トップへ戻る

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス ・エキシージの概要や各シリーズの特徴や性能、評価や燃費、そして中古車価格などをまとめてご紹介していきます。これから購入を考えている方は是非参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「ロータス ・エキシージ」の概要や歴史について

エキシージは1952年に開業されたイギリスのスポーツカーメーカーであるロータス・カーズが販売しているクルマで、2000年に登場しました。

元はレース仕様であるスポーツエリーゼを市販したもので、一般道路でも走行出来るような工夫がなされています。

しかしスポーツエリーゼの特徴を色濃く残していたため、他のクルマとはまったく違うものとなっていました。カーレース好きなイギリスの文化が大きく影響していたこともロータスエキシージ誕生に関係していたと思われます。

歴代モデルは大きく3つに分けることができ、初代モデルは「シリーズ1」と呼ばれ、略して「S1」と呼ばれることもあります。

その後、スポーツエリーゼがMK2モデルとなると同時に、エキシージも2代目モデルとなり、2代目エキシージは「シリーズ2」と呼ばれ、略して「S2」とも呼ばれています。

また現行モデルである3代目エキシージは、「シリーズ3」と呼ばれ、「S3」と呼ばれることもあります。

シリーズ1とスポーツエリーゼとの違い

スポーツエリーゼとの違いは、フロントとリアのトレッドを拡大したことや、タイヤをインチアップしたこと、それにブレーキ・サスペンションは専用品となり、ロータスが得意とする「アルミ押し出し材・接着方式」のフレーム使用や、グラスファイバーを要所に用いたボディにより、クローズドボディでありながら車体重量725kgを達成しています。

外見もかなりアグレッシブに変化し、エンジンはローバー社製1.8L 直列4気筒となります。

シリーズ1のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
ローバー 18K型 1,796cc 直4 DOHC
駆動方式
MR
最高出力
132.5kW(178PS)/7,800rpm
最大トルク
172N·m(17.4kgf·m)/6,750rpm
変速機
5速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,761mm 全幅1,720mm 全高1,201mm


エクステリアが変わったシリーズ2

2004年から2011年に販売されていた「シリーズ2」は、ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着しています。

また軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを取り入れた点も特徴となっています。

ボディパネルは、軽量で強固な特徴のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られています。

このようにエクステリアが変わったのが「シリーズ2」の大きな特徴と言えます。

シリーズ2(エキシージS)のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
2ZZ-GE型:1,795cc 直4 DOHC VVTL-i
最高出力
EXIGE 141kw(192PS)/7,800rpm
EXIGE S 162kW(220PS)/7,800rpm
EXIGE S PP 179kW(243PS)/8,000rpm
最大トルク

EXIGE 181 N·m(18.5kgf·m)/6,800rpm
EXIGE S 210 N·m(21.4kgf·m)/5,500rpm
EXIGE S PP 230 N·m(23.5kgf·m)/5,500rpm

変速機 
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,805mm 全幅1,725mm 全高1,160mm

現行モデルはシリーズ3

現行モデルの「シリーズ3」は2013年から発売されていて、それまでのエキシージ 「シリーズ2」が欧州での排ガス規制「ユーロ5」に適合が困難となったため販売できなくなったという背景がある中、排ガス規制などの問題をクリアして販売が再開されることとなったのです。。

「シリーズ3」のラインナップには、「エキシージS」「エキシージSロードスター」「エキシージSクラブレーサー」「エキシージスポーツ350」「エキシージスポーツ350ロードスター」と多彩なラインナップとなっています。

また現行型エキシージのエンジンをそれまでの1.8L 直列4気筒から、トヨタ製3.5L V型6気筒へと大型化し、さらにハロップ製スーパーチャージャーを搭載しているのも特徴の一つです。

シリーズ3のスペック

ボディタイプ 2ドアクーペ・ロードスター
エンジン
2GR-FE型:3,456cc V型6気筒 DOHC VVTL-i
駆動方式MR
最高出力
EXIGE S257kW(350PS)/7,000rpm
最大トルク
EXIGE S 400N·m(40.79kgf·m)/4,500rpm
変速機
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長4,080mm 全幅1,800mm 全高1,130mm

2018年5月に「エキシージ・スポーツ410』が発表

エキシージ・スポーツ410では、エアロダイナミクス性能を追求。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、最大150kgのダウンフォースを獲得する。軽量化も図られており、乾燥重量は1074kg(エアバッグなどのレスオプションでは1054kg)に抑える。

これで走行性能を極めるための工夫がなされています。

ミッドシップには、3.5リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンを搭載。最大出力は410hp/7000rpm、最大トルクは42.8kgm/3000~7000rpmを発生する。トランスミッションは6速MT。エキシージ スポーツ410は、0~96km/h加速3.3秒、最高速290km/hのパフォーマンスを実現している。

このスピード感は体験したくなります!

ロータス・エキシージ中古車価格はいくらくらい?

シリーズ1の中古車で走行距離が3,1万キロのものが648万円、シリーズ2では走行距離が6,1万キロのものが419万円・走行距離が2,2万キロのものが698万円の幅があります。

また現行モデルでは走行距離が1,3万キロのものが652,8万円で、高いものは走行距離が5万キロで価格が1431,6万円とかなりの開きがあります。

※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年5月現在)

燃費はどんな感じなの?

燃費についてですが2004年のシリーズ2が実燃費8,93km/Lから10,09km/Lで、シリーズ3は8,68km/Lとなっています。現行モデルのシリーズ3の場合、高速道路を法定速度で走れば13km/L近くになるので、燃費は良い方だと言えるでしょう。

終わりに

スポーツカーはかっこいい!そう思っている方は結構多いのではないかと思います。そんな方にはロータスエキシージをオススメします。なかなか本物を見ることはないかも知れませんが、一度探してみるのも楽しいかもしれません。

中古価格もエキシージの中では安くても、現実的には手が出ないと諦めがちですが、相談に乗ってもらうのも良い方法だと思います。とりあえず見に行って検討してみましょう。

関連する投稿


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

車選びにおけるひとつのスイートスポットな予算は「200万円」なのかもしれません。たとえ新車であっても、200万円以下ならあらゆるボディタイプの車から幅広く選べるバリエーションがうれしいところ。その中でも今回は、ちょっと人に自慢したくなるような高コスパのおすすめ車種をご紹介していきます。流行のSUVからミニバンまで、人気車種が目白押しです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


シボレー コルベット|アメリカの誇る本格スポーツカーの最新情報!

シボレー コルベット|アメリカの誇る本格スポーツカーの最新情報!

1953年の登場から、純スポーツカーとしての高い性能と、世界をリードしたアメリカ車らしいデザイン性でアメリカンスポーツカーの代表的な車として君臨しているコルベット。初代は欧州のスポーツカーに触発されて開発されたとのことですが、今では独自の魅力を持ち、日本を含む世界中にファンがいますよね。米国で人気沸騰中の新型モデルの情報と、コルベットの系譜をまとめました。


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。