トップへ戻る

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シトロエンとは?

シトロエン C4 新型

シトロエン C4 新型

シトロエンとはフランスを代表する一つの大手自動車メーカーとして世界にも名を博しています。シトロエンはかつて独立した自動車メーカーとして存在していましたが、経営難に陥ってからプジョーの傘下に入り、現在はPSAグループの一員となっています。

プジョーの傘下になったとしても、シトロエンは異なる方向性で自動車造りが進んでおり、シトロエン独自の個性を持ったブランドメーカーとして人気があります。

そして、小型車や高級車と幅広いモデルの車種販売を行っています。DSやC6などは高級車として大統領専用車に採用されるなど、かなりの実績を持つ車種はシトロエン実力の証となります。

小型・中型車も、官公庁の公用車として使用されています。また、個人需要としても造り出す車種がお洒落で実用的ということもあり、フランスを中心に大衆に親しまれています。

シトロエン新型C4

シトロエン C4 新型

シトロエン C4 新型

シトロエンから2020年秋にC4のニューモデルとして新型C4をフランスで受注開始しています。その姿は先代C4を刷新され登場しており、同車種とは思えぬほどの形状となり、違和感を感じてしまうほどのインパクトとなります。

今までのC4お墨付きのスタイルなどが一気に剥がされ、次世代へと走り出したと言えるのではないでしょうか。ここまで刷新してでも新型C4として生き残る自信が垣間見えます。

シトロエン新型C4の各モデル(英国仕様)

シトロエン C4 新型 e-C4

シトロエン C4 新型 e-C4

◎ガソリンモデル
●ピュアテック 130 6速MT センス・プラス
●ピュアテック 130 8速AT センス・プラス
●ピュアテック 130 6速MT シャイン
●ピュアテック 130 8速AT シャイン
●ピュアテック 130 8速AT シャイン・プラス

◎ディーゼルモデル
●ブルー HDi 130 8速AT センス・プラス
●ブルー HDi 130 8速AT シャイン
●ブルー HDi 130 8速AT シャイン・プラス

◎EV(電気自動車)モデル
●リチウムイオン式駆動用バッテリー AT センス・プラス
●リチウムイオン式駆動用バッテリー AT シャイン
● リチウムイオン式駆動用バッテリーAT シャイン・プラス

このようにグレードはガソリンモデルのピュアテック 130にはセンス・プラス、シャイン、シャイン・プラスの3つ、トランスミッションとしてセンス・プラスとシャインはMTの設定がされています。

ディーゼルモデルにはセンス・プラス、シャイン、シャイン・プラスにトランスミッションがATのみとなっています。EVモデルもディーゼルモデルと同様グレードでトランスミッション設定も同様となります。

日本市場での新型C4販売は、まずガソリンモデルが投じられるのではないでしょうか。その後、日本国内インフラの状況を踏まえ、e-C4は2021年にラインナップする予想となっています。

シトロエン新型C4の運動性能

シトロエン C4 新型

シトロエン C4 新型

新型C4の運動性能としてはサスペンションを細部までこだわりを持ち、安定性・スポーティ性・静粛性などに活かされていることが見どころではないでしょうか。

通常ダンパーにセカンダリーダンパーを追加し構造の純メカニカルなシステムとなり、ダンパーシリンダー内に第2ダンパーシリンダーを配しています。サイドには複数のポートが開いているのも一つの特徴となります。

そのほかにも、多々サスペンション技術により上下の動きが抑えられ、安定感が増し、ドライビングへと役立ててくれます。

シトロエン新型C4のエクステリア

シトロエン C4 新型

シトロエン C4 新型

新型はCセグメントハッチバックにシトロエンの最新デザインコンセプトが導入されており、ユニークかつ大胆なアイデンティティを強調しています。

車高を上げることで得る力強いスタンスは、ハッチバック独特のエレガンス&ダイナリズムに、さらに4ドアクーペ風クロスオーバーへと転身を図り、SUVの特徴を加えることで、ハッチバックとクーペクロスオーバーの融合スタイルを楽しむことができます。

また、形状としては空力性能を追求し、流れるようなエクステリアデザインとしても考えられておりスポーティ面でも注目されています。

このように新型C4にはボディスタイルを刷新したボリューム感溢れるさまざまな哲学思考が注ぎ込まれています。

シトロエン新型C4のインテリア

シトロエン C4 新型

シトロエン C4 新型インテリア

インテリアとしても裏切りを感じさせない近未来型な造りで、メーターやタッチスクリーンをデジタル化にし、立体型ダッシュボードはまるで宇宙船を操縦している体感を与えてくれます。

