トップへ戻る

スズキのSUV一覧 ハスラー・ジムニー・エスクードほか

スズキのSUV一覧 ハスラー・ジムニー・エスクードほか

コンパクトでデザイン性も高い軽SUVが欲しいという方。スズキのSUVはどうでしょうか。本記事ではスズキのSUVが気になる方向けに、スズキのSUVをまとめています。(2020年1月現在)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVとは?

スズキ エスクード 2015年

スズキ エスクード 2015年

そもそもSUVとは何でしょう。

SUVはSport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の頭文字をとってSUVと呼ばれています。

日本語に訳せば、多目的スポーツ車です。
多くの場合SUVは4輪駆動で、車体も比較的大型な車種が多い様です、そのためシティユースから悪路・雪道などにも強いということが言える、多用途に使える車です。

スズキとは?

世界第10位の自動車販売台数を誇る、日本の自動車とオートバイ・船外機の製造・販売メーカーです。また、日本国内でオートバイと4輪自動車を製造しているメーカーは、スズキとホンダだけです。(2020年1月現在)

1955年から本格的に四輪軽自動車分野に参入し、 この年以降オートバイと軽自動車の分野でシェアを伸ばし、日本の小型自動車業界でのスズキの名前を確固たるものにしていきました。

【現行車種一覧】スズキのSUV一覧

スズキ エスクード 2015年

スズキ エスクード 2015年

スズキのSUVとして販売されているのは、スズキ SX4 S-CROSS・スズキ ジムニー・スズキ ジムニーシエラ・スズキ エスクード・スズキ クロスビーです(2020年1月現在)。

各モデルについて、スペックなどを含め、ご紹介していきます。

スズキ SX4 S-CROSS

スズキ SX4 S-CROSS 2017年

スズキ SX4 S-CROSS 2017年

SX4 S-CROSS(エスエックスフォーエスクロス)とは、CROSSの名前が示す様に、クロスオーバーSUVのクロスから名づけられた車です。

スズキ SX4 S-CROSSは、コンパクトSUVに分類される車で、全長が4300mmの割には少し広めの全幅1785mmと少々ワイドなボディサイズになっています。

このサイズはライバル車のホンダ ヴェゼルとほぼ同じサイズです。

またスズキ SX4 S-CROSSは、スズキの新世代四輪制御システム「ALLGRIP(4輪駆動車)」を搭載しているのが特長です。

参考:ホンダヴェゼルツーリング

参考:ホンダヴェゼルツーリング

ヴェゼルについて詳しく知りたい方はこちら

ALLGRIPとは

ALL GRIPモードスイッチ

ALL GRIPモードスイッチ

「ALLGRIP」とは、「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなる、スズキ独自の四輪制御システムです。

高い走破性と走行安定性を発揮することで、ドライバーにさらなる走りの楽しさと安心感を提供するために開発されました。

SX4 S-CROSS スペック

【スズキ SX4 S-CROSS】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,300×1,785×1,595mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1150kg~1220kg
燃費JC08モード:16.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)86kW(117PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)151N・m (15.4kgf・m) /4,400 rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッション6AT

SX4 S-CROSS 価格

グレード別価格

2WD・6AT2,180,200円
4WD・6AT2,400,200円

※価格は税込み

※2020年2月現在

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー 2019年

スズキ ジムニー 2019年

スズキのジムニーはスズキを代表するというよりも、日本を代表する小型四輪駆動車ともいえる、存在感のある軽SUVです。

その歴史は古く、1970年より製造が開始され現在も販売され続けています。

そして、1970年発売当時から伝統的な強度と耐久性を重視した、はしご型フレーム(ラダーフレーム)を採用し続けています。

また、サスペンションも前後ともに、現在では多くのメーカーが独立懸架方式を採用している中、リジッドアクスル式サスペンションを使用し続けています。このサスペンションは頑丈でシンプル。そのため、悪路でも偏狭な道でも走行可能になるんです。

このサスペンションを前後採用しているのは国産ではジムニーだけというから驚きですね。

ジムニーは製造開始からすでに半世紀を迎えようとしている車ですが、多くのマイナーチェンジを繰り返しながら、現在もジムニーの進化は進み、安全性能のセーフティ・サポートも充実しています。

スズキジムニー スペック

【スズキ ジムニー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,725mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード16.2
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)96N・m (9.8kgf・m) /3,500rpm
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT

ジムニー 価格

ジムニーグレード別価格

XC 4WD・5MT

1,776,500円
XC 4WD・4AT
1,875,500円
XL 4WD・5MT1,611,500円
XL 4WD・4AT1,710,500円
XG 4WD・5MT1,485,000円
XG 4WD・4AT1,584,000円

※価格は税込み

※2020年2月現在

ジムニーについて詳しく知りたい方はこちら

スズキ エスクード

スズキ エスクード 2017年

スズキ エスクード 2017年

1988年登場のスズキ エスクードは、本格的なクロスカントリーとしての用途にも応えられる性能を持ちながら、高速道路や市街地での走行時の性能や燃費も高めた、乗用車としても快適に使用できる車として開発されました。

