トップへ戻る

中古でお得に始めるSUVライフ!とにかく安いコンパクトSUVは?!

中古でお得に始めるSUVライフ!とにかく安いコンパクトSUVは?!

流行のSUV、アクティブな見た目や四輪駆動の安定感が魅力的ではあるのですが、なにぶん車両価格の高さをネックに感じていらっしゃる方も多いのでは。新車では同等の乗用車よりも結構プレミアがついた価格になってしまっているSUVも多いですので、中古車でお得にSUVライフを始めてみてはいかがでしょう。軽自動車と普通車に分けて、お得な中古車をまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


とにかくお安くSUVに乗りたい?この中古車を探してみて!

ジープ ウィリス コンセプト(デトロイトモーターショー2001 出展車両)

ジープ ウィリス コンセプト(デトロイトモーターショー2001 出展車両)

今や軽自動車から超高級車まで、定番の車型となった感もあるSUV。街中や駐車場で見かけない日なんて今やありえませんよね。

しかし、四輪駆動システムなどの追加分なのか、市場での人気が故に足元を見ているのか、新車価格では結構お高い車が多いこともSUVの特徴で、かっこいいけど高くて…とお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこで、中古車の出番です。SUVの人気は近年過熱しているとはいえ、車型としてはかなり昔からラインナップされてきた定番のもの。

お得な中古車で、リーズナブルに楽しいSUVライフを始めてみてはいかがでしょうか。

【お安め中古SUV・軽自動車3選】維持費も含めてコスパ最強!

「三菱 eKアクティブ」気楽にSUV感覚

三菱 eKアクティブ(2004年型)

三菱 eKアクティブ(2004年型)

現行モデルではeKワゴンをベースに内外装を専用意匠としたeKクロスが人気となっていますが、こちらのご先祖様にあたるのが「eKアクティブ」です。

初代eKワゴンのバリエーションとして、硬派なeKスポーツ、クラシック調でエレガントなeKクラッシィに続く第三弾で追加されたのがeKアクティブですが、当時の三菱の普通車デザインと呼応したフロントグリルや、スキッドプレート風の前後ガーニッシュの追加によって、SUV感がかなりうまく演出できていますよね。

14インチタイヤの採用と最低地上高の10mmアップ分によって、eKワゴン比で50mm高められて1,600mmとなった全高が立体駐車場には収まらない可能性もある点はネックではありますが、トールワゴンらしい使い勝手の良さと、本家のSUVよりも舗装路上に最適化された普段の扱いやすさがポイントです。

三菱 eKアクティブ(2004年型)

三菱 eKアクティブ(2004年型)

三菱 eKアクティブの中古車在庫台数:12台
三菱 eKアクティブの中古車平均価格:13.6万円
三菱 eKアクティブの中古車価格帯:4.8〜55.5万円
(2020年10月現在)

三菱 eKアクティブのスペック

【三菱 eKアクティブ VT 4WD(2005年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,600mm
ホイールベース2,340mm
最大乗車定員4名
車両重量910kg
燃費
エンジン種類直列3気筒ターボ 657cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク93N・m(9.5kg・m)/3,500rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
新車価格1,463,700円(消費税込)
(2005年12月 三菱 eKアクティブ カタログより)

「ダイハツ ネイキッド」タフトのご先祖!

ダイハツ ネイキッド(2003年型) カタログ

ダイハツ ネイキッド(2003年型) カタログ

クリっとした丸目と、部品を取り付けているボルトやドアヒンジが丸見えな点が特徴的なのが、「ネイキッド」。

ボディ下部のプロテクターなどは装着されていませんが、トールワゴンをベースに機能的な形をしている点などは、発売されて大人気となっているダイハツ タフトにも通じるところがありますよね。タフトの開発時にはネイキッドは参考にしなかったとのことですが、キャラクター的には結構似ています。

ネジむき出しとあって簡単に外装が交換可能な点や、撥水機構付きのシート表皮などで、アクティブな使い方も十分受け入れる実力を持つネイキッド。

FFと4WDがありますが、FF車で180mm、4WD車で150mmという最低地上高は結構本格的で、ちょっとした悪路でも飛び込める軽快感がおしゃれでした。

ダイハツ ネイキッド(2003年型) カタログ

ダイハツ ネイキッド(2003年型) カタログ

ダイハツ ネイキッドの中古車在庫台数:213台
ダイハツ ネイキッドの中古車平均価格:24.8万円
ダイハツ ネイキッドの中古車価格帯:4.5〜122.8万円
(2020年10月現在)

