トップへ戻る

【今こそ買いたい!】中古の軽 おすすめ3選!新車で買えない魅力満載

【今こそ買いたい!】中古の軽 おすすめ3選!新車で買えない魅力満載

自動車メーカーは常に新型車を生み出し続けているので、開発者の魂がこもった名車ながら、時代に理解されないまま忘れ去られようとしているものもたくさんあるように思います。そこでご紹介したいのが、軽自動車が今まで以上に国内販売の主力となっている今だからこそ手に入れたい、珠玉の中古軽自動車たち。もはや新車で手に入れることのかなわないその魅力を、詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽が豊作続きの今こそ買いたい、輝く歴史の1ページたち

スズキ ツイン カタログ

スズキ ツイン カタログ

日本国内での軽自動車の存在感は、過去にないほどに増しています。

新車販売台数の比率を見れば、普通車トップのトヨタ ライズが2020年1月〜6月で約5.8万台を売ってトップに立ったのに対し、軽自動車では同じ期間でN-BOXが約10.1万台もの販売台数で1位。2位のスペーシアでも約6.5万台、3位のタントで約6.2万台と、軽自動車の圧倒的な人気が見てとれますよね。

ここまでの人気となっている点は、もはや軽規格の縛りを感じさせない動力性能や装備内容の充実っぷり。特に予防安全装備や運転支援装備では、一部小型車を大いに上回る充実した装備が軽自動車では一般的になってきています。

しかし、それらの機能向上によって、軽自動車の新車価格がだんだんと上昇していることも事実。自動車の価格自体が常に上昇傾向にあるとはいえ、そろそろ200万円も見えてきた軽自動車の新車は、なかなかプレミアムな存在になりつつあります。

そこでおすすめしたいのが、個性たっぷりの中古軽自動車たち。もとより価格が安い軽中古車の中でも、単なるアシとしてではなく、愛でたくなるような魅力に満ちたこだわりの車選びをすることで、節約しながらの充実のカーライフが送れそうですよね。

今おすすめしたい、こだわりの3台の軽中古車をご紹介していきます。

スズキ ツイン(2003〜2005年):パーソナルコミューターを先取り

スズキ ツイン

スズキ ツイン

一目でなんじゃこりゃ?!と思ってしまいですが、ミニカーのような愛らしさのあるこちらはスズキ ツイン。

約2.7mに抑えられた全長からもお察しかとは思いますが、あえて室内は2人乗りに割り切った、シティ派コミューターとして登場しました。

排気量だけでなくボディサイズに規制のある軽自動車において、特に大事な全長を使い切らないのは異例のこと。しかし、新規格の軽自動車として最小級のボディによって、こちらも最小級の3.6mという回転半径を実現しているので、狭い道やUターンだってサラッとこなせてしまう点が魅力的です。

スズキ ツイン

スズキ ツイン

丸がデザインモチーフとされたツインは、その愛らしい見た目がまずインパクト抜群ではありますが、中身は同社の長い軽自動車の経験に基づく堅実な仕上がり。実績のあるK6A型ガソリンエンジンは粘り強い性能が持ち味で、600kg台からという軽い車重に対して十分以上のパフォーマンスを発揮します。

また、パワートレインのトピックとしては軽自動車初となるハイブリッド仕様の設定も挙げられます。小さな車内空間ながらバッテリーを追加で搭載したハイブリッド仕様は、パラレル方式の簡易的なシステムではありましたが、10・15モード燃費で34km/Lという脅威的な低燃費を誇りました。

スズキ ツイン インテリア

スズキ ツイン インテリア

二人乗り仕様であることはご紹介しましたが、なんと車体後部にはハッチバックドアすら持たず、トランクスペースへのアクセスはシートを倒すか、リヤガラスハッチ越しという点もびっくりポイントではありました。

その代わり、それらの割り切った設計によってコストカットも成功。エアコン・パワステなどの装備がつかないスパルタンな仕様とはいえ、最廉価なガソリンAグレードでは当時の価格で49.0万円という低価格が実現されていました。

