目次へ戻る

【聞いてください】ドライブにぜひともおすすめしたい名曲10選

【聞いてください】ドライブにぜひともおすすめしたい名曲10選

みなさんはドライブに行くとき、どんな曲を聴きますか?何?曲がありすぎてわからない?そんなあなたに朗報です。本記事ではドライブにおすすめしたい、疾走感あふれる!かっこいい!元気になれる!そんな珠玉の名曲を10曲独断と偏見で勝手に厳選いたしました。悩んでいるドライバーのみなさま、新たな世界を知りたいみなさま、必聴です!


【今こそ聞きたい】ドライブにおすすめしたい名曲10選

なんか、かっこいい曲ないかなあ。

普段とは違う曲を聴きたい!そんな悩めるあなたのため、本記事ではドライブにおすすめしたい名曲を10曲お届けいたします!

街乗りにも、遠出にも!ドライブを盛り上げてくれる曲、みなさんの好みの曲はありますか?

1 米津玄師(よねづけんし)『LOSER』

特徴的なイントロから始まる、スタイリッシュなかっこいい曲。それが米津玄師の『LOSER』です。

5月18日に発売されたホンダのミニバン、ジェイド改良新型のCMに使われていたので、この曲を何となく知ってる、という方も多いのではないでしょうか。

躍動感あふれる楽曲と、街から壮大な自然の中へ颯爽と走るジェイドの姿が、とても美しいCMですが、この曲はまさにドライブにもうってつけです!

愛車の中でLOSERを流しながら、ドライブを楽しんでみませんか?

LOSER/ナンバーナイン(LOSER盤 初回限定)(CD+ドッグタグ+ルーズパッケージ)

2 back number『高嶺の花子さん』

ラブソングといえばbacknumber!なんて言っても過言ではない、名曲ぞろいのbacknumber。

数多の名曲の中で今回ご紹介したいのが甘酸っぱく、ちょっぴりほろ苦く…でもロマンティックな『高嶺の花子さん』です。

男性視点で描かれた歌詞に、軽快なリズムがマッチしています。カラオケでも人気だというのもうなづけますね。

隣に大切な人を乗せて、クーペやスパイダーでロマンティックなドライブをするときにはこの曲を聴いていただきたいです。

高嶺の花子さん(初回限定盤)(DVD付)

3 DA PUMP『U.S.A.』

イタリア人歌手ジョー・イエローのシングルを、 2018年にDA PUMPがカバーした曲がご存知『U.S.A.』です。

年末年始の音楽番組などで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

一度耳にしたら簡単には思わず口ずさんでしまう特徴的なメロディーと歌詞とダンスが特徴の名曲。

こんな曲を車内で流していたら、思わずアメリカまでドライブしたくなってしまうかも!?

ノリノリになりたい時、テンションをあげたい時におすすめの一曲です!

4 QUEEN『Don't Stop Me Now』

QUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの一生を鮮明に描いた映画『ボヘミアン・ラプソディー』が日本でも2018年に公開され、大ヒットを記録したことは記憶に新しいですよね。

映画の大ヒットの影響を受けて、改めてQUEENの曲を聞こうというファンから、この映画をきっかけにQUEENの曲をダウンロード購入する大学生まで、まさにQUEENブームの年でした。

QUEENには、『We Will Rock You』『I Was Born To Love You』など名曲がありすぎるほどにありすぎるかと思うのですが、ドライブでおすすめしたいのはずばり『Don't Stop Me Now』です。

軽快なメロディーと「Don't Stop Me Now(今俺を止めるな)」という歌詞はまさにドライブにうってつけ!

1978年にリリースされたことがまるでウソみたいに、大人から子供まで年齢・性別問わずドライブ曲におすすめできる名曲です。

ドント・ストップ・ミー・ナウ

5 乃木坂46『インフルエンサー』

爽やかな風が舞い込むような女の子たちの息吹を感じながらドライブを楽しみたい…。そんなあなたには、乃木坂46の『インフルエンサー』をおすすめしたいです。

乃木坂というとかわいらしい美少女たち…。というイメージがつきものですが、インフルエンサーは公式のMVを確認するとわかりますが、難易度の高い振り付けにも挑戦した曲の一つです。

まさにドライブにもってこい!何度も聞いていると癖になる、そんな楽曲です。

女子旅でも、カップルでも、男子旅でも。おすすめですよ!

【Amazon.co.jp限定】インフルエンサー(TYPE-C)(DVD付)(ポストカード Type Aジャケット絵柄付)

6 Alexandros (アレキサンドロス)『ワタリドリ』

アレキサンドロスの『ワタリドリ』、と言われても、もしかすると「はてな?」と思った方ももしかしたらいるかもしれませんね。

ワタリドリは、2015年に発売され、2016年に、ラグビーの五郎丸選手が出演したアサヒビールのCMソングに起用されています。

そして、なんと実は!!2018年にスバルのSUV、XVのCMソングに起用されました。

この起用により、「やっぱりいい曲だなあ」と改めて名曲であることを実感した人も多いことでしょう。

まだピンときていない人でも、ひとたびサビを聞けば、「ああこの突き抜けていく感じの曲!」としっくりくると思います!疾走感があふれる、ドライブにおすすめしたい名曲です。

ワタリドリ/Dracula La

7 KANA-BOON『フルドライブ』

数々の人気曲を作っているKANA-BOON。

特に若い世代で人気がありますが、「若い子向けなんでしょ」なんて聞かないで生きてゆくのはもったいない!

KANA-BOONの中で、とりわけ耳に残る曲、『フルドライブ』はどうですか?

