目次へ戻る

ドグミッションとは?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとは?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとはどのようなミッションなのでしょう?またその他のミッションとの違いは何なのか。気になるドグミッションについて解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ドグミッションとは?

シーケンシャル

ドグミッションとは簡単にいうと、ギアを噛み合わせる時にギア同士をドグによって直接つなげるミッションです。

通常のマニュアルミッションでは、シンクロメッシュという機能があり、ギアチェンジをする際にギア同士の回転数を合わせる仕組みを持っています。

しかしドグミッションの場合にはこうした機能がありません。ギア同士の回転数を上手に合わせてからギアチェンジをしなければいけないのです。さらにドグミッションには、凹凸形状の噛み合い式の断続機構を持っています。

凹凸形状のドグと呼ばれる機構を持っており、このドグクラッチと呼ばれているもので断続を行います。ドグミッションの場合には、シンクロメッシュなどの回転数を合わせる機構もないので強度と信頼性が向上するという特徴があります。

ギア


通常のマニュアルミッションであれば、Hパターンで1速は左上、2速は左下などとギアチェンジしていきますが、ドグミッションの場合にはシーケンシャルドグといわれる前後の動きだけでシフトチェンジを行うものが多いです。

通常のHパターンと同じドグミッションもありますが、一般的にレースで使われることが多いドグミッションは、シーケンシャル方式が採用されることが一般的です。

それも、設計によっては軽量化が可能なシーケンシャルシフトパターンとドグミッションの構造は相性が良いからです。またシーケンシャルの方がレースにおいてシフトミスを低減できることから多くのドグミッションに採用されています。

その他のミッション

シフトノブ

その他のミッションについて見てみましょう。ここではマニュアルミッションで使用されるものについてご紹介します。

Hパターンミッション

マニュアルミッションで多く採用されているのはHパターンのミッションです。一般的にミッションといえばHパターンミッションを指すことが多いです。

Hパターン上に配置されたギアポジションに対して、シフトレバーを押すことでギアの変速を行います。シフトレバーの下にはミッションに向けて伸びるロッドやワイヤーで構成されるリンク構造があるのです。

フロアではなく、インパネシフトの場合でもHパターンで変速することがありますが、これでも同じようにロッドやワイヤーで内部のギアを変速します。

Hパターンで変速するミッションの多くはシンクロメッシュ機構を用いて変速を行います。目的のギアに変速するときには、まずシンクロナイザーリングと繋がって回転数を合わせてから変速するのです。

マニュアルミッション

シンクロナイザーリングはシャフトと同時に回転するだけでなくスムーズに スライドすることができます。変速を行う時にスリーブがまずシンクロナイザーリングをギア側に押し付けるように動くのです。

摩擦によってシャフトとシンクロナイザーリングの回転数が一致し、スムーズにギアが変速できるようになると、正常に変速が行われます。

シンクロメッシュ機構があるのでそれぞれのギアの回転数が異なる場合でもギアの切り替えを行うことができるようになります。

シーケンシャルミッション

シーケンシャルミッションとは、構造よりも変速方法が特徴です。

1速ずつギアを操作するミッションのことを指します。 一般的なHパターンのミッションでは4速から2速にギアチェンジするなど、ギアを飛ばして変速することが可能です。

しかしシーケンシャルミッションの場合には、4速、3速、2速と1段ずつ変速することとなります。 セミオートマでこのシーケンシャルミッションが採用されていることもあり、パドルシフトで変速を行うことがあります。

シーケンシャル

ミッションの構造では シーケンシャルドグと呼ばれるドグミッションを採用されているものや通常のシンクロメッシュ機能が付いているミッションを使ったものもあります。

ドグミッションはレースでは確実にギアチェンジできることからニーズがありますが、街乗りでは扱いにくいことからあまり使われることがありません。

しかしセミオートマの車に搭載されているシーケンシャルミッション操作であれば噛み合いクラッチで ギアチェンジを行うので街乗りで乗る車にも採用されます。

電子制御の油圧アクチュエーターによって自動でシフトチェンジを行うので、スポーティーに走行したい時にシーケンシャル式でシフトチェンジするのです。

ギアチェンジを行うときにシフトミスを軽減できる造りになっていることからレースで採用されることが多いです。レース車両の場合には、シーケンシャルミッションにドグクラッチ方式のギアを使ってギアチェンジを行います。

ATに採用されるミッション

ATのシフトノブ

その他のオートマミッションに採用されるミッション方式について見ていきましょう。

一般的な車には遊星歯車が用いられたATや無段変速のCVT、また電子制御でギアチェンジを行うDCTが搭載されています。それぞれの仕組みや特徴を見てみましょう。

AT(遊星ギア)

一般的なオートマチックトランスミッションはプラネタリーギアと中心にあるサンギアや、さらに噛み合っているピニオンギア、そしてリングギアから構成されています 。サンギアとリングギアは一つのユニットに1つ、そしてピニオンギアは複数個組み合わされているものです。

この複数の組み合わせによるユニットを使って変速を行います。リングギアを固定したり、サンギアを固定するなど複数の組み合わせによって、増速したり減速させたりするのです。

複数のプラネタリギアユニットが組み合わせることで、多段トランスミッションを実現しています。

ユニットに組み合わされているクラッチをつないだり、切ったりすることで変速します。センサーや油圧制御によって自動で最適なギアに変速します。

AT車にはトルクコンバーターという装置があり、車を停止させる際にもクラッチ操作の必要がないほか、発進時など強いトルクが必要な時にはトルクを増幅させることもできます。

