目次へ戻る

フォルクスワーゲン シャラン|スペックや燃費、新型車情報など

フォルクスワーゲン シャラン|スペックや燃費、新型車情報など

フォルクスワーゲン シャランは、日本で人気のある7人乗りのミニバン(両側スライドドア・7人乗り3列シート)なのですが、どのような魅力がある車なのでしょうか。今回は、フォルクスワーゲン シャランの中古車情報・燃費・カスタムを通して人気の理由を紹介します。


フォルクスワーゲン シャランとは

フォルクスワーゲン シャランは1995年に7人乗りミニバンとして販売されました。最初に販売された初代シャランは、1997年から2年間で約1200台もの販売記録を達成しました。

その後、海外ではマイナーチェンジを繰り返して販売していて、累計では60万台以上もの販売実績を持っています。

2010年には2代目で初めてフルモデルチェンジを行い、日本市場にも12年の時を経て販売が再開されています。なお注文は2010年11月22日から、デリバリーは2011年2月からとなっています。

また、初代シャランのリアドアはヒンジ式でしたが、新型は両側スライドドアとなっています。全車共通で電動式となっており、日本市場をターゲットにしている仕様と言えます。

シートレイアウトに関しては前列2人、中列3人、後列2人の7人乗りになっていて、独立したシートになっています。

パワートレインは、1.4リッター直噴のツインチャージャー(ターボとスーパーチャージャー)と6速DCTを採用しています。

日本国内のVW車では初めてのブルーモーション テクノロジーという環境技術を使用、スタート&ストップシステムやブレーキエネルギー回生システムを全車に標準搭載し、10・15モード燃費は14.0㎞/L、さらにエコカー減税75%対象車に認定されています。

車体のサイズは全長で4.8mを超え、全幅も1.9mと大きく、日本国内の同クラスのミニバンとあまり変わらないので取り回しにくいという欠点はありません。

初代 フォルクスワーゲン シャラン

初代 フォルクスワーゲン シャランは、1995年にフォードモーターと合同で開発や製造を行って誕生した車です。

レイアウトは2人、3人、2人の3列シートで7人乗りミニバンとなっていて、2列目と3列目のシートを独立して動かすことができ、様々な乗り方に対応していて合理的な設計が特徴となっています。

初代 フォルクスワーゲン シャランのスペック(1995年販売モデル)

ボディタイプ:5ドアミニバン
乗車人数:7名
駆動方式:FF
変速機:4or5速トルコン式AT/5or6速MT
全長:4620㎜
全幅:1810㎜
全高:1760㎜
ホイールベース:2835㎜
車両重量:1820㎏

二代目 フォルクスワーゲン シャラン

欧州で15年ぶりとなる2010年に二代目 フォルクスワーゲン シャランが発表され、2011年2月に輸入が再開されました。

主な特徴は、デザインが大きく変わったことと、パワートレインのダウンサイジングによる大幅な燃費向上効果です。

二代目 フォルクスワーゲン シャランのスペック(2010年販売モデル)

ボディタイプ:5ドアミニバン
乗車人数:7名
駆動方式:FF
全長:4855㎜
全幅:1910㎜
全高:1750㎜
ホイールベース:2920㎜
車両重量:1830㎏

初代と二代目の違い

初代 フォルクスワーゲン シャランから二代目 フォルクスワーゲン シャランになるに伴い、いくつかの変わったところがありました。

大まかに説明すると、ボディサイズが大きく変わった点と燃費が向上した点です。どう変わったのかは次に解説します。

初代と比べてボディ形状が大きく変化

まず、大きく変わった点は、ボディの形です。初代はモノフォルムだったのに対し、二代目はキャブオーバー型に変わりました。

また、初代のドアがオールヒンジ型だったのに対して二代目は左右後席のドアがスライドドアになりました。このことにより乗降性が良くなりました。

ボディサイズも先述した通り、初代に比べて一回り大きくなり、ホイールベースの延長や車両重量が増加しました。

サスペンションに関しては6代目ゴルフと同じく前輪がストラット式、後輪が4リンク式を採用、駆動方式は変更なしのFFを使っています。

また、エンジンは欧州市場に展開されているものを採用、それぞれ2種類のガソリンと2種類のディーゼルを導入しています。

初代と比べて燃費が2倍に向上

次に変わった点は、燃費です。初代と比べて2倍もの燃費の向上が実現しました。最高出力は150ps/5800rpm、最大トルクは24.5kgm/1500~4000rpmになりました。

アイドリングストップ機構と減速エネルギー回生機構、そして効率が良い6速DSGを組み合わせることで、初代に搭載されていた2.8L V6エンジンより燃費が約2倍になりました。

シートレイアウトは初代と同じく3列で7人乗りになっていて、変更した点は座席を倒したりといったシートアレンジができるようになったり、SRS9エアバッグシステムが標準で装備されるようになりました。

グレードについては、ベースとなるモデルがTSI Comfortline、その上位となるグレードがTSI Highlineが設定されていて、上位グレードにはベースモデルにはない装備が複数あります。

また、2012年10月には一部が改良され駐車支援システムのパークアシスト、ドライバー疲労検知システムが全車に標準で搭載されることになり、グレードのあとにBlueMotion Technologyの名称が追加されました。

シャランのモデルチェンジの時期は?~新型シャラン~

シャランの新型が2019年に販売されるという噂があります。デザインの変更はあるのか、どのような新機能が搭載されるのか、はたまた変わらないのか、などと様々な予想がありますがどのようになるのでしょうか。

2019年以降に新型シャランが発売されるってホント?

シャランが活躍してきた期間はとても長く、根強い人気が今もあり、そのためかデザインが最近出ている車とはあまり似ていないということがあります。

また、フォルクスワーゲンが新型を出すという情報が出回っているのも、さらに新型シャランが出るという予想を増幅させている理由の一つと言えるでしょう。

新型コンパクトSUV T-Track

新型コンパクトSUV T-Trackは、2019年末から2020年初旬に発売されると予想されています。こちらは2012年にブラジルサンパウロでのモーターショーで公開済みのティグアンコンセプトがデザインベースになっています。

ティグアンの小型というべき存在であること、エンジンは1.0L直列3気筒直噴ターボエンジンが搭載、燃費は20㎞/Lを超え最高速度に関しては180㎞/hを超えるという特徴が予想されています。

新型 ワーゲンバス ID BUZZ(アイディ バズ)

もう1つの新型は、ワーゲンバス ID BUZZと予想されています。ID BUZZの市販化モデルが2022年に発売される見立てになっています。

注目する点は、ワーゲンバスの良かったところを残しながら内装や外装が新しくなる点です。それぞれどのように変わるのかに期待が持てるでしょう。

結局、新型シャランの発売時期はいつ?

情報が様々な場所から無数に出回っているために、結局のところはいつ新型シャランが発売するのかわからないといった状況があります。公式の発表を待ちつつ、雑誌などから情報を集めておくことが良いでしょう。

まとめ

今もなお根強い人気で愛されているシャランは今後、どのようになっていくのでしょうか。シャランの歴史に触れて一人でも多くのファンが増えていくことを願っています。

関連する投稿


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


トヨタのミニバン シエンタハイブリッドの新車・中古車価格、スペック、燃費

トヨタのミニバン シエンタハイブリッドの新車・中古車価格、スペック、燃費

トヨタのミニバン、シエンタのハイブリッドモデルについてご紹介いたします。新車・中古車価格、スペック、燃費情報を記載!


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。