トップへ戻る

おすすめ5選!グッとくる高級セダンをご紹介

おすすめ5選!グッとくる高級セダンをご紹介

ここ最近のトレンドはSUVブームが続いています。かつての人気車種であったセダンの人気は低迷しているとも言われていますよね。けれど、そんな状況でも根強いセダンファンは存在しています。今回はそんなセダンファンの方へ向けて、カッコイイ高級セダンをピックアップしお届けしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


高級車のセダンって本当のところ、どんな車?

まずは高級セダンについて、主ないくつかの特徴をまとめてお伝えしていきます。まずはセダンの定義やどんな車なのかについて少しだけおさらいをしていきましょう。

セダンとは?

みなさんはセダンがどんな車なのかご存知ですか。セダンとは3ボックス・4ドアの車種のことをいいます。

詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか。中には2ドアでセダンとして売り出されているものもありますが、一般的には4ドアのモノがセダンになります。

セダンは安全性や走行安定性が高く、国内外問わずほとんどのメーカーで発売されています。昨今はSUVが人気を集めていますが、セダンの人気もまだまだありますよね。

では次に、セダンは見た目の外観でカッコイイのかについて考えていきましょう。

外観はカッコイイ?

高級セダンの見た目は、「カッコイイ」の一言につきますよね。特に外車なんかは細部に渡りこだわりが感じられます。内外装も職人が一つ一つ手作業で作られた車なんかもありますよね。

年齢層の高い世代には、特に人気がある車になるのではないでしょうか。今のシニア世代が若い頃なんかはセダン人気が高かったようです、

そんな見た目がカッコイイセダン。安全性能はどのようになっているのでしょうか。

安全性能は?

セダンは車の先頭部分にボンネットが広くとられています。後ろにも荷室があるため、室内空間の前後を広く確保していることで、ボディ剛性や予防安全性能の面でも高くなっており、他のボディタイプより頑丈な作りとなっており、居室空間まで衝撃も伝わりにくくなっています。

そして、高級セダンは安全性能も充実していますので、事故を未然に防ぐ効果も高まっています。

ではそんな安全性能も高いセダン。普段使いの面では実際のところどうなのでしょうか。

普段使いは便利?

セダンの普段使いは、運転席が低くなっていますので、視認性が悪くなっています。SUVやミニバンは視認性が高くなっていますので、それらと比較すると車体自体も大きいモノも多く、普段使いの面では小回りや運転もしにくくなってしまうのかもしれません。

しかし、走行性能の高さには定評がありますので、高速道路など遠出などは振動が少なく乗り心地の面では安定し、とても良くなります。

燃費性能では、排気量が多い場合は燃費も悪くなりがちですが、ハイブリッド車の場合は従来のガソリン車と比較しても実燃費が2倍以上になる場合もみられ、またハイブリッド車は税金などの維持費が安くなる場合もあります。騒音も少なくスムーズな走りで普段使いもいいでしょう。

色々とセダンを深掘りして来ましたが、気になる価格。おいくらぐらいになっているのでしょうか。

価格はいくらくらいになる?

高級セダンというくくりで言うと、価格帯は1,000万円前後というのが一定のラインになるのではないでしょうか。(個人の見解にもよります)

けれど、一般的に日本国内での高級車の定義は、約400万円以上が高級車と考えられています。

本当にさまざまな高級セダンが国内外車でありますよね。そこで、高級セダンと言われていて、憧れの的になるような人気車種を5選、選りすぐってみましょう。

どんな高級セダンがあるのでしょうか。次で詳しい高級セダンの車種について考えていきます。

高級セダンの人気車種5選

高級セダンの人気車種を5選、ご紹介していきます。

レクサスLS

レクサス LS500h バージョンL

レクサス LS500h バージョンL

レクサスLSはトヨタが展開している高級ブランドレクサスのフラッグシップセダンとして販売されている高級セダンになります。

初代から3代目まで日本国内で「トヨタ・セルシオ」の名称で販売されていました。また、4代目モデルからはハイブリッド車も追加されました。

レクサスのフラッグシップモデルで最高級セダンとして位置づけされているLS。内外装のデザインや最先端のテクノロジーも備わっています。

LSの魅力は力強い走りを楽しみことができるのが楽しみの一つと言えます。

レクサス・LSのスペック

【レクサス LS500 ベースグレード 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235mm×1,900mm×1,450mm
ホイールベース3,125mm
最大乗車定員5名
車両重量2,150kg
燃費JC08モード:10.2km/L
(2020年8月現在 レクサス公式サイトより)

BMW・7シリーズ

BMW 7シリーズ

7シリーズはドイツの自動車メーカーBMWが製造・販売している高級セダンになります。7シリーズの特徴はオーナー自らがハンドルを握る車(オーナードリヴンカー)としての性格を強調している点が特徴的となっています。

