目次へ戻る

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

1996年の初代より2016年の三代目まで生産がされたメルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーSLKは、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデス・ベンツのSLKとは

メルセデス・ベンツ・SLKクラスとは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開していたクーペカブリオレタイプのスポーツカーになります。

SLKの中でも最も売れたモデルがSLK200です

メルセデスの中でも、小さなSLKとして発売されたSLK200には、ATのみならずMTも用意されています。このMT車は日本国内からの要望が大きかったのも、MT車発売の大きな要因となったようです。

2014年にもマイナーチェンジが行われ、ラインナップも充実したばかりか、内容も向上しました。



・SLK200 MT
価格はただ一台500万円を切ったモデルでもあり、数少ないマニュアルトランスミッションモデルでもあります。このモデルよりシートヒーター・自動防眩ミラーが標準装備となりました。

・SLK200 トレンド+
2015年にもマイナーチェンジが行われ、このクラスにも2リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルが登場しました。

SLK200トレンド+では一番大きな変更点は勿論エンジンの大型化であるが、もう一つの目玉はこれまでオプション装備であったAMGスポーツパッケージが標準装備となっています。

・SLK200 エクスクルーシブ
これまでオプションサービスであったものの多くが標準装備となりました。その中でも、ミリ波レーダーセンサー&カメラで左右前方や左右後方の車両との衝突の危険を減少するレーダーセーフティパッケージや、超音波センサーで車両と周囲の障害物との距離を測りブザーとインジケータで教えてくれるパークトロニックなどの安全面に対するものやキーレスエントリーなどを標準装備としています。

SLK200 BLUEEFFICIENCY(ブルーエフィシェンシー)とは

本来BLUEEFFICIENCY(ブルーエフィシエンシー)とは、メルセデス・ベンツが取り組んできた様々な燃費の向上やCO2排出量の削減に向けた技術やその成果を総称するものの事です。

勿論SLK200 BLUEEFFICIENCYというモデルも存在します。パワートレインは、C200ブルーエフィシェンシー用の1.8リッター直4直噴ターボをATでそのまま使っています。最高出力184馬力、最大トル27.5kgmという数値も同じです。

SLK R171とは

171は、2004年から~2011年まで発売されたモデルでSLKとしては2代目にあたります。

当初は直4エンジン搭載のモデルは見送られ、新しくV6・3.5Lを積むSLK350とAMGのSLK55 AMGの2台が国内では先行発売され、2005年にV6エンジンを搭載するSLK280を追加しました。

SLK R172とは

172はSLKとしては三代目にあたるモデルです。顔立ちが若干女性らしさから男らしい顔立ちになったという声が多数上がったモデルです。

三代目SLKの日本での発売は、いまのところ1.8リッター直4ターボの200と3.5リッターV6の350に分かれます

SLKと言えば バリオルーフ スイッチ

SLKと言えばバリオルーフが一番の特徴です。

メルセデス・ベンツでは電動式ルーフ格納装置をバリオルーフと呼びますが、SLKの修理で多いのはこのバリオルーフの部分が多いのは事実です、いざという時に開かない事よりも閉じないことの方が問題が大きくなります。

まさかのドライブ中に土砂降りの雨、季節によれば日本国内で有れば十分考えられるシチュエーションですね。そんなときバリオルーフが閉まらないとなれば大変な事態になってしまいます。そうならない為にも日ごろからの点検などを注意深く行うようにしましょう。

ドライブ前に一度開閉テストを行うくらいが丁度よい点検だと思います。

SLKの最高峰AMG

やはりメルセデス・ベンツの最高峰はAMGと言うことになります。SLKにもAMGの設定は準備されていますご安心ください。

ここではそのラインナップの中でも一番高性能 なモデルSLK 55 AMGを少しご紹介しましょう。

5.5リッターのV8エンジンというパワートレインと、SLKの特徴である解放感も十分味わいつつ速さも思いのままです。そして随所にちりばめられた一目でAMGと分かる装飾の数々は所有者の自尊心をくすぐるには十分です。

SLKのエクステリアもインテリアも最高峰の物を求めるならAMGで決まりです。

SLKのカスタムの楽しみ方

SLKは存在だけで十分カスタマイズされたメルセデス・ベンツですが、さらにカスタマイズする為のエアロパーツなどは十分に世界中のカスタムショップなどから販売されております。

視覚に訴えるのであれば、エアロパーツは抜群に効果的であり、種類も豊富にあります。

まずは 視覚に一番に変化を訴えたいのであれば、フロントマスクから変えていくのが一番効果的です。フロントグリルだけでも十分効果はありますが、更にフロントスポイラーの追加で重厚さとスポーティさを増す効果は絶対です。

それにサイドスポイラーにリアウイングなどで世界に1台だけのSLKに仕上げる事も可能です。

しかし、やはりメルセデス・ベンツのカスタマイズの究極を狙いたいのであれば選択は一つかも知れません。

メルセデス・ベンツにはAMGという究極にカスタマイズされたSLKがすでに準備されているのですから、「純正で究極」これにかなう相手はいません。

エクステリアだけに止まらずインテリア果てはエンジン・足回りにまで及ぶカスタマイズこれこそAMGという真骨頂のカスタマイズなのです。

SLKの中古車情報

一番安くメルセデス・ベンツのSLKを求めるなら、少し年式の古めのSLKをお考えになるのはどうでしょうか。SLKの2シーター・オープンという特徴からも乗り手を選ぶ車であるがゆえに、価格的にも中古車市場ではかなり金額は低価格に設定されています。

まとめ

2シーター・オープンは沢山ありますが、やはりメルセデス・ベンツの2シーター・オープンの車は別格です。

SLKは種類が多く、また中古車市場でも人気のある車ですので、もしご購入をご検討中で有れば比較的探しやすい車です。

日本はある意味、オープンカーの楽しめる季節の少ない国ですが雨の上がった青空の元爽快にオープンで走り抜けるのはまた格別な時間であることは間違いないでしょう。

四季それぞれに季節の顔があり、同じ道でも姿を変える日本の風景は、オープンでなければ味わえないひと時を与えてくれます。

時の流れを感じつつ日常とまた違ったひと時をお過ごし下さい。

関連するキーワード


メルセデスベンツ 車種情報

関連する投稿


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデス・ベンツは、7人乗りの新型SUV「GLB」とフルモデルチェンジを受けた都市型SUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。新型SUVの「GLB」とはどんな車種なのか?「GLA」との違いを比較しながら解説していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

ベンツ、BMW、アウディ、VW、プジョー、マセラティ…。2020年はどんな外車・輸入車の新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています。


【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。


【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

贅沢なラゲッジスペースを確保しながら、高級感を維持した外観が魅力的なメルセデス・ベンツのステーションワゴン。今回は、メルセデス・ベンツのステーションワゴンの特徴・スペックをご紹介します。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。