トップへ戻る

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダが世に送り出した軽自動車のスポーツカー、S660。 軽自動車の枠を飛び越えたこのスポーツカーは高い実力を持ちながら、街乗りもこなせるマルチな車です。今回はホンダのS660についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダS660という車

MUGEN S660

MUGEN S660

軽自動車なのでとても速いというわけではありませんが扱いやすく、コーナーリングの際はドライバーと車が一体化したような感覚になります。スポーツドライビングを感じることができるこのS660には様々な魅力が詰まっています。部分ごとに分けて見て行きましょう!

ホンダ S660の魅力をまとめてみた

ホンダ S660 α

ホンダ S660 α

ホンダS660、その魅力はなんと言っても、2シーターオープン・ミッドシップという本格的なスポーツカーの要素を、小柄なボディに詰め込んだ走りにあると言って良いでしょう。

排気量だけをみれば完全に軽自動車のカテゴリーに分類されますが、その実力はスーパースポーツに分類されてもその魅力は色褪せることはなく、その魅力に迫りましょう。

軽では稀少!ミッドシップレイアウト

ホンダS660は、軽自動車としては数少ないMRレイアウト(ミッドシップエンジン・リアドライブレイアウト)を実用化したオープン2シータースポーツカーで、希少な存在として世界から注目を浴びています。

車を構成するコンポーネントの中で最大の重量を持つエンジンを、車体中央近くに配置する事により、前輪と後輪の荷重配分が前45%後ろ55%と理想的な値を実現しています。

現在、幅広い車種で採用されるFFレイアウト(フロントエンジン・フロントドライブレイアウト)と比べて、前輪に掛かる荷重が軽く、軽快な運動がし易いと言われています。また、後輪の荷重が重い為、駆動力の伝達に優れるレイアウトとなっています。

これが軽自動車の限られた規格の中に納まっているのですから、ホンダの本気度が伺えます。

ターボエンジンでパワフルな走り

ホンダ S660 エンジンルーム

ホンダ S660 エンジンルーム

シートの後方にマウントされた専用設計のターボチャージャーを備えた高回転型660cc DOHCエンジン(S07A型エンジン)は、この軽量なボディのS660をご機嫌に走らせることができます。

軽自動車の規格内に収める為、最高出力は64PS(6,000rpm)、最大トルクも10.6kgf・m(2,600rpm)となっています。これだけだと物足りないと感じるかも知れませんが、低回転域で10kgf・mのトルクが発生する為、常に余裕のある走りが出来ます。

6速MTモデルは、エンジンの許容回転数が7,700rpmとなっています。これは、CVTモデルに比べると700rpm高い値となります。

軽初の6速マニュアル、スポーツCVTも選べる

小気味よくシフトの入る6速MTは、マニュアルの魅力の一つでもあるクラッチ操作においていかんなく発揮されます。走る・止まる・曲がるの操作感は、走る人に車と一体になる喜びをもたらします。

クラッチ操作の要らないCVT車を選択した場合でも、パドルシフトでスポーツカーを操る愉しみを得られます。

CVT車にはさらにSPORTスイッチ機構を搭載。このSPORTスイッチをONにするとDEFAULTモードからSPORTモードに切り替わります。SPORTモードではエンジン回転数が上がり、よりダイレクトなアクセル操作に応えてくれます。

メーターの照明色もDEFAULTモードのホワイトから、SPORTモードではレッドに変化し、運転する者の気持ちを切り替えてくれます。

ボディも足回りも本格派

260mm大径ディスクブレーキをフロント・リアに装備しており、ブレーキペダルの踏力をレスポンスよく車輪に伝えます。高い剛性感のブレーキフィールは乗る者に安心感を与えます。

タイヤは前輪が15インチ(165/55R15)、後輪が16インチ(195/45R16)を採用。後輪が前輪より大口径サイズな理由は、接地性の向上と駆動力を確実に路面へ伝える為となります。

スポーツカーらしく全高は1,180mmと低く抑えられ、同様に最低地上高も125mmと低くなっています。段差を乗り越える際や駐車の際は、車止めに当てないよう注意が必要になります。

オープン2シーターのS660では、キャビンの屋根はソフトトップになっています。自動で格納されるわけではなく、ユーザーが車を降りて手動で脱着することになります。

ソフトトップの屋根の中でも珍しい「ロールトップ型」を採用しており、外したソフトトップは畳んでフロント部の収納スペースに収める必要があります。急な雨などには注意が必要になります。

着座位置は低く、快適性は高いとは言えませんが、サイドサポートが張り出したスポーティなシートは体をしっかりとホールドしてくれます。

S660の歴史

ホンダ S660 コンセプトエディション

ホンダ S660 コンセプトエディション

ここでホンダS660の歴史を紹介しましょう。S660の登場は東京モーターショー2011に出展されたコンセプトモデル「EV-STER」で予告され、続く東京モーターショー2013ではより市販仕様に近づいた「S660 CONCEPT」が出展されました。

2015年4月2日「S660」発売。同社軽自動車のオープン2シーターとしては、ビート以来19年ぶりの復活となりました。同時に特別限定車「S660 CONCEPT EDITION」が660台限定で発売されました。

