トップへ戻る

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

1996年の初代より2016年の三代目まで生産がされたメルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーSLKは、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデス・ベンツのSLKとは

メルセデス・ベンツ・SLKクラスとは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開していたクーペカブリオレタイプのスポーツカーになります。

SLKの中でも最も売れたモデルがSLK200です

メルセデスの中でも、小さなSLKとして発売されたSLK200には、ATのみならずMTも用意されています。このMT車は日本国内からの要望が大きかったのも、MT車発売の大きな要因となったようです。

2014年にもマイナーチェンジが行われ、ラインナップも充実したばかりか、内容も向上しました。



・SLK200 MT
価格はただ一台500万円を切ったモデルでもあり、数少ないマニュアルトランスミッションモデルでもあります。このモデルよりシートヒーター・自動防眩ミラーが標準装備となりました。

・SLK200 トレンド+
2015年にもマイナーチェンジが行われ、このクラスにも2リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルが登場しました。

SLK200トレンド+では一番大きな変更点は勿論エンジンの大型化であるが、もう一つの目玉はこれまでオプション装備であったAMGスポーツパッケージが標準装備となっています。

・SLK200 エクスクルーシブ
これまでオプションサービスであったものの多くが標準装備となりました。その中でも、ミリ波レーダーセンサー&カメラで左右前方や左右後方の車両との衝突の危険を減少するレーダーセーフティパッケージや、超音波センサーで車両と周囲の障害物との距離を測りブザーとインジケータで教えてくれるパークトロニックなどの安全面に対するものやキーレスエントリーなどを標準装備としています。

SLK200 BLUEEFFICIENCY(ブルーエフィシェンシー)とは

本来BLUEEFFICIENCY(ブルーエフィシエンシー)とは、メルセデス・ベンツが取り組んできた様々な燃費の向上やCO2排出量の削減に向けた技術やその成果を総称するものの事です。

勿論SLK200 BLUEEFFICIENCYというモデルも存在します。パワートレインは、C200ブルーエフィシェンシー用の1.8リッター直4直噴ターボをATでそのまま使っています。最高出力184馬力、最大トル27.5kgmという数値も同じです。

SLK R171とは

171は、2004年から~2011年まで発売されたモデルでSLKとしては2代目にあたります。

当初は直4エンジン搭載のモデルは見送られ、新しくV6・3.5Lを積むSLK350とAMGのSLK55 AMGの2台が国内では先行発売され、2005年にV6エンジンを搭載するSLK280を追加しました。

SLK R172とは

172はSLKとしては三代目にあたるモデルです。顔立ちが若干女性らしさから男らしい顔立ちになったという声が多数上がったモデルです。

三代目SLKの日本での発売は、いまのところ1.8リッター直4ターボの200と3.5リッターV6の350に分かれます

SLKと言えば バリオルーフ スイッチ

SLKと言えばバリオルーフが一番の特徴です。

メルセデス・ベンツでは電動式ルーフ格納装置をバリオルーフと呼びますが、SLKの修理で多いのはこのバリオルーフの部分が多いのは事実です、いざという時に開かない事よりも閉じないことの方が問題が大きくなります。

まさかのドライブ中に土砂降りの雨、季節によれば日本国内で有れば十分考えられるシチュエーションですね。そんなときバリオルーフが閉まらないとなれば大変な事態になってしまいます。そうならない為にも日ごろからの点検などを注意深く行うようにしましょう。

ドライブ前に一度開閉テストを行うくらいが丁度よい点検だと思います。

SLKの最高峰AMG

やはりメルセデス・ベンツの最高峰はAMGと言うことになります。SLKにもAMGの設定は準備されていますご安心ください。

ここではそのラインナップの中でも一番高性能 なモデルSLK 55 AMGを少しご紹介しましょう。

5.5リッターのV8エンジンというパワートレインと、SLKの特徴である解放感も十分味わいつつ速さも思いのままです。そして随所にちりばめられた一目でAMGと分かる装飾の数々は所有者の自尊心をくすぐるには十分です。

SLKのエクステリアもインテリアも最高峰の物を求めるならAMGで決まりです。

SLKのカスタムの楽しみ方

SLKは存在だけで十分カスタマイズされたメルセデス・ベンツですが、さらにカスタマイズする為のエアロパーツなどは十分に世界中のカスタムショップなどから販売されております。

視覚に訴えるのであれば、エアロパーツは抜群に効果的であり、種類も豊富にあります。

まずは 視覚に一番に変化を訴えたいのであれば、フロントマスクから変えていくのが一番効果的です。フロントグリルだけでも十分効果はありますが、更にフロントスポイラーの追加で重厚さとスポーティさを増す効果は絶対です。

それにサイドスポイラーにリアウイングなどで世界に1台だけのSLKに仕上げる事も可能です。

しかし、やはりメルセデス・ベンツのカスタマイズの究極を狙いたいのであれば選択は一つかも知れません。

メルセデス・ベンツにはAMGという究極にカスタマイズされたSLKがすでに準備されているのですから、「純正で究極」これにかなう相手はいません。

エクステリアだけに止まらずインテリア果てはエンジン・足回りにまで及ぶカスタマイズこれこそAMGという真骨頂のカスタマイズなのです。

SLKの中古車情報

一番安くメルセデス・ベンツのSLKを求めるなら、少し年式の古めのSLKをお考えになるのはどうでしょうか。SLKの2シーター・オープンという特徴からも乗り手を選ぶ車であるがゆえに、価格的にも中古車市場ではかなり金額は低価格に設定されています。

まとめ

2シーター・オープンは沢山ありますが、やはりメルセデス・ベンツの2シーター・オープンの車は別格です。

SLKは種類が多く、また中古車市場でも人気のある車ですので、もしご購入をご検討中で有れば比較的探しやすい車です。

日本はある意味、オープンカーの楽しめる季節の少ない国ですが雨の上がった青空の元爽快にオープンで走り抜けるのはまた格別な時間であることは間違いないでしょう。

四季それぞれに季節の顔があり、同じ道でも姿を変える日本の風景は、オープンでなければ味わえないひと時を与えてくれます。

時の流れを感じつつ日常とまた違ったひと時をお過ごし下さい。

関連するキーワード


メルセデスベンツ 車種情報

関連する投稿


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツが思い浮かぶ方も多いでしょう。高い走行性能と高級感、また質のよさからラグジュアリーカーとして世界的に知られているメーカーです。しかしメルセデス・ベンツとはどのような歴史がある会社でしょうか?この記事では、どのようにクラス分けされているのか、メルセデス・ベンツの概要からラインナップの詳細まで解説します。


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。