トップへ戻る

【納得】トヨタの「ミニバン」!人気の理由を徹底解説

【納得】トヨタの「ミニバン」!人気の理由を徹底解説

トヨタ自動車のミニバンは、沢山の車種があります。エクステリアやインテリアや性能など、車種によって違うので、自分好みの車を探すことが可能です。今回の記事では、トヨタのミニバンについて詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンとは?

白いトヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

トヨタのミニバンはスライドドアを装備したボックス型で、使い勝手が良く、日本国内でのミニバン販売台数ランキングの上位をトヨタ車が独占するほどの高い人気があります。

特徴はワンボックスボディにどの車種にも3列シートが標準装備になっていることです。またルーフが高く装備が充実しているのでトータルバランスがいい点も特徴の一つです。

スライドドアに低重心設計で乗り降りしやすく、ボディの安全性はどのミニバンでも満足できます。

トヨタのミニバンのボディタイプの特徴は?

トヨタのミニバンは、デザインが異なるだけでどれを選択しても同じだと考えていませんか?実はそんなことないんです!

ひと口に「ミニバン」と言っても様々な特徴があるので見ていきましょう。

【特徴1】ボディサイズで自分好みのミニバンを

トヨタ シエンタ

コンパクトミニバンの「トヨタ シエンタ」

トヨタ自動車のミニバンには数種類のレパートリーがあり、他の自動車メーカーと比較しても豊富なボディサイズとなっています。

「Lサイズ」のミニバンでは、車内空間が広く大勢の人を乗せても余裕のある寛ぎ空間を確保できます。また、ミニバンは5ナンバーで小回りや利便性などが重視されています。

さらに「コンパクト ミニバン」は荷物や人を乗せることができるボディサイズで、乗る人のニーズに合わせることができます。

【特徴2】ドライバーに合った調整ができる

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

最近では女性のドライバーも増えており、ミニバンのボディサイズ関係なく、女性が運転する場面でもシートポジションの位置を簡単にアレンジできるといった工夫が施されています。

そのため、自分が運転しやすいように調整することで、身長などによる視界の悪さから解放され安心して運転することができます。

【特徴3】安全性や快適性が優れている

トヨタのサポカー

トヨタのサポカー

たくさんのレパートリーの中から、車を選択することができますが、どのモデルのミニバンにしても「安全性」や「快適性」は高評価な車が多いです。

元々、標準で装備されているもの以外にも、オプションで様々な機能を搭載することができます。

【現行車種一覧】トヨタのミニバン(2020年3月現在)

トヨタから発売されているミニバンは、2020年3月現在6車種です。

それぞれ以下のような特徴があります。

【アルファード】トヨタのミニバンの王者!世界で人気の高級ミニバン

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

トヨタのミニバン「アルファード」は、世界が認める高級ミニバンです。

フロントグリルが印象的な外観からラグジュアリーな内装、運転をサポートしてくれる安全装備など、どれもハイスペックな車種となっています。

大きな車体でありながらも視界も良く小回りも利くため、お値段以上の性能と言っても過言ではないでしょう。

トヨタ アルファードのスペック


【トヨタアルファード 2.5L X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,945mm×1,850mm×1,935mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員8名
車両重量 1,920kg
燃費JC08モード:10.8km/L
エンジン種類 直列4気筒
最高出力134kW(182PS) /6,000 rpm
最大トルク 235N・m (24,0kgf・m) /4,100 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッション Super CVT-i

【ヴォクシー】初代から現行モデルまで支持される車

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、初代モデルは2001年から発売が開始されており、長きに渡り愛され続けているミニバンです。

圧倒的な人気を維持し続けながらも、車体価格は比較的手の届きやすいものとなっており、ファミリーカーとして大変人気のある車となっています。

トヨタ ヴォクシーのスペック

【トヨタ ヴォクシー ガソリン車 X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,695mm×1,825mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員7名
車両重量 1,570kg
燃費JC08モード:16.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力112kW(152PS) /6,100 rpm
最大トルク 193N・m (19.7kgf・m) /3,800 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i

