トップへ戻る

トヨタ軽自動車一覧|ピクシスシリーズの燃費、スペック、中古車情報

トヨタ軽自動車一覧|ピクシスシリーズの燃費、スペック、中古車情報

言わずと知れた日本の自動車メーカー、トヨタ。長年の実績もさることながら時代の需要に応じて、魅力的な軽自動車をラインナップに取り入れ、多くの日本人の足となっています。今回は、そんなトヨタの軽自動車ピクシスシリーズ情報の一覧、新車・中古車価格情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタの軽・ピクシスシリーズとは?

トヨタ ピクシス メガ Gターボ SAII レジャーエディション SAII(2WD)〈オプション装着車〉

トヨタ ピクシス メガ Gターボ SAII レジャーエディション SAII(2WD)〈オプション装着車〉

ご存知のように、トヨタは全世界が知る一大自動車企業です。2019年10月の国内登録車(小型自動車・普通自動車)の登録台数はトヨタだけで実に53%に上ります。

社長は豊田章男氏。最近は、俳優の香川照之さんとトヨタのCM(トヨタイズム香川編集長シリーズ)に自ら出演し、自動車にあまり興味のない方にもお馴染みの存在ではないでしょうか。

このCMで社長が運転しているのは、パフォーマンスではなく、氏はレーシングドライバーやテストドライバーとしても有名です。自社の製品は自ら運転して走行性能などを確認することで、トヨタのテーマ「もっといいクルマづくり」を体現しているのです。

実は、ほんの最近までトヨタは日本の自動車メーカーで軽自動車を唯一扱っていなかったのですが、国内自動車市場での軽自動車シェア拡大を背景に、2011年から参入を開始しています。

ダイハツからOEM供給を受けて販売を開始したのがトヨタの軽自動車、「ピクシスシリーズ」です。なお、トヨタの軽自動車はピクシスシリーズのみとなっており、車名に全て「ピクシス」とついているのが特徴です。

2016年にピクシススペースが生産終了しましたが、現在「ピクシスエポック」「ピクシスジョイ」「ピクシスメガ」「ピクシストラック」「ピクシスバン」の5種類が販売されています。

ピクシスエポック

ピクシスエポック

ピクシスエポック

「ピクシスエポック」はダイハツの「ミライース」のOEM車で、2012年に初代が発売され、2017年には現行の2代目が発売されました。ちなみに、2012年に発売されたスバルのプレオプラスもイースをベースとしており、ピクシスエポック・ミライース・プレオプラスは3兄弟車種です。

ピクシスエポックはベーシックなデザインで、軽自動車としての安さと燃費の良さ、コンパクトボディで小回りのきく軽ハッチバックとして安定した人気があります。

JCO8モードで32.2(4WD)~35.2(2WD)㎞/Lの低燃費を実現しています。

スマートアシストIII

スマートアシストIII

グレードは大まかにB、L、X、Gの4つで、各グレードにSAⅢがあります。

最安値のBで85万8000円、最高値でG”SA”Ⅲの123万2000円(いずれも2WD)です。

2代目からはB”SA”Ⅲから安全性を高める「スマートアシストⅢ」を搭載しています(BとLには搭載されていません)。スマートアシストⅢは衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能、オートハイビームの安全機能が搭載されています。

また、ダイハツの衝突安全ボディ「TAF(タフ)」が採用されていて、衝撃吸収構造のフロントサイドメンバーが万一の事故から乗員を守ります。

小回りがきくため狭い道でもスムーズな運転が可能な上、車内の広さも十分で値段も低価格であることから、ぜひ新車で買いたい!という方にうってつけのクルマです。

ピクシスエポックのスペック&中古車情報

 
【ピクシスエポック】
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1500mm
最大乗車定員4名
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値)(km/L)32.2~35.2㎞/L
※ 上記は2020年2月現在の情報です。
ピクシスエポックの中古車情報(2017年5月~ )
平均価格約88.6万円
中古価格帯約54.9万円~112万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

ピクシスジョイ

ピクシスジョイ

ピクシスジョイ(左からグレードC、F、S)

「ピクシスジョイ」はダイハツの「キャスト」のOEM車で2016年に発売されました。

ピクシスジョイは全車「スマートアシストⅢ」を搭載。グレードは大まかに分けてC、F、Sの3種類でそれぞれ違う個性を楽しめます。

ピクシスジョイCはアクティブなクロスオーバーSUVタイプとなっており、フロントとリアには樹脂のガーニッシュが採用され、外装はクロスオーバーSUVの雰囲気を醸し出すデザインとなっています。

ほかの2つのグレードより最低地上高が30mm高い180mmあり、15インチの大径タイヤ装備で、山道や雪道といった悪路走破性を高めたタイプとなっています。

トヨタ ピクシス ジョイF G SA II

トヨタ ピクシス ジョイF G SA II

ピクシスジョイFはラグジュアリーモデルで、内外装共に都会的で洒落たデザインとなっています。

外装のフロントとリアのバンパーモール、サイドロッカーモールの上品な輝きのメッキガーニッシュは高級感を高めており、内装はスエード調フルファブリックシートとレザー調から選べます。

上品なアーバンスタイルのドライブを楽しめるピクシスジョイFは女性に人気があります。

ピクシスジョイSは充実した専用装備を備え走りを楽しむスポーツタイプです。

2WDにはスポーティーサスペンション、MOMO製革巻きステアリングホイール(7速マニュアルモード・パドルシフト付)を採用。フロント・リアのバンパーは専用のエアロパーツが標準装備となっており、外装・内装のポイントに施された赤いアクセントが個性を引き立てます。

そして、ピクシスジョイはグレードによっても様々なボディーカラーがラインナップされ、内装も多彩なラインナップから選択できるため、さらに自分好みのクルマを演出できるようになっています。

