目次へ戻る

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス ・エキシージの概要や各シリーズの特徴や性能、評価や燃費、そして中古車価格などをまとめてご紹介していきます。これから購入を考えている方は是非参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「ロータス ・エキシージ」の概要や歴史について

エキシージは1952年に開業されたイギリスのスポーツカーメーカーであるロータス・カーズが販売しているクルマで、2000年に登場しました。

元はレース仕様であるスポーツエリーゼを市販したもので、一般道路でも走行出来るような工夫がなされています。

しかしスポーツエリーゼの特徴を色濃く残していたため、他のクルマとはまったく違うものとなっていました。カーレース好きなイギリスの文化が大きく影響していたこともロータスエキシージ誕生に関係していたと思われます。

歴代モデルは大きく3つに分けることができ、初代モデルは「シリーズ1」と呼ばれ、略して「S1」と呼ばれることもあります。

その後、スポーツエリーゼがMK2モデルとなると同時に、エキシージも2代目モデルとなり、2代目エキシージは「シリーズ2」と呼ばれ、略して「S2」とも呼ばれています。

また現行モデルである3代目エキシージは、「シリーズ3」と呼ばれ、「S3」と呼ばれることもあります。

シリーズ1とスポーツエリーゼとの違い

スポーツエリーゼとの違いは、フロントとリアのトレッドを拡大したことや、タイヤをインチアップしたこと、それにブレーキ・サスペンションは専用品となり、ロータスが得意とする「アルミ押し出し材・接着方式」のフレーム使用や、グラスファイバーを要所に用いたボディにより、クローズドボディでありながら車体重量725kgを達成しています。

外見もかなりアグレッシブに変化し、エンジンはローバー社製1.8L 直列4気筒となります。

シリーズ1のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
ローバー 18K型 1,796cc 直4 DOHC
駆動方式
MR
最高出力
132.5kW(178PS)/7,800rpm
最大トルク
172N·m(17.4kgf·m)/6,750rpm
変速機
5速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,761mm 全幅1,720mm 全高1,201mm


エクステリアが変わったシリーズ2

2004年から2011年に販売されていた「シリーズ2」は、ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着しています。

また軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを取り入れた点も特徴となっています。

ボディパネルは、軽量で強固な特徴のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られています。

このようにエクステリアが変わったのが「シリーズ2」の大きな特徴と言えます。

シリーズ2(エキシージS)のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
2ZZ-GE型:1,795cc 直4 DOHC VVTL-i
最高出力
EXIGE 141kw(192PS)/7,800rpm
EXIGE S 162kW(220PS)/7,800rpm
EXIGE S PP 179kW(243PS)/8,000rpm
最大トルク

EXIGE 181 N·m(18.5kgf·m)/6,800rpm
EXIGE S 210 N·m(21.4kgf·m)/5,500rpm
EXIGE S PP 230 N·m(23.5kgf·m)/5,500rpm

変速機 
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,805mm 全幅1,725mm 全高1,160mm

現行モデルはシリーズ3

現行モデルの「シリーズ3」は2013年から発売されていて、それまでのエキシージ 「シリーズ2」が欧州での排ガス規制「ユーロ5」に適合が困難となったため販売できなくなったという背景がある中、排ガス規制などの問題をクリアして販売が再開されることとなったのです。。

「シリーズ3」のラインナップには、「エキシージS」「エキシージSロードスター」「エキシージSクラブレーサー」「エキシージスポーツ350」「エキシージスポーツ350ロードスター」と多彩なラインナップとなっています。

また現行型エキシージのエンジンをそれまでの1.8L 直列4気筒から、トヨタ製3.5L V型6気筒へと大型化し、さらにハロップ製スーパーチャージャーを搭載しているのも特徴の一つです。

シリーズ3のスペック

ボディタイプ 2ドアクーペ・ロードスター
エンジン
2GR-FE型:3,456cc V型6気筒 DOHC VVTL-i
駆動方式MR
最高出力
EXIGE S257kW(350PS)/7,000rpm
最大トルク
EXIGE S 400N·m(40.79kgf·m)/4,500rpm
変速機
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長4,080mm 全幅1,800mm 全高1,130mm

2018年5月に「エキシージ・スポーツ410』が発表

エキシージ・スポーツ410では、エアロダイナミクス性能を追求。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、最大150kgのダウンフォースを獲得する。軽量化も図られており、乾燥重量は1074kg(エアバッグなどのレスオプションでは1054kg)に抑える。

これで走行性能を極めるための工夫がなされています。

ミッドシップには、3.5リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンを搭載。最大出力は410hp/7000rpm、最大トルクは42.8kgm/3000~7000rpmを発生する。トランスミッションは6速MT。エキシージ スポーツ410は、0~96km/h加速3.3秒、最高速290km/hのパフォーマンスを実現している。

このスピード感は体験したくなります!

ロータス・エキシージ中古車価格はいくらくらい?

シリーズ1の中古車で走行距離が3,1万キロのものが648万円、シリーズ2では走行距離が6,1万キロのものが419万円・走行距離が2,2万キロのものが698万円の幅があります。

また現行モデルでは走行距離が1,3万キロのものが652,8万円で、高いものは走行距離が5万キロで価格が1431,6万円とかなりの開きがあります。

※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年5月現在)

燃費はどんな感じなの?

燃費についてですが2004年のシリーズ2が実燃費8,93km/Lから10,09km/Lで、シリーズ3は8,68km/Lとなっています。現行モデルのシリーズ3の場合、高速道路を法定速度で走れば13km/L近くになるので、燃費は良い方だと言えるでしょう。

終わりに

スポーツカーはかっこいい!そう思っている方は結構多いのではないかと思います。そんな方にはロータスエキシージをオススメします。なかなか本物を見ることはないかも知れませんが、一度探してみるのも楽しいかもしれません。

中古価格もエキシージの中では安くても、現実的には手が出ないと諦めがちですが、相談に乗ってもらうのも良い方法だと思います。とりあえず見に行って検討してみましょう。

関連する投稿


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


フォードのスポーツカー マスタング 中古価格から最新情報まで

フォードのスポーツカー マスタング 中古価格から最新情報まで

アメ車として有名で、数々の映画に登場するフォード マスタング。そんな気になる「フォード マスタング」の新型情報・新車価格・中古車価格を見ていきたいと思います。


【2020年度版】メルセデス・ベンツのスポーツ・クーペ一覧

【2020年度版】メルセデス・ベンツのスポーツ・クーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは数多くのセダンを世に送り出していますが、今回はそんなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについてご紹介します。


庶民派スポーツカー12選!新車・中古車から紹介

庶民派スポーツカー12選!新車・中古車から紹介

運転が好きな方やカッコいいクルマに興味を持っている方ならスポーツカーと聞けば胸が躍ることでしょう。20世紀のスポーツカー黄金期ほどではありませんが、現在でも様々なスポーツカーが販売されています。そこで今回は手に届きやすい価格帯にスポーツカーを一挙紹介。現行車ラインアップと中古車市場の両方からお求めやすいクルマを見ていきましょう。


ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

スーパーカーの起源には色々ありますがその一説となるのが「ランボルギーニ ミウラ」となります。どんな車なのか紹介していきたいと思います。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。