コンセプトカーの「Honda S660 CONCEPT」をモチーフにしています。2トーンカラーサイドミラーやボルドーレッド ロールトップが特徴となっています。

2017年6月2日発売の特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」は「α」をベースに、オールブラックアルミホイール、ブラックドアミラーや、ジャズブラウン インテリアなどの採用が特徴となります。

2017年11月10日発売の特別仕様車「#komorebi edition(コモレビ エディション)」は、「β」のCVT車をベースにしており、ブラウンルーフトップ、ライトタンインテリアが特徴となっています。

2018年7月6日発売のコンプリートモデル「Modulo X」はグリル一体型フロントバンパーと「ガーニーフラップ」を採用したリアアクティブスポイラーの採用が特徴になります。

2018年12月21日発売の特別仕様車「Trad Leather Edition」は「α」をベースに、ブラウンロールトップ、専用アルミホイール(ブラッククリア塗装)、ホイールナット(ブラック)、トラッドレザーインテリアが特徴となっています。

2020年1月のマイナーモデルチェンジでは、Aピラー(一番前の窓枠)をボディ色と同色にした他、フェンダーのサイドマーカーを廃してドアミラーウインカーを備えています。


S660 現行グレードはこれだ

ホンダ S660 β (アラバスターシルバー・メタリック)

ホンダ S660 β (アラバスターシルバー・メタリック)

ホンダ S660には3つのグレードがあります。ここではグレード毎のボディカラーなどを紹介します。

ホンダS660α

上級グレードとなる「S660α」は、アルカンターラ×アルミMTシフトノブ(6速MT車のみ)・アルカンターラ×本革巻CVTセレクトレバー(CVT車のみ)・アルカンターラ×本革巻ステアリングホイール・ステンレス製スポーツペダル・クルーズコントロールなどを装備したモデルです。

ボディーカラーは「フレームレッド」「カーニバルイエロー II」「フレンチブルー・パール」「アクティブグリーン・パール」といった鮮やかなものも選択が可能です。

インテリアは標準が「ブラック」で、シート素材は本革×ラックススェード。また「アシンメトリーカラースポーツレザーシート」がオプションで選択可能となっていましたが、現在では廃止になっています。

ホンダS660β

S660βのボディーカラーは、「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」「アラバスターシルバー・メタリック」、その他「ナイトホークブラック・パール」です。シート素材はメッシュ×ファブリックとなっています。

ホンダS660Modulo X

ボルドーレッドをロールトップとインテリアに用いた渋い色使いが特徴的なのがS660Modulo Xです。ボディーカラーは「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」「アラバスターシルバー・メタリック」「フレンチブルー・パール」「カーニバルイエロー II」の全4色となります。

S660のスペック

【ホンダ S660 β】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,180mm
ホイールベース2,285mm
最大乗車定員2名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:20.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒横置
最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク104N・m(10.6kgf・m)/2.600rpm
駆動方式MR
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)+パドルシフト
(2020年9月現在 ホンダ公式サイトより)

S660 新車・中古車価格まとめ

ホンダ S660モデューロX

ホンダ S660モデューロX

ここでは気になる新車価格と中古車価格を紹介していきます。

ホンダS660の新車価格

S660の新車価格を見て行きましょう。※価格は税込み価格になります。

β 6MTの新車価格は2,031,700円、CVTは2,031,700円となっています。βのMTとCVTは同じ価格に設定されています。

α 6MTの新車価格は2,321,000円、CVTは2,321,000円となっています。αの価格はベータより263,000円高い設定です。αもMTとCVTの価格は同じになります。好きな方を選びましょう。

S660 Modulo X 6MTの新車価格は、3,042,600円です。CVTの新車価格は3,042,600円となっています。

※情報は2021年1月現在 ホンダ公式サイト調べ

ホンダS660の中古車価格

次にS660の中古車価格を見て行きましょう。平均価格は170万円台、価格帯は100万円台~390 万円台となっています。※価格は車両本体価格です。

β 6MT 中古車価格は120万円台~290万円台となっています。
β CVT 中古車価格は130万円台~170万円台となっています。

人気車だけに新車と比べてもあまり大きな値下がりはしていない様です。

α 6MT 中古車価格は110万円台~390万円台となっています。
α CVT 中古車価格は100万円台~380万円台となっています。

100万円台から400万円近くするものまで幅広い価格となっています。

S660 Modulo X 6MT 中古車価格は220万円台~320万円台となっています。
S660 Modulo X CVT 中古車価格は210万円台~2700万円台となっています。

もっとも新車での価格設定の高いModulo Xは、やはり中古車市場でも高値が付いています。

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年10月現在)


まとめ

ホンダ S660 無限 RA

ホンダ S660 無限 RA

オープン2シーターの軽自動車という、可愛らしくてカッコよくキャッチーな存在であるホンダS660は幅広いユーザーから人気を博しています。このS660はいつの日かオープンカーと憧れを抱いているあなたを、満足させてくれる存在に違いありません。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。