トップへ戻る

究極のエコロジー?水と電力で走るバイクと水素ロータリーエンジンを紹介

究極のエコロジー?水と電力で走るバイクと水素ロータリーエンジンを紹介

今回紹介するのは、究極のエコロジーといっても過言ではないバイクとエンジンです。1つは水と電力で走るバイク、そしてもう1つはマツダが開発をしていた水素ロータリーエンジンになります。これらがどういうものなのかを、少し掘り下げてみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


水を燃料として走るバイク

1リッターの水で500km走る!?エコなバイク T Power H20

参考動画

まず最初に紹介するのは水を燃料として走るオートバイです。T Power H20という名称のついたオフロードバイクになります。

サンパウロ在住のRicardo Azevedo氏が発明したオートバイで、なんと1リッターの水で航続距離500kmという驚異的な性能を誇ります。

自動車メーカーから販売されている電気自動車をも超えるこの発明心溢れるオートバイの仕組みですが、水の電気分解の仕組みを用いて水分子から水素を取り除くというものです。この一連のプロセスによってエンジンの燃焼工程に必要なエネルギーが生まれ、オートバイを動かします。

水を燃料としているため、燃焼工程を経て排気されるのは水蒸気のみです。環境負荷の大きい排気ガスが出てこないため、エコロジーなものとなっています。

排出ガスが出てこないという面では電気自動車も同じですが、それと比べてT Power H20は水とバッテリーを用いて燃焼に必要なエネルギーを自ら生み出しているので、真のエコな乗り物といっても言い過ぎではないでしょう。

マツダが開発した水素ロータリーエンジン

水素ロータリーエンジンとは?

RX-8 ハイドロジェンRE

水素ロータリーエンジンは水素を燃料に使うことができるロータリーエンジンです。当然、マツダ車独自のロータリーエンジンが使われています。このエンジンを初めて搭載した車種がRX-8 ハイドロジェンREです。2004年に発表され、当時は大きな話題を読んだことを覚えている人も幾人かいるのではないでしょうか。

水素ロータリーエンジンのメリットの1つはすでにあるロータリーエンジンを用いているため開発にかかるコストを抑えることができる点です。既存の部品を使っているので、その分コストが軽減されます。

もう1つはデュアルフューエルシステムを採用することによる使い勝手の良さです。水素燃料とガソリンの両方を燃料として使用することができるので、長距離移動で水素が足りなくなったときや近くに水素ステーションがない場合でも燃料切れにならずに走行を続けることができます。水素燃料とガソリン燃料の切り替えはボタン1つ押すだけなど、効率が良いです。

水素ロータリーエンジンの構造

水素ロータリーエンジンでは電子制御ガスインジェクター方式直噴が採用されています。ここから水素が噴射されるのです。

噴射された水素は吸気室にあるわけですが、燃焼室内部にあるローターが回転することによって噴射された水素は燃焼室へと移動します。燃焼室でプラグが点火して燃焼が発生、それによって動力が生まれるのです。

レシプロエンジンでもよく見かけるようになった直噴エンジン、ロータリーエンジンでは構造的にインジェクター関係のレイアウトに融通が効くことのことで、高出力化を狙って直噴化したのがその理由となっています。

先ほど説明したように吸気室と燃焼室が異なるということも水素ロータリーエンジンの重要箇所なのです。吸気室は燃焼室と比べて温度が低く、バックファイアと呼ばれる(高音部に触れた水素が着火すること)現象を防ぐことができます。

吸気・圧縮・燃焼・排気が全て同じシリンダーで為されるレシプロエンジンでは難しい一方、吸気室と燃焼室が分けられているロータリーだからこそ実現できたとも言えるでしょう。

水素ロータリーの開発は凍結中

しかしながら、水素ロータリーエンジンの開発は現在凍結されています。その理由として挙げられているのがインフラで、水素ロータリーエンジンが普及するために必要となるインフラの整備や水素ガスの供給などが間に合っていないのです。

しかし、すでに存在していたロータリーエンジンを活かして水素で走るエンジンを生み出した点や、ロータリーエンジン特有のフィーリングを感じることができるなど、水素ロータリーエンジンは車好きなら期待に胸躍らすこと間違いなしのエンジンでしょう。

【参考】水素ロータリーエンジンを搭載する車

マツダ プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッド

水素ロータリーエンジン搭載車であるRX-8 ハイドロジェンREの次に開発されたのがプレマシー ハイドロジェンREハイブリッドです。

プレマシー ハイドロジェンREハイブリッドはデュアルフューエルシステムを継承しつつも、RX-8 ハイドロジェンREにはなかったハイブリッドシステムが新たに採用されています。

駆動ユニット出力の40%向上や、水素の燃焼エネルギーを電気エネルギーへと変換させてモーターを駆動させ、結果的に航続距離200kmを達成したのです。

この他、ゼロエミッションモデルとしてプラグイン化や高電圧バッテリーの大容量化が為されたプレマシーハイドロジェンREレンジエクステンダーEVというモデルもあります。

まとめ

RX-8 ハイドロジェンRE

水と電気で走るオートバイのT Power H20とマツダの水素ロータリーエンジンを紹介しました。

水と電気で走るオートバイは1リッターで500kmも走ることができるので魅力的ですし、水素ロータリーエンジンは開発が凍結中であるとしても車好きやロータリーエンジンファンなら魅了されることでしょう。

電気自動車が普及して将来的にエンジン搭載車両がなくなってしまうと考えるのは、まだまだ時期尚早かもしれません。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

クルマは欲しいけど、新車は高いし・・・と思っているアナタ!大丈夫です!我々にはマツダの中古車があります!マツダのクルマはデザインがカッコいいので、古いクルマには見えない!という素晴らしいメリットがあります!一緒にお買い得なマツダの中古車を探していきましょう!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。