ピクシスジョイのスペック&中古車情報

 
【ピクシスジョイ】
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1600mm(Cの前項は1630mm)
最大乗車定員4名
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値)(km/L)24.6~30.0㎞/L
※ 上記は2020年2月現在の情報です。
ピクシスジョイの中古車情報(2016年8月~ )
平均価格約116.7万円
中古価格帯約79万円~146.3万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

ピクシスメガ

ピクシスメガ

ピクシスメガ

「ピクシスメガ」は、ダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」をベースに作られたクルマで、外装・内装にとどまらずグレード構成や各グレードの名称、価格帯まで「ウェイク」とほぼ同じです。

唯一の違いはエンブレム。外装面では車体正面中央(左右ヘッドライトの間)、内装ではステアリングの中央に付けられているエンブレムが「ウェイク」ではダイハツ、「ピクシスメガ」ではトヨタのものになっているだけで、あとはほぼ同じクルマなのです。

そんな「ピクシスメガ」(ウェイク)のセールスポイントは、何と言っても「車内の広さ」でしょう。

ラゲージスペース(二段積みモード)

ラゲージスペース(二段積みモード)

室内高1455mmというトールワゴンの中でもひときわ高い室内高に加え、多彩なシートアレンジによりあらゆるニーズに応えることができます。4つのシートは独立した配置となっており、リクライニングやスライドも個々のシートごとに可能です。

それに加えて、背の高さは運転のしやすさにも影響を与えています。アイポイント(ドライバーの目の高さ)は1387mmとミニバン並みの数値を実現しており、より遠くまで見通せることで安心感をもたらしてくれるでしょう。

また、安全面でも衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を、6つのグレードのうち「D」をのぞく5グレードで標準装備としています。この「スマートアシストⅢ」装着車は、国の推奨する新たな自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーSワイド(略称:サポカーSワイド)」に認定されています。

ピクシスメガのスペック&中古車情報

 
【ピクシスメガ】
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1835mm
最大乗車定員4名
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値)(km/L)23.2~25.4㎞/L
※ 上記は2020年2月現在の情報です。
ピクシスメガの中古車情報(2015年7月~ )
平均価格約121.5万円
中古価格帯約59.8万円~170.5万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

ピクシストラック

ピクシストラック

ピクシストラック

「ピクシストラック」は、ダイハツの「ハイゼットトラック」をベースとしたOEM車の軽トラックです。

キャッチコピーは「有能で、軽快で、頼れる存在」で、そのフットワークの軽さは最高の使い勝手をもたらしてくれます。

なお、軽トラと言えども安全面の装備にぬかりはありません。グレード名の末尾に「SA Ⅲt」が付く3つのモデルには衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」が標準装備され、これらのモデルは「セーフティ・サポートカーSベーシック+」にも認定されています。

また、EBD機能付のABSが全車に標準装備となっています。

ピクシストラックのスペック&中古車情報

 
【ピクシストラック】
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1780mm
最大乗車定員2名
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
最大積載量350㎏
※ 上記は2020年2月現在の情報です。
ピクシストラックの中古車情報(2014年9月~ )
平均価格約73.9万円
中古価格帯約44.8万円~98万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

ピクシスバン

トヨタ ピクシス バン デラックス SA III(2WD)

トヨタ ピクシス バン デラックス SA III(2WD)

「ピクシスバン」は、ダイハツの「ハイゼットカーゴ」がベースとなるOEM車で、トヨタの軽自動車としては初めての商用車になります。

キャッチコピーは「いろいろ積める。らくらく乗れる。きびきび走る。」で、クルーズターボ“SAⅢ”をのぞく全モデルに「ツインカムDVVT3気筒12バルブエンジン」を搭載。
荷物を満載にした状態でも、きびきびとした走りを実現しています。

また、グレード名の末尾に「SA Ⅲ」が付く5つのモデルには衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を標準装備。これらのモデルは「セーフティ・サポートカーSワイド」に認定されています。

ピクシスバンのスペック&中古車情報

 
【ピクシスバン】
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1875mm(ハイルーフ)、1765mm(標準ルーフ)
最大乗車定員2名、4名(AT車)
駆動方式2WD/4WD
トランスミッションCVT
※ 上記は2020年2月現在の情報です。
ピクシスバンの中古車情報(2011年12月~ )
平均価格約64.2万円
中古価格帯約13.8万円~160万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

ピクシススペース 中古車情報もご紹介!

ピクシススペース

ピクシススペース

「ピクシススペース」は、ダイハツの「ムーヴコンテ」をベースにしたOEM車として販売されていた軽トールワゴンです。

スクエアな車体は運転席からの見通しが良く、小回りの効きやすさとも相まって、誰にでも運転しやすいクルマとなっています。

また、前席・後席ともベンチシートを採用することで車内は広さを感じさせるものとなっており、荷物の積み下ろしもカンタンにできることから多くのユーザーの支持を得ていました。

使い勝手の良さから人気を集めていた「ピクシススペース」ですが、2017年3月にベース車の「ムーヴコンテ」が販売終了となることを受け、その約2ヶ月前の2017年1月に販売が終了されています。

ピクシススペースのスペック&中古車情報

ピクシススペースの中古車情報(2011年9月~2017年1月)
平均価格約64.2万円
中古価格帯約27.3万円~131.7万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

まとめ

トヨタ ピクシス ジョイ

トヨタ ピクシス ジョイ

今回は、トヨタの軽・ピクシスシリーズについて紹介しました。

ちなみに、「ピクシス」とは「いたずらが好きな妖精」という意味の英語「PIXIE(PIXY)」にちなんだ造語とのことです。

バリエーション豊富なラインナップからぜひあなた好みの1台を見つけてはいかがでしょうか。

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。