スズキ ツイン ハイブリッド

スズキ ツイン ハイブリッド

長年の開発ののち、トヨタがEVのパーソナルコミューターをついに発売するなど、にわかに盛り上がりの兆しのある都市型パーソナルコミューター市場。しかし、今から15年以上前に、すでに軽自動車として実現されていたツインは、時代を先取りしすぎた傑作だったのかもしれませんね。

すでに室内ユーティリティの高いトールワゴン系が人気となっていたこともあり、販売面ではかなり苦戦したツインですが、その小回り性能は現在の日本であっても大活躍してくれるはず。

意外と多くの在庫台数が中古車で確認できる上、平均価格も30万円台と落ち着いているので、通勤やお買い物の相棒にこの愛らしいスタイルを選べば、毎日が楽しくなりそうです。

スズキ ツインのスペック

【スズキ ツイン ガソリンV】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,735mm×1,475mm×1,450mm
ホイールベース1,800mm
最大乗車定員2名
車両重量600kg
燃費10・15モード:22.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 658cc
エンジン最高出力32kW(44PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク57N・m(5.8kg・m)/3,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション3速AT
(2005年2月 スズキ ツイン カタログより)

スズキ ツインの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車在庫台数: 140台
中古車平均価格: 37.9万円
中古車本体価格帯: 12.8〜108.0万円

スズキ Kei(1998〜2009年):身軽なSUVルックが「映え」る!

スズキ Kei

スズキ Kei

軽自動車でもSUV系車種のラインナップが広がってきていますが、都市型SUVとして先駆けた車の一つが、こちらのスズキ Keiです。現在でいえば、ハスラーの先輩にあたる立ち位置と言えるかもしれませんね。

その名も軽自動車のケイ…というKeiは、ダジャレかと思いきや「軽の中の軽」を目指すという高い志の現れとのことです。覚えやすく、秀逸な車名でした。

スズキ Kei

スズキ Kei

デビューは1998年と、現在のブームよりもはるか昔にSUV系のデザインを取り入れたクロスオーバー車であるKeiは、なんとデビューから2009年まで大きなモデルチェンジなく販売が継続されたというロングセラーカー。

SUVだからといって自己主張の激しくない、どこか肩の力を抜いて気軽に付き合えそうなそのスタンスや、遊び心と実用性のバランスが市場から支持されてのことでしょう。

スズキ Kei インテリア

スズキ Kei インテリア

無論、最新のスーパーハイトワゴンや、やや背を低く抑えたハイトワゴンにすら室内スペース効率では劣るものの、軽セダン系よりもゆとりのある室内は、前席2人分なら十分以上の広々感があります。

後席を折り畳めば荷室床面とフラットになるなど、軽自動車らしくユーティリティ性にもこだわったつくりは、現代でも便利に使えそうですね。

スズキ Kei ワークス

スズキ Kei ワークス

やや背が高めとはいえ全高は1,600mm以下に抑えられているKeiは、ターボエンジン搭載のホットモデルのラインナップも特徴的でした。現代ではアルトワークスが復活していますが、先代アルトワークスが販売終了後には、スタイルも勇ましいKei ワークスがその座を引き継いでいました。

実用車というキャラクターづけもあり、あまり大事に乗られていない印象のものも見られますが、それでもライトな感覚のSUVスタイルは現代でも魅力的ですよね。2009年まで販売が続いたこともあり、まだまだ高年式の車両も探せる点もポイントでしょう。

ターボエンジン搭載車ならその意外なほどの力強さも楽しめますね。

スズキ Keiのスペック

【スズキ Kei Bターボ 5MT 4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,550mm
ホイールベース2,360mm
最大乗車定員4名
車両重量820kg
燃費10・15モード:19.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク106N・m(10.8kg・m)/3,500rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション5速MT
(2008年7月 スズキ Kei カタログより)

スズキ Keiの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車在庫台数: 386台
中古車平均価格: 21.9万円
中古車本体価格帯: 0.1〜118.0万円

