目次へ戻る

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ MIRAI 新型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ MIRAI 新型 予想CG

本記事ではトヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)のフルモデルチェンジに関する情報をまとめています。

・航続距離はどれくらい伸びる?
・ワールドプレミアはいつ?
・ミライってそもそもどんな車?

といった疑問にお答えします!

新型MIRAI(ミライ)初のフルモデルチェンジでどう進化する?

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

航続距離はどうなる?

新世代燃料電池システムを採用し、水素タンクを再設計することで、容量アップを図ります。

これにより航続距離は650kmから840km程度まで伸びると予想されています。

航続距離は、燃料電池車を購入検討している方にとって購入の決め手となる重要ポイントだと思いますので、航続距離向上に期待したいですね。

デザインはどうなる?

《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ MIRAI 新型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ MIRAI 新型 予想CG

画像は予想CGですが、エクステリアでは、コンセプトをベースにフロントを量産型用に大きく変更されるほか、グリル、両サイドに吸気口が設置され、デザインもLEDと繋がる縦型ディフューザーが設置されるとみられています。

またアンダーグリルは、若干小型化、前面に押し出したデザインなったほか、グリルにはヘッドライトにつながるU型メッキ、アンダーグリルにも同じくU型メッキ、さらにはフロントからサイドのアンダーにもメッキを多用し、現行モデル以上に高級感あふれるセダンになりそうです。

次期型プラットフォーム採用

次期型MIRAI(ミライ)では「TNGA」プラットフォームを採用。

駆動方式が前輪駆動から後輪駆動へ変更されるほか、ホイールベースを2780mmから2920mmへ延長します。

これにより、乗車定員が4名から5名へと変更されます。

安全性能の向上

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

安全面では「トヨタセーフティセンス」最新世代を搭載するほか、車載通信機「DCM」(データ・コミュニケーション・モジュール)を標準装備した「つながるクルマ」に。

パワーユニットは?

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

《photo by Toyota》トヨタ MIRAI コンセプト

パワーユニットは、燃料電池+最高出力155psを発揮する電気モーターを搭載します。

また、キャビン内では、12.3インチのワイド・インフォテイメントシステムを搭載することで、シンプルで操作性が大幅に向上される予定。

ワールドプレミアは2020年秋ごろか

新型MIRAIのワールドプレミアは今夏と予想されていたのですが、新型コロナウィルスの影響により遅れが生じています。

早くても今秋以降となりそうです。

【おさらい】トヨタのMIRAI(ミライ)ってどんな車?

トヨタ ミライ

トヨタ ミライ

MIRAIは、トヨタ初の市販燃料電池セダンとして2014年から販売され、2020年6月19日に初代モデルは生産終了となりました。

車名の由来は、文字通り「未来」から。光岡自動車以外で和名を使っている珍しい車です。(他社ではスズキの「兆し」など)

MIRAIは、自社開発の新型トヨタFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、加えて、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現しています。

また、3分程度の水素の充填で走行距離約650kmを達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を備えているのも特徴。

ちなみに、米国では、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで30年後の未来とされた2015年10月21に発売するという粋な計らいがありました。

第24回地球環境大賞、第25回「日経地球環境技術賞」において最優秀賞受賞を獲得するなど高い評価をされています。

2019年の東京モーターショーで新型のコンセプトモデルが発表されていましたが、いよいよ市販モデルの発表が近づいてきています。

MIRAIにとって、6年ぶり、初のフルモデルチェンジとなります。

そもそも燃料電池自動車(FCV)って何?

燃料電池車とは

燃料電池車とは

そもそもFCV(燃料電池自動車)は、燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る車のことです。

ガソリン内燃機関自動車が、ガソリンスタンドで燃料を補給するのと同様に、

燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給します。

ガソリン車に比べ、自然に優しいエコなクルマですが、燃料補給のためのインフラ整備などが課題として言われています。

燃料電池車(FCV)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

初代ミライ

初代ミライ

本記事では、トヨタのMIRAI(ミライ)初のフルモデルチェンジに関する情報についてご紹介いたしました。

まだまだ燃料電池車は普及している、とは言いづらい状況ではありますが、この新型MIRAI発売によって、料電池車デビューする人が今後、増えてくるかもしれませんね。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 ミライ

関連する投稿


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


ハリアーに負けてない!レクサスNXの魅力をご紹介、次期型情報も

ハリアーに負けてない!レクサスNXの魅力をご紹介、次期型情報も

トヨタの新型ハリアーがデビューして、高級SUV界の話題は一気にハリアー一色になっていますね。しかし、ハリアーとサイズの近いレクサスのSUV、NXは、新型ハリアーにも劣らない上質なSUVとして、2014年のデビューから変わらぬ人気を維持し続けています。本記事ではレクサスNXについてライバル車との比較や、気になる次期型の情報等を併せてご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。