トップへ戻る

東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

以前より、高速道路は東名高速や中央道など地名で呼ばれることが多かったですが、近年訪日ブームで多くの外国からの観光客が増えた結果、より国際的にも分かりやすい表記が求められる様になりました。東名高速は「E1」となっていますが、一体それはなぜでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


なぜ東名高速は「E1」と呼ばれるのか

東名高速道路

東名高速道路

首都圏と関西圏を結ぶ国道1号線沿いを走り、東京から名古屋間を繋ぐ高速道路と位置付けられている東名高速。その東名高速は、高速道路表記のナンバリング化により「E1」とも表記されるようになりました。

従来の地名にちなんだ路線名に加えて、数字とアルファベットの組み合わせによる名称も併用されているわけです。「E1」は、高速道路を意味する英単語「Expressway」の頭文字「E」に、並行する国道1号線の「1」を組み合わせた呼称となります。

高速道路ナンバリング

高速道路ナンバリング

高速道路ナンバリング

なぜ、東名高速を「E1」で表すような、高速道路のナンバリング化が導入されたのでしょうか?その答えとしては、日本の国際化に向けた取り組みの一つであるためと言えるでしょう。

地名に依存せず、国際標準とも言える数字とアルファベットによる簡易な名称を用いることにより、日本語に不慣れな来日ドライバーにも分かりやすい表記を目指しているというわけです。

2010年代に入り、日本を訪れる外国人の数が増加する傾向にあります。国土交通省によると、2011年から2015年にかけて訪日外国人の数は3.2倍に増加したとされています。加えて2011年から2013年までの3年間で外国人のレンタカー利用も2.8倍増え、約50万人に達しました。

訪日外国人の増加に伴い、その方々が日本で自動車を運転するケースも増えているというわけです。そのような背景に基づき、2017年から、国際的にも通用する高速道路のナンバリング運用が開始されるに至りました。

路線番号とは

国道標記

国道標記

そもそも路線番号とは、道路の路線に割り当てられた番号のことを意味します。国道1号線などの名称に見られる数字がそれに該当するわけです。

一般道、すなわち国道および地方道について、路線番号は基本的に数字で表されます。道路標識では、いずれも青地に白地で番号を記す形式が取られています。標識の形状が国道では逆三角形、地方道では六角形となっており、これにより国道と地方道の区別が付けられているわけです。

高速道路ナンバリング導入以前の日本では、一般国道、都道府県道や市町村道といった地方道、首都高速・阪神高速・名古屋高速などの都市高速において路線番号を用いるのが主でした。

しかし、都道府県をまたぐ都市間高速道路には路線番号がなかったわけです。これは世界的には珍しい日本特有とも言える状態でした。

海外では、高速道路にも路線番号を用いるのが一般的です。つまりその国の言語を知らなくとも内容を理解できるような標識が、高速道路の路線把握に利用されているわけです。そのような在り方が世界標準となっていると言って差し支えありません。

日本の場合、周囲を海に囲まれた島国という地理的特徴があります。外国人が車道から国境を通過し国内外を行き来することがありません。そういった関係上、日本国内の道路を走行するドライバーは日本人が大多数であり、日本語地名に基づく高速道路表示のみでもさして問題はありませんでした。

しかし、国際化に伴う外国人ドライバーの増加という時代の流れに即し、世界標準に併せる必要性が生じてきたわけです。

路線番号の付け方

ナンバリングが導入された高速道路も含めて、道路の路線番号はどのような決め方で付けられているのか、見ていきたいと思います。

地方道すなわち都道府県道や市町村道では、その道路を管轄する地方自治体によって何号線とするか決定されます。互いの番号が重複するなどして混乱をきたさないよう、自治体各々の判断に基づき定められるものと言えるでしょう。

日本全国を結ぶ大動脈的な役割を担うものとして整備されてきた国道は、1952年の新道路法改正によって、1級国道と2級国道に分類されました。1級国道としては1号線から58号線までの1桁ないし2桁までの番号を用い、2級国道は3桁の番号を当てるものと定められたわけです。