現在は第6世代となる7シリーズが2015年10月に発売されています。

また、BMW7シリーズはBMWを代表する高級セダンとなっています。品質など細部に渡り徹底したこだわりが感じられます。技術的にも常に追求している7シリーズは、高い開発能力とこだわりを兼ね備えた高級セダンと言えます。これからの開発の躍進も楽しみの一つです。

BMW・7シリーズのスペック

【BMW 740i スタンダード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,125mm×1,900mm×1,480mm
ホイールベース3,070mm
最大乗車定員5名
車両重量1,840kg
燃費JC08モード:12.1km/L
(2020年8月現在 BMW公式サイトより)

アウディA8

アウディ A8 新型

アウディA8はドイツの自動車メーカーアウディが製造販売している高級車になります。1988年に登場したアウディ・V8の後継モデルとして1994年にデビュ―しました。

現在は4代目となっており、2018年10月15日より日本での販売を開始しています。

アウディA8は走行性能に関わるスペックで全て最高級の数値を誇っているのも売りの一つです。スポーティな部分とラグジュアリーさが融合しているカッコイイ高級セダンと言えます。

アウディ・A8のスペック

【アウディ・A8 55 TFSI quattro】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,170mm×1,945mm×1,470mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員5名
車両重量2,040kg
燃費JC08モード:10.5km/L
(2020年8月現在 アウディ公式サイトより)

メルセデスベンツ・Sクラス

メルセデスベンツ Sクラス 現行型

メルセデスベンツ Sクラス 現行型

メルセデスベンツ・Sクラスはドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開している高級セダンになります。

Fセグメントに属しており、現在発売されているのは6代目となり、2013年5月に発表されています。

Sクラスのコンセプトは、ユーザーが車に求めるすべての要素を備えるという確固としたコンセプトを備えています。

Sクラスの基本性能も最上級という言葉がピッタリ。Sクラスに乗っているだけで、その名の通りの感動も。本当にカッコイイの一言に尽きる車となっています。

メルセデスベンツ・Sクラスのスペック

【メルセデスベンツ S400d スポーツリミテッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,155mm×1,915mm×1,495mm
ホイールベース3,035mm
最大乗車定員5名
車両重量2,100kg
燃費JC08モード:14.2km/L
(2020年8月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

日産 シーマ

日産 シーマ

シーマは日産が製造・販売しています。日産の最高級セダンになり、Fセグメントに値します。1988年より「セドリック」・「グロリア」よりも上級の車種として発売されました。

現行モデルは5代目モデルとなり、2012年から発売されています。また走行性能や環境性など高次元で両立しているモデルとなります。

室内空間もゴージャスなつくりでVIPなどをお出迎えするにも、恥ずかしくない空間を実現し、内外装どれを取っても満足度の高い仕上がりとなっています。

一度は高級セダン「シーマ」に乗って優越感に浸ってみたいですよね。

日産シーマのスペック

【日産シーマ HYBRID VIP G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,120mm×1,845mm×1,510mm
ホイールベース3,050mm
最大乗車定員5名
車両重量1,940kg
燃費JC08モード:12.4km/L
(2020年8月現在 日産シーマ公式サイトより)

高級セダンはどれもゴージャスな作りで、見ているだけでうっとりしてしまいますよね。お値段もそれなりにしますが、一生に一度は乗れるものなら乗ってみたいと感じませんか。

ご自身で気に入ったモデルを見つけて、まずは試乗に出かけるのもいいかもしれません。一生に一度のステキな買い物を良く吟味し、ステキな高級セダンに出会えるといいですね。

まとめ

本記事では高級セダンについて色々とまとめてお伝えしてきました。内外装、どれを見てもかっこいい高級セダンはたくさん存在します。価格帯や見た目、ご自身の好みに合った高級セダンを選んでみてくださいね。

関連する投稿


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタは、車のジャンルも幅広く展開しており、自分の好みに合った1台を見つけることができます。もちろんセダンの車種も豊富に取り揃えているので、コンパクトなモデルから、ラグジュアリーに乗れるモデルまであります。ではトヨタのセダンはどのような種類があるでしょうか?特徴や評価など詳しくご紹介します。


セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

トヨタのフラッグシップセダンであるクラウンについて詳しくご紹介します。また、日本市場ではやや存在感が薄れているセダンの魅力、メリットについて改めて紹介し、同時にクラウンがいかに優れた車なのかを解説します。


トヨタ カムリの魅力とは?世界で愛される高級セダン

トヨタ カムリの魅力とは?世界で愛される高級セダン

日本のみでなく、世界中で愛されている高級セダンであるトヨタ カムリについてご紹介します。カムリの詳細や魅力について解説すると共に他のメーカーのセダンや、近年人気が高まっているSUVとの比較などを行います。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。