トップへ戻る

超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

20世紀初頭にドイツで誕生した伝統あるブランド「マイバッハ」。マイバッハは乗る者に最高のステータスを約束する超大型セダンです。今回は長い沈黙を破り21世紀に復活を遂げた最高級セダン、マイバッハの魅力を伝えます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マイバッハとは?どんな車?

メルセデスマイバッハ Sクラス

メルセデスマイバッハ Sクラス

メルセデス・マイバッハとは、ドイツの自動車メーカーであるメルセデスベンツが生産・販売するセダンタイプの高級乗用車になります。ベンツブランドの高級セダンといえばSクラスが有名ですが、マイバッハはSクラスよりも更に上級グレードのセダンとなります。

車体の全長・車両重量の異なる2種類のモデルが用意されていますが、日本に導入されている短いタイプでも全長は5.4mを超えるビッグサイズとなります。車体が短いタイプはオーナーが運転を楽しむためのもので、長いタイプではオーナーは後席で快適に過ごせるように設計されています。

マイバッハはSクラスのロングモデルよりもホイールベースが20cm以上も延長されており、後席のスペースに当てられています。後席のシートは43.5°までリクライニングが可能で、マッサージ機能や大画面モニターなどを備えます。車内には、飛行機のファーストクラスシートのような空間が存在します。

マイバッハは車体のサイズが大きいだけでなく、メルセデスベンツが持つ最高の技術が多く採用されています。長距離の高速走行に耐える強固なパワートレインを備えており、欧州のアウトバーンを200km/hもの高速巡航が可能となっています。

15m先の路面の凹凸をカメラで検知してサスペンションを制御することで衝撃を吸収する、「マジックボディコントロール」も備えています。

このクラスの高級車となると、国家元首クラスの要人が移動のために使用することも珍しくありません。そのため、オプションで防爆・防弾仕様も用意されています。

車体のサイズ・豪華さ・自動車としての性能面において、マイバッハはメルセデスベンツの頂点に君臨する高級車といえるでしょう。

マイバッハの歴史

MMエンブレム

MMエンブレム

「マイバッハ」とは1909年にドイツで設立されたエンジンメーカーで、1920~1930年頃にかけて高級車の製造・販売も手がけていました。20世紀前半はドイツの高級自動車メーカーであり、戦前は戦車や鉄道用のガソリンエンジンを製造していました。

戦前はヒトラー総統がベンツの高級車を好んだことで知られていますが、マイバッハはベンツのライバルでした。

戦後になって1950年代にダイムラーベンツの傘下に入り、ベンツに吸収されて今日に至ります。マイバッハはベンツに吸収されて消滅しましたが、21世紀に最上級クラスのセダンのブランド名として復活しました。

21世紀に復活したマイバッハ

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

ここから、現在販売されている最新のメルセデス・マイバッハのモデルをご紹介します。

マイバッハの魅力

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

21世紀に復活したメルセデス・マイバッハは他の高級車にはない魅力があり、世界中の多くのセレブを魅了する存在と言え、外装・内装の豪華さや走行性能の面において、他の乗用車を凌駕する性能を備えています。

マイバッハには多くの特徴がありますが、特に注目すべき点は内装の豪華さと快適性になります。ボディはSクラスよりも20cm以上も延長され、後席は背の高い人でも足を伸ばせます。後席のシートは左右独立式の2人掛けも選択でき、広い車内でより優雅に過ごすことができます。

S560の車体の重量は軽く2tを超えていますが、469馬力もの高出力エンジンを搭載しているので加速性に優れていて高速巡航も可能となっています。最高速度(巡航速度)は200km/hを超えており、長距離の走行でも快適に過ごせます。

メルセデスベンツ メルセデス・マイバッハS560の新車事情

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス・マイバッハS560は注文販売で、オーダー後に製造が開始されます。日本国内でもオーダーが可能で、メルセデス・ベンツ日本直営の専用ショールームなどで商談・注文を受け付けています。

国内の販売価格はベースモデルだと2,398万円で、オプションを追加すると軽く3,000万円を超えます。
(公式サイト7月現在)

メルセデス・マイバッハS560のスペック

【メルセデス・ベンツ メルセデス・マイバッハ S 560】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,465mm×1,915mm×1,495mm
ホイールベース3,365mm
最大乗車定員5名
車両重量2,300kg
燃費JC08モード:9.1km/L
エンジン種類DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
最高出力345kW(469PS)/5,250-5,500rpm
最大トルク700N・m(71.4kgf・m)/2,000-4,000rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T
(2020年7月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデスベンツ メルセデス・マイバッハS 560 4MATICの新車事情

全輪駆動のS560 4MATICの販売価格は、後輪駆動のS560と同じ2,398万円に設定されています。

メルセデス・ベンツ日本直営の専用ショールームなどで商談・注文を受け付けています。

(公式サイト7月現在)

メルセデス・マイバッハS560 4MATICのスペック

【メルセデス・ベンツ メルセデス・マイバッハ S 560 4MATIC】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,465mm×1,915mm×1,495mm
ホイールベース3,365mm
最大乗車定員5名
車両重量2,330kg
燃費JC08モード:8.4km/L
エンジン種類DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
最高出力345kW(469PS)/5,250-5,500rpm
最大トルク700N・m(71.4kgf・m)/2,000-4,000rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション電子制御9速A/T
(2020年7月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデスベンツ メルセデス・マイバッハ S 650の新車事情