CVT

CVTはオートマチックトランスミッションの一部になりますが 、一般的な ATとは構造が異なります 。一般的なATの場合にはDレンジに入れているとギアの組み合わせをセンサーや油圧制御によって行い、走行シーンに合わせたギアへと変速していきます。

しかし、CVTの場合にはギアが存在しておらず、2つのプーリーとベルトやチェーンを組み合わせて変速を行うのです。

インプットシャフト(エンジンの動力を伝える)とアウトプットシャフト(動力をタイヤに伝える)の間にプーリーがあります。このプーリーの間を通っているベルトやチェーンの軌道直径を変化させることで無段階で変速できるのです。

スクーターも同じような原理で変速します。

DCT

DCTもATの一種になりますが、構造としてはマニュアルトランスミッションと似ていると言えるかもしれません。ATのように遊星ギヤを用いずにミッションと同じようにギアが組み合わされている構造です。

しかし、DCTでは奇数ギアと偶数ギアに分かれています。 奇数ギアはインナーメインシャフトにつながっていて、偶数ギアはアウターメインシャフトにつながっているという構造です。

エンジンから伝えられた動力は、これらのギアを通じた後に、カウンターシャフトを通じてタイヤへと動力が伝えられます。

DCT


発進するときは1速が選択されています。 そして1速で走っている間に次のギアが準備されており、回転数を合わせているのです。一定の回転数になると1速のクラッチが切れ素早く2速のクラッチが繋がります。

そして2速に入ると、今度は3速のギアが用意されており、一定の回転数になると3速に変速されるのです。このようにしてシフトチェンジが行われていきます。

奇数ギアと偶数ギアに分かれており、一段ずつシフトチェンジが行われる仕組みです。

ドグミッションの特徴や強み

メリット

車に搭載されている多種多様なミッションの仕組みをご紹介してきました。それを踏まえてドグミッションにどのような特徴があるのか、またドグミッションの強みについて見ていきましょう。

一般的にはレースユースで用いられることが多く市販車で採用されているのは非常に珍しいです。

耐久性が高い

通常のシンクロメッシュ機構の場合には、シンクロナイザーリングは摩耗することを前提としています。強大なエンジンパワーに使用する場合に、エンジン出力に見合った設計が難しくなります。

万が一シンクロナイザーリングが破損してしまうと、そのギアに変速することができなくなってしまい、レースでは不安要素となります。

それに対しドグミッションのように、部品点数が少なく大きなギアを用いることが可能な点は、耐久性を高めるのに有利です。

素早いシフトチェンジが可能

ドグミッションは素早いシフトチェンジを行うことができます。シーケンシャル方式で変速する方法が取り入れられることが多く、H方式と比較すると素早いシフトチェンジが可能です。

ドグミッションの場合には、エンジン回転数とギヤの回転数を合わせる時にクラッチを使わずに変速することも可能です。

もちろんギアに負担をかけることにもなりますので、多用することはできませんが 、レースなどコンマ数秒を争う世界ではシフトチェンジの素早さもメリットとなります。

ドグミッションの欠点

街乗り

ドグミッションのデメリットを見ていきましょう。シフトショックが大きいことや街乗りで扱いづらいことが主なデメリットです。

シフトチェンジのショックが大きい

シフトチェンジの際にショックが大きくなります。シンクロナイザーリングがないのでギアの回転数を合わせなければ、回転数の違いがそのままショックになります。

ドグミッションが使われているバイクの場合には、チェーン駆動なのでショックを吸収してくれます。しかし車の場合には、そのショックがそのまま現れてしまいます。

ドライバーの技量に左右される点でもありますが、どうしてもシフトチェンジのショックが大きくなるのはデメリットです。

街乗りでは扱いづらい

街乗りには扱いづらいこともドグミッションのデメリットです。先ほどのシフトチェンジの難しさがあることを取り上げました。

シフトチェンジのショックを軽減するためには回転数を合わせるために、ダブルクラッチを行う必要があります。

それは変速を行う前に、まずニュートラルでクラッチを繋ぎエンジンの回転数を高めてから、再度クラッチを切って変速を行います。手間がかかる上にスムーズに変速するためには操作技術が求められるのです。

ドグミッションはレースにはぴったり!

ドグミッションは、街乗りでは扱いづらいですが、ハイパワーに耐えられることや素早いシフトチェンジが可能なことからレースに使われています。

愛車をレース仕様にカスタマイズしているなら、ドグミッションを検討することもできます。もしくはシーケンシャルミッション式を採用した車でスポーティなギアチェンジを楽しむこともできるでしょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。


マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネとは2013年発売のアクセラから搭載が開始された、マツダの新世代カーコネクティビティシステムのことで略してマツコネと呼ばれています。今回はこのマツコネについてご説明していきたいと思います。


気になる!走行税とは?いつから導入されるの?

気になる!走行税とは?いつから導入されるの?

クルマにはいろいろな税金がかかってきますが、今後新たに加わるかもしれない「走行税」というものがあります。本記事では走行税についてご紹介しています。


ヒューズが飛んだ!ヒューズが飛んだ時の対処法とは?

ヒューズが飛んだ!ヒューズが飛んだ時の対処法とは?

ヒューズが飛ぶという言葉を聞いたことがある人も少なくないと思います。ヒューズが飛ぶとは、ヒューズが切れることを指す言葉です。ではこのヒューズとは何なのでしょうか。今回は車のヒューズについてご説明いたします。


レストアとオーバーホールの違いは?徹底解説

レストアとオーバーホールの違いは?徹底解説

多くの人が誤解しているかもしれませんが、レストアとオーバーホールとは意味が違います。今回はこの両者の違いと、レストア本来の意味や、豆知識についてご説明します。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。