ダイハツ ネイキッドのスペック

【ダイハツ ネイキッド ターボGリミテッド 4WD(2003年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,550mm
ホイールベース2,360mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費10・15モード:15.4km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 659cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kg・m)/3,600rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
新車価格1,320,000円(消費税込)
(2003年8月 ダイハツ ネイキッド カタログより)

「ダイハツ テリオスキッド」意外と?本格派

ダイハツ テリオスキッド(2006年型)

ダイハツ テリオスキッド(2006年型)

ネイキッドと異なり、流線型でスムーズなフォルムの「テリオスキッド」。

見た目だけSUV風のなんちゃって車かと思いきや、フロントエンジンの軽自動車では珍しい縦置きエンジンにフルタイム4WDをしっかり装備し、大径タイヤで最低地上高は175mmを確保するなど、本格派クロカン4WDとしての性格がある点は、意外な点かもしれませんね。

そんな本格派のメカニズムを持つためか、トールワゴン系のスタイルとはいえ室内空間はやや狭めではありますが、その走破性の高さは、オフロード愛好家や積雪地域のユーザーからの高い需要があり、10年以上という異例の長期間生産が続きました。

全車ターボ仕様ということもあり、軽自動車としては余裕のある動力性能が味わえるテリオスキッドなら、悪路も雪もへっちゃらでしょう。

ダイハツ テリオスキッド(2006年型)

ダイハツ テリオスキッド(2006年型)

ダイハツ テリオスキッドの中古車在庫台数:423台
ダイハツ テリオスキッドの中古車平均価格:29.7万円
ダイハツ テリオスキッドの中古車価格帯:1.0〜98.0万円
(2020年10月現在)

ダイハツ テリオスキッドのスペック

【ダイハツ テリオスキッド カスタムX 4WD(2010年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,740mm
ホイールベース2,420mm
最大乗車定員4名
車両重量990kg
燃費10・15モード:15.4km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 659cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク107N・m(10.9kg・m)/3,600rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
新車価格1,666,000円(消費税込)
(2010年8月 ダイハツ テリオスキッド カタログより)

【お安め中古SUV・普通車3選】パワーに余裕、スペースにゆとり

「三菱 エアトレック」流麗ボディの都会派!

三菱 エアトレック ターボR(2004年型)

三菱 エアトレック ターボR(2004年型)

三菱の車には、時代を先取りしすぎ!と思うものがいくつもありますが、この「エアトレック」もその一台。

SUVらしく地上高をしっかり取った力強いボディに、標準モデルでは全高を1,550mmに抑えたキャビンを組み合わせたそのルックスは、現在販売されていてもおかしくないようなスマートさが特徴です。

インパネシフトの採用によってウォークスルーを可能としたり、後席はリクライニングも可能など、SUVとしての走破性にミニバンやワゴンの室内ユーティリティを目指した意欲的な車でしたが、当時はより硬派なクロカン車が人気だったのか、販売実績はイマイチだった様子で、残念ですね。

よりSUV風味の増したスポーツギアや、ランサーエボリューションを思わせる4G63型ターボエンジンを搭載したターボRなど、バリエーションの豊富さも魅力的です。

三菱 エアトレック スポーツギア(2004年型)

三菱 エアトレック スポーツギア(2004年型)

三菱 エアトレックの中古車在庫台数:28台
三菱 エアトレックの中古車平均価格:32.1万円
三菱 エアトレックの中古車価格帯:17.0〜59.8万円
(2020年10月現在)

三菱 エアトレックのスペック

【三菱 エアトレック ターボR リミテッドエディション(2005年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,465mm×1,750mm×1,540mm
ホイールベース2,625mm
最大乗車定員5名
車両重量1,520kg
燃費
エンジン種類直列4気筒ターボ 1,997cc
エンジン最高出力177kW(240PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク343N・m(35.0kg・m)/2,500rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション5速AT
新車価格2,520,000円(消費税込)
(2005年1月 三菱 エアトレック カタログより)