ボーカルの谷口鮪氏が「ファーストインパクトの強い曲を作りたい」という思いから生まれたのがこのフルドライブ。

その言葉の通り、疾走感があふれ、真夏のアスファルトを爆走していくようなそんな気分にさせてくれます!

イントロのギターを聴くだけで思わずドライブに出かけたくなること請け合いです。

フルドライブ

8 ポルノグラフティ『ヒトリノ夜』

ドライブといえば…。この曲は外しちゃいけませんよね?

というくらい人気の高い、ポルノグラフティの『ヒトリノ夜』です。ポルノグラフティの2枚目のシングルとして2000年に発売されました。

フジテレビ系アニメ『GTO』オープニングテーマにもなっています。

この曲に関しては、知っている人は改めて聞いてください。そして、「何それ知らない」という方はぜひ、公式のMVを確認してください。

19年も時がたっているとは思えないほどに、いまだにセンセーショナルで色あせない、かっこいい名曲です。

ヒトリノ夜

9 テイラー・スウィフト『Shake It off』

世界の歌姫と名高い、テイラー・スウィフト。テイラー・スウィフトは、幅広いファン層を持ち、立て続けにヒット曲を作っているシンガーソングライターです。

2014年に発売された「Shake It Off」は、テイラーに対する批判やゴシップなど、見下げてきたものについて書かれた曲。

「どこの世界にも妬みはつきない。そんなこと気にしない」といったテイラー自身のメッセージを込められた凛とした彼女の気持ちが歌詞に見られます。

ノリがよく、メロディーもポップで楽しい曲なので、テイラー初心者の方や、普段あまり洋楽聞かないという方にもトライしてほしい名曲です。

カラフルな外車にとりわけ似合いそうな軽快ソングです!

10 ヒプノシスマイク『ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-』

最後にご紹介するのは、ヒプノシスマイクの『ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-』です。

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』、通称ヒプマイは、キングレコード内レーベル・EVIL LINE RECORDSが手掛ける男性声優12人によるラップソングプロジェクト。2017年にプロジェクト始動して以来、若い女性はもちろん、意外かもしれませんが、ラップがかっこいいと男性にも人気を博しているんです。

そもそもヒプマイって何者?

という方のために簡単にストーリーのご紹介を。

時代はH歴。女性が覇権を握り、中央区にて女性による政が行われるようになりました。そこで定められたH法案により、人を殺傷するすべての武器の製造禁止、及び既存の武器の廃棄などが命じられました。

しかし、争いは無くならず、武力ではなく人の精神に干渉する「ヒプノシスマイク」にとって代わります。

このマイクを通したリリックは、人の交感神経・副交感神経等に作用し、様々な状態にする力を持つ。

男性は中王区外のシンジュク・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、イケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン等の区画で生活をしています。各ディビジョン代表のMCグループは、ラップを使ってバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができるため、熱いラップバトルが繰り広げられる、というもの。

・・・なるほど、さっぽりわからん。

と思った方も、いやいやなんだか少しは興味がわいてきたぞという方も。

ご紹介している『ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-』という曲は、12人全員がそれぞれ歌ってくれるのでヒプマイ初心者にももってこいの一曲ですよ。

ドライブにラップなあ…。
という方もいるかと思いますが、だまされたと思って一度パッションあふれるライムを聞いてみてはいかが?

新たな世界を開けるかも?ですよ!

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 1st FULL ALBUM「Enter the Hypnosis Microphone」初回限定DRAMA TRACK盤

最後に

本記事では、ドライブにおすすめしたい10曲を独断と偏見でまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

何かいい曲ないかなあと思っていた方も、新たなジャンルの曲を聴いてみたいと思っていた方も!気になる曲があればぜひ、公式サイトよりインストールしてみてはどうでしょうか?

ドライブがより楽しい時間になること間違いなしです。

ただし、くれぐれも安全運転第一!

乗りに乗っていても、テンションが上がっても、あくまでもボリュームは下げ目で、お願いします!

関連する投稿


【厳選】夏休みのドライブで聴きたいおすすめの一曲

【厳選】夏休みのドライブで聴きたいおすすめの一曲

夏休みに入ると、気分も晴れやかになって、どこかに行きたい気分になる人も多いはず。そんな時には、ドライブに行く時にかける曲も気分が上がるものがいいですよね。今回は、夏休みのドライブで聴きたいおすすめの曲を紹介します。


正しく安全に!傘ホルダーの使い方 ┃自転車や車の雨対策

正しく安全に!傘ホルダーの使い方 ┃自転車や車の雨対策

車や自転車での移動時に便利な傘ホルダー。畳んだ傘が邪魔にならず、便利なグッズではありますが、正しく理解して使わないと思わぬ危険も潜んでいます。今回はそんな傘ホルダーのあれこれについて解説します。


【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

新車を買った時やオイル交換をした時などに必要な車の慣らし運転。知ってるようで知らない慣らし運転のコツややり方などを紹介しています。このページで慣らし運転の知識を身につけて安全なカーライフを送ってください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


佐賀県に行ったら寄ってみたいおすすめ道の駅10選

佐賀県に行ったら寄ってみたいおすすめ道の駅10選

佐賀県内にはたくさんの道の駅がありますが、その中でも特に利用した人達からとりわけ人気の高い道の駅は要チェックです。 そこで、そんな佐賀県でおすすめの道の駅をランキング形式でまとめてみました。


最新の投稿


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

道の駅 パティオにいがたは地元の味が楽しめ、特産品が買えるコーナーはもちろん、デイキャンプ場や地域に親しめるスポットが揃っています。 ドライブのついでや、家族のレジャースポットとして訪れたい道の駅です。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング