トップへ戻る

ダッシュボードとは?インパネとの違いや傷の予防方法も紹介!

ダッシュボードとは?インパネとの違いや傷の予防方法も紹介!

車を運転する方にとってはとても身近なダッシュボード。しかし似たような意味の言葉にインパネ(インストルメントパネル)があります。貴方はこの違いを説明できますか?本記事ではダッシュボードとインパネの違いについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそも、ダッシュボードとは?

ダイハツ ロッキー ダッシュボード

ダイハツ ロッキー ダッシュボード

自動車に関連した用語の中でも耳にする機会が多いのは、ダッシュボードです。ダッシュボードというのは運転席や助手席に座った時に、前方に取り付けられている広い範囲を覆う主に樹脂製のパーツを指します。

フロントウインドウの下の部分にあるダッシュボードは、自動車にとって欠かせない部分のひとつです。 ダッシュボードは元々、自動車が発明される前に馬車に取り付けられていた板でした。

馬車は馬の後ろで御者が手綱を取ることにより操縦されます。その際、馬が跳ね上げた泥や小石などを防ぐ必要があり、そのために設置された板がダッシュボードの由来というわけです。泥除けの他にも、御者が足を踏ん張るための踏み台としても機能していました。

自動車が発明された後は、車の前方に計器類や操作レバーなどを取り付けるための板がダッシュボードと呼ばれるようになりました。現在は計器類や操作スイッチに加えて、この部分に助手席エアバッグが格納されています。

インパネ(インストルメントパネル)とは?

マツダ3新型、ファストバック

マツダ3新型、ファストバック

自動車の前列席正面部分のことを、インパネと呼ぶ方もいます。

インパネも自動車にとって欠かせないパーツのひとつで、正式名称はインストルメントパネルです。インパネを“インテリアパネル”を省略した物だと考えている方がいますが、これは誤りです。

インパネは日本語で計器盤のことで、運転席から見て前の部分にある計器パネルの部分のことです。速度計などのメーター類が取り付けられています。

ダッシュボードとインパネの違いは?

自動車に詳しくない方であれば、ダッシュボードとインパネは同じ意味だと思っているかもしれません。両方とも人が乗車するキャビンの前方の部分に取り付けられたパーツを指しますが、意味が違います。

ダッシュボードとは、運転席から助手席側まで車内の前の部分全体を意味します。これに対してインパネとは本来、主に運転席前の計器類などが表示されるパネル部分を指します。つまり、ダッシュボードの一部であるパネル部分がインパネというわけです。

それぞれの場所

ダッシュボードが取り付けられている場所は、運転席や助手席に座った際にフロントガラスよりも下側に見える部分にあります。左右のエアコンの吹き出し口の間で、助手席前部の収納スペースや計器パネルなどをすべて含む場所です。

インパネの方は、運転席に座って見ることができる計器盤の部分です。計器類を収めたカバーガラスや、運転に関係するスイッチ類が設けられているパネルの部分がインパネに相当します。助手席側には計器類がないので、本来の意味ではインパネには該当しません。

しかし現在では、カーナビなどパネル表示される機器全般をインパネと捉える傾向が主流となり、助手席側も含めてダッシュボードに取り付けられているパネル全般をインパネと呼ぶのが一般的となってきました。

役割の違い

前述の様に、馬車の時代にはダッシュボードは泥除けの役割を果たしていました。自動車の場合は泥除けではありませんが、もっと重要な役割を担っています。

現代の自動車のダッシュボードには、エアコン吹き出し口・メーター類・エアコンなどのスイッチ・収納スペース、などがあります。これら以外にも、助手席エアバッグやシガーソケットなども取り付けられています。

ダッシュボードにカーナビ・カーオーディオなどの機器を装着したり、カップやスマホ用のホルダーを固定したりすることも出来ます。フロントガラスの下の部分にドラレコを設置する目的でも使用されます。

インパネには、物を収納したり何かを固定するホルダーを取り付けたりすることはできません。それでも、この部分は自動車にとって重要な役割を果たしています。 インパネには計器パネルがあり、ドライバーが運転中に速度やエンジン回転数を確認するために使用します。

走行している自動車を運転しながら計器をチェックする場合には、一瞬で情報を取得する必要があります。そのため、計器パネルはドライバーが少ない目線移動で計器の確認が出来るように工夫されています。

