トップへ戻る

トーションビーム式サスペンションとは?他との違いやメリット・デメリット

トーションビーム式サスペンションとは?他との違いやメリット・デメリット

トーションビーム式サスペンションを略してトーションビームと呼びますが、いったい車のどの部分を指して言うのでしょうか。また数あるサスペンションのなかで他のサスペンションと何が違うのでしょうか?今回はこのトーションビーム式サスペンションについて解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トーションビーム式サスペンションとは?

スズキ スイフトスポーツ リヤ用トーションビーム式サスペンション(右)

スズキ スイフトスポーツ リヤ用トーションビーム式サスペンション(右)

自動車にはさまざまな種類があります。路面の凹凸を吸収するためのサスペンションが取り付けられており、中でも軽自動車・コンパクトカー・商用車などに多く用いられているのが、トーションビーム式のサスペンションとなります。

トーションビーム式の特徴は、FF車用リアサスペンションで車輪軸と車輪前方を結ぶトレーリングアームをコイルスプリング(バネ)で懸架している事になります。さらに、左右のアームも横梁で接続された構造になっています。

トーションビーム式であれば後輪の負荷が軽減され、構造がシンプルで軽量であるという利点があります。

横梁で左右のアームが接続されている事によって、サスペンションアーム全体の剛性を確保する事が出来ます。それに加えてスタビライザーと同じようにロール剛性を得る事が出来るメリットがあります。

そもそも、サスペンションとは?

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

現代の自動車はボディと車輪がサスペンションによって接続されています。走行時に路面の凹凸の影響を受けて車輪は上下に動きますが、サスペンションが車輪の振動や衝撃を吸収します。

サスペンションのおかげで、自動車の乗り心地や走行性能を向上させる事が出来ます。路面からの振動を吸収するサスペンションがないと、走行時にボディが大きく振動するでしょう。

サスペンションはスプリング、ショックアブソーバーと、アームやブッシュ、アッパーマウントなどの部品から作られています。バネなどでタイヤの振動を吸収し、アームなどの部品によって安定性や剛性を確保する仕組みとなっています。

サスペンションは自動車の性能を大きく左右する重要なパーツの一つで、スプリングのバネレートとショックアブソーバーの減衰力を弱くすると、柔らかくなって乗り心地が良くなります。

逆にバネレートやショックアブソーバーの減衰力を高くすると硬くなりますが、操作性が向上します。

サスペンションには種類があり、それぞれ装置の重量・コストや走行時の特性が異なります。このため自動車のサイズ・重量や特性に応じて使い分けられています。

サスペンションの種類

自動車のサスペンションは基本的に(サスペンション)アーム・スプリング・ダンパーの3つの部分から構成されます。スプリング(バネ)で車輪の振動・衝撃を吸収し、ダンパーがスプリングの伸縮を遅くして車体を安定させます。

アームとは、車体とスプリング・ダンパーを取り付けている部分のパーツになります。 スプリングやアームの構造には複数の種類があり、ボディタイプや車体のサイズなどによって使い分けられます。

自動車のサスペンションは、昔からコイルバネを使用したタイプが多く用いられてきました。今はコイルバネに加えて、一部の車種で空気バネや油圧シリンダーなどが用いられています。

エアサスペンション

エアサスペンション(エアサス)とは、コイルバネの代わりに空気バネを使用して車輪の振動を吸収させます。衝撃を吸収する空気の圧力を調整する事で、簡単に車高や硬さを変える事が出来るというメリットがあります。

一部の車種は走行状況に応じて、自動的に空気圧を調整する機能を備えています。

エアサスは空気を使って衝撃や振動を吸収するため、従来のコイルバネ式よりも乗り心地が柔らかくなります。

これに加えて自動車に重量物を搭載してもコイルバネ式の様に車高が低く沈むといった事もありません。エアサスは多くの利点がありますが、構造が複雑で高価であるというデメリットがあります。

この為、エアサスは一部の高級車やスポーツカーにのみ採用されています。軽自動車・コンパクトカーや大衆車のサスペンションは、安価なコイルバネ式タイプがほとんどとなっています。

油圧サスペンション

空気バネと油圧シリンダーを組み合わせたものが油圧サスペンションになります。これはハイドロニューマチック・サスペンションとも呼ばれ、一部の高級車・大型乗用車・スポーツカーや航空機などに採用されています。

エアサスペンションは、空気の圧力を変化させる事で車高を調整する仕組みになります。これに対して油圧サスペンションは、オイル(液体)の圧力を変化させる事で車高を調整させるという特徴を持ちます。

車輪の衝撃を吸収する目的で空気ばねを使用し、油圧シリンダーで車高を調整する仕組みになります。 油圧シリンダーは、ポンプを使用してオイルの圧力を変える事で車高や前後左右の傾斜を制御する事が出来ます。

コーナリングの際に車体が外側に傾くのを防いだり、凹凸を検知して車体を瞬時にコントロールするといった事が可能になります。ポンプで油圧を調整する事でアクティブに車体を制御する事が出来るので、乗り心地をいっそう向上させながら操縦性も確保することができます。

空気ばねと油圧シリンダーを組み合わせた油圧サスペンションは多くの利点がありますが、オイルが劣化すので交換する必要があり装置全体が重くなってしまうのに加え、構造が複雑で高価になるというデメリットがあります。

トーションビームのメリット

コストを抑える

コストを抑える

トーションビーム式サスペンションのメリットとしてまず挙げられるのは、価格を抑える事が出来るという事になります。空気ばねや油圧シリンダーなどが使用されておらず、コイルバネによって衝撃を吸収します。そのため部品点数が少なく済み、パーツ全体の重量が軽くなります。

空気ばねや油圧シリンダーには多くの消耗品が使用されているので、維持コストが掛かってしまいます。トーションビームはシンプルなコイルバネ式なので、メンテナンス費用が少なくて済むというメリットがあります。

トーションビーム式は装置全体が小型なので多くのスペースを必要としません。車体のサイズが小さな軽自動車やコンパクトカーでも、車内スペースを広く取る事が可能になります。

低コストで軽量コンパクトなトーションビームは、軽自動車・コンパクトカー・商用車に多く用いられています。

トーションビームのデメリット

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

トーションビーム式サスペンションは、左右の車輪が横梁によって接続されています。このため車輪の動きが制限されてしまうというデメリットがあります。路面を追従する機能があまり高くないので、乗り心地面では不利になります。

また、トーションビーム式サスペンションは、左右の車輪が横梁を通じて繋がっていることから、どちらかが段差を踏めば反対側にもその振動が伝わってしまいます。

その他にも、トーションビーム式はコイルスプリングが使用されているので、車高やスプリングの硬さを調整しにくいというデメリットもあります。車高や硬さを変えるためには、コイルバネそのものを交換するか、カットしなければなりません。

トーションビーム式だと車輪の取り付け角度が固定されているので、アライメント調整が出来ないという欠点もあります。ドレスアップなどのために、トー角やキャンバー角を変更させる事は純正状態では不可能となります。

まとめ

デミオ/ベリーサ用トーションビームブレース

デミオ/ベリーサ用トーションビームブレース

今回は大衆車・商用車を中心に幅広い車種で採用されているトーションビームサスペンションについて解説しました。トーションビームサスペンションの構造・メリット・デメリット、エアサスなどとの違いを理解していただけたのではないでしょうか。

愛車に対する理解が深まり、より良いカーライフを送っていただければ幸いです。

関連するキーワード


豆知識 メンテナンス

関連する投稿


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

いまや販売される車のほとんどに搭載されているオートマチックトランスミッション。マニュアル車のような忙しない操作が必要ない簡単さから人気となっていますが、オートマ特有の現象「クリープ」に関して深く考えてみたことはありますか。なぜクリープは発生するの?どうやって車が動いているの?トランスミッションのない電気自動車でもクリープするの? この記事で学んでいきましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。