トップへ戻る

車高調って何ができる?メリット・デメリットも

車高調って何ができる?メリット・デメリットも

ご自身の車の車高を変えることにより、よりスポーティにみせたり外観を変える上で欠かせないパーツに「車高調」と呼ばれるものがあります。今回はこの車高調についてご説明していきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車高調って何?

クスコから CR-Z 用車高調サスペンションキット

クスコから CR-Z 用車高調サスペンションキット

まず、車高調と言う言葉について説明します。

車高調とは、正確には「車高調整式サスペンション」と言います。これを呼びやすく短くした言葉が『車高調』というわけです。

車高調って合法なの?関連法規まとめ

車高調で車高を変えた車はすごく目立つけど、そもそもこれって合法なの?と疑問を持たれる方も居るかも知れません。

日本の道路を通行する車両は、国土交通省の定める『道路運送車両の保安基準』の第3条細目告示〈第二節〉第85条で”自動車の地上高(全面)は、9cm以上であること。”とという規定の適用を受けます。

つまり、最低地上高が9cm以下の車両は公道を走行してはならないということです。また、最低地上高を測定する際の条件も細かく決められており、

”イ. 測定条件
地上高は、次の方法により求める物とする。 
(1)測定する自動車は、空車状態とする。
(2)策定する自動車のタイヤ空気圧は、規定された値とする。
(3)車高調整装置が装着されている自動車にあっては、基準(中立)の位置とする。ただし、車高を任意の位置に保持することが出来る車高調整装置にあっては、車高が最低となる位置と車高が最高となる位置の中間の位置とする。
(4)測定する自動車を舗装された平面に置き、地上高を巻き尺等を用いて測定する。
(5)測定値は、1cm未満は切り捨て、cm単位とする。”

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示〈第二節〉第85条より
https://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokukokuji/saikoku_085_00.pdf

となっています。

また、最低地上高だけでなく、車両の全高が車検証記載値から4cmを超えて変わってしまう場合は、構造変更検査が必要になるので、その点も注意が必要です。

車高を変える意味

テインの車高調キット「モノレーシング」を試乗

テインの車高調キット「モノレーシング」を試乗

車高を変えることにはどのような意味があるのでしょうか?

まず、第1に挙げられるのは、見た目の印象をガラッと変えることが出来るという点と、次に挙げられるのは、乗り心地を変えられるという点です。

次の項で、ローダウンするメリット・デメリット、リフトアップするメリット・デメリットに分けて解説します。

車高調でローダウンするメリット・デメリット

車をローダウンするメリットは、見た目から受ける印象の変化です。より地面に近く、低く構えたフォルムからは、見る者は精悍な印象を受けるでしょう。

また、重心が低くなることで、操縦安定性が向上することも期待出来ます。

ローダウンするデメリットとしては、いわゆる”路面からの突き上げ”を拾いやすくなることが挙げられるでしょう。簡単に言ってしまえば、乗り心地が悪くなる可能性があるということです。

車高調でリフトアップするメリット・デメリット

車をリフトアップすることのメリットは、見た目の印象の変化もさることながら、運転する人の目線の位置、アイポイントが高くなることでしょう。これにより見晴らしよく、より快適に運転することが出来る様になります。

車をリフトアップすることのデメリットは、コーナリング時に、車体のロールが大きくなってしまうことです。

ロールとは、簡単に言うと、車体を左右方向に傾斜させようとする力です。当然ながら、ロールが小さい方が乗り心地は良くなります。

サスペンションをより硬い物へと交換することでもロールを抑える効果が期待出来ます。

車高調とダウンサスの違いは?

マツダ3用ローダウンスプリング

マツダ3用ローダウンスプリング

車高調とよく似ている物に、ダウンサスがあります。

ダウンサスとは、文字通り、車高を下げる為のサスペンション(ばね)のことです。車高調は車高調整機構つきのサスペンションと言えます。

車高調とダウンサス、車の車高を変えるという点では同じですが、ダウンサスは決まった車高にしか出来ないのに対し、車高調は一定の範囲内で車高を調整出来るという点が異なります。

価格も構成されるパーツ点数が少ない分、ダウンサスの方が低価格です。

結局どっちが愛車にぴったり?!