メルセデス-マイバッハ S650

メルセデス-マイバッハ S650

後席優先のS650もS560と同じように予約注文となっており、オーダー後に製造作業が開始されます。メルセデス・ベンツ日本直営の専用ショールームなどで商談・注文を受け付けています。

S650の新車価格はベースモデルだと2,930万円で、S560よりも500万円程高く設定されています。
(公式サイト7月現在)

メルセデス・マイバッハS650のスペック

【メルセデス・ベンツ メルセデス・マイバッハ S 650】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,465mm×1,915mm×1,495mm
ホイールベース3,365mm
最大乗車定員5名
車両重量2,360kg
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類SOHC V型12気筒ツインターボチャージャー付
最高出力463kW(630PS)/4,800-5,400rpm
最大トルク1,000N・m(102.0kgf・m)/2,300-4,300rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御7速A/T
(2020年7月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデス・マイバッハ(2014年から)の中古車事情

2014年に登場したメルセデスマイバッハも日本国内で販売されていて、一部の車両は中古車市場で流通していますが、販売されている中古車は数が限られています。

2020年7月時点における中古車の価格帯と走行距離をご紹介します。

S560およびS560 4MATIC:1,420~1,780万円程(走行距離320km~9.2万km)
S650およびS650プルマン:1,980~6,818万円程(走行距離0.2km~2.2万km)

(2020年7月現在の情報)

マイバッハ(2002年から2010年)の中古車事情

2002年~2010年にかけて、メルセデス・マイバッハ57・62は日本国内にも輸入されていました。一部は中古車として販売されていて、新車と比べるとかなりリーズナブルな価格で入手できます。2020年7月時点における中古車の価格帯と走行距離をご紹介します。

57および57S:470〜1980万円程(走行距離1.2~10.5万km)
62および62S:698~2,980万円程(走行距離2.0~15.2万km)

走行距離が少なくて状態の良いものや高価なオプションを装備した一部の車両については、価格が応相談となっています。

(中古車情報レスポンス7月現在)

マイバッハのライバルたち

ロールスロイス・ゴースト

ロールスロイス・ゴースト

ここでは、マイバッハのライバル車をご紹介します。

ロールスロイス ゴースト

ロールスロイスは、英国の高級車メーカーとして知られています。ロールスロイス・ゴーストは全長が5.5mで新車販売価格が3,474万円〜なので、マイバッハと同じサイズ・価格帯のライバル車になります。

ゴーストは最上級セダンであるロールスロイス・ファントムを小型化した乗用車で、ドアが観音開きであるという特徴があります。

ベントレー ミュルザンヌ

ベントレー・ミュルザンヌは全長5.6m・車両重量2.6tで、マイバッハS560とほぼ同じくらいのサイズの上級セダンになります。2020年6月に生産が終了するまでは、ベントレーのフラッグシップモデルでした。

ベントレーは元々スポーツカーのメーカーで、ミュルザンヌの最高速度はスーパーカーに匹敵する305km/hとなっています。

トヨタ センチュリー

日本人がマイバッハの購入を検討する場合は、トヨタ・センチュリーも候補に挙げられることがあります。センチュリーはトヨタブランドの中では最上級セダンで、全長5.3mで車両重量は2.37tになります。センチュリーの新車価格は1996万円〜で、マイバッハよりも低めに設定されています。

センチュリーの特徴は、パワートレインに先代レクサスLSと同じハイブリッド機構が採用されています。ハイブリッドエンジンを搭載することで、静粛性と低燃費を実現しています。

まとめ

メルセデスマイバッハSクラス改良新型

メルセデスマイバッハSクラス改良新型

ベンツは高級車ブランドとして知られていて、セダンであればEクラスやSクラスが有名になります。マイバッハはSクラスを超える最高グレードの高級セダンで、世界有数の高級車のひとつと言えるでしょう。

関連するキーワード


セダン マイバッハ

関連する投稿


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

高級感では他の追随を許さないセダンは、ブランド力のある輸入車の中でも特別なステータス性を有していますね。日本国内の新車市場では、オーソドックスな車型であるセダンのシェアはかなり小さくなっていますし、海外においてもセダン離れの流れは同様に加速しているようですが、その結果、今選べる輸入セダンは「味が濃い」ものが多数。輸入セダンの最新のおすすめを、3台ご紹介していきます。


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【今こそ買いたい】最新国産セダン おすすめ3選!ビシッとフォーマル

【今こそ買いたい】最新国産セダン おすすめ3選!ビシッとフォーマル

セダンはもはやなくなったも同然、誰も選ばない、なんて言われ始めて何年が経つのかわかりませんが、いまだに現行車のラインナップにはセダンがしっかり残っていますよね。しかもここ最近のセダンは、優れた走行性能はそのままに、年齢層高めのイメージも強かったこれまでのセダンとは異なるシャープなデザインまで手に入れている様子。最新おすすめの3台をご紹介していきます。


【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

近年、自動車の価格がどんどんと上昇していく中でも、庶民の味方であり続けてくれているのが軽自動車です。市場ではより高価格帯のスーパーハイトワゴンが人気ではありますが、軽自動車の広いラインナップの中では、新車でも非常にリーズナブルな価格設定がされている車もたくさん。今回は、そんな新車でお安い軽自動車を、タイプ別にまとめてみました。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。