目指したのは、クロスカントリーセダン。

当時としては画期的な車の一台でした。

またエスクードは、SX4 S-CROSSと同様に、新世代四輪制御システム「ALLGRIP(4輪駆動車)」を採用しています。

また、エスクードは秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。エスクードが気になる方は、秋まで待ってみても良いかもしれません。

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

スズキエスクード スペック

【スズキ エスクード】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,175×1,775×1,610mm(ホイールベース:2,500mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,220kg
燃費WLTCモード16.0
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)100kW136(PS) /5,500 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)210N・m (21.4kgf・m) /2,100-4,000rpm
駆動方式フルタイム4WD
トランスミッション6速オートマチック

エスクード 価格

エスクードグレード別価格

4WD・6AT2,708,200円

※価格は税込み

※2020年2月現在

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー 2017年

スズキ クロスビー 2017年

ハスラーに似ている外観ですが、車格はハスラーより一回り大きなものになった、ワゴン+SUVという新ジャンルのSUVです。

クロスビーのサイズ感はこれまでにはなく、例えばジープ・レネゲードは4260mm×1805mmで、マツダCX-3は全長4275mm×全幅1765mm。クロスビーは一回り小さく3760mm×1670mmとなっています。

これまでの”コンパクト”SUVの大きさに満足できなかった人にも受け入れやすいサイズです。
大きさ的には初代エスクードのショートバージョンとロングバージョンの中間くらいの大きさにまとめられています。

国内の道路事情を考えますと、コンパクトと銘打つにはこれくらいのサイズがちょうどよい大きさとも言えそうです。

クロスビーにもスズキの最先端技術の、スズキ セーフティ サポートが装備されており、
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルホールドコントロール
・ESP[車両走行安定補助システム]
これらは全車標準装備となっています。

スズキクロスビー スペック

【スズキ クロスビー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm3,760×1,670× 1,705mm(ホイールベース: 2,435mm)
最大乗車定員5名
車両重量960kg
燃費JC08モード:22,0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)73kW(99PS)/5,500rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)50N・m(5,1kgf・m)/1,700-4,000rpm
電動機種類直流同期電動機
最高出力(kW(PS)/rpm)2,3kW(3,1PS)/1,000rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)50N・m(5,1kgf・m)/100rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッション6AT

クロスビー グレード別価格

クロスビーグレード別価格

ハイブリッドMZ 2WD・6AT2,040,500円

ハイブリッドMZ 4WD・6AT

2,185,700円

ハイブリッドMZ

(2トーンルーフ仕様・3トーンコーディネート仕様・スターシルバーエディション)2WD・6AT

2,084,500円

ハイブリッドMZ

(2トーンルーフ仕様・3トーンコーディネート仕様・スターシルバーエディション)4WD・6AT

2,229,700円
ハイブリッドMX 2WD・6AT
1,798,500円
ハイブリッドMX 4WD・6AT
1,943,700円

ハイブリッドMX 

(2トーンルーフ仕様・3トーンコーディネート仕様)2WD・6AT

1,842,500円

ハイブリッドMX 

(2トーンルーフ仕様・3トーンコーディネート仕様)4WD・6AT

1,987,700円


クロスビーについて詳しく知りたい方はこちら

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ 2018年

スズキ ジムニーシエラ 2018年

ジムニーを選択するか、ジムニーシエラを選ぶかは大いに迷うところでしょう、その理由は勿論、シエラはジムニーを単に大きくした車ではないからです。

ジムニー同様に伝統のラダーフレームを採用しておりますが、ジムニーよりも強度などを考慮した、新開発ラダーフレームは、Xメンバーを追加採用するとともに、前後にもクロスメンバーを追加し、ねじり剛性を従来比約1.5倍高めました。

このように、ジムニーよりも更に高い悪路走破性能も備えた、本格的クロスカントリー車へと進化しています。

スズキジムニーシエラ スペック

【スズキ ジムニーシエラ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550×1,645×1,730mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,070kg
燃費WLTCモード15.0
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)75kW(102PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)130N・m 13.3(kgf・m) /4,000rpm
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT

ジムニーシエラ 価格

ジムニーシエラグレード別価格

JC 4WD・5MT1,958,000円
JC 4WD・4AT2,057,000円
JL 4WD・5MT
1,793,000円
JL 4WD・4AT
1,892,000円


※価格は税込み

※2020年2月現在

ジムニーシエラについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

クロスビー インパネ回り

クロスビー インパネ回り

スズキのSUVには長い歴史があり、この歴史を裏付けするかのように人気の高いSUVが数多く発売されています。

特にジムニーは、発売当時より現在に至るまで、大幅な変更を受けることないまま、性能は進化を続けています。

SUVでお悩みの方、スズキのSUV はいかがでしょうか。

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。