車高調とダウンサス、どちらが良いのかというと、低予算でカスタムを愉しみたいのならダウンサス、豊富な予算があるのなら車高調がお勧めです。

ダウンサスはショックアブソーバーは純正品を用い、単純にサスペンションだけの交換なので、コストが安く済むのです。

一方、車高調は、安い物でも10万円から、高い物では100万円を超える物まで様々です。

車高調にも種類がある!価格目安もご紹介

ダンパーZZ-R スペックDSCプラス(86)

ダンパーZZ-R スペックDSCプラス(86)

さて、車高調について概要を解説してきましたが、ここからは車高調の具体的な種類と価格の目安をご紹介します。

全長調整式(フルタップ式)

全長調整式(フルタップ式)車高調とは、車高調のブラケット部分を可動させることによって車高を調整出来る装置のことです。

全長調整式(フルタップ式)車高調の最大のメリットは、その乗り心地です。

スプリングの長さやショックアブソーバーのシャフトの長さはノーマルの状態から変わらない為、車高を変化させても乗り心地が悪くなることがありません。

全長調整式(フルタップ式)車高調のデメリットは、価格の高さです。車高を大きく下げられる反面、下げ過ぎには注意が必要ということも言えます。

ネジ式

ネジ式車高調の特徴は、スプリングを支えるロワシートがネジ式になっていることです。この為、容易にスプリングのストローク量を調節して車高を変えることができる点がメリットとして挙げられます。

全長調整式(フルタップ式)車高調に比較して構造が単純で、安価であげられることもメリットの一つです。

デメリットとしては、ネジ式車高調は、スプリングの長さ(位置)を調節することにより、ストローク量が小さくなる為、あまり車高を下げ過ぎた場合、”底付感”を感じてしまう点でしょう。

振動や衝撃を上手く吸収する為には、ほどほどにしておく必要があります。

車高調の取付け工賃相場ってどれくらい?

工賃相場

工賃相場

まず、車高調自体のパーツ代から先にご紹介します。

全長調整式(フルタップ式)車高調の場合、1台分のセットが約10万円からとなっています。ネジ式車高調の場合はもう少しお安く、7万円台からとなっています。

ご紹介した価格はいずれも新品の価格ですが、個人売買などで中古品を入手する場合は、状態をよく確かめてから購入する必要があります。

次に、取付け工賃の目安をご紹介します。

車高調の取付け工賃の目安は車種によっても異なりますが、おおよそ2万円台からで、ワゴン車は比較的工賃が高く、3万円台からとなっています。

オートエクゼ マツダ3用ストリートスポーツサス・キット

オートエクゼ マツダ3用ストリートスポーツサス・キット

通販などで購入したパーツを持ち込みで取付け依頼する場合は、通常の工賃の1.5倍から2倍の値段になってしまう場合もあるので、ショップで購入するのか、通販で購入するのかはよく検討してから決めた方が無難でしょう。

また、車高調を一旦取付けた後、しばらくしてからやはり車高を調整したいとなった場合は、車高調を取付けたショップへ行けば、およそ1ヵ所につき2千円から3千円程度で調整してもらえます。

他に、覚えておきたいこととして、車高調の取付けを行うと、アライメントの調整という物が必要になります。この料金はおよそ1万円程度からとなっていますが、サーキット走行などをされる場合は、より専門性の高いショップで予算を掛けて細かく調整する必要があります。

まとめ

アルファード用 SUPER FLEX WAGON Super Low Down Kit スーパーローダウン仕様

アルファード用 SUPER FLEX WAGON Super Low Down Kit スーパーローダウン仕様

今回は、車高調について詳しく解説しました。最後まで読んだ方には、乗り心地と見た目の印象を大きく左右するのが車高調であることがわかって頂けたと思います。

車高調を取付ける場合は、その特徴をよく理解した上で、信頼出来るショップへ依頼することをお勧めします。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。