トップへ戻る

 車選びで印象は変わる?「モテる」車の選び方!

車選びで印象は変わる?「モテる」車の選び方!

車選びのポイントは人によって異なります。コスパ重視という方もいればスペックで選ぶという方もいらっしゃるでしょう。車はステータスシンボルという側面もありますので、ステータス性の高いブランドのものを選ぶという方も多いかと思います。では「モテる車」とはどういったものなのでしょうか。あまりピンと来ないかもしれません。しかし、乗っている車がある程度人の印象に影響することもあります。そこで、今回はさまざまな角度から「モテる車」とはどういったものなのかについてや、その選び方についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


モテる車の条件は?

マツダ CX-5

マツダ CX-5

いきなりモテる車と言われてもまったくイメージがつかないという方も多いのではないでしょうか。そこで、まずはいくつかの角度からモテる車の条件について考えていきます。

デザインが魅力的

車が人に与える印象について考える際に、多くの方が最初に思い浮かべるのがデザインについてではないでしょうか。人の見た目と一緒で、外観は第一印象を大きく左右します。

どんなにスペックや性能の高い車であっても、デザインが魅力的でなかったり、エクステリアの質感が安っぽいとどうしても印象は悪くなってしまいます。なのでデザインの良さは「モテる車」選びにおいて重要な要素であるといえるでしょう。

とはいえ、デザインは人によって好みが異なります。ゴリゴリにカスタムされたスポーツカーが好きな方がいれば、シンプルですっきりとした車が好きという方もいます。また、車のデザインには流行もありますので、相手の好みがわからないのであればあまりクセのないデザインを選ぶというのもひとつの選択肢です。

そんな中で、いかにこだわりやセンスを見せるかを意識すれば、よりモテる車を選びやすくなります。

デートの際にもっとも重要なのは居住性

ドライブデートを楽しむ場合、デザイン以上に重要となる可能性があるのが居住性です。どんなにデザインがかっこいい車であっても、狭すぎたり乗り心地が悪ければそれだけで印象が悪くなってしまいます。

そのためドライブデートを楽しみたいのであれば居住性の高い車を選ぶことが重要です。シートの形状や足下の広さなどはもちろんのこと、女性を乗せることを考えるのであればシートの乗り降りのしやすさもポイントです。

「また乗りたい」「またドライブしたい」と思わせる車を意識することが重要となります。

また、エンジン音の大きさもポイントです。いくらスペックが高くてもエンジン音があまりに大きければゆっくり会話をすることができません。大きなエンジン音は車好きな方にとってはたまらないものかもしれませんが、あまり興味のない方にとっては騒音になってしまいます。なので、車内の静かさもしっかりと意識しましょう。

特にスポーツモデルは軽量化などのために居住性が低いケースも多いので注意が必要です。逆に、ミドルサイズ以上のセダンやSUVなどは車内スペースも広く、シートの快適性も高い傾向にあります。

頼りがいをアピールできるステータス性

ステータス性もモテる車の要素のひとつになります。高級車はそれだけ持ち主の経済力の高さのアピールにもなるでしょう。もちろん、お金だけがすべてというわけではありませんが、頼りがいをアピールする上では重要なポイントです。

あまりに成金趣味なものになると逆にマイナスなイメージを与えかねないので、上品にステータス性をアピールできる車を選ぶことが大切です。

このステータス性に関しては同じ価格の車であっても一般的に高級車として知られているブランドのものが強くなります。レクサスやメルセデスベンツ、BMWなどは日本において高級車のイメージが強く、それだけステータス性を強くアピールすることができるでしょう。

エコ性能で優しさをアピール

近年ではエコ性能もモテる車の要素のひとつとなっています。近年では世界的に環境汚染などが大きな問題となっており、広く意識されるようになりました。

そこで、エコ性能の高い車を選ぶことによって環境問題を考えているしっかりした人という印象を与えることができます。もちろん、優しさのアピールにもなるでしょう。

現在では以前よりも排ガス規制なども厳しくなり、ハイブリッドカーやEV車の選択肢も増えていますので、モテる車を求めるのであればしっかりとチェックしておきましょう。

モテない車とは?

考える男性

どんな車がモテない?

モテる車の条件については上記の通りです。続いて、ここからは逆にモテない車とはどういったものなのかをご紹介します。

どんなにいい車でもお手入れは大切!

デザインは人によって好みがわかれますが、どんな車であってもしっかり手入れされていないとモテないでしょう。たとえ高級外車であってもボディやガラスが水垢まみれだと台無しになってしまいますし、キズやへこみなどをそのままにしていると「運転が下手な人」という印象を持たれ、ドライブデートを敬遠されてしまうかもしれません。

車内のお手入れも重要です。外観はきれいでも車内が散らかり放題、汚れ放題ではやはり印象ダウンです。タバコの臭いなども女性には嫌われることが多いので注意しましょう。

逆に車自体はごく普通のものだったり、ある程度古いものであってもしっかりと手入れしてきれいな状態を保っていれば印象アップが期待できます。自分自身の身だしなみと同じで、車も清潔感は重要なのです。

極端なカスタムは嫌われる?

車好きな方の場合、ノーマルで乗るのではなく自分好みにカスタムしてしまうという方も多いでしょう。もちろん、ちょっとしたカスタムであればそれがモテる要素になるかもしれませんが、あまりに極端なものは「暴走族」のようなネガティブなイメージを持たれる可能性があるため注意が必要です。

車好きな方にとっての「かっこいいカスタム」が、一般には通じないというケースも少なくありませんので、車をカスタムする場合は一度客観的に車全体を見回してみましょう。

トレンドのモテる車とは?

プジョー SUV 2008

プジョー SUV 2008

車の世界にもトレンドがあります。モテるためにはやはりトレンドを押さえることも重要です。

そこで、最後に今のモテる車のトレンドをご紹介します。

近年のトレンドはやっぱりSUV

近年の車のトレンドといえばSUVです。男女を問わず高い人気を集めています。デザインも豊富で、車内空間が広いモデルも多いので居住性も抜群です。

SUVといえばワイルドなデザインのものをイメージする方も多いかもしれませんが、近年では上品さをミックスしたプレミアムSUVも増えており、さまざまな「モテ要素」を持ち合わせた車として注目度が高くなっています。

スポーティなホットハッチバックも人気!

かつては車といえばセダンが最も一般的でしたが、近年ではハッチバックの人気が高まっています。中でもスポーティなデザインや走りを実現したホットハッチバックは居住性とスポーティさのバランスがよく、モテる車のひとつとなっています。

世界的に人気のジャンルなので、選択肢が多いのも魅力です。

まとめ

プジョー SUV 2008

プジョー SUV 2008

単にモテる車と言っても、その条件はさまざまです。また、人によって好みは異なるため迷ってしまうという方も多いでしょう。そこで、今回はさまざまな角度からモテる車について考えてみました。

せっかく車を購入するのであればできるだけモテる車が欲しいという方は参考にしてみてください。

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

一言でリムジンと言っても、実はリムジンには色々な種類のリムジンがあります。なかなかリムジンを購入する方は少ないと思いますが、一度は乗ってみたいのがリムジンではないでしょうか?今回はリムジンについて詳しく見ていきましょう。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。