センターコンソールにはATシフトレバーやブレーキボタンを備えていますが、凸凹がなく、プレーンな造りで仕上げている点もさすがと言えます。さらにエアコン・オーディオなどの操作はメカニカル操作系となっているため、使い勝手も抜群となります。

シートも快適性を向上させるつくりになっており、シトロエン伝統のハイドロ風味のカーペットライドを実現する油圧ショックアブソーバー「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」と相まって、極上の乗り心地を提供し負担をカットしてくれます。

シトロエン新型C4の新車価格

各パワートレイン別のフランス本国でのベース価格は、以下の通りとなっています。

フランス仕様
ガソリンモデル
2万900ユーロ(日本円約263万円)
ディーゼルモデル
2万3200ユーロ(日本円約292万円)
EVモデル/e-C4
2万8600ユーロ(日本円約360万円)
(フランス政府補助金7,000ユーロ(日本円で約88万円)を適用した場合)

2020年1月 シトロエン公式サイトより

このような流れでフランスで2020年から納車が開始されています。そのため日本国内への販売は、2021年予定との事もありますが未だ先のこと、新型コロナウイルス問題のこともあり、長引く可能性もあります。

シトロエン新型C4の中古価格

新型C4の中古価格は未だ新車が発売されていない事もあり、中古販売車自体が存在しません。そのため、中古価格の予想すら分からない状況となります。

新型C4のユーザーニーズにより下落・高騰と、中古価格の変動が見られるのではないでしょうか。

シトロエン新型C4の評判

新型C4の評判としては、シトロエンが世間に公開している情報だけで好評となっています。

e-C4はEV(電気自動車)となっているため、日本国内で販売したとしても、未だ公共充電ステーションの設備が全国に整っていないため、車種としては高性能性が活かされないと予想されています。

ハイレベルEVは造り上げられていますが、それをうまく活用していく環境が未だ現実化されていないというズレをなくし、新型C4の力を日本国内で上手く発揮できるように、EV化環境を目指し、動き出さなければいけないとされています。

シトロエン新型C4国内販売

シトロエン新型C4の日本国内販売の予定としては、かなり新型コロナウイルスの悪影響を負うタイミングで生産国フランスで受注開始が推進し始めたため、日本国内での販売が可能になるのはやや販売設定時期よりも延びてしまうでしょう。

そのため新型C4の情報が国内に多く流れてくるため、「乗ってみたい」という購入希望者が増え、販売開始の売り上げも期待できる一台ではないでしょうか。

また、国内では数量限定販売の可能性も有り得るのかもしれません。欧州販売限定として、生産販売を切り替え進めていく可能性も否定できないかもしれません。

まとめ

シトロエン e-C4

シトロエン e-C4

新型C4について紹介をしていきました。この車種が国内販売へと走り出すかが一番の見どころといえます。

その情報を伺いつつも興味を持っていれば、いつの間にか新型C4がどのような車種なのかが全体的に理解でき、国内販売が待ち遠しい一台となってくれるのではないでしょうか。

関連するキーワード


シトロエン 車種情報

関連する投稿


DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?


【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

ご家族揃ってゆとりのドライブが可能、荷物もしっかり積めてアウトドアにもぴったりなミニバンは、ファミリーカーとして定番の選択肢の一つですね。小さなサイズから大きなサイズまでたくさんの種類があるミニバンだけに、選びかたに迷ってしまうという方もいらっしゃるのでは。そこで、数あるミニバンの中でも、オーナーとして誇りの持てる、自慢したくなってしまう車を3台ご紹介します。


【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

今、コンパクトSUVが熱い!人気のSUVの中でも、扱いやすいサイズとお財布に優しい廉価な価格設定が嬉しいコンパクトSUVは、各社がラインナップする激戦のカテゴリーです。サイズは小さくても装備や性能はピカイチ。豊作のコンパクトSUVの中でも、特におすすめしたい10台を国産車と輸入車から選んでご紹介していきます。きっとあなたにぴったりのコンパクトSUVが見つかるはずです。


【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

自動車の黎明期から数々の名車を生み出してきたフランス車は、シックな車作りで世界中にファンを持っており、高級車の世界でも定評があります。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、フランス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


「シトロエン」ってどんな車?現行ラインナップを徹底紹介

「シトロエン」ってどんな車?現行ラインナップを徹底紹介

非常に歴史の深いフランス自動車界の中でも、高いデザイン力で群を抜くシトロエン。ごく一部の好事家しか愛好していなかったシトロエンですが、最近では街中で見かける機会も増えてきていますよね。シトロエンの魅力とは一体なんなのか、現行ラインナップを詳しくご説明しつつ、迫っていきます。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。