目次へ戻る

ホンダのハイブリッドカー インサイト中古価格まとめ

ホンダのハイブリッドカー インサイト中古価格まとめ

ホンダ インサイトは、ハイブリッド専用車です。初代と2代目今回はそのインサイトの魅力についてみていきます。


ホンダ インサイトとは

初代インサイト

1999年は21世紀を目前に控えており、新たな時代へと突入し始めているころで、翌年はミレニアムと騒がれ始めていました。この車が誕生したのはまさにその時で、次世代に通用するための車としてホンダで開発されました。

デザインについては空力抵抗に特に重視していることから、戦闘機の様なデザインです。
目新しいのは外観だけではなく、軽量化やコンパクトなハイブリッドシステムを搭載していることから、次世代のエコカーという役割も担っています。

1.0LリーンバーンVTEC直列3気筒エンジンや独自のハイブリッドシステムを搭載することにより、ドライバーとの一体化を感じさせるモデルへと進化させました。インサイトという名前は英語で洞察力を意味しており、次世代のホンダを象徴するフラッグシップモデルとして成長してくれることを期待されています。

後継車種の開発により2014年にいったん生産を終了しましたが、2018年には3代目として生産が再開しました。インサイトの購入層を見ると、2人乗りが基本のためファミリー層にはどちらかというと不向きで、主に単身者やカップルを中心として購入されている様です。

ホンダ インサイトの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

初代ホンダ インサイト(1999年9月~2006年6月)

初代インサイト

後部タイヤがカバーされている独自のスタイルは前述の通り空力抵抗を意識していることからくるもので、高速で走るとき抵抗感を感じさせないことがインサイトの特徴です。

しかし、後部タイヤに関しては交換の再カバーを取り外さなければならず、その際のメンテナンスがウィークポイントであり、弱点となっていることから、タイヤ交換泣かせと呼ばれるほどでした。とはいえ、ハイブリッドモデルですので環境にも考慮されています。

新車価格については220.5万円から228.9万円で、燃費については10.15モードで32km/L~36km/Lを記録するなど、優れた燃費を誇る車です。

初代ホンダ インサイト中古価格(1999年9月~2006年6月)
平均価格 約34.7万円
価格帯 約12万円~58万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

2代目ホンダ インサイト(2009年2月~2014年3月)

2代目インサイト

初代インサイトの定員は2名であったことからキャパシティの悪さが指摘され、また、後部タイヤのカバーで失敗した初代の教訓を生かす形で2009年に発売されたのが2代目で、実用的なスタイルとして設計見直しをした車両です。

最大の特徴は定員を2名から5名に改めたことです。独身者層やカップル層を客層の中心としていた初代とはうって変わって、客層は3~5名程度のファミリー層へと変更されました。

また、部品コストについてはほかの車種との共通化を図ることによりコスト低減に成功しました。この施策は極めて正しい決断で、新車価格では189万円~256万円となりました。燃費についてはモーターとバッテリーの改善により10.15モードでは30km/Lを達成し、初代よりさらに低燃費を達成することに成功したのも大きな出来事です。

2代目インサイト

2代目ホンダ インサイト中古価格(2009年2月~2014年3月)
平均価格 約215.2万円
価格帯 約126.9万円~299.5 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

3代目ホンダ インサイト(2018年12月~)

2018年、2代目インサイトの生産終了から約4年間の期間を経て、発売されたのが3代目インサイトです。

初代や2代目の、空力抵抗を考慮しての戦闘機風のデザインとは対照的に、卵のような滑らかなスタイルを意識したのがこのモデルで、空気を味方することを心がけたデザインとなっています。燃費についてはさらなる低燃費を目指してエンジンなどを改良しWLTC28.4km/Lの低燃費を記録し、ハイブリッドカーとしての高性能かつ低燃費の車として生まれ変わりました。

新車価格については、326.2万円~362.9万円と2代目に比べて高価に設定されていることから高級志向というイメージが強くなっています。

3代目ホンダ インサイト中古価格(2018年12月~)
平均価格 約321.6万円
価格帯 約239万円~365.8 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

まとめ

以上、ホンダインサイトの中古価格などについて調べてまいりましたが、中古として購入することを前提に予算面で無理のない範囲で、という条件ならば初代も狙い目です。高年式の状態の良い車種をお探しであれば、2代目か3代目がお薦めです。

関連する投稿


【現行車種】ホンダのステーションワゴン一覧

【現行車種】ホンダのステーションワゴン一覧

ステーションワゴンの人気の低迷により、最近はステーションワゴンという言葉自体あまり聞かなくなりました。しかし、姿を消したのではなくコンパクトなどのタイプに分類されています。今回は、ホンダのステーションワゴン現行車種を見ていきたいと思います。


【2020年版】ホンダのスポーツカー一覧

【2020年版】ホンダのスポーツカー一覧

ホンダは数々の名車を手掛けています。その中でもとりわけスポーツカーは有名ですよね。本記事では、そんなホンダのスポーツカーをまとめてご紹介します。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年4月1日更新しました)


ホンダ 新型インサイトの燃費・内装などを詳しくご紹介

ホンダ 新型インサイトの燃費・内装などを詳しくご紹介

ホンダから販売されているハイブリッドで環境にやさしいエコカー「新型インサイト」が気になっている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな新型インサイトの燃費や内装などの詳細をご紹介していきます。


【2020年度版】マツダのセダン一覧

【2020年度版】マツダのセダン一覧

セダンは4ドア3ボックス車の1つで、昔からある車種の1つですが様々な車種が登場したことにより人気車種の座を譲ることになりました。しかし高級車やタクシーなどではまだまだ主力で、今でも数多くのメーカーから発売されています。今回はマツダ セダンについてご紹介します。


最新の投稿


トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

言わずと知れた自動車メーカートヨタから販売されているハイブリッドカーの新型アクア。環境に配慮されたコンパクトカーとなり、狭い道が多い日本で軽自動車よりちょっと大きい車が欲しいそんな方にピッタリな車となっています。そんな新型アクアの気になる燃費と内装について詳しくみていきましょう。


マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

最近はアウトドアに行く車・ファミリーカーは?と聞くとSUVやミニバンと答える方が多いのではないでしょうか。しかし、少し前まではステーションワゴンが一世風靡していました。今回は、SUV・ミニバンブームの中でも健闘を続けるマツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」をご紹介します。


プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

ステーションワゴンとは一般的に車高が低くて2BOXの乗用車となり、アウトドアなどに行った際に車中泊するのに適しています。今回はプジョーから販売されている新型ステーションワゴン「508SW」に焦点を当てて見ていきましょう。


【2020年度版】BMWカブリオレシリーズ一覧

【2020年度版】BMWカブリオレシリーズ一覧

BMWは数多くの名車を世に送り込み、大勢の人たちに愛され続けています。今回紹介するカブリオレシリーズもその中の一つであり、BMWの主力商品として成長を続けています。


スズキ アルトワークス|歴代モデルから新型情報・中古車情報まで

スズキ アルトワークス|歴代モデルから新型情報・中古車情報まで

軽自動車なのにスポーティな走りが出来る。それが、スズキ アルトワークスの特徴です。今回は、スズキ アルトワークスの歴代モデルや新型モデルの情報を紹介していきます。