その後、国道の1級ないし2級の区分は1964年の法改正により廃止され、現在の一般国道となりました。しかし国道の路線番号についてはそのまま継承され現在に至ります。

高速道路の路線番号は、その国道番号を一部流用し、ナンバリングの基本的ルールに従って付けられます。

その基本ルールとしては、主に以下のものが挙げられます。
◆地域に馴染みがあり親しみやすい旧1級国道の番号を使用。
◆数字は原則2桁。
◆起終点が同一など、機能的に似ている路線はグループ化。
◆道路種別や機能をアルファベットで表現。
◆国土の骨格構造が表現できるよう設定。

その基本ルールに則って定められた具体的ルールは、以下の通りです。

1):1桁ないし2桁の旧1級国道に並行する路線は、高速道路を意味する「E」に国道番号を付けます。東名高速「E1」はその代表例と言えます。

2):1)に該当する高速道路が存在し、それと機能的に類似している路線は、末尾にグループ化を意味する「A」を付けます。例としては、東名高速「E1」とほぼ並行している新東名高速「E1A」が挙げられます。

3):首都圏などの環状道路は、「E」に代わって円を意味する英単語「circle」の頭文字「C」を用います。C以下の番号については、都市高速との整合性を加味して考慮されます。必ずしも番号が用いられるとは限らず、東京湾アクアライン「CA」のようにアルファベットが用いられる場合もあります。

4):1桁ないし2l桁の番号を持つ国道に並行する路線の対象を拡大して付番する場合もあります。
3桁番号の旧2級国道と並行する場合、並行している国道番号が別路線に付番されている場合、隣接して2桁国道があれば、該当する国道番号を延伸して用います。

また、北海道縦貫自動車道については、国土の骨格構造を表す路線であることから、全線を「E5」と付番しています。

5):1)~4)に該当しないその他の高速道路については、国道番号に使用されていない59番以降の2桁を用います。

主な道路の路線番号

主な高速道路の番号はどのように付けられているのか、ナンバリングのルールの実例として確認しながら見ていきたいと思います。

名古屋から神戸間を結ぶ高速路線に位置付けられる名神高速。これは、国道1号線に並行する路線として、東名高速と同じく「E1」が用いられています。

その名神高速と機能的に類似している路線である新名神高速道路は、E1をグループ化したものと見做され、「E1A」となるわけです。

愛知県と富山県を結ぶ東海北陸自動車道は、2桁国道である国道41号線と方向的に類似していることから「E41」となります。

函館・江差自動車道は「E59」とされています。グループ化や対象拡大などの関連付けが既存の国道と取れないため、国道の2桁番号に用いられていない59以後の番号が当てられます。

路線番号は浸透している?

世界的に広く用いられている高速道路の路線番号は、上位路線に1桁や2桁の数字を振り、並行路線や枝に相当する路線は桁を増やしていくという方法で番号が決められています。

しかし日本の場合、主に国道番号に準じて付番されているため、番号間の法則性がほとんど見られません。

例えば、大分自動車道E34の次番に当たるE35は、大分から遠く離れた北海道横断自動車道根室線を指すという状態です。

そのような馴染みにくさもあり、導入して間もない現時点では高速道路の路線番号が浸透しているとは言い難い状況にあります。

しかし、ドライバーにとって高速以上に利用頻度が高い一般国道と関連付けられていることもあり、導入から年月が経過するにつれ徐々に慣れてくるものと思われます。

路線番号が付けられる道路は?

高速道路ナンバリング化により、従来の国道、都道府県道、市町村道に合わせて高速道路についても路線番号が付けられることになりました。

このことから、今後は路線番号が付けられる道路は主な車道全般が該当すると言えるでしょう。

まとめ

東名高速道路

東名高速道路

東名高速がE1と表記されるのを起点に、高速道路の路線番号について紹介してみました。導入されて年月的に浅く、未だ馴染みの薄い印象を持たれますが、外国人ドライバーの増加など国際化に対応する上で今後重要性を増してくるでしょう。

関連するキーワード


豆知識 高速道路

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。