目次へ戻る

レクサスのSUV NXの歴史・特徴・中古価格・スペックほか

レクサスのSUV NXの歴史・特徴・中古価格・スペックほか

コンパクトクロスオーバーSUVの「レクサスNX」は、プレミアムブランドらしい上質な走行に、高い燃費性能を求めることができる車です。ボディサイズは、コンパクトで操作しやすく狭い道路でも問題なく走行することができます。 国内で人気がある「レクサスNX」の、初代モデルから2019年に行われた一部改良など解説していきます。気になる中古車価格や燃費に走行性能などもまとめてご紹介します。


レクサスNX レクサスの実用的なSUV

レクサス NX

レクサス NX

レクサスブランド初のコンパクトクロスオーバーSUV NX

レクサス NX300h(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

レクサス NX300h(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

レクサスブランドで初めてコンパクトクロスオーバーSUVとして開発し2014年に誕生したのが「NX」です。
「NX」は、「Premium Urban Sports Gear」高い走行性能に力強さを兼ねそろえたコンセプトになっています。

レクサスNX 存在感のあるエクステリアとインテリア

レクサス NX300h

レクサス NX300h

存在感のあるエクステリアに、質感の高い機能的なインテリアや力強い走りを提供し高い人気を誇るモデルとなっています。

NXには、ターボエンジン搭載モデル「NX200t」や、ハイブリッドモデルの「NX300h」というモデルがあります。更にスポーツの走りを継承する「F SPORT」スポーツバージョンになり足回りには、専用のチューニングが施されているので乗り心地・操縦安定性を求めることができます。

レクサスNXは、レクサスの中でも人気がある車種

2005年から導入されたレクサスNXは、レクサス初のクロスオーバーSUVで初めてターボモデルがラインナップされています。
発売から約1ヶ月間で、月間販売目標台数700台に対して約9,500台を受注し、国内に導入されてから現在まで高い水準を維持し続けています。

2017年にマイナーチェンジしたモデルは、当時納期が遅れるほどの人気があり支持されている車でした。


人気があり支持されている理由は、「先進予防安全装備」「走行性能」「コンパクト」のアシストシステムの充実や日本の道路状況でも扱いやすいなどが挙げられます。

レクサスブランドのラインナップモデルは、どれもエクステリアのデザインが異なっていますがレクサス「NX」のフロントフェイスのデザインは、高評価の意見や口コミが多くなっています。

レクサスNX 2014年7月29日 国内で販売

2014年7月
ドア数:5ドア/5人乗り
型式:DBA-AGZ10・15/DAA-AYZ10・15
排気量:1,988cc/2,493cc
シフト:6AT/CVT
駆動方式:FF/フルタイム4WD
寸法:全長4,630mm×全幅1,845mm×全高1,645mm
燃費:12.4km/L~21.0km/L
新車価格:4,280,000円~5,820,000円

レクサスNXが初めて誕生したのは、2014年の7月です。プラットフォームは、トヨタの人気車種「RAV4」「ハリアー」で実績がある「中床プラットフォーム」に手が加えられたものになっています。レクサスブランドで人気の「RX」と違いハンドル操作がしやすいボディサイズになっています。発売当初から世界から注目される車です。

2017年9月14日 マイナーチェンジ

2017年9月
ドア数:5ドア/5人乗り
型式:DBA-AGZ10・15/DAA-AYZ10・15
排気量:1,998cc/2,493cc
シフト:6AT/CVT
駆動方式:FF/フルタイム4WD
寸法:全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mm
燃費:12.4km/L~21.0km/L
新車価格:4,400,000円~5,960,000円

2017年9月にマイナーチェンジが実施されました。変更点は、エクステリアに内装のデザインなどより個性が出て安全運転支援の強化に流れるウィンカーが採用されました。両手が塞がっている状況でも、リアバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアを開閉可能(ハンズフリーパワーバックドア)になっています。
日本の道路状況にあったボディサイズは従来とあまり変わらない状態で、トータル的な使い勝手の良さは更に上をいき魅力的な車に変化しています。

2019年4月18日 一部改良でより安全に

2019年4月
ドア数:5ドア/5人乗り
型式:DBA-AGZ10・15/DAA-AYZ10・15
排気量:1,998cc/2,493cc
シフト:6AT/CVT
駆動方式:FF/フルタイム4WD
寸法:全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mm
燃費:12.4km/L~21.0km/L
新車価格:4,425,000円~5,977,309円

レクサスブランドの「NX」は一部改良されて2019年の5月6日に発売が開始されました。予防安全パッケージが強化され昼間自転車に夜間の歩行者検知や道路標識を読み取るなど優れた装備が追加されています。
室内内装のカラーオプションも新たに設定され、グレード「バージョンL」と「Fスポーツ」に新色が追加されました。

レクサスNX 口コミや走行性能は

予防安全機能では、新たに「レクサスセーフティーシステム +」を採用。4つの安全パッケージとして、歩行者検知機能付きの衝突回避支援ブレーキ、ステアリング制御機能が付いたレーンキープアシスト、全車速に対応したアダプティブクルーズコントロール、先行車や対向車を遮光してハイビームを照射できるアダプティブハイビームシステム機能を搭載した。

走行面では、サスペンションのチューニングで、車体のロール特性と応答性を向上させ、アブソーバーの変更によりさらに快適な乗り心地を実現したほか、新型AVSによる精密な減衰力の制御によって運転の愉しさと快適性を両立している。

レクサスNXは、運転がしやすくハンドル操作性にドライバーをアシストしてくれる各機能が備わっています。

レクサスNXの中古車価格は?

レクサス NX

レクサス NX

2014年モデル
新車価格:4,280,000円~5,820,000万円
認定中古車:3,380,000円~4,260,000円

2017年モデル
新車価格:4,400,000円~5,960,000円
認定中古車:3,380,000円~5,350,000円

2019年現行モデル
新車価格:4,425,000円~5,977,309円
認定中古車:車両無し

レクサスNXの認定中古車の台数は、全部で199台になっています。(2019年7月現在)

「車検整備付」があるので車検が切れていても心配することがありません。
「外装損傷部位図示車両画像」によってインターネットでもボディの傷を確認することができます。

まとめ

レクサスNXは、国内での販売台数が年々増えてきている状態です。

中古車台数も他のレクサスモデルの中でも多い台数になってきています。レクサスのSUVの中ではコンパクトサイズのレクサスNXの新車車体価格は安くても、4,400,000円からになりオプションを追加すれば5,000,000円は簡単に超えてしまいます。

国内の他の自動車と価格を比較しても圧倒的に高く、今後改良されるごとに更に車体価格は高くなっていきます。認定中古車では、新車より安く車を購入することができ中古車台数も多いので自分にあった車を見つけ出すことも可能になっているので、探してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 NX SUV

関連する投稿


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


上品な大人クーペ レクサスRCの価格・中古価格・スペックは

上品な大人クーペ レクサスRCの価格・中古価格・スペックは

ミニバン、SUVに続いて改めて注目されているのがスタイルがクーペです。国産メーカーからも様々なクーペがデビューしておりますが、最高の輸入車がレクサス RCです。今回はレクサスRCの特徴から新車・中古価格までご紹介していきます。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。