「ダイハツ ビーゴ」世界を股にかけた本格派

ダイハツ ビーゴ(2012年型)

ダイハツ ビーゴ(2012年型)

軽自動車の項でご紹介したテリオスキッドの普通車仕様、テリオスの後継車となるのが、こちらの「ビーゴ」。

トヨタからも「ラッシュ」という車名で販売されていたほか、2016年まで生産されていたこともあり、まだまだご記憶の方も多いかもしれませんね。現行モデルでは登場直後から大人気のトヨタ ライズ、ダイハツ ロッキーが後継モデルに当たります。

小型ながらビルトインラダーフレーム式のモノコックボディと高剛性なつくりになっており、海外市場向けにはロングボディや、7人乗り仕様まで用意されていたほどです。

全長約4.0mと扱いやすいボディサイズもあって、現在でも人気のあるビーゴは、全体で見るとやや高めの中古車平均価格となっていますが、生産期間が長かったため、年式の古い車両ではかなりお手頃になってきています。

ダイハツ ビーゴ(2012年型)

ダイハツ ビーゴ(2012年型)

ダイハツ ビーゴの中古車在庫台数:272台
ダイハツ ビーゴの中古車平均価格:51.4万円
ダイハツ ビーゴの中古車価格帯:19.8〜148.0万円
(2020年10月現在)

ダイハツ ビーゴのスペック

【ダイハツ ビーゴ CXリミテッド 4WD(2014年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,005mm×1,695mm×1,690mm
ホイールベース2,580mm
最大乗車定員5名
車両重量1,200kg
燃費JC08モード:13.2km/L
エンジン種類直列4気筒 1,495cc
エンジン最高出力80kW(1097PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク141N・m(14.4kg・m)/4,400rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
新車価格2,260,800円(消費税込)
(2014年4月 ダイハツ ビーゴ カタログより)

「シボレー クルーズ」えっシボレーが激安!

シボレー クルーズ(2003年型)

シボレー クルーズ(2003年型)

シボレーといえばアメリカの自動車メーカーで、アメ車らしいかなり大型のSUVを多数ラインナップしている印象も強いかと思いますが、そんなシボレーでも異色の小型SUVが「クルーズ」です。

実はクルーズは、スズキのスイフトをベースにしており、スズキとゼネラルモーターズの共同開発でSUV風に仕立てた車なのですが、スイフトのスタンバイ式4WDと異なる電子制御式の4WDを装備でき、よりSUVらしい走行性能を追求していました。

そんな出自はさておき、フロントグリルに据え付けられたボウタイエンブレムはシボレーの証ですし、四連丸型のテールランプはなんとフラッグシップスポーツのシボレー コルベットをモチーフにしたものとのこと。

使い勝手と信頼性に優れた日本車に、アメリカ車のデザイン力を組み合わせた稀有な存在でした。

シボレー クルーズ(2003年型)

シボレー クルーズ(2003年型)

シボレー クルーズの中古車在庫台数:20台
シボレー クルーズの中古車平均価格:15.4万円
シボレー クルーズの中古車価格帯:4.5〜29.0万円

(2020年10月現在)

シボレー クルーズのスペック

【シボレー クルーズ 1.3LT 4WD(2006年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,625mm×1,610mm×1,610mm
ホイールベース2,360mm
最大乗車定員5名
車両重量990kg
燃費10・15モード:17.0km/L
エンジン種類直列4気筒 1,328cc
エンジン最高出力65kW(88PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク118N・m(12.0kg・m)/3,400rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション4速AT
新車価格1,501,500円(消費税込)
(2006年5月 シボレー クルーズ カタログより)

まとめ

ダイハツ Dボーン コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

ダイハツ Dボーン コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

平均中古車価格でかなりお安めの車種をご紹介してきました。

ここでご紹介した以外の車種でも、個別の車両によっては10万円以下の中古車本体価格となっているものも数え切れないほどありますので、ぜひ幅広い視野で探してみてくださいね。

SUVという流行に乗りつつも、今や他人とはカブらなくなったこれら中古車SUVを選ぶことで、街中で目立ってしまいましょう。

関連する投稿


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。