トップへ戻る

ダイハツ ミラジーノ|ダイハツの名車!中古車情報もご紹介

ダイハツ ミラジーノ|ダイハツの名車!中古車情報もご紹介

発売当初、軽自動車らしからぬクラシカルな雰囲気と可愛らしいルックスで瞬く間に人気者となったダイハツ ミラジーノですが、現在では、中古でしか入手できません。今回は、そんなダイハツ ミラジーノの中古車価格相場や、女性ユーザーから支持された理由にも迫ります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミラジーノとは?

ダイハツ ミラジーノ

ダイハツ ミラジーノ

ミラジーノとは、かつてダイハツ工業が製造・販売していたクラシック風の軽自動車となります。

丸目で愛嬌のあるヘッドランプが特徴のフロントフェイスに、オシャレで上質感のあるインテリアで販売直後から人気のある車種となりました。

ミラジーノの歴史

ダイハツ・ミラジーノ

ダイハツ・ミラジーノ

初代ミラジーノL700系が登場したのは1999年3月になります。軽自動車のボディ規格の変更があったことを受け、フルモデルチェンジが施された5代目ミラセダンをベースに開発されました。

ミラクラシックの後継モデルとして誕生したミラジーノという名は、イタリア語で容姿端麗という意味を持つ単語・GIUNONICO(ジュノニコ)が由来となっています。

次いで2004年11月に登場したのが2代目のミラジーノL600系となります。初代の魅力である個性的かつクラシカルな外観・内装を保ったまま、軽自動車に求められる基本性能を追求してより使い勝手が良くなりました。

よりスポーティでモダンな外観へと生まれ変わり、一層シリーズへの人気を高めることに成功したモデルになります。

女性ユーザーから支持されている理由

車とメモ帳(イメージ)

女性人気がある理由は?

5ドアハッチバックのボディは、丸いフォルムや立ち気味のフロントウインドウが印象的で、そんなミラジーノを見て開発者の思惑通りと言うべきかクラシックカーを連想してしまいます。

特にドイツのBMWが持つブランドである、ミニクーパーを思い浮かべてしまう方が多いのではないでしょうか。無骨なSUVや流線形のボディが映えるスポーツタイプよりも、クラシックなスタイルでなおかつ丸いフォルムのミラジーノの方が女性人気が高い傾向にあります。

木目調のインパネやステアリングによって格調高く演出される車内に、単色の本革とスエード調のシートがさらに上質感を底上げしています。キュートな外観とおしゃれな内装が女性の人気を集めました。

ミラジーノの評価

ダイハツ ミラジーノ

ダイハツ ミラジーノ

冬場になると燃費が少し落ちるという評価がありますが、流れのいい道路では夏場とあまり変わらず、郊外ではカタログより燃費が良くなるという評価もありました。

車体が軽く扱いやすくて愛着のわく見た目という評価になっています。

歴代のミラジーノたち

ダイハツ ミラジーノ

ダイハツ ミラジーノ

ミラジーノの基礎知識を学んできたところで、ここからは歴代のモデルを見ていきましょう。

大きく分けると1999年からの初代と、2004年からの2代目に分かれます。また派生バージョンとも言うべき、普通車モデルのミラジーノも一緒に紹介します。

【初代 ダイハツ ミラジーノ】クラシックスタイルの軽

1999年に誕生したのが初代ミラジーノです。L700系と呼ばれ、販売が終了する2004年までの5年間で本家ミラの売り上げの過半数を占めるほど優秀な成績を誇りました。

全車3気筒モデルで、モデルライフを通して5速マニュアル、3速オートマ、4速オートマ、CVTなど多彩なトランスミッションが搭載されました。

ターボはDOHCで64馬力、自然吸気エンジンでは58馬力を示します。

特筆すべき点は車体の軽さであり、現在の軽自動車でも850kg以上が主流であるのに対して初代は780kg前後と非常に軽く、そのお陰でタイヤやブレーキなどの消耗品の寿命が長いことに加えて、燃費も非常に良くなっています。

しかも近年のような高さのある軽自動車とは比べ、初代に採用されているハッチバックはコーナーを曲がる際も動きが軽快となり快適と評判が高くなっています。

シートに座った際の違和感や癖が少なく、天井の高さも手頃と設計に無駄がありません。

初代ダイハツミラジーノの中古事情

よりクラシックカーに近い初代ミラジーノを選ぶ利点は、なんといっても価格の安さです。初期モデルであるため、2代目よりも価格が安くなる傾向にあります。

2000年の秋にはマイナーチェンジが行われており、初代の前期モデルと比べて安全性能が向上しています。

主な改善点はボディの安全性向上と安全に配慮したインテリア設計、マニュアル車へのクラッチスタートシステムの装備などが挙げられます。価格と性能のバランスを総合的に見れば、初代の中でも後期モデルの方がお得です。

注意点としては、維持費の高さを念頭におきましょう。

燃費性能が最近の車よりも劣っており、近年の優秀な車であれば35〜37km/L前後であるのに対して初代は20.5km/L程で、中古車価格は0.8万円台~126万円台がおよその相場となっています。

※車情報サイトResponse、中古車情報調べ(2020年5月現在)