インパネは運転席に座ると必ず見える部分で、運転者にとって自動車の“顔”に相当します。この部分のデザインは車内の内装や雰囲気に大きな影響を及ぼすので、手間暇掛けて丁寧に設計されます。

インパネには速度計や、その他の重要な計器類が取り付けられているので、運転のしやすさや安全性も左右します。

ダッシュボードの傷を予防するには

ダイハツ コペン ダッシュボード

ダイハツ コペン ダッシュボード

ダッシュボードは運転席や助手席に座ると目の前にあるパーツです。カップホルダーやスマホ用のホルダーの取り付け部分にも利用され、助手席部では机のように使用されることもあるでしょう。

手の触れる機会が多く、物を置く目的としても多用されるだけに、汚れや傷が付きやすい部分であるとも言えます。

ダッシュボードは乗車する方にとっては車の“顔”なので、いつまでも綺麗な状態に保ちたいと思われるでしょう。傷を予防するために便利なグッズが開発されているので、活用してみることをおすすめします。

ダッシュボードトレイで一部分を保護

ダッシュボードトレイとは、助手席の前の部分やインパネの上などに物を置くためのトレイです。平坦な板なので、小物やスマートフォンなどのモバイル機器を置くのに便利です。

尖ったペンなどを置く場合でも、ダッシュボードに傷が付くのを予防することができます。ダッシュボードトレイはいくつかの種類があり、サイズや形状などが異なります。

スマートフォンを置く小型タイプのトレイや、コップやペットボトルなどが置けるタイプもあります。小物などが滑り落ちないように、滑り止め加工が施されている製品もあります。

ダッシュボードマットで全体を保護

ダッシュボードは物を置く以外にも、乗車時に人が手で触れたり紫外線を浴びたりすることでも劣化します。いつまでもダッシュボードを美しく保ちたい方には、ダッシュボードマットがおすすめです。

このアイテムは、直射日光が当たる上部を覆うマットです。グローブボックスの部分はマットで覆われておらず、開閉が出来ます。マットで樹脂の部分を覆うことで、運転中に反射した光がフロントガラスに映り込むのを防ぐ効果も発揮します。

ダッシュボードマットは、汎用品とオーダーメイド品の2種類があります。汎用品は形状やサイズが決まっていて、自分の車に合うサイズを選びます。オーダーメイド品は、自動車の年式・型式に合わせてぴったりと合うようにカットしてもらえます。

マットの色や素材も様々で、光の反射を防ぐ効果や滑り止め機能が付いている製品なども選べます。高級車であれば、絨毯風で高級感のあるマットが車内インテリア的にマッチするでしょう。

傷が付いたら塗装なんてことも?!

塗装

塗装

不注意でダッシュボードに傷を付けてしまったり、紫外線による経年劣化で色が変化してしまったりすることがあります。このような場合は、塗装をして傷や色あせが目立たないようにする方法があります。

カー用品店に行けば、内装用の塗料やクリーナーなどが販売されています。市販の塗料を使用すれば、自分で再塗装をすることが出来ます。 塗装のやり方ですが、最初に行う作業はマイナスドライバーなどを使って傷が付いた樹脂製のパーツを丁寧に取り外すことです。

パーツを取り外したら、下処理として専用のクリーナーで表面に付着した油分や汚れを落としましょう。下処理が済んだら、新聞紙などを下に敷いて専用の塗料を使って均一に塗装をします。

スプレー式の塗料を使用する際は、全体を一定のスピードでなぞるように均一に塗料を吹きかけるようにします。

ガスが漏れないように、スプレー缶を傾けないように注意しましょう。塗布した後は風通しが良い場所で溶剤を乾燥させて、再び自動車に装着すれば完了です。

しかしながら、このダッシュボードの塗装は大掛かりで難易度の高い作業です。余程車について詳しく、スキルに自信のある方以外は専門の業者に依頼する方が無難でしょう。

まとめ

マツダ3 新型

マツダ3 新型

ダッシュボードは、インパネ・収納スペース・エアコン吹き出し口などが取り付けられている大切なパーツのひとつです。

この部分は自動車の“顔”でもあり、常に美しく保ちたいところです。傷や経年劣化を防ぐために、ダッシュボードトレイやマットなどのグッズを活用することをおすすめします。

関連するキーワード


メンテナンス 豆知識

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。