【ノア】低床で乗り降りしやすい

トヨタ ノア

トヨタ ノア

「ノア」はタウンエースノア、ライトエースノアの後継モデルとなっており、20年近い歴史のある車です。

低床で乗り降りがしやすく、荷物の積み下ろし作業も楽にこなせます。

また、室内空間が広く長距離ドライブでも活躍してくれるため、世代をこえて多くの人に愛されている車となっています。

トヨタ ノアのスペック

【トヨタ ノア ガソリン車 X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,695mm×1,825mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員7名
車両重量 1,570kg
燃費JC08モード:16.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力112kW(152PS) /6,100 rpm
最大トルク 193N・m (19.7kgf・m) /3,800 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i

【エスクァイア】車内が広くて快適

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

「エスクァイア」は、室内が広いだけでなく高級感の漂うインテリアとなっており、ドライバーの満足度も高い車です。

外観・エクステリアからも迫力が感じられ、先代よりも横幅を拡大させたフロントグリルはかなり特徴的です。

3列目であっても十分寛げる広さとなっており、乗る人みんな快適なドライブを楽しめます。

トヨタ エスクァイアのスペック

【トヨタ エスクァイア ガソリン車 Xi】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695×1,695×1,825mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員7名
車両重量 1,570kg
燃費JC08モード:16.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)112kW(152PS) /6,100 rpm
最大トルク(N・m/rpm)193N・m (19.7kgf・m) /3,800 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i

【ヴェルファイア】若者に大人気!

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

「ヴェルファイア」は、アルファードの兄弟車で、パワフルな走りも特徴の一つでそのクールな見た目も相まって若者に特に人気のある車となっています。

もちろん居住性にも優れておりシートアレンジも多彩で、友人や家族とのお出かけ、アウトドアなどでの大荷物の運搬などどんなシーンでも活躍してくれます。

トヨタ ヴェルファイアのスペック

【トヨタ ヴェルファイア 2.5 Z】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935×1,850×1,935mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員7名
車両重量 1,960kg
燃費WLTCモード:10.6km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力134kW(182PS) /6,000 rpm
最大トルク 235N·m (24,0kgf·m) /4,100 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i

【シエンタ】トヨタのミニバン1のコンパクトサイズ

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

トヨタのミニバンの中では最もコンパクトサイズなのが「シエンタ」です。

低床タイプなので幅広い世代に使い勝手の良いつくりとなっており、実用性の高さやスマートな見た目、豊富なカラーバリエーションから女性にも人気の車種となっています。

トヨタ シエンタのスペック

【トヨタ シエンタ ガソリン車 FUNBASE X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,675mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員5名
車両重量 1,320kg
燃費JC08モード:20.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力80kW(109PS) /6,000 rpm
最大トルク 136N・m (13,9kgf・m) /4,400 rpm
駆動方式 前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i

まとめ

トヨタ ヴェルファイア (左)とアルファード (右)

トヨタ ヴェルファイア (左)とアルファード (右)

トヨタのミニバンは、車種によってクールであったり親しみやすかったりと見た目やそこから醸し出す雰囲気も違ってきます。

また、それぞれの使い勝手の良さも多少変わってきますので、自分の好みや生活スタイルに合ったミニバンを探してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの評価が知りたい!低燃費は当然、ユーザー目線の評価は

トヨタ アクアの評価が知りたい!低燃費は当然、ユーザー目線の評価は

改良を繰り返しながら販売が続けられているトヨタ アクアは、廉価なハイブリッドカーとしてしっかりとブランド化に成功していますよね。街中で見かける機会も多いですが。しかし、販売台数が多いからといって手放しにいい車と認めるわけにはいきませんよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家によるアクアの評価をまとめていきますので、アクアの真の実力を確かめてみてください。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


最新の投稿


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

CX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。


マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

ぶっちゃけ、マツダ CX-30を購入したオーナーさんは、クルマに満足してるんでしょうか?オーナーさん達の本音が見えるSNSを探って見ましょう!


ダイハツ エッセの中古車情報について紹介!外観の特徴も解説!

ダイハツ エッセの中古車情報について紹介!外観の特徴も解説!

車をなるべく安く入手したいという方は多いでしょう。そんな方におすすめなのが、ダイハツ エッセです。今回はダイハツ エッセの中古車情報や人気モデル、安めでお求めやすいモデルについてご紹介します。