トップへ戻る

あおり運転とは?違反した際の罰則や具体的な事例をご紹介

あおり運転とは?違反した際の罰則や具体的な事例をご紹介

令和2年6月から、道路交通法が改正されてあおり運転の厳罰化が始まりました。とはいえ、具体的にどのような運転をするとあおり運転になるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。あおり運転で検挙されると、減点される点数にかかわらず免許が取り消されたり、場合によっては刑事罰が科せられたりする場合もあります。そこで今回は、あおり運転の基礎知識や違反した際の罰則、厳罰化以降の具体的な事例を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


あおり運転とは

あおり運転イメージ

そもそもあおり運転とは?

あおり運転とは、「危険性が高く、不必要な運転を路上で他のドライバーに対して行うこと」を指しています。安全確保のために急ブレーキをかけたり、クラクションを鳴らしたりしなければならない場面もありますが、必要に迫られていないにもかかわらずリスクの高い運転をすると、あおり運転とみなされます。

あおり運転は一般道においても危険な行為ですが、スピードの出る高速道路などでは特に危険性が高くなり、最悪の場合は死亡事故につながるおそれもあります。

あおり運転を受けたと感じた場合は、焦らずにサービスエリアの駐車場など安全性の高い場所に避難することも重要です。怒りに駆られた加害者が追ってくるケースも少なくないため、人通りの多い場所を選ぶと良いでしょう。

ドアをロックして安全を確保した状態で、相手には取り合わずに110番することが大切です。

あおり運転とみなされる代表的な行為

ここでは、あおり運転と判定される代表的な行為を紹介します。

車間距離を詰めて道を空けるよう強要する

車間距離が近すぎる車

車間距離に注意

先行車との車間距離を意図的に詰めて、道を空けるように威圧する行為はあおり運転の代表例と言えます。

警視庁が「あおり運転」として公開している検挙数のデータは、車間距離保持義務違反で検挙されたデータを基準としています。

相手ドライバーに暴言を浴びせる・脅迫する

激怒する男性

脅迫罪に問われることも

「何もたもた走ってるんだ!」「邪魔だ!」「早くしないと窓を割るぞ!」など、相手ドライバーに暴言を浴びせる行為もあおり運転の一種です。

場合によっては相手の安全を脅かす告知をしたとして、脅迫罪に問われる可能性もあります。

クラクションやパッシングで煽る

あおり運転イメージ

クラクションの使用は違法行為!

クラクションを鳴らしたりパッシングを行ったりするシチュエーションではないにもかかわらず、ドライバーを威嚇する目的で使用するとあおり運転とみなされます。

クラクションの使用は道路交通法で規定されているため、マナー違反ではなく違法行為です。

不審な接近や幅寄せ

幅寄せイメージ

危険な行為

十分に距離を空けられる状況であるにもかかわらず、あえて車両を接近させて運転を妨げようとする行為です。後方から追い抜く際に幅寄せを行って威圧するケースもよく見られます。

車両だけでなく、車道を走る自転車に幅寄せする場合もあおり運転に該当します。

あおり運転の罰則を定めた「妨害運転罪」が新設

これまであおり運転自体には明確な罰則が定められていませんでしたが、道路交通法の一部が改正となり、令和2年6月10日に公布されました。これにより「妨害運転罪」というあおり運転の罰則が明確に規定され、これまであおり運転そのものでは処罰できなかった状況が改善されて厳しい罪に問うことが可能になっています。

また、危険運転致死傷罪に該当する範囲も広がったため、あおり運転のような危険行為で人を死傷させた場合、今後は「危険運転致死傷罪」にも同時に問われる可能性があります。

あおり運転で適用される罰則

あおり運転イメージ

罰則に注意!

ここでは、あおり運転で適用される罰則について具体的に解説します。

減点・免許取り消し

直接的に怪我を負ったり事故につながったりしていなくても、あおり運転をしたとみなされた場合は減点の対象となります。また、違反行為の悪質性が高ければ、減点によって免許取り消しの要件を満たさないドライバーでも、最長180日間の免許停止になる可能性があります。

普通車を例とした場合、減点は急ブレーキ禁止違反、追い越し違反、安全運転義務違反が2点、車間距離保持義務違反と進路変更禁止違反が1点(車間距離保持義務違反は高速道路等の場合2点)です。

罰金

違反した内容により、減点に加えて6,000円~9,000円の罰金が科せられます。減点と罰金どちらか一方ではなく、両方が同時に科せられるので注意が必要です

刑事罰

あおり運転の中でも危険な行為を行った場合、点数が25点減点される上、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられる刑事罰の対象となる可能性があります。さらに、高速道路で相手ドライバーを停車に追い込むなど著しい危険行為に該当する場合は、35点の減点に加えて「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」となり、量刑が重くなる場合もあるでしょう。

25点減点による免許取り消しの場合、欠格期間は2年間で、その間は免許の再取得はできません。35点減点の場合は欠格期間が3年間と長くなります。

あおり運転で検挙された具体例

パトカー

検挙された例を見てみよう

妨害運転罪が設立されて以降、あおり運転で実際に検挙された例はいくつもあります。具体的な例を見ていきましょう。

先行車を追いかけて通行妨害

東京都内の都道を走行中にあおり運転をしたとして、改正された道路交通法の施行日である令和2年6月30日に全国で初めての違反者が出現しました。

先行していた都内在住の会社員男性の車両を追いかけ、不必要に車間距離を詰めて走行妨害をしたとして検挙されています。検挙された男性は先行車を追い抜いた後で前方に割り込み、被害者の男性の車を強制的に停車させてから車に近づき、怒鳴るなどの脅迫行為も行っていたようです。

事件は周辺住民の110番によって発覚しましたが、証拠となったのはドライブレコーダーの映像でした。自分の身を守るためにも、いざという時にあおり運転をされたと証明するために車両にドライブレコーダーを設置する対策は有効と言えます。

9秒間のクラクション後、割り込みで衝突

静岡県内のバイパスであおり運転の容疑をかけられ逮捕されたのは、トラック運転手の男性です。静岡県内においては、本件が道路交通法が改正されて以降初めてとなる逮捕者でした。

被害を受けた車に車体を何度も繰り返し近づける「幅寄せ」を行い、車のすぐ後ろに近づくたびに執拗にクラクションを鳴らしたとのことです。クラクションを鳴らし続けた長さは9秒間にもわたり、ドライブレコーダーの記録から被害者に危険と恐怖を与える行為としてあおり運転に認定されました。

この違反者は妨害行為を行っただけでなく、長時間にわたってクラクションを鳴らした後、追い抜いた被害車両の前方に衝突しています。あおり運転を続けた距離は実に2kmにも及び、最終的に衝突という結果を招いてしまいました。

まとめ

運転する女性

心に余裕を

ここまで、あおり運転の基礎知識や罰則、具体的な事例などについてお伝えしてきました。あおり運転は重大な事故につながる危険性があり、自分だけでなく、相手の命を奪いかねないとても危険な行為です。

妨害運転罪の新設により、あおり運転に科せられる罰則は今まで以上に重いものになりました。一度違反してしまえば免許を取り消されてしまい、最大3年間再取得が叶わない可能性もあります。あおり運転とは無縁であるためにも、いつも心に余裕のある運転を心がけることが大切です。

関連するキーワード


豆知識 あおり運転

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。