【2代目 ダイハツ ミラジーノ】更にモダンクラシカルに

2代目ダイハツ ミラジーノ

2代目ダイハツ ミラジーノ

2004年11月にフルモデルチェンジを遂げて、初代とは異なり専用設計のボディで登場しました。

先代のクラシックな雰囲気を残しつつも、現代的なアレンジが施されより洗練されたデザインとなっています。

EF型のエンジンを引き継いだものの、ターボモデルや5MTは撤廃して4ATに統一することによって女性向けを意識したモデルとなりました。

自然吸気エンジンにターゲットを絞って、床上の防音や振動抑制を実現させています。

カスタムモデルとして設定された、ミニライトも人気車種となります。フォグランプが追加され、ルックスの良さが際立つようになっています。

ホイールの大きさは14インチアルミから、英国・ミニライト社製の15インチホイールへとサイズアップしました。

なお女性層に対してのアプローチの一環として、ターボモデルが撤廃されています。ラゲッジルームも広く、リアシートを倒すことでさらに面積が広がり多目的に使用できるモデルとなります。

2代目ダイハツミラジーノの中古事情

比較的新しい車に乗りたいという方やモダンなデザインが好きな方、ターボモデルは不要というケースにおいては2代目を選ぶと良いでしょう。

初代との一番大きな違いとして室内空間の広さが挙げられます。全長や全幅など車体サイズ自体は変わらないものの、室内空間を拡張することに成功しました。

本革を使用したスエード調のシートや、木目調のインパネ・ステアリングホイールなど、クラシカルな見た目も人気があります。中古車価格は、0.7万円台~79万円台がおよその相場となっています。

※車情報サイトResponse、中古車情報調べ(2020年5月現在)

【ダイハツ ミラジーノ1000】普通自動車バージョンのミラジーノ

ミラ ジーノ1000

ミラ ジーノ1000

ミラジーノは軽自動車だけでなく普通自動車のバージョンも存在しており、それがミラジーノ1000になります。同シリーズの上位グレードという形で、2002年に登場しました。

ボディは初代ミラジーノから、エンジンに関してはストーリアと同じ馬力のものを採用しています。

ただし個性やコンセプトが埋もれてしまい、1000ccのパワーを持つことが税金や車検費用の面で不利になってしまいました。その結果、2004年に登場した2代目ミラジーノと入れ替わりになるように販売を終了しました。

ただ、1000ccのパワーを持ちながらも780kgという軽さで、速いとは言い切れないものの魅力を感じる方も少なくありません。

ダイハツ ミラジーノ1000の中古事情

リリースされた台数自体が少ないため、初代や2代目よりも中古市場における在庫は少なめになっています。ただ通常の普通自動車にはないバランス感覚と、軽自動車にはないパワー感と余裕に魅力を感じる方もいます。

そのため価格が大暴落するということもなく、安定した価格で供給されている狙い目の車種の1つとなっています。中古車価格は、18万円台~114.8万円台がおよその相場となっています。

※車情報サイトResponse、中古車情報調べ(2020年5月現在)

ミラジーノの専門店!?

ダイハツの人気車種の1つであるミラジーノは、生産終了してから10年以上も経過しているにも関わらず根強い人気を誇ります。その人気は留まることがなく、なんと都市圏においては専門店も存在しています。

関東や関西などの主要都市には、必ずと言っていいほど一軒以上ミラジーノの専門店があります。初代や2代目の在庫はもちろん、マイナーチェンジモデルやオプションパーツまで揃えておりどの店も品ぞろえが豊富となっています。

もし都市圏にお住まいで、ミラジーノを探しているのであれば専門店に足を運んでみるのをおススメします。

まとめ

ダイハツ ミラジーノ

ダイハツ ミラジーノ

ミラジーノは1999年にミラの派生として誕生し、クラシックな見た目とモダンな仕様というバランスの取れたモデルとなります。よりクラシックな見た目と無骨なMTが欲しいなら初代を、モダンかつ扱いやすい車が欲しければ2代目を狙うことをおすすめします。

販売終了してはいるものの人気は未だ衰えず在庫も充実しているため、目的や用途に見合った最高の中古車を入手しましょう。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 中古車

関連する投稿


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


過走行車とは何kmから?中古車購入の際には避けた方がよい?

過走行車とは何kmから?中古車購入の際には避けた方がよい?

中古車を購入するときに比較する基準に走行距離があります。標準的な走行距離より走りすぎていると過走行車と呼ばれます。では実際には何kmから過走行車に含められるのでしょうか?過走行車を安心して乗るためのポイントもご紹介します。


【激安中古高級車】超お買い得?それとも泥沼?今買いなのはどれ?!

【激安中古高級車】超お買い得?それとも泥沼?今買いなのはどれ?!

憧れの高級車!一度は乗ってみたいですよね! 大丈夫です。乗れます。 世の中には、考えられないぐらい安く売られている、中古の高級車があります。 なんでこんなに安いの!?とびっくりするような、激安中古高級車の世界をご案内します!


トヨタのセルシオ!なぜ生産終了になった?魅力に迫る!

トヨタのセルシオ!なぜ生産終了になった?魅力に迫る!

トヨタのセルシオ。販売実績がそれ程悪いわけでもなく、トヨタのフラッグシップサルーンの位置を確個たるものにしていた筈のセルシオですが、2006年に販売終了となりました。今回は、このトヨタのセルシオについて見ていきましょう。


上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

2004年から2015年まで国内販売された日産ムラーノ。洗練されたデザインでシティ派SUVの先駆者といった位置付けで発売されていたこの車ですが、なぜ販売終了となってしまったのでしょうか。本記事ではムラーノについて解説していきます。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。