを出すことで通常モデルよりも地上高は低くなっていますが、デリカの走破性が損なわれることはありません。

デリカD:5 URBAN GEAR

デリカD:5 URBAN GEAR

デリカD:5 ガソリン仕様

デリカユーザーの需要に答えて主力となっている通常モデルとURBAN GEARは、クリーンディーゼル搭載車で、これ以外の理由もあるにせよ前モデルよりも高額になっています。そのため、なかなか手を出せない人もいるはずです。

三菱は、そのような人たちの存在も見込んでか、ガソリン仕様車も用意しています。

ただ、主力ではないので見た目は前モデルのままといった感じになり、スペック・装備なども劣る部分があります。それでも手に届く価格でデリカの力強い走りを体感できる作りになっています。

まとめ

デリカD:5

デリカD:5

アウトドアにも街乗りにもといろんなシーンに馴染むのがデリカD:5。購入を考えるならG-PowerPackageとGを基準にするのがベスト。これらのグレードなら一通り必要な装備が付いているので失敗することはないでしょう。

また、三菱はデリカの兄弟分と呼べるような車種を日本発売は未定ですが、新興国向けに販売しています。

その名も「エクスパンダー」。

2017年に販売が開始されたSUVミニバンで人気を博しています。2019年にはそのクロスオーバー版「エクスパンダークロス」が登場し、販売されています。

売れることしか感じさせない仕上がりになっているので日本での販売が期待されます。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。