ホンダ トゥデイ(1985〜1998年):絶頂期のブッ飛びホンダDNA

ホンダ トゥデイ(初代) ホンダコレクションホール収蔵車両

ホンダ トゥデイ(初代) ホンダコレクションホール収蔵車両

今や軽自動車市場は背が高めの車両が人気を占めていることもあって、非常に新鮮なスタイルに映るのがホンダの軽、トゥデイです。後年には原動機付自転車の車名として復活したことを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

当初は税制上のメリットの大きかった軽ボンネットバンとして登場したトゥデイは、もはやスポーツカーを思わせるような低い全高と寝かせられたフロントウィンドウが特徴的。

ホンダが現在でも用いる「M・M(マンマキシマム・メカミニマム)思想」に基づくデザインは、エンジンルームを極限まで小さくまとめることで、低い全高ながらゆったりと座れる室内を実現していました。

ホンダ トゥデイ(二代目)

ホンダ トゥデイ(二代目)

ホンダらしいスポーティな操縦特性も合わせて、独自の立ち位置を確立したトゥデイは、二代目ではより乗用車として一般的な方向性に修正されたように思えるものの、ホンダらしい車作りが軽自動車でも体感できる車種でした。

初代モデルではまさにクサビのようなスタイル、二代目前期モデルではなんと下側にヒンジをもつトランクリッドを持つなど、外観や使い勝手のあらゆる部分で個性的かつこだわりの感じられるポイントが多くあった点は、トゥデイの魅力の一つでしょう。

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ

室内空間としては、さすがに二代目モデルでもデビューが1993年でボディサイズが旧軽規格に基づくもののため、現代の軽セダンと比べると単純に狭いと評さざるを得ませんが、意外と大人4人でもしっくり納まることができる点は、設計の妙なのでしょう。

しっかりとした実用性を保ちつつ、軽量ボディに当時のオープン2シーター「ビート」と同様の高度な独立スロットル機構、MTREC(エムトレック)を搭載したハイチューンエンジン仕様まで用意されるなど、趣味車としても十分な実力がありました。

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ フロントの1本ワイパー

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ フロントの1本ワイパー

年式の古さもあって中古車在庫台数は豊富とはいえないほか、グレードや色なども自由には選びにくくなってきているトゥデイですが、その斬新なスタイリングは現代の街中でも注目の的になれることでしょう。

ベーシックカーというキャラクターながら、サンルーフがオプションで用意されるなどカスタマイズ面でも見所のあったトゥデイ。

綺麗な個体を格安に手に入れられるのは、もしかすると今がラストチャンスかもしれませんね。

ホンダ トゥデイのスペック

【ホンダ トゥデイ Tf 3AT 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,295mm×1,395mm×1,350mm
ホイールベース2,330mm
最大乗車定員4名
車両重量700kg
燃費10・15モード:18.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 656cc
エンジン最高出力35kW(48PS)/6,300rpm
エンジン最大トルク56.9N・m(5.8kg・m)/5,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション3速AT
(1996年3月 ホンダ トゥデイ カタログより)

ホンダ トゥデイの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車在庫台数: 67台
中古車平均価格: 33.4万円(初代)、32.4万円(二代目)
中古車本体価格帯: 19.0〜88.0万円(初代)、13.0〜129.8万円(二代目)

まとめ

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ

ホンダ トゥデイ(初代) カタログ

中古で今こそ買いたい、個性爆発の3台をご紹介してきました。

日本のベーシックカーの立場を長年担ってきた軽自動車は、日本独自の世界に誇れる文化の一つですよね。

軽トラが北米などでカルト的人気を博したりするなど、自動車文化には予測のつかない面もありますので、ここでご紹介した車種もいつか価値が超高騰してしまうこともあるかも。お安く手に入れられる今のうちに、歴史の1ページを体感してみては。

関連する投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

軽自動車人気が止まりません。ボディのサイズや排気量に制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つスライドドアモデルが特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車を現行全車種まとめてご紹介します。その使い勝手の良さや経済性の良さに、あなたも驚いてしまうこと間違いなしです。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。