トップへ戻る

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


アーシングって何?

アーシングとは?

アーシングとは?

アーシングとは、車で電気を使う部分にスムーズに電気を流すために、バッテリーのマイナス極から各部に電気抵抗の低い線を繋げる事を言います。

ライトやプラグなどに流れた電気は消費された後、車体を通してバッテリーに戻るのですが、マイナス極側にアーシングケーブルを追加して、直接バッテリーに戻す方法がアーシングと言われるものになります。

かつては本来の性能が発揮できるように補修する、「チューニング」という言い方で用いられていた手法であり、本格的に行うと高額な費用も掛かりましたが、2000年以降手軽なチューニングが注目を浴びて一般にも用いられるようになりました。

元々はレーシングカーなどレースに勝つために活用されていたアーシングですが、現在は一般の新車にも取り付けられています。

しかし、取り付けられたものだけでは物足りなさを感じたり、元々のケーブルや金属部分が劣化して錆びてきて効果が発揮できないという時には、強化するために自分でアースを追加する事もでき、ケーブルは様々なものが販売されているので、自分の好みのものを購入する事が出来ます。

ネジを取り外した後、再度しっかり締めなければいけないので、そのための工具等は必要ですが、バッテリーのマイナス極側に取り付ける事により、電流がスムーズに流れるようになることで、エンジン始動性の向上や、燃費の向上なども期待されます。

また、メリットとしては車の部品やエンジンなどを、従来よりも長持ちさせる事にも繋がるので車を長期的に乗る事も期待できますね。

一般車のアーシング効果とは

アーシングケーブル

アーシングケーブル

一般的な電気はプラスとマイナスを接続して電気を流すのですが、車の場合は各部からのケーブルをプラスとマイナスの両方に接続するのでケーブルが2本必要となります。コストが掛かる事や断線の可能性も出てきます。

そこで、電気を通す事ができる車体の金属をマイナス端子代わりとし、バッテリーのマイナス端子と電子機器の間で中継します。家電にも漏電防止などのためアースケーブルが備えられていますが、繋げていなくても家電製品は稼働します。

しかし、車の電子機器の場合はアースケーブルがなければ作動しません。その為、車のボディがマイナス端子の代わりになります。

ただ、ボディは電気抵抗が大きいので、スムーズな電流が得られないというデメリットがあり、ボディより抵抗の少ないボディアースという線が用いられます。そのアースケーブルをバッテリーのマイナス端子と各電子部品を結ぶために使い電気抵抗を最小限に抑えています。

アーシングには、電気抵抗が少ない金属が使われたケーブルや端子を使用し、アースケーブルの強化をするという事で一般の新車でも必要最低限行われています。

アーシングに必要なもの

プライヤー、ラジオペンチ、ニッパーなど

プライヤー、ラジオペンチ、ニッパーなど

アーシングを行う際に必要な工具として必要最低限のものは圧着端子とケーブル、金属用のニッパーとペンチやカッター、ソケットレンチと紙やすりに結束バンドとなります。

圧着端子は、アーシングをする場所のボルトとケーブルの太さを確認してそれに合ったものを購入します。ケーブルは太さや耐熱など、様々な種類があるので、合ったものを選んで購入し、ケーブルを束ねるために耐熱耐寒機能のある結束バンドも用意します。

アーシング用のケーブルを切るための道具として、ペンチ・結束バンドを切るためのニッパー・カッターはケーブルの被覆をはがす時に便利となります。刃物の取り扱いには十分注意しましょう。

ソケットレンチはボルトをスピーディに外すために使い、紙やすりはケーブルの絶縁性のある塗装を剥がす時に使います。

その他、ソケットレンチが使えないような狭い部分の作業には、ラチェット機能付きのメガネスパナが役に立ちます。圧着端子の表面を磨くには棒やすりがあれば磨き易くなります。

アーシングを施すことのメリット

ヘッドライトなどへ効果的

ヘッドライトなどへ効果的

アーシングを施すと、電気抵抗のあるボディをアースにするよりも電気がスムーズに流れるので、エンジンの点火プラグが火花を起こし易くなってエンジンが掛かり易くなるというメリットがあります。

また、アーシングを施して電気抵抗が小さくなれば、電流が大きくなるのでライトが明るくなる事や、エンジンへの電気供給が安定してアクセルをあまり踏み込まなくてもよくなるので、燃費が上がる事もメリットになります。

さらに、ボディに接続されているラジオは電気を通している事でノイズが発生し易いのですが、アースケーブルで電気を流す事でラジオに影響が少なくなる為、ノイズが抑えられるというメリットもあります。

アーシングを施すことのデメリット

ラジエーターなど高温になり易い部品の近くにアーシングをすると、火災を起こす危険性が生じる事や、アーシングをする事で改造車となってしまい、車にトラブルが起こった際にメーカー保証が受けづらくなる事がデメリットとなります。

アーシングのDIY

アーシングのDIY

アーシングのDIY

アーシングのケーブルも、使用期間が長くなるにつれ劣化してきます。劣化したケーブルを取り換える時、またはアースをもっと強化させたいという時は、ご自身で取り付けることもできます。

強化に使うケーブルはアーシング用に設定されたケーブルを選ぶ方が、電流が通り易くなるので、その様なケーブルを選び、純正アースケーブルがどのように取り回されているか確認しておきます。今回は、フェンダーとエンジンに純正アースケーブルが取り回されている例でご紹介します。

ケーブルを取り付ける部分をきれいに掃除し、フェンダー側のネジを外して新しいケーブルを重ねボルトを締め、ケーブルをバッテリーの方に持って来て、マイナス極でも同じように取り付けます。フェンダー側の端子に触れないところにグリスを塗っておくと腐食防止になります。

もう一つエンジンの方に繋げアースも取り付けるのですが、フェンダー側の時と同じようにバッテリーのマイナス端子に追加で取り付けます。

もう一方をエンジン本体に取り付けるのですが、その際にボンネットが開閉し易いようにケーブルを引き回す事と、熱源やファンベルトの近くにケーブルを通さないようにする事が重要となります。

業者にお願いをするアーシング

アーシングケーブル

アーシングケーブル

DIYでも簡単にできるのですが電気系統の部品に関わる事で、バッテリーの端子に繋げるなど、ある程度の知識がないと周辺にあるパーツを壊してしまったり、火災事故に繋げる可能性もあります。知識やスキルに自信がない方は、専門業者にこの様な作業を任せる事をおすすめします。

工賃は掛かりますが、ケーブル等は自分で用意をして持ち込める業者を探しておけば、自分で購入したものを使用しケーブルを繋ぐ作業をしてもらえば、しっかりと適切に繋ぐ事が出来ます。

ドレスアップとしても効果絶大

エンジンルーム

エンジンルーム

アーシングを行うのは電気系統の部品にスムーズな電流が流れる事を目的として行われるのですが、エンジンルームのドレスアップの為にも効果があります。

ケーブルには赤やブルーなど、様々なカラーのものが市販されていますので、アーシングの強化の為にも、新たに好みな色のケーブルを追加する事で、エンジンルームを開けた時に、色鮮やかな光景が目に入ります。この様にエンジンルームの中を着飾る事にも効果を発揮します。

まとめ

エンジンルーム

エンジンルーム

アーシングの作業は自分自身でも行う事ができますが、電気の配線になるので知識や経験がないと、かえって部品やエンジンを悪くしてしまう事も考えられるため、できれば専門業者に依頼して施工してもらう方が良いでしょう。

ケーブルは好きな色を持ち込んで作業してもらえば、安心して乗れるうえエンジンルームを開ける楽しさも加わります。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。