目次へ戻る

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス エキシージの概要や各シリーズ紹介|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

ロータス ・エキシージの概要や各シリーズの特徴や性能、評価や燃費、そして中古車価格などをまとめてご紹介していきます。これから購入を考えている方は是非参考にしてみてください。


「ロータス ・エキシージ」の概要や歴史について

エキシージは1952年に開業されたイギリスのスポーツカーメーカーであるロータス・カーズが販売しているクルマで、2000年に登場しました。

元はレース仕様であるスポーツエリーゼを市販したもので、一般道路でも走行出来るような工夫がなされています。

しかしスポーツエリーゼの特徴を色濃く残していたため、他のクルマとはまったく違うものとなっていました。カーレース好きなイギリスの文化が大きく影響していたこともロータスエキシージ誕生に関係していたと思われます。

歴代モデルは大きく3つに分けることができ、初代モデルは「シリーズ1」と呼ばれ、略して「S1」と呼ばれることもあります。

その後、スポーツエリーゼがMK2モデルとなると同時に、エキシージも2代目モデルとなり、2代目エキシージは「シリーズ2」と呼ばれ、略して「S2」とも呼ばれています。

また現行モデルである3代目エキシージは、「シリーズ3」と呼ばれ、「S3」と呼ばれることもあります。

シリーズ1とスポーツエリーゼとの違い

スポーツエリーゼとの違いは、フロントとリアのトレッドを拡大したことや、タイヤをインチアップしたこと、それにブレーキ・サスペンションは専用品となり、カウルのカーボン化などが挙げられ、外見は通常のエリーゼよりもかなりアグレッシブに変化しています。

またエンジンは、ローバー社製1.8L 直列4気筒で自然吸気でありながら、ロータスが得意とする「アルミ押し出し材・接着方式」のフレーム使用や、グラスファイバーを要所に用いたボディにより、クローズドボディでありながら車体重量725kgを達成しています。

シリーズ1のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
ローバー 18K型 1,796cc 直4 DOHC
駆動方式
MR
最高出力
132.5kW(178PS)/7,800rpm
最大トルク
172N·m(17.4kgf·m)/6,750rpm
変速機
5速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,761mm 全幅1,720mm 全高1,201mm


エクステリアが変わったシリーズ2

2004年から2011年に販売されていた「シリーズ2」は、ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着しています。

また軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを取り入れた点も特徴となっています。

またボディパネルは、すべて強固なのに軽量なのが特徴のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られています。

このようにエクステリアが変わったのが「シリーズ2」の大きな特徴と言えます。

シリーズ2(エキシージS)のスペック

ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
2ZZ-GE型:1,795cc 直4 DOHC VVTL-i
最高出力
EXIGE 141kw(192PS)/7,800rpm
EXIGE S 162kW(220PS)/7,800rpm
EXIGE S PP 179kW(243PS)/8,000rpm
最大トルク

EXIGE 181 N·m(18.5kgf·m)/6,800rpm
EXIGE S 210 N·m(21.4kgf·m)/5,500rpm
EXIGE S PP 230 N·m(23.5kgf·m)/5,500rpm

変速機 
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長3,805mm 全幅1,725mm 全高1,160mm

現行モデルはシリーズ3

現行モデルの「シリーズ3」は2013年から発売されていて、それまでのエキシージ 「シリーズ2」が欧州での排ガス規制「ユーロ5」に適合が困難となったため販売できなくなったという背景がある中、排ガス規制などの問題をクリアして販売が再開されることとなったのです。

このモデルの発売で喜んだエキシージファンは数知れません。

「シリーズ3」のラインナップには、「エキシージS」「エキシージSロードスター」「エキシージSクラブレーサー」「エキシージスポーツ350」「エキシージスポーツ350ロードスター」となっていて、多彩なラインナップとなっています。

また現行型エキシージのエンジンをそれまでの1.8L 直列4気筒から、トヨタ製3.5L V型6気筒へと大型化し、さらにハロップ製スーパーチャージャーを搭載しているのも特徴の一つです。

シリーズ3のスペック

ボディタイプ 2ドアクーペ・ロードスター
エンジン
2GR-FE型:3,456cc V型6気筒 DOHC VVTL-i
駆動方式MR
最高出力
EXIGE S257kW(350PS)/7,000rpm
最大トルク
EXIGE S 400N·m(40.79kgf·m)/4,500rpm
変速機
6速MT
サスペンション
前&後:ダブルウィッシュボーン
サイズ全長4,080mm 全幅1,800mm 全高1,130mm

2018年5月に「エキシージ・スポーツ410』が発表

エキシージ・スポーツ410では、エアロダイナミクス性能を追求。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、最大150kgのダウンフォースを獲得する。軽量化も図られており、乾燥重量は1074kg(エアバッグなどのレスオプションでは1054kg)に抑える。

これで走行性能を極めるための工夫がなされています。

ミッドシップには、3.5リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンを搭載。最大出力は410hp/7000rpm、最大トルクは42.8kgm/3000~7000rpmを発生する。トランスミッションは6速MT。エキシージ スポーツ410は、0~96km/h加速3.3秒、最高速290km/hのパフォーマンスを実現している。

このスピード感は体験したくなります!

ロータス・エキシージ中古車価格はいくらくらい?

シリーズ1の中古車で走行距離が3,1万キロのものが648万円、シリーズ2では走行距離が6,1万キロのものが419万円・走行距離が2,2万キロのものが698万円の幅があります。

また現行モデルでは走行距離が1,3万キロのものが652,8万円で、高いものは走行距離が5万キロで価格が1431,6万円とかなりの開きがあります。

※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年5月現在)

燃費はどんな感じなの?

燃費についてですが2004年のシリーズ2が実燃費8,93km/Lから10,09km/Lで、シリーズ3は8,68km/Lとなっています。現行モデルのシリーズ3の場合、高速道路を法定速度で走れば13km/L近くになるので、燃費は良い方だと言えるでしょう。

終わりに

スポーツカーはかっこいい!そう思っている方は結構多いのではないかと思います。そんな方にはロータスエキシージをオススメします。なかなか本物を見ることはないかも知れませんが、一度探してみるのも楽しいかもしれません。

中古価格もエキシージの中では安くても、現実的には手が出ないと諦めがちですが、相談に乗ってもらうのも良い方法だと思います。とりあえず見に行って検討してみましょう。

関連する投稿


トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)中古車価格まとめ

トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)中古車価格まとめ

トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)ですが、新車では買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。


トヨタ 新型スープラ 発売日・価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタ 新型スープラ 発売日・価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等の予想記事に加えて、発売後の最新情報や価格・スペック・大量のエクステリア画像・インテリア画像についてもまとめました。【7月21日更新】


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。


国産&外車のおすすめスポーツカー10選!

国産&外車のおすすめスポーツカー10選!

本記事ではメーカー側の努力が光る高性能なスポーツカーをご紹介しています。スポーツカーファンの方もそうでない方もぜひご一読ください。おすすめの国産スポーツカーはもちろん、海外のスポーツカーも集めています。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】